2022年02月20日

出発4008 飛行機 :イカスミ柳

出発4008 飛行機 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
【曲名】 出発4008 飛行機
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/19
【歌詞解説】
 飛行機会社の万愚節
飛行機が傾くひぃに、万愚をいう。これが、飛行
機が音を音か場合に安全を出す。『安全の音を
落とす』という。飛行機の安全をいう。

 飛行機のおきはりという。およせる・れぷすと、と
いう。やまんとの・めよふり、という。やっとの・えいは
り、という。これが飛行機の安全をとる、冠語と
いう、そうきょう語という。飛行機が冠語をとる、
えいざりふみ、という。飛行機を拝むことともいう。
空のえいほき、という。万愚をいう話という。

 会社の万愚節という。飛行機に、れぞれる、と
いう行為をいう。飛行機のらっけ、という。
 手を斜め上へ挙げる、挙げた手を、対斜めへ
下ろす。この手をそのまま上へ上げる。『レ』の字を
書く。チェックともいう。

 これを、レントという、飛行機の、れけふれ、という。
古い日の、アイルランドの飛行機の到来という。
この時に、これをした若い人という。五条交範と
いう日の、飛行機の着陸である。飛行機を拝み
、こけをする。安全を期す、飛行機への尊敬である。
飛行機を尊ぶ行いという。

 飛行機の前でこれをする。神主の持つ祓い木で、
これをすることとも。なければ、手でこれをする。
これが、安全をとっていく飛行機会社の万愚節と
いう。僧侶の数珠で、これをやることという。
歌が『春由』という、ビール時間同期。@100 の
時間である、@1000 とも。やます山のお書きという。
いっとしのふり、という。飛行機山のお絵という。
人の動きを絵という。上の動きである。

 あと、無線の発進という。各飛行機に、ツツーと
いう、安全を発信し、各飛行機が、ツツツーという
受けをする、五条交範の安全確認という。

 この日、飛行機に乗っ、大きな旅客機である、
行った、***の飛行機という。遠い所へ行った
話という。外国人の室内係という、その人のお教え
という。パルセラという。手を膝に置き、少し前かが
みという。これが、飛行機の乗客の安全である。

 マッパラブという、飛行機の尊びという。この時に、
ファンタメという、ファントムの冠語という。ファントムが、
御祖先である、ひぃに、祖先を尊ぶ飛行機の礼儀と
いう、乗客の礼儀である。飛行国乗った時の行いと
いう。浜山のお絵という。アメリカ人の乗客係という。
イギリスの人もいた、アイルランドの人とも。

 ともに千早へ行った話という。千早で二日を過
ごし、後、岸和田の城へ行く、ここで、飛行機着
陸で、上の格好をする、チェックの格好、空からの
城の拝みという。城をめでる恰好という。

 千早上空の旋回という。飛行機の地上へのたっ
とびである。これが、安全に通じる行いという。飛行
機の機長のお教えとぞ。フランス人副機長という、後
、フランスへ行く 。フランス・シラク村という、フランスの
国の飛行法という、旋回することである。

 パリドゴール空港という、昔、来た空港という。
パリ・エッフェルのそばである。

 隣にヒットラーという人がいたという、ヒットラーの
パリという。ヒツトラーがパリへ行った話である。
千早城の人という。岸和田の人ともいう。新聞
を読んでおられた話という。ソットラーさんである。
万字十字の人である。千早城万愚節という、こ
れを行事にする、京都西院の第三国という。
淳和院の万愚節という、千早城と同じである。
ドイツが出る万愚節ともいう。ドイツ万愚節という。
ベル・レッテルという、万愚節のことという。この『ベル』
、フランス語の『ベル』という、よい印という意味という。

 ヒットラーさんのお教えである。シラク・メムセカと
いう、ベル・レッテルのことである。これが、第三帝
国の日本とドイツの話である。若い人がいた話と
いう。ヒットラーという、科学者の面という。

 後、ドイツ・ボンへ行く、そこで、アンネ・フランクと
いう人がいた。イスラエル人という、放射能室に
入れるという、ヒットラーさんのお言葉という。
健康をいう、病気チユをいう、放射能室のことである。

 ニコニコ笑って出てくるアンネさんという。放射能
室入り口の前である。この日のこどある。
 パリ・ドゴール空港から、ドイツへ行き、後、チェコ・
プラハという、そこの共産党本部へ行ったことという。

 何度も行ったチェコ・プラハ共産党である。ドイ
ツ人のヒットラーさんの額がある頃という。優れた頭
脳のヒットラーさんであるという。第三帝国という、
日本京都西院のことという、同じ名前のドイツという。
アドルフ・ヒットラーという人という。

 万愚節の一景である。万愚節にでておせれた人と
いう。髭をはやした人という、これを、西院がする、
第三帝国万愚節という。西院の万愚節にヒットラー
さん役が出る。アンネ役も出る。西院淳和院の万愚
節である。これと同時に、飛行機の飾りの山車と
いう、これが出る淳和院万愚節という。

 これで、京都府向町の太極殿が、ヒットラーを、
ひせ浜という。ヒットラー村をいう。ヒットラーの名前
の人がたくさんいるドイツ・ヒットラー村という。
ここの万愚節もヒットラーさんとアンネさんが出る。
これにフランスのシラク村という、ここの人が同期
する、世界の時間をいう、スイスのビール村の時
間という、これが、アイルランドの飛行機である。
この飛行機で、万愚節がビール時間になったこ
とという。世界の万愚節の時間である。

 ハイル・ヒットラーという、当時の万愚節という、
ヒットラーさんの放射能室をめでる話という。健康
維持の部屋である、病気治癒ともいう。

 向日町太極殿の万愚節という、ヒットラー、
アンネの役という、小さな建物の放射能室の
飾りという、この山車の出という。この山車が
京都桂坂の北太極殿へ行く、万愚節の行
進という。北太極殿天蓋闇という場所という。
ここで、着いて、ヒッサトラーさんという、アンネ
さんの話という。健康の話である。これが、
北太極殿の万愚節である。

 『主よ身許に』という歌をドイツ語で歌う万
愚節である。ドッスムという掛け声という。これで、
歌う歌である。イスラエル人の歌という、イスラ
エルが、いよふま、という国名の言いの頃という。
イスラエルの国名の日本冠語である。

 これが東条英機が出る北太極殿の天蓋の
歌の時間という。ドイツのナチの行進曲を使う
ことという。ドイツをめでる話という。
 
 アンネをユダヤという、アンネをとるヒットラーという。
これで、ヒットラーのイオという、ヒットラー村へ
行ったひの若い人という。あんねのヒットラーという。
安寝。

 後、V1 に乗ってロンドン空襲をするという。
迎える、ロンドンのジェット機という。空襲とは
空の旅のことである。若い人のV1の行きという。
ジェット機がした飛び上がり、V1の下について
誘導したという、イギリスの話である。

 アメリカ、ローゼンリールラーという、ここの話
にこれがある。東欧チェコ、スペインにもある
話という。世界各国にある話という。

 向日町三曲という、ドイツ語と日本語、ユダヤの
無言葉で歌う、万愚節の歌という。後、ナチの
行進曲で、だしの巡航という、北太極殿向かい
である。向北の歌という、『春由』の歌である。

 ***の万愚節という、一部、ダイサン帝
国が出てくる場という、飛行機の上にV1ロケ
ットが乗っている飾りという、だしに乗せる山車
という、るんばらの山車という。安全をいう、1景
である。

 ***をいう、安全をとる会社という、他の
飛行機会社の万愚節もこれに準ずる万愚節
とぞ。***の万愚節をルルという、ルル万愚
節という。他の飛行機会社とも。ヒットラー、
アンネを出すこともある。

 ミナミアフリカの喜望峰でも、これか、いわ
れていたことという。万愚節のヒットラー、アンネ、
東条英機である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽