2022年02月18日

出発4000 独歩行進 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4000 独歩行進


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/17
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/17
    監修、そうきょう連      2022/02/17
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー   KAWAI社
【歌詞】正里
あの人が見る私の手 振り歩く
横に振って また逆 ふられる手
微笑んで一人で歩く私に見せ
手にはハンカチが ゆれてる袖に
心眼で見てる よい明日 奇跡ある

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/17
出発3092 付け
【鎖天皇】
 天皇という機関車で、鎖が付いている。
動力関係のことです。天皇号という話である。
遊園地では、たくさんあったことという。
そうきょうよいお書き。

機関車もおがんでいます。今は、見ません。
電車も拝んであります。拝み済です。

こないだは、久しぶりに空の飛行機を拝み
まして、良いことがあります。原始人です
からね。地球も月太陽も全部拝んであります。
奇蹟が起こるでしょう、そうでしょうナモ。
田舎者。

くさり天皇と、山の晴れた時にいう、病気の好転
という。天皇という、天候のこととも。
山の名を大切に。山の名を天皇名という。
冨士山という、富士の天皇という。
山の名を尊ぶことという、これを天尊と
いう。病が治る天調という、音楽の転調
にも一部あることとそ。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発3092 植村 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発3092 植村
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/17
【植村詩】
 九州熊本鹿児島辺に植村という地域がある。
小さな町である。昔、向上市、向上詩、向上長と
いっていた所である。ここを、日本の茂(も)という。

 森の豆という、西脇の臍という。また宮の家を
、まっぺく、という。ここの、いそめめ、という。これを、
うえるま、という。まよはっぷせ、という。

 ここへ、どめさわ、という。くれすれをとる、まっくを
つる。これを、まきゆき、という。まれるれ、という。
まきゆくの場という、向上市である。
【纏向】
 このまきゆきが、古い日の、卑弥呼の纏向である。
巻向とも。ここの、いかさる、という。これが、巻向の
まっきく、という。まきくのめめふれ、という。これを、
ろいはる、という。まっつれいのまぶせら、という。
これが、後を、まきえまる、という言いの、まきむき、
という。これを、めろらる、という。

 巻向に行くことに、めろゆき、という。めろいきの・
ばぶはむ、という。まっくれすくる、という。まきしば山
という、めろれるのおいそい、という。おいそ山という。
ここを纏向という。京都、奈良、大阪等の場所と
いう。
【千早城】
 古い千早纏向という、千早城のあるひの、こいふ
き、という。これを、くさり、という。くさり遣という。
物を、ちけ、という。物ちけの言いという。
【鎖天皇】
 くさり天という、くさみさの・れるやら、という。これ
を、くさり天公という。鎖天公を、まっばす、という。
これを、いそすめ、という。鎖天公にておわす、とい
う言いをする、千早城という。千早城の言葉である。
まっ゛す・れんてる、という。

 この千早城の言いの、かめすま、という。千早城の
天守閣という、かめすまという。これを、楠公という、
楠の城という。楠公が鎖天皇である。鎖天皇という、
楠公に繋がれたという、楠公を、まってる、という。
まてる、という。これが、気候を、まつめる、という。
千早の冠語という。千早城冠話という。
【九州植村詩】
 この千早の言いが、古く、植村の地にある。九州
植村という。ここを、ちぐさせく、という、植村のことで
ある。九州よっとす、という言いの・あむせら、という。
ここを、あむれ、という、植村のことである。
【借家】
 あむれゆんばす、という、まよすの・えりかり、という。
植村やかり、という。これが、やかりの家借(いえかる)
という、やかり、という。後、やどすみ、という。私の家を
借家という、借りた家という。これが、仮借という、
呵責の家という。自分の住む家を借家という話で
ある。

 『借りた家です』という、めっぱつの・あるしら、と
いう。古い日本の、自分の家のことという、借家と
いう、これを、やどかりの言葉という。持ち家という、
これを借家という。めっぱつの言葉という。

 九州植村の家という、めっぱつ屋という。借家
(かりや)ぱんせる、という。これを、仮家(かりいえ、
かりや)という。これを、千早れんすれ、という。
千早城の言葉である。千早城が、日本にいくつか
あることという。九州にも千早城がある話という。
【向上市】
 これが、鎖の意味にもなる。鎖の地名という、同
じ名前の地名をいう。九州千早の植村という、こ
こを向城という、向城植村という。後、向上という。
後、一時期、工場市という。鎖が掛かった生産と
いう、鎖の工場という。纏向掛かりの鎖の生産と
いう。らぶっぺら、という。これを、ぺらす、という。
へらすことをいう、ぺらすという。

 へらの鎖という、平べったい鎖ともいう。へらさま
ふみの言いという。ここを、ビグという、美具という。
びぐぼす、という。これが、植村の言いである。
千早城の言いともいう、びぐほす、びぐぼす、と
いう。ビッグ・ボスという英語フウに聞こえる、日
本語という。たむほす、という、びっぐぼすのことで
ある。ぱゆんてま、ともいう。れくせる・あるてらるう、
の言いという。あっぱせいらあのあまてま、という。
るるてる・やますよ、という。これが、纏向の意味で
ある、上文である。借家(かりや、しゃくや)の言い
という、千早の言いとも。
【千早赤阪】
 千早赤阪という、ちみそめの・うるてらすう、という。
これを、れぶすき、という。後、れぶるっすう、という。
千早やっかし、という言いである。植村の地に、この
千早やっかしがある。アルールランテラの言いという。
あるんせるの・おっぺらす、という。おぺらすの言いと
いう。
【学門の外国語】
 この、おぺらぺらすうが、数学に掛かる、あゆほま
りの言いという。数学教授という、ぺらすという言いを
する、へらす意味にとる、数書という、これを、すうまま、
という。すうれすの、える・らってん、という。ラテン語の
数学という、昔の数学の学びの場の言葉という。
ラテン語で数学の講義をする教授という。

 音楽のイタリア語という、国語のチャオシー語という。
美術芸術のオロレラ語という、今の満州、維吾爾
(ウイグル)辺りの言葉である、オロレラ語という。

 ペラスがラテン語であるひぃに、オロレラ語でもある。
近いロシアという、ここの地のロシア語という、オロシア
語という。これが、千早赤阪の鎖の掛かりである。
【ウラジオストク】
 古い、ウラジオストクに、千早赤阪城がある、九州
千早という、ここの地の奥地という、ここにも、日本語
が通じる所がある。千早赤阪城である。ここの言葉と
いう、植村語という、植村冠語という。これが、ウラジ
オストク奥地の言葉である。九州をいう地である。

 日本の九州は友邦であるという、ウラジオストクの
奥地の近辺という。これが、日ソの言いである。
九州を、オンパラレクという、ウラジオストク奥地の
言いである。後、京都府園部のロシア言いという。
九州のオンパラレクのことである、園部地方に、
これがある、遊郭の言葉ともいう。
【ウラジオストク掛かり】
 また行くウラジオストクである、ウラジオパッレルーと
いう、ウラジオストクの古い町名である。ここを後、
サラセンという、サラセン・ロシアという。このウラジオ
ストクの北方に、カンサスシティーがある。アメリカの
カンサスシティーと同盟である。サラセンロシアの東極
里という。この辺を東極国という。後、ベルホッパと
いう。
【ロシアサラセン東極万愚節】
 ベルホヤンスクという南極への地軸という。ここの
地軸を、東極軸という。まっぺの地軸という。ウラ
ジオストクの言いという。ベルレッテラランルーという、
これが、ウラジオストクの冠語である。ロシア語冠
語である。今のベルホヤンスクという、ここの万愚節
という。東極万愚節という。

 古く千早赤阪が掛かる九州のオンパラレクの戸の
万愚節という。戸を尊ぶロシア人という。尊戸人と
いう。名を、オロレンラワという、ロシア人の名前である。
ロシア人を、オロレンラワという、ロシア民の名である。
【箒星万愚節】
 万愚節をとるロシアという。格好が、箒を手に、ト
ルコをいう、箒の手先を下に、掃く絵の方を上にする
格好という。東極軸を表す格好という。箒を持った
格好をする。これをコサックという、箒を尊ぶ人である。
帚木という源氏物語に出てくる人である。ロシア人
の下りがあることという。
【源氏物語帚木】
 ウラジオストク章という、源氏物語の、帚星である。
飛び交う源氏蛍の光を、帚星という。藤原野道長
という、朝臣でいますという若い人である。蛍を見て
いる人である。ウラジオストク章という、帚木の項とぞ。
【ロシアカンサス、米国カンサスの万愚節】
 藤原道長という人という、ウラジオストクの人である、
ロシア人である。東極軸よらる解という。ウラジオスト
クの万愚節を、ラスという、ラス万愚節という。東極
軸万愚節である。サラセントーフリーという、カンサスの
万愚節という、ウラジオストクと同じようなものという。

 これで、アメリカ・カンサスの万愚節という。ウラジ
オストク、ベルホヤンスクと同じような万愚節である。
同名都市の話である。ロシアの不沈山という、
ベルホヤンスクロッテスの山の話という。ベルヤラ
ロッテの意味という。『ベル』がフランス語という、
ナポレオンが入れた言葉という、ロシア進軍の
ナポレオンという。言葉の話である。箒を持って
ナポレオンを迎えたという、アンナ・カレーニナの
物語という、トルストイの文豪という。そのトルストイ
先生のお教えという、ウラジオストク章である、
源氏物語帚木の項という。トルストイ門下生は、
そういう解釈をするのである、夏目漱石先生の
文の真似という。『〜のである』の文である。
【源氏物語ウラジオストク章】
 アンナ・カレーニナという人である。藤原道長
の御息女であるという。ロシアへ行けば若い人と
一緒にいるという。若い人はアンナ・カレーニナを
迎えたという、ウラジオストク章にくわしく描かれて
いるのは周知である。

 源氏蛍の大きな星である。アンナ・カレー星と
いう。箒星のことである。箒のような星があったと
いう、空にドンと大きく輝いていたという。原始
時代の宇宙である。原始人宇宙学という。
アンナ・カレーニナ物語である。ロシア文豪の
門下生である、夏目漱石先生御同期という、
すごい人である。原始人という、空に箒星が
あったという、万愚節の一景という。
【アンナ・カレーニナ】
 これが、ロシアサラセンの万愚節という、奇跡
があることという。これが語られる、イギリスの
アリス城の近くのノップラー城という、ノップラー
英語の場所である。ケリントンロックスという。
グラスゴーのストーンサークルという。ここの
物語にアンナ・カレーニナが出てくる、トルストイ
楽という、音楽の城の話である。今もグラスゴーは
歌の上手な人がたくさんいることという。
【グラスゴー万愚節】
 イタリア語経由のロシアサラセンの歌という。
ナポレオンが少し掛かることという。コルシカの人
である。コルシカ島の言葉という、これもノップ
ラー英語にあることという。後、コックス・リッカムと
いう、後、コックスという。イギリスのロックである。
イタリア語の発音が少しある、グラスゴーをグラー
チャスという、ロシア混ざりの言葉もある、藤原
道長の御息女という。ファイヤー・フライの星という。
グラスゴーの万愚節という、星の万愚節という。
光星万愚節という。
【ミラノ】
 ロシアの物語を踏襲する、箒で空を綺麗に
するという、アリスの鏡の物語である。鏡の国の
万愚節という。星映りの鏡という。この星を鏡中
という、イン・ミラーという。これが、イタリア語である。
ミラノのことである。鏡に映っているイタリアという。
このイタリアの鏡映りという、映す国が鏡の国で
ある、イギリスである。

 これがロシアの東極をいう、グラスゴー西端と
いう。グラスゴー、ベルホヤンスク(ノボシビルスク)
という、これが軸という、軸が変わった時の回帰
線である。そういうようになるという、アンナ。カレー
ニナという人の教えである。トルストイ先生のお
教えという。万愚節の話である。

 グラスゴー、ロシアサラセン、九州植村、全国
千早城という、回帰極曲がりという、カーブド・
リターン・ラインという。ここが箒星を奉る場所で
ある。

 『ホイッキホイッキ』という千早の掛け声という。
手を上に上げて箒を持っている姿という、両手
である。両手少し傾けた格好になる。これを
前後する、箒を頭上にもっている格好である。
【ロシアサラセン万愚節の奇跡】
 腎臓の病に効果がある、直るという、奇跡である。
上記の地の葉万愚節の奇跡という。腎臓病が
直ることという。箒星の拝みという。原始人病気
治癒論である。

 石の包丁、石の鋏を使う、この話である。たく
さんある話という。にゃっかく、という、石製品である。
そうにゃあの話という。『そうにゃんです』という、古い
長岡の言葉でもある。全国長岡である。長丘とも。
石器がある場所である。箒星を見る場所という。

 回帰極曲がりが長丘を通過していく、
グラスゴー、ベルオヤンスク、九州植村、長丘の線、
これが字である。説楽文字という、地軸の象形で
ある。トンガ文字ともいう、説楽文字があることと
いう。この回帰極の文字、レソルという、読みが、
ルである、説楽文字でもある。『ソ』と『レ』の合字
である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』

なんだか、駄作者が檄を飛ばしているって?


【奇跡を起こす、万愚節】 
 色んな万愚節があります。アデン、トルコ、オース
トラリア、ロシアカンサス、、色んな国の色んな万愚節。

 『俺の会社には、奇跡があるんだ、躄がたったんだよ』
 『私の役所では、万愚節に盲が目を開けたのよ』
 また、
 『山で命拾いをしたよ』 自分への奇跡です。
 ・・・・
 たった一人でもいいじゃないですか。 家族だけでも
いいじゃないですか。少しの時間だっていいじゃない
ですか。憐れみの情、身障者、病人大切です。

『あの人が私の為に手を振って歩いてくれたのかしら?』
わかるものです。奇跡は起きるものです。
自分に奇跡が起った。また、知人に、周りの身障者
病人に奇跡が起こった。不治の病が治った、こんな奇
跡がどんどん起こります。
少時間、アデン様式で歩いて下さい。また、トルコ様式
でも、・・・・・・・それぞれ、一人で出来ます。
拝んでもらえる人になってみましょう。

 喜びの声が聞こえてきます。
 『私も、やるわよ』
 『俺だって、やるよ』
 私もやります。
 新世界がやってきます。よい未来がそこにあります。
 ご先祖様大切。死者を尊ぶ。奇跡の元です。
 万愚節大切。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月17日

出発3090 尊教 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3090 尊教


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/16
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/16
    監修、そうきょう連      2022/02/16
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
尊教の集いの津堂の前並んでは
お指揮されたたれるお爺さん
しゅうきょうは、双今日と祝う、
わが祖先尊ぶと よい事が起こる
これ尊教 ご先祖いませる

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/16
【集い津堂、尊教】
 集い津堂の尊教、そうきょうをいう。祖先を尊ぶ
ことをいう、これ、宗教の根本である。
 わが祖先を尊び、これを伝える、そうきょうとも
いう。
 祖先また死者を尊ぶことに、よいことが興り、
奇跡が興る。ビール会社の奇跡もこれに類する
ものである。がくらん、下袴の鏡ぬきという、山の
奇跡という。山で、命を拾うという、そんな奇跡
が起こる。

 また、暴力団の奇跡という、これがある話という。
らい病が直るという。髪結いの奇跡ともいう。
遊郭の太夫行列という、らい病が直るという。
【経済】
 さて、奇跡の主義という、資本共産という。
資本主義と、共産主義の話である。資本主義は、
自らを、けいざい、という、自由経済という。
共産主義は自らを、きょうれま、という。
これが、経済の奇跡をいう。記帳という奇跡である。
数字で表す経済の金額という。そろうやて、という。
古く算盤をいう。算盤経済という、記帳の経済と
いう。簿記の記帳という。これを、奇跡らりき、という。

 国を、群馬、埼玉、栃木という関東の国という。
この国に、きさきがあるという。きさきのこう浜という。
これが経済をよまふみという。よませまという。らゆる
・さんたき、という。奇跡を経た済みという、住みで
ある。経済国という。奇跡という、記帳を終えたと
いう。記帳経済を奇跡という。この奇跡は帳面の
ことである。ちょうづらが合うという、奇跡記帳という。
【経済国】
 さて、この奇跡という、奇病の跡という。後である。
これを後跡という、奇病が治るという。経済に奇跡を
入れて、病気を治す、健康維持という。経済国の
奇跡である。関東夜間という。薬罐の薬という。
薬罐を尊ぶこの経済国という。共産主義も資本主義
も薬罐を尊ぶという。これの例という、ラグビーの薬罐と
いう。『それ、薬罐の水をかけろ』という、ラグビーの奥義
である。ラグビーを、経済運動という。ボールが、奇跡
という、ボールを奇跡という。ミラクル・ボールという。
奇跡球である。
【ラグビー】
 このラグビーの奇跡を、再び経済記帳がととる、取
り入れる、これが埼玉の奇跡ともいう、上、三国の
奇跡という。ミラクル・ボールを埼玉という。

 さて、どんな奇跡かという。楕円のミラクル・ボール
という、これが祖先死者の御霊である。ラグビーの本領
という。祖先を尊ぶラグビーという。薬罐の水の奇跡が
祖先の尊びである。記帳をする人の尊びという。

 会計関係が皆見るという、ミラクル・ボールという。
奇病という難病が治る。野球を尊ぶ話という、野球
病という、野球棟へ行けという、病院のことである。
これを、バット・リコールという。バットマンの病院という。
蝙蝠の帽子を被る医者という、蝙蝠が連れてくる奇病
という、病気を治す病気という、悪に悪をもってす、という。
病気に病気をもってする、という。軽い病気をあてがい
、思い病気を軽くするという、蝙蝠の直しという。
蝙蝠を崇める病院という、これが、バット・リコールで、
ラグビーに返ったリコールという。
【野球】
 野球のバットの崇めという、ラグビー選手の薬罐と
いう、ラグビー試合にバットを置く、ラグビー場という。
ラグビーの健康維持という、野球の健康を体する
ラグビー健康という。怪我の治癒ともいう。

 バットマンが始球式にラグビーの球を打つという、
健康を祝うことという。とせちらの試合とも。これが、
見る人の健康である、ともにとる始球式という。
【試合観戦】
 ラグビー、野球の試合を見るという、アデンの格好、
片手握り上へ、もぅ一方の片手握り片手の肘へ、
この格好で見るという。アデンの格好で、横へ流す
トルコの格好という、掃き掃除の格好という、これで
観客席へ行くという、観戦の一方法という。奇病
が治るという。上がった球を、くさり天皇という。
蝙蝠を天皇鳥という。スポーツマン・シップという、
くさり天皇ともいう。
【奇病除け】
 この鎖を馬の馬蹄にとる、馬蹄形の戸の飾りという。
健康維持、奇病よけ、という。
【くさり天皇】
 くさり天皇の『くさり』は何か、よくわかる話という。
馬の健康を、くさり読み、という。馬蹄のことである。
馬をたっとぶ国という、上の三国の国という、経済
会計の帳尻合わしという、合計記帳の奇跡という。
ぴしゃっと合う合計という。
【経済の奇跡】
 経済の奇跡という、奇病跡という、後の字を見る、
後跡郷関という、合計欄のことである。郷関国という、
上の三国である。関東地方である。ここに病を治す
奇跡がある。球を少し上へ上げて、それを受ける、
これをしながら歩くという、奇跡行という。
【ビッグ・ボス】
 万愚節の一行事でもある。くさり天皇という
万愚節である。この天皇を球という、玉という。
埼玉をいう。上に上がったさきみたま、という。
さきみたま万愚という。奇病がこれで治る話という。
さきみたまの万愚節である。
ラグビーの、野球の球の大きさという。小さいラグビー
の玉である。これを上へほうり投げて受ける、歩きと
いう。野球の球でもよい話という。これを、ビッグ・ボス
という。奇跡の玉という。

 関東地方の万愚節という、これがあることという。
くさり天皇という、上に上がった玉である。拝んで
みれば、よい話という。
【野球球団、ラグビー球団の万愚節】
 野球球団の万愚節という、『直してよっとしょ』という。
掛け声である。野球球団の奇跡である。ラグビーの
万愚節という、『やっきゅしょって、すっとしょ』という、掛
け声である。医者がバットマンの格好をする、これが
球団の後ろにつく、看護婦添えてという、ナイチン
ゲール論発という。万愚節の一景である。

 小さい40センチ程のピアノを腹前に掛け、鳴らす、
ナイチンゲール・ミュージカという、ミュージカという十
字架 である。十字架四方に跳ねがついている、
試合の後仕舞という。塩撒きの意味である。
万愚節の試合という。
【英才】
 この音を経済という、経済に健康、病気治癒が
ある話という。『経の営の』という経営ともいう。
経済経営宮という、埼玉のことである。済営の山
という。英才の話である、済宮に関わる人という、
英才である。広くスカン棟、埼玉をいう、英才人と
いう。関西人を、済球徒という。九州を、営球という。
四国を、あおたま、という。東北を、しばきゅう、という。
北海道を、とうたま、という。樺太、千島列島を、
いしたま、という。沖縄を、琉球という。これが、経済の
国を呼ぶ言いである。健康含みの治癒含みである。
【くさり天皇】
 くさり天皇という、くさりの話という。くさりおれすま、と
いう、古い穂浦なみゆらの言いである。後、御所の言い
という、『あのくさり天皇』という、小さい子供の病気を
直す時にいう言葉である。
【才女】
 始球を女がするという、女バットマン、下スカート、
黒づくめ。レスリングの試合の安全に流れる、流始球
指揮という。スポーツ連である。それぞれのスポーツが
他のスポーツの安全をいう。レスリングの試合の安全を、
ラグビー、野球でとるという。流球スポーツという。沖縄
のお家芸という、琉球という、琉球の一つの意味
である、安全の話という、沖縄のことである。
【沖縄万愚節】
 沖縄と関東を流粒という、安全のことを書く字を
流粒という。流粒文お書きという。安全輪尊ぶ字で
ある。沖縄の字という。十の字をいう。十の字に丸い
粒をつけた装飾の字という、その十字架でもある。
沖縄の運動という、十字球道という、これを手に持つ
万愚節という、沖縄の万愚節である。十字球万愚
節という。
【宗教、そうきょう、尊教】
 祖先を崇めることを、宗教という。それぞれの宗教
である。その一家の教えという、宗教という、そうきょう
とも。尊教ともいう。それぞれの一家の教えである。
祖先を尊ぶことという、死者の弔いという、不具者を
憐れむことという、等々、宗教という、尊教とも。

 祖先を尊ぶこと、全世界同じである。祖先の話を
する、死者の弔い話をする、万愚節の一景である。
共産主義経済には、祖先を尊ぶことがある。
資本主義も、同じである。祖先を尊ぶことという、
奇跡の元である。宗教とは、祖先を尊ぶことである。
それぞれの心にあることという。

 キリスト教という、仏教という、イスラム教という、
様式の違いである。元は、祖先を赤でメルことである。
主という、アッラーという、南無阿弥という・・・、祖先の
意という。これの様式の違いである。

 皆、祖先を尊ぶことである。
共産主義にも、資本主義にもある、祖先を尊ぶ
ことである。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月16日

出発4002 O'philip :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
音楽
【曲名】 出発4002 O'philip

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【歌詞解説】
O'Requiem of O'The O' late O' Prince O'Philip.

Grief, yes, grief. deep grief. I would not
see O'your style. I would see O'your style
everyday, internet news.

All the person would say that there is no world
in dead person. Sorrow very sorrow.
All the person say that there is no future in
dead person. All the dead person would not have
future, that is fact. This fact is , but, fact of living
man's fact. O'dead person would not have this
thing. O'dead person, O'you would only have
o'your past. O'your past is O'your future.

I w ould think that O'you dream your past
as your future.

I would griefly say that O'your future is not,
O'you would only have your past. O'your past is
your future. This is the fact, in the living world.

Arround now, O'you would be a baby, with
four legs, O'you would climb up big moutain.
I would see O'your style, tommorow, O'you
would be a young man and you would go front
with O'your father and mother.

Greece, near Paltenomn church, old time.
O'you would return back Greece.

Recent day, big ship has a depart, departure.
This is Celebration of O'your depart.
O'You would say "good mask", me, too.

This world, too, have a depart to good future.

O'you would ba a O'fantoma now, when O'you
would have a visit to me, I would have O'you
in my back and I would walk one step and one
step. Here and there I would take O'you.

Huti festival in Kyoto, at first King Arthur's
going in march. I would take O' you like as
that time. in Gion Kyoto, Old old very old time
in Gion, Kyoto. At that time, O'you would stand
up in Gion spot in Huti festival.

I would think that O'you would be, now, a baby,
climbing up bigh mountain, I would pray O'your
health and safety.

April fool, the daed person would come to see
livivng people from death world.
" Welcome, welcome" the world wait for you,
dead person.

I would understand English a little.
I would pray that there are not rudeness in this
sentence.
Difficult, English, a little understanding Englsh
of me.

To everybody in the world,
O'your ancestor, fantoma, dead person come
back to your house in April Fool, let's welcome
O'them warmly.

To take good care of the dead and ancestors,
this create a miracle, ex. intractable disease is
cured, maintaining good health.

Let's live long with ancester, and toward new
world. Good world, here is.
A primitive writing.
translated by Google.

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
O'late O'Philip o'seeing Huti Festival

2022年02月15日

出発3080 余夏連 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3080 余夏連


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/14
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/14
    監修、そうきょう連      2022/02/14
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
塩をまく 余夏連 といほきの言葉
安き得る うれしさ といほきに 庭に
塩をまく 清めれば安きが多なる
若い日の余夏連の 安きがありある
若い日々 得る安き 塩まく余夏連

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/14
【歌詞解説】
 余夏連、塩を撒くことという、夏期休暇のことと
いう。一沢山という山のお教えという。何事も安
全第一をいう。これを、はよふり、という。

 塩をまくことで、手っ取り早く安全を手にする、
これを、さりさりの・はよふり、という。ふり塩と
いう。てらせらの・あいたい、という。休暇に安全を
徹底して手にすることという。かいざきの山の・
あたゆみ、という。

 塩を尊ぶ話という。余夏連の尊教という。尊教
路という、わるてるの・りよらら、という。私の家の
あと、という。おりやらる・あいらき、という。りよらるの・
あらせら、という。私の家の安全という。また浜の
家という、若い人の家である。安全第一半端期
という。長い休暇のあたりら、という。これを手に
する歌である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽