2022年02月14日

出発3076 劇団 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発3076 劇団
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【トンガ、劇】
 **さんが『南無』をいわれる。**御名の
大叔父御上という。これが、劇である。劇団に
いた若い人という。またゆまのお劇とぞ。

 ゆたゆの・あいすり、という劇で、この話がある劇
という。またれる・おいすい、という。**劇場という。
またさまの・おいそみ、という。古い日本の劇という、
トンガ王国の劇である。またいく、ふみ山のトンガと
いう。
【トンガ万愚節】
 ヒッポセムの国という。ここの万愚節という。
手に屋を持ち、片手盾を持ち、顔に色を塗る。
こんな出で立ちで、歌を歌う、万愚節という。
髪飾りという、しっくる、という、しそせるむ、という。
やませまのおこと、という。らるれるの・いとゆと、と
いう。めてるらんせ、という。ゆいさまの・えるて、と
いう。この『える』が、古い英語のエルである、今様
、ザである、冠詞という。英語と日本語の掛かりと
ぞそ。

 またゆまの・いばしま、という。この『しま』の意が、
えるゆら、という、えるゆられの・いとせる、という。
これを、みよろん、という、よろん、ろよん、という。
ろよんせまの言いという、トンガの国の言葉とぞ。

 おいろてという、まよる・れるお、という。レヨットスと
いう。おいろりの・るりるり、という。トンガ王国の言葉
である。まよす山のお江という。れるれる・ゆられる、
おりるり、らるをてよという。てよっ皿の言葉という。
【トンガの一食事法】
 食べるときに、皿を手にとる、トンガの食べ方と
いう。トンガ食べゆみ、という。皿を手にとり、片手、
はぶれ、という。食べ物をとる物という。日本の箸の
ような、三本のフォーク状という。それを使うトンガの
人という。ツポイの人の食べという。
【またの原、河内長野、埼玉】
 また行くトンガ、まよるれんてす、という。この食べ
をする日本の地という、またの原という場所である。
古い、河内長野という、ここもこの食べ方がある
場所という。古い河内長野という、さきたみ、という、
さいたま、という、河内長野のことである。関東の
埼玉もこれをする場所という。埼玉山お書きという。
トンガの話が出る、埼玉という、日本各地の埼玉
という、またの原という。神戸さんての場も、そうである。
【神戸、明石、芦屋周り、塩田】
 古い、こく、という、国をこくという。さんての言いと
いう。神戸の古い言葉である、明石、芦屋とも。
塩田の言いという。こくさきやみ、という、国のことであ
る。りりせるおっすず、という。塩田の鈴という、鈴
たみ山という。こくせる・かんぽく、という。くにという場
所である。トンガをいう場所という。トンガ語をしゃべる
、古い日の塩田という。小池の山のお書きという。

 神戸、明石、芦屋の周りの外国語という、トンガ
語である。ここにもトンガの劇がある。宝塚への道
という、トンガ語の劇とぞそ。

 山ふらのお言いという、トンガの言葉の話という、
本書きである。

 トンガの国の造りの劇という。石狩川の埼玉という。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発3074 ユーフイ :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発3074 ユーフイ
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【トンガ】
 南国トンガの国に、ユーフイという言葉がある。
万愚を意味する言葉である。古いトンガに万愚
節がある。このトンガ、文字がある話という。トン
ガ文字の有りをいう。

 ヤンザスの言葉という。ツポイという人の話とぞそ。
やっけすの・うたれる、という。トンガの言葉の冠語
である。

 トンガ・ロンデルという、言葉である。れみっとす、
という、むいやらのおこと、という。

 とんどろんれき、という、めゆらるの・あるって、と
いう。これをねドンド・ロンドという。ロンドの町とい
う、ここへ行く日という。なうれる・おゆはら、という。
ここの、そきみる、という。そこのお書きという。

 なゆやらの・あれる、という。なうみる・えろする、
という。こみれが、トンロンという、トンロン語という、
今のトンガ語である。またゆたの・めろれる、という。
いっそみの・ぬいふい、という。これを、ユーフイという。
トンロンの言葉という。また行く、トンロン、この日の
おいきという。なみゆまのおいきという。れれてのいと
い、という。行く日の川の流れという。

 行く川の名という、トンロン川という。ここの川の
調べという、『春由』の歌である。世界山のお書き
という。トンガの万愚節という。

 人をミコという、これが、冠語である、トンガの
冠語という。トンガの山のお書きという。とんそめの
・ゆとめる、という。これを、ていほう、という。丁鳳
国という、トンガのことである。

 また行くトンガ、うちを、てのゆみ、という。これを、
自分という、トンガの、エルリットンという。この『エ
ル』が、英語のエルである。古い英語の、ザ、とい
う、今の英語の冠詞である。ザ・リッテスという、
英語のことを、ユンロメという、トンガの国の言い
という。レールオンテスの言葉という。これがトンガの
土民の言葉である。この『土』、島という意味である。

 らるってらすう、という、てららの意味の言葉という。
島土(しまど)という、とうどの言葉という。れるらる・
おりすりの、なよれる、という。ばるばるの言葉という。

 れるさんてすの・けよすり、という。えるての・きよふり、
という。これを、ろけすき、という。後、映画のロケという。
映画の言葉が使われる島の国の言葉という。

 映画をフイユラという、これを、ユーフミという、ユー
フイの言葉という。映画の発祥の地という、トンガの
ことである。トンガ王のツポイという人の言葉という。
これが、トンガ文字を出す話である。字幕にトンガ
文字が出ることという。アルランテという、トンガの
国の映画という。この映画に若い人が出ている。
たくさんの外人という、この映画の出という。トンガ
山の映画という。

 この映画のことを、ゆいとみ、という、ユーフイと
いう。トンガ王国の話に出てくる、若い人という。
若い人の俳優という、自分を俳優という人である、
若い人という。トンガ王国の映画にでている人で
ある。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽