2022年02月15日

出発3080 余夏連 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3080 余夏連


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/14
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/14
    監修、そうきょう連      2022/02/14
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
塩をまく 余夏連 といほきの言葉
安き得る うれしさ といほきに 庭に
塩をまく 清めれば安きが多なる
若い日の余夏連の 安きがありある
若い日々 得る安き 塩まく余夏連

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【歌詞解説】
 余夏連、塩を撒くことという、夏期休暇のことと
いう。一沢山という山のお教えという。何事も安
全第一をいう。これを、はよふり、という。

 塩をまくことで、手っ取り早く安全を手にする、
これを、さりさりの・はよふり、という。ふり塩と
いう。てらせらの・あいたい、という。休暇に安全を
徹底して手にすることという。かいざきの山の・
あたゆみ、という。

 塩を尊ぶ話という。余夏連の尊教という。尊教
路という、わるてるの・りよらら、という。私の家の
あと、という。おりやらる・あいらき、という。りよらるの・
あらせら、という。私の家の安全という。また浜の
家という、若い人の家である。安全第一半端期
という。長い休暇のあたりら、という。これを手に
する歌である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発3078 巻いて行こう :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発3078 巻いて行こう
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【革命】
 若い人は革命を起こすという。『巻いて行こう』と
いう。老人もともに行という。世界同時革命という。
健康を手に入れる、延命ともいう。万愚節の話
という。

 『あの人、ご覧よ、自動車に歌っているよ』 愛
車を飾り、愛車の無事をいう。万物の革命という。
『小川の冬も神さびて』という、自然を愛し、自然に
感謝する、自然の革命という。地球に長生きを、と
いう人達の歌という。

 こんな人達はたくさんいる。人間、動植物、自然
、日月星、万物の命長らえを願う、万愚節という。

 アチャアチャアのときしぶ、という。革命世という。
奇跡も起こるという。それぞれの革命、一人の革
命、どれも尊い革命である。
【ビール革命】
 旧来の陋習を破りという、ビール片手の革命と
いう。鏡ぬき、よ〜い、という。詰襟学生服の
ような格好に下は袴高下駄という。三川合流を
眼下に、革命という、とあるビール会社の万愚節
という。

 『革命ビール、飲み干して、ジョグれってくっさ』と
いう、若い人の喜ぶ頃という。ジョーイパックという、
らるせるおよよの、たべんず、とそ。およよ万愚という。
天王山麓の酒会社という。旧来の陋習を破りと
いう酒会社の維新である。

 『よたよたよたよた、朝もはよからカンテラさげてヨ』
という、大お爺さんのお歌という、ここゆっかさの・
のいふき、という。
【鏡ぬき】
 よたよたするのは、カンテラの光である。古いビール
醸造の会社の倉庫である。こも樽お並び、という。
陋習を破りという、古いこも樽をめでる人である。
鏡ぬきのお歌という、鏡開いて、ぬきゃんだせ、という。
るるっせいのやりろり、という。
【ラベル行進曲】
 ビールのかよ、という。かよっせく山という。ビール会
社の鏡の話という。この鏡、モレトルという。モレトル・
ミラーレという。明治維新という、常時革命という。
これを、メルテセッルーという。明示を常時という。
ラベルの行進という。こも樽やんむの・おってる、という。
ラベルの行進という。れおせの・といはる、という。
これを、ワレテ・トイハルという。ワルト・トイフェルの
行進という。未曾有のこけゆか、という。
【酒造会社の万愚節】
 『樽転がして、いっちょまっさ』という。『樽転がして
行きます』という、ろっくせのお言いという。これが、
酒造会社の言いである。『天王山、飲み干していき
まっさ』と、山呑みグイ呑みの、おのこ遣という。
『おみな、まんとしょ』という、オナゴのたすきがけ、
細腕きそり、という。これが、天王山の万愚節で
ある、酒造会社仕立てという。

 『ホイト』という掛け声の出る万愚節という。
『ホイトホイト』という掛け声の祭りという、酒の掛かり
の神社という、京都の松尾大社という。ここの万愚節
という、じんそれ、という。まつれつの・たりせる、という。
万愚節には、樽飾りをまといにくみ、それを頭上で
、ほめゆり、という、これを、上下さしたり、回したり。
【小西万愚節】
 この祭りのような酒造会社の万愚節という。ホイト
メッセマという。こにろり、という、小西という、酒造会
社を小西という言いの、小西万愚節という。

 『あるらレッテサテ、ろりらロットロット』という、律の掛け
の行進という。カンテラロックスという、樽の飾りのまとい
という。まっせられる川瀬、という、瀬川ロックスという。

 古い太宰の道という、酒造会社の道という。太宰
道という。酒造会社、主導の万愚節という。
奇跡を、かいざき、という、さみさらの・るろれる、とぞ。
【ツルタン】
 『ありらヨット皿、ろりるよっとさっと』と、色んな掛けが
ある。これを、天王かいらめ、という。掛けを、かいらめ、
という。京都府大山崎 、大阪府山崎という、同じ
場所である。三川合流の所という。大阪もっすれの・
ろっきさ、という、京都ふんてめ、という。らるす山の
お書きという。また行く山崎太宰の天王山という。
京花の万愚節という、大阪論のろっかれすき、という。
これを、なんばる、という、南蛮レックスという。
酒造会社主導の南蛮万愚節という。『節』を『つる』
という。ツルタン・バックスという、万愚節の行進列とそ。

 気を『まめる』という、ツルタンの言葉という。まめる・
よっかれ、という。『若い地塩のよっかれ』という、酒造
会社の地と塩という。塩まく所である。行進中に塩
を撒く、よっかられい、という。万愚節の一景である。
【山で奇跡が起こる】
 奇跡が貝を見る、蜷貝の大きな貝を、よめふり、
という。よめふり貝という、これをめでることを、りかるら、
という。りかるらの奇跡という。りかるら・かいざきの山
という、天王山のことという。山の奇跡という。
【ビール酒造会社の万愚節の奇跡】
 この奇跡が出る、ビール酒造会社の万愚節という。
山での奇跡という、命を拾うことができる、奇跡という。
命拾いの山崎という。山崎町の奇跡という。万愚節
で、これがある、山崎はんため、という。町の万愚節
である。ありがたい万愚節である。

 『あるれヨット皿、ろろすこりれる、あらさ、れろ皿』
という、ろんてすの・おりすらるる、という。

 広く山崎川崎という、天王という場所という、酒造
会社という。川崎大師という場所ともいう。山での
命拾いがある所である。

 『らるららっとさっと』とぞ。さっとらすの・れるろる、と
いう。掛けから奇跡を呼ぶことという。祭りの掛けで
ある。万愚節ともいう。

 革命という、酒造会社という、酒造の維新革命と
いう。たっとき酒造会社という。革命の奇跡という、
小西六国というお書きとぞ。
 
 『若い血塩のよっかれと〜』、安全向の歌である。
ビール群という群である。こも樽群とも。
『こうじらして、よっかし』という。ビール酒造の冠語
である。山崎町の歌でもある。塩まく話ともいう。

 巻いて行く、樽巻きの進みゆま、という。革命行
進の一景である。また山のおっとせ落という。

 『若い血潮の予科練の〜』という海軍の歌、安全の
歌である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽