2022年02月05日

出発3032 薬座 :イカスミ柳

腹を横に書く。
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/04
【やくざ】
 天に薬座という、星がある、星座とも。家
康の薬作りという、ほけやき、という。ほすとす、と
いう。これを、やくざ、という。一般の言葉である。
 古く、しまりく、という。ほいおてのとしまそ、という。
この薬の作りとそいう。草木を潰して作る製造の、
かいふき、という。貝を薬に入れる、やいくみ、という。
この『や』、射られた矢という。大御叔父上という、
神戸司忍の御叔父御上という。薬を作る調合の
矢という。射られた時に、病気が治る、という。薬の
効果の射という。万愚節の司忍山の矢射りという。
矢を、ませ、という。神戸の言葉という。
【薬】
 ませらみ、という。やのみという。御叔父御上お
教えという。ませの岡のお書きという。やくざのお書き
という。これを、薬座という。全国の薬の、おとめる、
という。薬の始まりという。後、家康の薬という。
後、伊達の薬という。全国の薬の始めの矢という。
これを、やくざ譜という。やくざのおっちつ、という。

 やくざを尊ぶ、おとめむ、という。やくざの矢の尊び
という。たしかな楼の屋という。やくざの楼という。
これを、神戸よむてす、という。やくざの薬作りという。
屋の飛びを見る、薬の効き目という。弓道の極意
である。薬を作ることを、くすり道という。これを、
浜の浦街道という、やくざの浦という、代表を、
神戸三宮という。後、同じ浜の、富山の薬という。
後、仙台の伊達薬という。
【家康の薬】
 若い人の劇団のあとの薬作りという。劇画終わる
、その後の薬の作りという。家康の映画で出てくる
薬作りの場面という。伊達の小心薬という。これらの
薬の゛んだちである、神戸の薬という、古く、司忍
山の薬という。司忍錠という。錠剤の出の場の司忍
山という。これが、やくざのことである。

 薬の座という。薬座の司という、司れま、という、
宮津本間のことである。暴力団という、薬の効きを
、暴力という。元来の、医術用語である。

 これが船員の医術という。船端の医術という。
とり山の医術ともいう。舎弟という、舎路のくさゆ、
という。古い、そいらくの・あいすめ、という。この『すめ』
が、薬のことである。

 潜水艦の聾唖をとる、神戸のさんたく、という。
神戸さんたくの薬という。また山のいいという。舎弟という
薬のことでもある。これが、古い舎弟である。射程で、
注射に掛かる射程である。看護婦の射程という。
いっそす、という、射程のことである。
【ませの列】
 医者を行列に入れる神戸三宮の、よまむ、という。
ませの行列という。矢をとる行列という。薬を作る、
神戸の三宮の薬である。これを、家の効という。
たしかな楼の薬の効き目という。古く、京都の侠客の
薬という。薬屋のことわざ侠客という。敷かせん組の
沖田宗志の薬という。肺病になったという沖田宗志と
いう。薬屋のことという。近藤勇の施術という。坂本の
医学という、坂本龍馬である。これが、新撰組の薬
である。

 若い人が作っていた、劇団の薬という。劇で病を
治し、奇跡をとる劇の話という。これが、劇団の話
の一つである。

 近藤勇にやられたという坂本龍馬の、近藤の医
院への通いという。病院通院の坂本龍馬という。
近藤勇の施術を受けた話である。幕末の頃という。

 薬座という、新撰組の話である。このものズハリで
ある。ピタッと治ったのが、肺病である。寝込みの坂本
が治った話という。新撰組活躍譚である。これで、神
戸の司忍山の話という。ここも、ピタッと治るという、
薬座の診療という。昔の話である。これが、やくざ、の
意味である。

 薬の製造もあった神戸の暴力団という。
【万愚節の悪魔】
 空の星役の悪魔という、薬という星である。星座の
薬座という、静座のやくざ、という。礼儀正しきやくざ
という。印刷業の人という、薬の製造の関わりという。
印刷の見の、薬の調合という。これを、印刷薬という。
印刷儀容の人が薬を調合することという。印刷業が
その知恵である。薬千代烏合の知恵と同じ脳使い
である。沖田宗志の薬屋という、裏が印刷業である。
瓦版屋の薬という。神戸がこれである町という。

 万愚節の悪魔、役棒を持つ、その先に月の飾りを
つける。この悪魔を薬悪魔という。病気の人の希望と
いう、月の意味という。これで、病気は治る話という。
矢を放つ開業という、列が医者である。万愚節の
列という。病気を治すという列である。
【荻萩】
 これが司忍山の矢の意味である。荻生田という、
萩生田という、荻萩の田の、鬼がいる田
という。
【鬼】
 鬼が田を手という、これを、荻遣という。荻生田の
荻を鬼という、荻林という。ここを、荻か住む田という、
鬼が住む田である。ここの鬼を、尚牙という。尚牙を
医者という。古い医者の話という。
【たぼれ、たぼんざ】
 この医者をまた見る、たぼれ、という。たほれ荻と
いう。たぼれ萩という。医者を、たぼれ、という。ここが、
医者の医院である。万愚節の列を、たぼれ列という。
東京の都庁の万愚節の列という。他府県もこれに
ならう。万愚節を、たぼれ、という。古い万愚節の
言葉である。たぼん、ともいう。たぼん節という、万愚
節である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽