2022年02月27日

出発4022 シラク村, 八光万愚節 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4022 シラク村
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/21
【京都シラク村】
 京都のシラク村という、ここの万愚節という。
るいさみシラクという村という。京都のシラク村で
ある。

 まるやってすのシラク論浜という、シラク村である。
言葉を尊ぶシラクの村の万愚節という。手を握り
直角に挙げる、、握った内側を自分に向ける。
これが、言葉の尊びの、世界の手話である。
【中国武漢万愚節】
 これで、行進をする。これをする、中国という、
中国のパミセムという、今の、武漢という。ここの
万愚節という。
 奇跡という、なよゆ、という日本の冠語である。
チャイホアという中国の冠語という。パユッセムの
奇跡という。これがある、武漢という、京都シラ
ク村という。

 めのうの石という。これの尊びという。桃色の石
ともいう。原子炉の尊びである。これがシラク村の
フランスでもある。奇跡が、矢の穂をいう。肩周辺
の健康、守りという。これを、とめる、という。とめるの
奇跡という。よくする格好である。
【四方野(よもの)の奇跡、四方(よも)の奇跡】
 肩周辺の健康のこととという、肩の病気のこと
という。これを、なみゆみ、という。これをやる人という。
力の誇示という。力を広く見せるという格好という。
肩に奇跡が現れることという。これが、四方野(よもの)
の奇跡という、シラク村のことという。

 この奇跡を起こす、人心の安定という。これの
具現が原子炉である。これをむやみのなくせば、
流民という現象が起きることという。原子炉の原子
の意という。原子を作り出すことという。これを、
原子造作という。

 これで、人の体をいう。原子でできていする人体
という。原子を尊ぶことである。原子爆弾も然りで
ある。フランスのボン・サーンスという、これの意味が
ある。フランスの兵器という意味になる。

 ベッセムという考え方という。人の脳の中脳という
部分の働きという。これで、中脳によい知恵が出る。
シラク村の教えという。フランスが先端を行く話で
ある。日本福島という、フランスの考えがある話
という。またせる山という、これを具現することという。

 広島の原爆という、広島は奇跡をいう、奇跡の
発展という。どんな奇跡か、人心のかやゆり、という。
茅の木のことという。れれるらてん、という。ラテンの天
である。原爆投下の天という、これを、れおん、という。
れおんの天という。大きな雲が上がった話である。

 骨の病気という、骨の健康という。これが、ある
ことという。原爆の話という。放射能のことである。
骨が強くなる、骨の病気が直るという、歯のこととも。
爪ともいう。骨周辺のことという。放射能の影響である。
【シラク村の万愚節】【世界の原子炉】
【白菊】【京都市鴨川、白菊川】【水素自動車】【須臾万愚節】【シラク天皇、エッフェル塔】【中脳万愚節】【八光万愚節】
 八光の背負いという、原爆を八光という。
これを背負うこととも、八光万愚節という、
シラク村のばんぐせつである。偉大な作りという。
藁葺き屋根の我が家の頃という。我が家を白菊
屋という、その頃の万愚節である、ジョージ六世
おられた日という。イギリス万愚節という。エイト・
ライトという、光という、万愚節に使う光である。
ラドンの光という、携帯のラドン灯という。原子の
光という。この行灯という、光有行灯という。
筒状の行灯である、その一つとぞ。
八光万愚節という文である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽