2022年02月17日

出発3090 尊教 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3090 尊教


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/16
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/16
    監修、そうきょう連      2022/02/16
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
尊教の集いの津堂の前並んでは
お指揮されたたれるお爺さん
しゅうきょうは、双今日と祝う、
わが祖先尊ぶと よい事が起こる
これ尊教 ご先祖いませる

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/16
【集い津堂、尊教】
 集い津堂の尊教、そうきょうをいう。祖先を尊ぶ
ことをいう、これ、宗教の根本である。
 わが祖先を尊び、これを伝える、そうきょうとも
いう。
 祖先また死者を尊ぶことに、よいことが興り、
奇跡が興る。ビール会社の奇跡もこれに類する
ものである。がくらん、下袴の鏡ぬきという、山の
奇跡という。山で、命を拾うという、そんな奇跡
が起こる。

 また、暴力団の奇跡という、これがある話という。
らい病が直るという。髪結いの奇跡ともいう。
遊郭の太夫行列という、らい病が直るという。
【経済】
 さて、奇跡の主義という、資本共産という。
資本主義と、共産主義の話である。資本主義は、
自らを、けいざい、という、自由経済という。
共産主義は自らを、きょうれま、という。
これが、経済の奇跡をいう。記帳という奇跡である。
数字で表す経済の金額という。そろうやて、という。
古く算盤をいう。算盤経済という、記帳の経済と
いう。簿記の記帳という。これを、奇跡らりき、という。

 国を、群馬、埼玉、栃木という関東の国という。
この国に、きさきがあるという。きさきのこう浜という。
これが経済をよまふみという。よませまという。らゆる
・さんたき、という。奇跡を経た済みという、住みで
ある。経済国という。奇跡という、記帳を終えたと
いう。記帳経済を奇跡という。この奇跡は帳面の
ことである。ちょうづらが合うという、奇跡記帳という。
【経済国】
 さて、この奇跡という、奇病の跡という。後である。
これを後跡という、奇病が治るという。経済に奇跡を
入れて、病気を治す、健康維持という。経済国の
奇跡である。関東夜間という。薬罐の薬という。
薬罐を尊ぶこの経済国という。共産主義も資本主義
も薬罐を尊ぶという。これの例という、ラグビーの薬罐と
いう。『それ、薬罐の水をかけろ』という、ラグビーの奥義
である。ラグビーを、経済運動という。ボールが、奇跡
という、ボールを奇跡という。ミラクル・ボールという。
奇跡球である。
【ラグビー】
 このラグビーの奇跡を、再び経済記帳がととる、取
り入れる、これが埼玉の奇跡ともいう、上、三国の
奇跡という。ミラクル・ボールを埼玉という。

 さて、どんな奇跡かという。楕円のミラクル・ボール
という、これが祖先死者の御霊である。ラグビーの本領
という。祖先を尊ぶラグビーという。薬罐の水の奇跡が
祖先の尊びである。記帳をする人の尊びという。

 会計関係が皆見るという、ミラクル・ボールという。
奇病という難病が治る。野球を尊ぶ話という、野球
病という、野球棟へ行けという、病院のことである。
これを、バット・リコールという。バットマンの病院という。
蝙蝠の帽子を被る医者という、蝙蝠が連れてくる奇病
という、病気を治す病気という、悪に悪をもってす、という。
病気に病気をもってする、という。軽い病気をあてがい
、思い病気を軽くするという、蝙蝠の直しという。
蝙蝠を崇める病院という、これが、バット・リコールで、
ラグビーに返ったリコールという。
【野球】
 野球のバットの崇めという、ラグビー選手の薬罐と
いう、ラグビー試合にバットを置く、ラグビー場という。
ラグビーの健康維持という、野球の健康を体する
ラグビー健康という。怪我の治癒ともいう。

 バットマンが始球式にラグビーの球を打つという、
健康を祝うことという。とせちらの試合とも。これが、
見る人の健康である、ともにとる始球式という。
【試合観戦】
 ラグビー、野球の試合を見るという、アデンの格好、
片手握り上へ、もぅ一方の片手握り片手の肘へ、
この格好で見るという。アデンの格好で、横へ流す
トルコの格好という、掃き掃除の格好という、これで
観客席へ行くという、観戦の一方法という。奇病
が治るという。上がった球を、くさり天皇という。
蝙蝠を天皇鳥という。スポーツマン・シップという、
くさり天皇ともいう。
【奇病除け】
 この鎖を馬の馬蹄にとる、馬蹄形の戸の飾りという。
健康維持、奇病よけ、という。
【くさり天皇】
 くさり天皇の『くさり』は何か、よくわかる話という。
馬の健康を、くさり読み、という。馬蹄のことである。
馬をたっとぶ国という、上の三国の国という、経済
会計の帳尻合わしという、合計記帳の奇跡という。
ぴしゃっと合う合計という。
【経済の奇跡】
 経済の奇跡という、奇病跡という、後の字を見る、
後跡郷関という、合計欄のことである。郷関国という、
上の三国である。関東地方である。ここに病を治す
奇跡がある。球を少し上へ上げて、それを受ける、
これをしながら歩くという、奇跡行という。
【ビッグ・ボス】
 万愚節の一行事でもある。くさり天皇という
万愚節である。この天皇を球という、玉という。
埼玉をいう。上に上がったさきみたま、という。
さきみたま万愚という。奇病がこれで治る話という。
さきみたまの万愚節である。
ラグビーの、野球の球の大きさという。小さいラグビー
の玉である。これを上へほうり投げて受ける、歩きと
いう。野球の球でもよい話という。これを、ビッグ・ボス
という。奇跡の玉という。

 関東地方の万愚節という、これがあることという。
くさり天皇という、上に上がった玉である。拝んで
みれば、よい話という。
【野球球団、ラグビー球団の万愚節】
 野球球団の万愚節という、『直してよっとしょ』という。
掛け声である。野球球団の奇跡である。ラグビーの
万愚節という、『やっきゅしょって、すっとしょ』という、掛
け声である。医者がバットマンの格好をする、これが
球団の後ろにつく、看護婦添えてという、ナイチン
ゲール論発という。万愚節の一景である。

 小さい40センチ程のピアノを腹前に掛け、鳴らす、
ナイチンゲール・ミュージカという、ミュージカという十
字架 である。十字架四方に跳ねがついている、
試合の後仕舞という。塩撒きの意味である。
万愚節の試合という。
【英才】
 この音を経済という、経済に健康、病気治癒が
ある話という。『経の営の』という経営ともいう。
経済経営宮という、埼玉のことである。済営の山
という。英才の話である、済宮に関わる人という、
英才である。広くスカン棟、埼玉をいう、英才人と
いう。関西人を、済球徒という。九州を、営球という。
四国を、あおたま、という。東北を、しばきゅう、という。
北海道を、とうたま、という。樺太、千島列島を、
いしたま、という。沖縄を、琉球という。これが、経済の
国を呼ぶ言いである。健康含みの治癒含みである。
【くさり天皇】
 くさり天皇という、くさりの話という。くさりおれすま、と
いう、古い穂浦なみゆらの言いである。後、御所の言い
という、『あのくさり天皇』という、小さい子供の病気を
直す時にいう言葉である。
【才女】
 始球を女がするという、女バットマン、下スカート、
黒づくめ。レスリングの試合の安全に流れる、流始球
指揮という。スポーツ連である。それぞれのスポーツが
他のスポーツの安全をいう。レスリングの試合の安全を、
ラグビー、野球でとるという。流球スポーツという。沖縄
のお家芸という、琉球という、琉球の一つの意味
である、安全の話という、沖縄のことである。
【沖縄万愚節】
 沖縄と関東を流粒という、安全のことを書く字を
流粒という。流粒文お書きという。安全輪尊ぶ字で
ある。沖縄の字という。十の字をいう。十の字に丸い
粒をつけた装飾の字という、その十字架でもある。
沖縄の運動という、十字球道という、これを手に持つ
万愚節という、沖縄の万愚節である。十字球万愚
節という。
【宗教、そうきょう、尊教】
 祖先を崇めることを、宗教という。それぞれの宗教
である。その一家の教えという、宗教という、そうきょう
とも。尊教ともいう。それぞれの一家の教えである。
祖先を尊ぶことという、死者の弔いという、不具者を
憐れむことという、等々、宗教という、尊教とも。

 祖先を尊ぶこと、全世界同じである。祖先の話を
する、死者の弔い話をする、万愚節の一景である。
共産主義経済には、祖先を尊ぶことがある。
資本主義も、同じである。祖先を尊ぶことという、
奇跡の元である。宗教とは、祖先を尊ぶことである。
それぞれの心にあることという。

 キリスト教という、仏教という、イスラム教という、
様式の違いである。元は、祖先を赤でメルことである。
主という、アッラーという、南無阿弥という・・・、祖先の
意という。これの様式の違いである。

 皆、祖先を尊ぶことである。
共産主義にも、資本主義にもある、祖先を尊ぶ
ことである。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽