2022年02月10日

出発3070 狐世至り日 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3070 狐世至り日


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/09
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/09
    監修、そうきょう連      2022/02/09
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
星落ちて身を光らし 色んな色を放つ
近づくときに跳びあがる道 狐が中を
我が家へ帰る 青い灯に包まれ
歩を確かめ帰る 安堵の顔を
見せ 狐世至り日

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/09
【狐】
 子狐が家から外へ出て、落ちた星を見て遊ぶ。
親狐が家の前へ出て、子狐を見ている。しばらく
して、家へ入り、しばらく、子狐が帰ってくる。
その場所をトルコという。星落ちる場所である。

 きれいな狐の心に星が落ちる。狐はよい心を
持っている。稲荷神社、これを表す。人に喜ば
れる狐である。

 昔、たくさんの狐がいた秋下村、狐を尊ぶ啓蒙
君主という。庭掃き、塩まく人という。今、星が映
る道、そこに遊ぶ子狐、そを見る親狐、ともに
暮らした若い人という。
【トルコ】
 トルコの人、狐に靴履かせ、着物を着せる人と
いう、。手に箒を握れば地軸という。ここは、星
落つ国であるという。憂鬱が直るという、トルコの
心、きれいな心という。多軸トルコ、地軸放射の
国、きれいな心の国という。

 トルコ万愚節、これを歌う。掃き行進、覇者の
行進、星落つ行進という。
モーツァルト先生、これを仰る。
ベートーベン先生、然り。
他のトルコ行進曲の先生然りである。

 青は藍より出でられるかしら。出藍之誉という。
このまま駄作曲家でおわるのであろうか。憂鬱。
名曲家への遠い道のりか、夜空の星の如く、モ
ーツァルト、ベートーベン先生、他の作曲家先生
という。

 夢に星が落ちてきたという、流れ星が消えて、
我が家へやってきた。夢に名曲家となる。駄作
家の夢枕、覚めれば、また、五線紙に向かう人
という。

 こんな駄作家の憂鬱、トルコ行進曲を聴こう。
吹っ飛ぶであろう。皆、駄作である、安心の心と
いう。夜空仰いで星に手を合わそう。一瞬の如く、
憂鬱は吹き飛ぶ。トルコ行進曲お教え、星落
行進曲とや。

 トルコ御国、放射地軸の国、星落ちの国、きれ
いな心の人が住むという。また行くトルコ、私の故
郷、『飛んでイスタンブール、潜ってアンカラ』という、
『夢に胡蝶となる』、ヒラヒラヒラ、着いた所がトル
コという。

 また行くトルコ、遠い御国、放射状に並べられた
竹箒、現実はそういうものである。秋下村、これを
記す。トルコのめで、という。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発3056 トルコ :イカスミ柳

腹を横に書く。
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/08
【トルコ】
 アデンの格好で、横へ手をやる。掃除の格好
である。地球を化粧するという、トルコの掃き行進
という。この気迫を覇気という。行進する人を覇者
という。行進を、クリーンアップ・サービスという。
トルコの人という、地球を思う人達である。
万愚節の一景である。

 この行進という、覇気行進、掃き行進、これを
サービスという、星が綺麗に地球に映るという、
結果、星が落ちてきたという、映りである。
【トルコ万愚節、星落万愚節】
 この星を、地球衛星という、地球衛生の国と
いう。地軸の移動の、かってく、という、テクニ
クス・ランドという、綺麗な国という。地軸が移動
すれば、そうなるという、星落ちる国という。
衛生を説くトルコの万愚節という。星落万愚節と
いう。
【光る人体】
 この星を眺め、これを拝むという、拝めば、体
が光るという。体が光を放つ。これが、狐の光で
ある。狐灯という。狐を尊ぶ国という。狐に小さな
星飾りを付ける、小ささな星飾りである。小星と
いう、小星国という。

 体が光を放つという、結果、正しい考え、気持ち
が、出てくる。これが、健康維持、病気に好転を
もたらす、トルコ健康という。憂鬱という、これが
治るのである。トルコ万愚節の奇跡という。

 狐に服を着せ、靴を履かす国である。人の体が
光ることという、他の動物も狐と同じ、服着せ靴
履かせである。人の体が光る話である。動物を
たっとぶことという。狐火の教えである。
【多軸国】
箒のことを地軸という国である、地軸はたくさん
あるという、多軸トルコという。多軸国という。

【啓蒙君主国】
 片手握り上へ、他片方の手握り、片手肘へ、
これを、横へずらす。庭掃きの格好という。
これで、行進をする、トルコ万愚節の行進という。
啓蒙君主国である。体が光る人という。
憂鬱が治って万々歳。トルコ万愚節の奇跡である。

【名曲解説】
 トルコ行進曲という、星落(つ)行進曲という。たくさん
ある。有名なのは、モーツァルトとベートーベンで、
星が落ってくるという。庭掃きの行進曲である。
*モーツァルト、箒の先の形容。庭掃きの埃が上がる
 星である。
*ベートーベン、星が落ってくる形容である。
 道に星が映っている形容である。
駄作者の星学変容である、庭掃きの埃とも。
どちらも啓蒙君主という。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽