2022年02月25日

出発4019 ヘレンケラーさん3 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4019 ヘレンケラーさん3
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/21
【古いフランス】
 古いフランスという、スメスラビアという、冠語である。
そこのシラク村という。アントンのみそふり、という。
 フランスの古い頃という。パリを、メルヘル、という。
めってさみ、という、パリの名の冠語である。
 また行く、めっつれの町という。むゆひむの・れろそ、
という。この『そ』、『祖』のそ、である。ヘレン・ケラー
さんがおられた話という。そこでお会いすることという。
パリのお会いという。

 人が揃っておられた日である。私の家の前の行進
という。その方達がおられたひという。ここで、少し歩く、
スメスラビアの万愚節という。総勢四百名という。
シラク村の万愚節である。日が、今の暦の2月20日
頃である。ヘレン・ケラーさんが歩いておられた話という。

 この日、パリを、地軸まわり、地軸曲がりという。
ノバヤゼムリアからパリへ地軸が出て、『く』の字に曲がり
オーストラリアへ行く地軸という。

 今のモンマルトルの丘という、ここの万愚節である。
小さいエッフェル塔があったという。ここが、まだ、平
地であったことという。後、高くなった丘という。この日、
ここを、はりゆら、という、日本語のそのままの名である。
はりせらの都という。この日、日本を、ぱきふり、という。
『ぱきふりより、来ました』という、『パキセラ・ラック』と
いう。若い人の言葉という。後、パキ、という、後 、
パリという。『R』を『ki』に発音する、シラク村の言葉
という。これが、今のパリ方言の『R』になる。今の
フランスの言葉である。舌を『R』において、『K』を
発音する、はっぺんのおこと、という。今もこの発音が
ある。シラク村の言葉という。

 ヘレン・ケラーさんが歩いておられた話という。パリの
モンマルトルの丘という、奇跡の丘という。横を走り
歩いていた若い人という。お顔、見上げては歩いて
いたという。パリのヘレン・ケラーさんの思い出である。
シラク村の人も歩いておられた話という。たくさんの人
という、あたれたのお歩きという。

 シラク村の大お爺さん、フランスの御人という。
フランスの良心をいう、。・サマラクという、後、ル・ボン
という、ボン・サンスという。私の好きな言葉という。
フランスの言葉である。

 めるひるのおこと、という、フランス語のことである。
また行くモンマルトル、ここを、ル・ボン・いっかく、という、
日本語の冠語である。フランスの良心発の場所
という。ここの芸術という、奇跡を起こす芸術という。
身障者の喜びという、目の見えない人が絵を描く、
芸術の村という。アンレサのラムテスという。古いギ
リシャを尊ぶ町という。フィリピス・ランテスという。
フィーフラーという、古いフランスの言葉という、
シラク村の言葉という。奇跡を尊ぶ村である。

 私の周りという、皆、大きい人であったという。
原始人の見という。フランスの大お爺さん、ボンを
仰る御方という、アメリカで会う御方という、フラン
スの大お爺さんである。

 ヘレン・ケラーさんと御同居であったという、若
い人の同居という。フランス、モンマルトル、はり
ゆらの都、大お爺さんおられることという。かさげ
らの鳥が鳴く所とぞ。鳥の屋という、大お爺さん
のお屋敷という。周りに外国の人がたくさんおら
れた日である、世界の人という。まゆする・ろくろく、
という。ろくの屋のおいはり、という。パリ・モンマル
トルのことである。この日、目の見えない人が、
絵を描いておられた、芸術の都という。ベルサ
ラの人という。目が開いて見えない人という。
『ボン』と言っておられた人である。

 パリの日の覚えである。尊い都、パリという、
花の世の都という。花のパリという。この『花』
、芸術の奇跡をもいう、身障者大切の話で
ある。ヘレン・ケラーさんのお話という。
 ラッセル山お書きという。『本』という著書の
一部である。こばやしや、という署名である。
若い人の署名という。ローマ字の判子が
おしてある、パリの花文字という。これと、
ギリシャ文字である。

 また行くフランス、芸術の奇跡をいう、花の
パリという。ル・セレラスという、フランス語冠
語である、今のパリのことである。え・る・
はるらく、という日本語冠語という、パリの
ことである。フランスのパリを、ときめく、という。
ときめくフランスという。フランス人情という、
パリ山の人という、原始人人情という、パリの
原始人という。現、日本人という。若い人の
言いという。

 『私はパリの原始人』という、若い人である。
身障者を思う、パリの人という、パリ人情である。
芸術の尊さをいう。『絵で、奇跡を起こす』という、
フランス人気質という。万愚節が、これを入れ
ている、イレテ・ソワースという、日本語の冠語と
いう、英風冠話である。

 万愚節、皆、奇跡を尊ぶことという。ヘレン・
ケラーさんのお歩きという。奇跡の人という。パリ
御滞在の頃の話である。

 遠い日の記憶という、かすかな中の記憶という、
ヘレン・ケラーの傍に歩いていたという記憶である。
やまれる・そっすく、という。モンマルトルの丘の奇
跡である、冠語である。

 また行くモンマルトル、今は、高くなっているという。
モンマルトルの丘という。奇跡の画家という、セザンヌ
代表という。アール・レッテスのお絵という。

 また、駄作者がマネをする日がある。奇跡の
真似があるかも。真似という話である。奇跡を
真似で、我が身にとるという。奇跡があることと
いう。絵の奇跡である。

 セザンヌという画家の奇跡 という、目が遠くをいう。
目の病が治るという。セザンヌという画家である。
万愚節にセザンヌの絵を出すことという。若い人が
、セーザンスという、日本語の混ぜ言葉という。
セザンヌという画家の御名前である。まっぺすの・
おめそり、という。私の真似という。セーザンスの真似
という。ヘレン・ケラーさんのお教えという。『真似て
描きなさい』という言葉とぞそ。日本語で言葉で
教えて下さったことという。奇跡の人の御一景で
ある。

 シラク村尊きをいう、パリ・モンマルトル辺りである。
スメスラビア・シラクという場所である。ヘレン・ケラー
魂という場所ともいう。奇跡を尊ぶ心という、ヘレン・
ケラー魂である。アーリントン・フォーゼルともいう。
フォーゼル・ロットン・スークーのお描きという。この文
である。

 ロッキード人種ともいう、移動の人種という。世
界の人達の集まりである。

 この頃の世界、『戦争』と言えば。物を作ること、
旅行のことである。War という意味である。

 今、この意味で『戦争』という場合は、言葉の
説明をして、使うことという。

 『ロンドン爆撃』という、シラク村の大お爺さん、
にこにこ顔という、『ロンドンへ行きます』という意味
である。ヒットラー村からシラク村へいった日である。
この頃、日本語、英語、フランス語・・・が通じて
いた世界という。穏やかな世界である日という。
今も、そうである。やなぎ世の世界という。

 たくさんの大お爺さんがおられたことという、外国
大お爺さんもたくさん゜おられたことという。今の世界
とという。アラビアらんどん、という話である。嘆きの
壁の話という。アラビアめんから、という。からせるの
アラビアとぞ。

ヘレンケラーさんの銅像があった頃の話である、
アメリカのヘレンケラーさんの銅像と同じで、少
し小さい銅像である。ふち祭に像が出ていた。

シラク村のお爺さん、天皇という。エン゜ラーという、
アンパールレーという、フランス人のお爺さんである。
今のフランスである。アンパールレーという、アン
ペッサラーという。あんるる、という日本語冠語で
ある。フランス人のお爺さんのことである。

京都にシラク村がある。パリに、Kioto、という所が
ある。かみさき山お書きという。ここでも一緒にい
た話である。原始人の話という。

 後、訂正します。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽