2022年02月21日

出発4012 ここ :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4012 ここ
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/19
【歌詞解説】
 こことは、楽器のことである。

 柳市の中に丹波市市がある。この柳市、今の
奈良県のある所という。これより大きい市という。
ここの楽器も、ここという。楽器のみみという、みみ
山という。みるせられ、という、冠語である。

 この言葉を、たかき、という、言葉のことという。
たかきによる、ここという。ここを、がくさま、という。
がくさまのいそゆり、という。ここに歌がある。

 これが、トントンという、歌である。これを、
みんそり、という。教団に置いた歌という。
これを、手の遣りという。踊りの手のつけという。
踊りをつけた手の歌という。トントンの歌という。
これを、みこ山という。これが、また山の歌ともいう。
今の教団の歌である。

 この歌の出という。その地の、いたちの動きの歌
という。大きいいたちという。アメリカ、ロッキード山
脈の移動で、体に大小ができたことという。人体
にも出たロッキード山脈の移動という。

 大きないたちという、ライオン程の大きさという。
また、小さい象という、これもいたのである。犬より
小さい象という。これが丹波市にいたという。この
頃の丹波市、今の、藤堂藩という。ここがある場
所である。このトントンの歌を歌っていたことという。
地ずれをした藤堂という。今の丹波市市駅の場
所である。

 ここに、まのひ、という、後、山査子という期を
植えた日という。この植えのことの歌という。
『正月う、肥のさづけを、しょそはらす・・』という、
子供の童歌という。『しょそはらす』という冠語である。

 これを、置いた藤堂藩という。イカスミの墨書と
いう。これで、書かれている、藤堂藩古書である。

 山由良という場所の地ずれを表す箇所という。
地がずれた藤堂藩にある、今の藤堂という。ここを
東大という、読みに、あずまひろ、という、とうだい、
とも。

 この東大、やとゆと、という、おりらる・れむせ、
という。学校の藩校がある頃という。この藩校に
あららく、という、楽のあることという。これが、トン
トンの歌の残しという。後、新しい言葉で書いた
歌とぞ。今の教団にある歌である。

と動物のラーテルという、これをめでる歌で
ある。いたちの大きないたちである。これに、あます
を掛けた歌という、十ニ下りという、教団の歌で
ある。東大の歌という。この東大、東という場所と
いう、東の大きな場所である。今のとうどうはんの
東である。後、大きな位置ができる、この池の、
カマという魚という、高く飛び上がる、高さ、八
階建てビル位である。この高さまで鳶上がる魚
で、いつも見に行っていた若い人である。

 ここの人という、外人がいたという。この外人、
今の、ノバヤゼムリアという、そこの人である。
リリサンという村の人という、ロシアのノバヤゼム
リア という。

 ここに行くという若い人という。リリサンの地と
いう。ここにトントンの歌がある。若い人が歌
っていたのである。日本語の冠語の歌である。
これが、そこの地の言葉になり、ロシア語冠
話という、冠語のロシア語という。トントンの出の
場所という。同じく地すべりがあった場所という、
リリサンの地という。古い日のノバヤゼムリアという。

 ここの楽器という、がくらく、という。この言葉
がある、リリサンである。日本の三味線である。
後、大きな三角形の三味線という。これもある。

 これを、歌う、ロシア語という、トントンのロシ
ア語である。古い懐かしのリリサンである。
ここに、また山がある。ノバヤゼムリアの火山で
ある。これが、歌を歌う、トントンの歌という。
後、ふなぬな、という。ろろさま、という。ろくせく、
という。リリサンの童歌という。

 地ずれがあるという、藤堂とリリサンである。
ここが地軸をいう時に、奈良の藤堂という、
奈良リリサンの地軸という。この地軸のことの
歌という、『小川の冬』という歌の下りにある。
これが、万愚節の古い万愚節である。日が、
二月二十日前後である。今の暦である。

 地がずれる場所の同期という。アンゴラの
ナミベ奥という、ここも地すべりがあったことという。
これに、ロッキード山脈移動を入れる、万愚節
という。万愚節が地滑りをいう、万愚節の一共
録という。日が、ほぼ二月の二十日前後である。

 これが飛行機をいう日に、飛行のめでという、
この下りのトントンの歌という、同じ調子の歌で
ある。これを、たいさら、という。たいみまの・れろ、
という。れろ歌という。藤堂の東大の歌という。
東大の歌がナミベ奥にある話という。万愚節
に歌う、トントンの歌とぞ。

 飛行機の安全を歌う下りという。『トントン、
ント、ント・・・』という、飛行機の、ドント発進
という。トントンと鳶上がる飛行機という。
大きな飛行機が、一度上がり、着地して、
また、飛び上がる景という。歌の話という。
今の奈良の教団という、これが、ある話という。
ドント発進をする、池の北の飛行場という、
ここの景色の歌でもある。黄色いなづなが
咲いていた春である、池の縁の高くなった丘
状の場所という。この丘へ登って魚を見ていた
若い人である。ノバヤゼムリアの人という、他に、
イスラエル人、朝鮮のヒラリという場所の人、
中国のサンロウという場所の人、アメリカの
トランプさんという、この日の火とという。
他の国の人という。

 ここから、飛行船で、大阪伊丹へ行った
ことという、総勢四百人という。伊丹近辺で
一緒に住んだ話という。南アメリカの、ある・
ない頃である。後、イギリスのグラスゴーに行く
ストーン・ヘンジの場所という。皆、一緒に
行ったことという。世界はそれを、移動人という。
この頃の記録という、移動人の記録という。
本書でもある。

 楽器のここを携える移動とぞそ。ストーン・
サークルから、ノバヤゼムリアへ行き、後、フランス・
パリへ行き、ロシア、モスクワという。後、アメリカ、
ワシントンという、ワシントンにも、トントンの歌が
ある。ここでまた、イギリスへ戻る移動の人達とぞ。
後、イギリスからニューヨーク島へ行く。ニューヨーク
島があった頃という。ニューヨーク島の万愚節という、
城状の家の、ある部屋のことという。ジョージ六世
という御交野お指揮という、オルガンその奥方と
いう、エリザベス一声という前の頃の合唱である。
『主よ御許に』という歌という、後、『大川の冬・・
』である。

 城状の家があるニューヨーク島という、ここに、
鉛の箱にものを入れて置いたという、若い人である。
引き上げれば中に、当時の写真がある。この島に
住んでいた人達の写真である。密閉の鉛の箱で
ある。若い人も写っている写真である。

 ここから本土のニューヨークへ渡り、沈む日を
よる若い人という。四番の長命である。ニュー
ヨーク四番である。四番街という。水がやってきた
という話であ。リヒテンシュタインという国の出という、
ニューヨーク島の沈みと同時である。万愚節も
ニューヨーク島の万愚節と同じである。リヒテンシュ
タインの話という、背の小さな人がいる国という、
ロッキード山脈移動の影響という、人に現れた
移動の話である。アフリカ・ピグミーともいう。
ロッキード山脈をいう人達である。世界所々
にあること、人達である。

 マウント・バッツというピグミーの人のことである。
反対を、れめす、という大きな人達である。
三メーター位ある人達である。ノバヤゼムリアに
いる人という。藤堂でも一緒にいた人である。
同行の人達という、ピグミーの人も一緒に移動
したことという。

=====
ふち祭り、一景。トランプの立て札、高く上がっ
ている札である。この後ろ、ラリュモア山である、
このラシュモア山の裏側、バイデンという名前
が書かれている。バイデン村という、場所という。
エレクション・ロードという、バイデン村からラシュ
モアへ行く裏側の道という。バイデン・リーチという
村である。トントンの唄がある。米語である。
One から始まる歌という。
 この後ろ、アフリカ、キリマンジャロ山という、
ここの滝がある、この滝の造りである。ラシュモア
の次である。
 後が、イギリスのストーン・サークルである。
後、日本のふみ山という、富士山である。
ちょっと後ろにロボット騎兵である。総勢五百騎
である。いろんなロボットが行進をする。
 この後ろ、六川山という、きのせのね、という。
大木の木の根という。大きな行進である。
『小川の春』という、今のサンサーンス?の小川である。
『小川の春もかむさびて、小川サラッサラッ、森の歌?
』という歌という。これの行進曲で、後、ナチのピカ
スカという、ナチおり、という歌という。四拍子にして
ある、行進曲という、元歌は三拍子である。
これが、六川山の行進である。

 また行くアメリカ万愚節という。ここに、ムトルロと
いう水戸の屋の造りがある。アメリカのユタ半島の
ウィンボーという町で、今のフロリダのタンパである。
暴風雨が来た日の家という、大お爺さんという、
パイプをくわえた、船に乗せて下さった人という。
暴風雨の中、暖かい湯がふってきたとも。

 後、フィラデルフィアという町へ行く。フィラデル
フィアに中性子爆弾が爆発したという、空で投下
したことという。中性子爆弾を投下して、分子原子
を作る施策という。これという、こすめる、という名の
中性子爆弾という。結果 、ろくさり、という。天候
が一巡することという。天候を、ルッパクという、
フィラデルフィアの言葉という、アメリカの冠語である。
フロリダのお爺さんが、教えて下さったことという。
暴風雨のフロリダという、昔のアメリカの台風である。
これが、また来た数年前という。同じような台風
である。

 スケーターズワルツも行進で使われていた。
三拍子の行進である。ロボット騎兵用の行進で
ある。

 大お爺さんおいきたまう世界、大お婆さんお
あられ世、たっときなる。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月20日

出発4008 飛行機 :イカスミ柳

出発4008 飛行機 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
【曲名】 出発4008 飛行機
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/19
【歌詞解説】
 飛行機会社の万愚節
飛行機が傾くひぃに、万愚をいう。これが、飛行
機が音を音か場合に安全を出す。『安全の音を
落とす』という。飛行機の安全をいう。

 飛行機のおきはりという。およせる・れぷすと、と
いう。やまんとの・めよふり、という。やっとの・えいは
り、という。これが飛行機の安全をとる、冠語と
いう、そうきょう語という。飛行機が冠語をとる、
えいざりふみ、という。飛行機を拝むことともいう。
空のえいほき、という。万愚をいう話という。

 会社の万愚節という。飛行機に、れぞれる、と
いう行為をいう。飛行機のらっけ、という。
 手を斜め上へ挙げる、挙げた手を、対斜めへ
下ろす。この手をそのまま上へ上げる。『レ』の字を
書く。チェックともいう。

 これを、レントという、飛行機の、れけふれ、という。
古い日の、アイルランドの飛行機の到来という。
この時に、これをした若い人という。五条交範と
いう日の、飛行機の着陸である。飛行機を拝み
、こけをする。安全を期す、飛行機への尊敬である。
飛行機を尊ぶ行いという。

 飛行機の前でこれをする。神主の持つ祓い木で、
これをすることとも。なければ、手でこれをする。
これが、安全をとっていく飛行機会社の万愚節と
いう。僧侶の数珠で、これをやることという。
歌が『春由』という、ビール時間同期。@100 の
時間である、@1000 とも。やます山のお書きという。
いっとしのふり、という。飛行機山のお絵という。
人の動きを絵という。上の動きである。

 あと、無線の発進という。各飛行機に、ツツーと
いう、安全を発信し、各飛行機が、ツツツーという
受けをする、五条交範の安全確認という。

 この日、飛行機に乗っ、大きな旅客機である、
行った、***の飛行機という。遠い所へ行った
話という。外国人の室内係という、その人のお教え
という。パルセラという。手を膝に置き、少し前かが
みという。これが、飛行機の乗客の安全である。

 マッパラブという、飛行機の尊びという。この時に、
ファンタメという、ファントムの冠語という。ファントムが、
御祖先である、ひぃに、祖先を尊ぶ飛行機の礼儀と
いう、乗客の礼儀である。飛行国乗った時の行いと
いう。浜山のお絵という。アメリカ人の乗客係という。
イギリスの人もいた、アイルランドの人とも。

 ともに千早へ行った話という。千早で二日を過
ごし、後、岸和田の城へ行く、ここで、飛行機着
陸で、上の格好をする、チェックの格好、空からの
城の拝みという。城をめでる恰好という。

 千早上空の旋回という。飛行機の地上へのたっ
とびである。これが、安全に通じる行いという。飛行
機の機長のお教えとぞ。フランス人副機長という、後
、フランスへ行く 。フランス・シラク村という、フランスの
国の飛行法という、旋回することである。

 パリドゴール空港という、昔、来た空港という。
パリ・エッフェルのそばである。

 隣にヒットラーという人がいたという、ヒットラーの
パリという。ヒツトラーがパリへ行った話である。
千早城の人という。岸和田の人ともいう。新聞
を読んでおられた話という。ソットラーさんである。
万字十字の人である。千早城万愚節という、こ
れを行事にする、京都西院の第三国という。
淳和院の万愚節という、千早城と同じである。
ドイツが出る万愚節ともいう。ドイツ万愚節という。
ベル・レッテルという、万愚節のことという。この『ベル』
、フランス語の『ベル』という、よい印という意味という。

 ヒットラーさんのお教えである。シラク・メムセカと
いう、ベル・レッテルのことである。これが、第三帝
国の日本とドイツの話である。若い人がいた話と
いう。ヒットラーという、科学者の面という。

 後、ドイツ・ボンへ行く、そこで、アンネ・フランクと
いう人がいた。イスラエル人という、放射能室に
入れるという、ヒットラーさんのお言葉という。
健康をいう、病気チユをいう、放射能室のことである。

 ニコニコ笑って出てくるアンネさんという。放射能
室入り口の前である。この日のこどある。
 パリ・ドゴール空港から、ドイツへ行き、後、チェコ・
プラハという、そこの共産党本部へ行ったことという。

 何度も行ったチェコ・プラハ共産党である。ドイ
ツ人のヒットラーさんの額がある頃という。優れた頭
脳のヒットラーさんであるという。第三帝国という、
日本京都西院のことという、同じ名前のドイツという。
アドルフ・ヒットラーという人という。

 万愚節の一景である。万愚節にでておせれた人と
いう。髭をはやした人という、これを、西院がする、
第三帝国万愚節という。西院の万愚節にヒットラー
さん役が出る。アンネ役も出る。西院淳和院の万愚
節である。これと同時に、飛行機の飾りの山車と
いう、これが出る淳和院万愚節という。

 これで、京都府向町の太極殿が、ヒットラーを、
ひせ浜という。ヒットラー村をいう。ヒットラーの名前
の人がたくさんいるドイツ・ヒットラー村という。
ここの万愚節もヒットラーさんとアンネさんが出る。
これにフランスのシラク村という、ここの人が同期
する、世界の時間をいう、スイスのビール村の時
間という、これが、アイルランドの飛行機である。
この飛行機で、万愚節がビール時間になったこ
とという。世界の万愚節の時間である。

 ハイル・ヒットラーという、当時の万愚節という、
ヒットラーさんの放射能室をめでる話という。健康
維持の部屋である、病気治癒ともいう。

 向日町太極殿の万愚節という、ヒットラー、
アンネの役という、小さな建物の放射能室の
飾りという、この山車の出という。この山車が
京都桂坂の北太極殿へ行く、万愚節の行
進という。北太極殿天蓋闇という場所という。
ここで、着いて、ヒッサトラーさんという、アンネ
さんの話という。健康の話である。これが、
北太極殿の万愚節である。

 『主よ身許に』という歌をドイツ語で歌う万
愚節である。ドッスムという掛け声という。これで、
歌う歌である。イスラエル人の歌という、イスラ
エルが、いよふま、という国名の言いの頃という。
イスラエルの国名の日本冠語である。

 これが東条英機が出る北太極殿の天蓋の
歌の時間という。ドイツのナチの行進曲を使う
ことという。ドイツをめでる話という。
 
 アンネをユダヤという、アンネをとるヒットラーという。
これで、ヒットラーのイオという、ヒットラー村へ
行ったひの若い人という。あんねのヒットラーという。
安寝。

 後、V1 に乗ってロンドン空襲をするという。
迎える、ロンドンのジェット機という。空襲とは
空の旅のことである。若い人のV1の行きという。
ジェット機がした飛び上がり、V1の下について
誘導したという、イギリスの話である。

 アメリカ、ローゼンリールラーという、ここの話
にこれがある。東欧チェコ、スペインにもある
話という。世界各国にある話という。

 向日町三曲という、ドイツ語と日本語、ユダヤの
無言葉で歌う、万愚節の歌という。後、ナチの
行進曲で、だしの巡航という、北太極殿向かい
である。向北の歌という、『春由』の歌である。

 ***の万愚節という、一部、ダイサン帝
国が出てくる場という、飛行機の上にV1ロケ
ットが乗っている飾りという、だしに乗せる山車
という、るんばらの山車という。安全をいう、1景
である。

 ***をいう、安全をとる会社という、他の
飛行機会社の万愚節もこれに準ずる万愚節
とぞ。***の万愚節をルルという、ルル万愚
節という。他の飛行機会社とも。ヒットラー、
アンネを出すこともある。

 ミナミアフリカの喜望峰でも、これか、いわ
れていたことという。万愚節のヒットラー、アンネ、
東条英機である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月19日

出発3094 磯野村 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
【曲名】 出発3094 磯野村
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/17
【九州磯野村】
 九州に磯野村という、村がある。その一部に名
残し闇という場所という。ここのいき山という。れる
ふる・ろくそむ、という。ここの、あい浜という。そこの
闇とぞそ。闇に赤い色がある。この赤あの色のおき
遣という、やり山のことという。まも闇に出るをいう。
闇を尊ぶ話という。これを、おがま、という。拝みの
ことという。
【暴力団を拝む】
 昔、毎日、暴力団を拝んでいたことという。また、
拝む暴力団という。花ゆなのおいそい、という。暴力
の山ふま、という。また山の拝みという。奇跡がある
暴力団という。たくさんあるので、まとめて拝む話と
いう。これを、くまふり、という。熊本の地の漁師と
いう。熊本の暴力団という、漁師組合である。
これに、ペンを付ける、ペンの組合という。文筆家
の組合である。文豪組という、暴力団の一部で
ある。

 外山の組合という、とゆれる・おそし、という。ま
もうの山の拝みという。自分への奇跡という。自
分も奇跡にあやかりたい、という人本来の願いと
いう。これが叶う話である。

 ビール醸造会社の万愚節の拝みという。自分に
起こる奇跡という。『若い血塩の、よっかれ』という。
山そめの・おいとい、という。これを延伸さす、自分を
拝むことという、これを、そうきょうという。尊教とも
いう。そうきょうをたとう話という。
【ボーリング】
 セベステという、せれさるのゆい原という。この『原』
、腹である。これを、腹を横にする、という。そうきょう
の教えという。山玉の教えという。山の上の太陽と
もいう。ボーリングという言いとも。

 これを延伸によるボーリングという、鉱業という、
スボーツという。ボーリングが出てくるひに、世の中
が明るくなる。このボーリングの競技を、まむめむ、
という。ほとんど、自分のことをいう競技という。
自分だけの競技である。これで、人と争いをしな
くなる。喧嘩が遠のく話という。

 ボーリングをする人という。古代エジプトの競技
という。ファラオの競技という。ツタンカーメンのマスクと
いう、アウテリヤスのローマ山という。古く、ローマの
都市の競技という。

 このローマ、今のイタリアのローマ市である。パル
テノンという競技が、原子力の競技である。競技と
いう、工業の技である。アテネという、これをイタリアと
いう、至る道の都市という。アテネ・パルテノンを、
アガメムノンという、古代ギリシャのことという。
【大隅半島司忍山】
 これが、あがめむ、という日本語である。拝むこ
とという、崇めることである。暴力団を崇めるという
、人山のことという。司忍山という、祖千話崇める
山という、全国にある山という、司忍山がたくさん
あることという。大隅半島という所にもある。
これを、よもひも、という。私の崇めという。

 そうきようの拝みという。まとめて拝む話という。
自然崇拝という、神仏の崇拝という、また、万物
の崇拝という、動植物、人類という。地球を拝む
という話という。地の上で生きるものという。これが、
ボーリングという、ボーリングの競技のことという。
地を拝むスポーツという。地が万物であることとも。

 昔の暴れ太鼓という、死者が暴れることという。
モノケのはみまる、という。モノノケのことである。
死者の魂という、これを、みまふま、という。死の
山のことという。全国の司忍山という。代表を神
戸にとることという。神戸の漁師組合という。
こうかわ山という。ここを、このふみ、という。司忍
山の麓という。私の住んでいた所である。
よる浜の山という。ゆみゆみのおきゆりという。
また行く司忍山の辺りという。私の好きな神戸と
いう。大隅半島の司忍山がよく似た場所という。
もと山の名という、大隅半島の司忍山である。
 
 とっきすのお書きという。神戸よんてせの・おそ
るり、という。原始人という、自然崇拝の人という。
他も拝む話という。死者をあがめる司忍山という。

 また行く 、大隅の司忍山という、ここを、もと
せり、という。また登る山という、低い丘である。
東を見る山という、この山のことを、いそふり闇
という。磯野原の丘という。ちった山ともいう。
私の忘れていた故郷という、思い出した、懐か
しい、ちった闇の山という。周りに何もなく、雑草
だけがあった頃という。

 ここから熊本の磯野原を見る、日の山のおそふみ、
という。日の出の熊本という、らるせるおいとい、と
いう。懐かしさこみ上げる我が胸という。この胸を
、やそやみ、という。自分の胸である。ここを拝む
話という、自分を拝む、そうきょうの拝みという。
そうきょうの教えである。司忍山の教えという。

 暴力団に、このそうきょうがある。山々の教えと
いう。ほかの団体にもある話という。暴力団を尊
ぶ話という。名に川瀬という、瀬川山の話という、
川瀬の話という。後、為替になる、海外の話と
いう。暴力団の会計の出という。暴力団会計
から出た為替という。今の為替である。

 人よもの浜よも、という。暴力団の為替、
会計という。会社の会計と同じである。国の
会計ともいう。これを、らまほま、という、らまばん、
という。りはるそみしみ、という。りはばんの話という。
化学の話の忌もある、リハール論という。

 暴力団を入れ、身障者を憐れむ、国の初まり
という。毬を尊ぶ話とも。蹴鞠という、宮の暴力と
いう、ボーリングの暴力という、大きな力をいう。
波の元のことという。波の力である、暴力という。
これが始まりである。船団が掛かる話という。
波山ののお書きという。

 山を越えて行く大きな波、暴力波浪という。物
理学の暴力波という、無限大のことという。物理
学上の言葉である、暴力という言葉である。これを、
天のなり、という、ぼうそめ、という。暴力団の奇
蹟という、あることという。他人の人に起こる奇蹟 
という、もちろん、自分への奇蹟もある。

 右派暴力という、後日である、奇蹟という。暴
力団の奇蹟ともいう。わかる話という。暴力団の
奇蹟、難病が治ることという。あが山の目という。
山に目を描くことという。奇蹟の目という。山を尊ぶ
ことともいう。

 暴力の絵の話という。山の絵のことである。難
病の山を越えていく力という、暴ける力で乗り
越える、難病ぎこ浜という、暴力団の寝倉と
いう。尊いものである。御所の侠客御所が始まり
である。隣が一水会である。よく行っていた話
である。御所山のお書きという。

 菊水会の一水会という、御所の侠客御所の
隣という。私のいた御所の中のことである。明治
世の御所という。明治天皇は暴力団であるという
噂話という。孝明山のとまめ、という。きまめ、とも
いう。忌の『己』の字を、上へ突き抜かす字という、
きまめ、という、とまめ、ともいう。大豆を炒って『
忌』と書き紙袋に入れて配ることとも。昔の我が
家の風習である。孝明世の風習という。たませ
まのお教えという。古い話である。右は暴力の
人のすることである。菊水一水会の人である。
きまめという、奇跡のことである。

 ほよ浜の奇蹟という。山様のぼっくる、という。
奇蹟が肺病の直りという。治る話である、きま
めのこひとという、家ですればよい話という。

 万愚節の奇蹟という、きまめ配りという、
さつきまゆれむ、という。五月の十五日のきまめの
配りという。古い日の万愚節である。後、四月
一日である。右翼といわれる人達の奇蹟という。
出が御所である。侠客御所から戸口に向かって
右となりである。後、御所の製材所である。
京都御所のことという。

 おぞゆり山という、御所のことを、そういう、右翼
という。行き来していた人達である。私の右翼と
いう、『おいきます』という言葉を使う人達である。
昔のことという。そうきょうの右派帽という、野球帽
の水兵被りである、ひさしを横にする被りという。
きむせらの被りという、奇蹟をひさしという。

 ひさしを横にして被り、そのひさしに手を添え
る歩きという。右派で右にひさしをする、左派
もある話という。肺病を直すという。他人の肺病、
自分の肺病という、これが治る被りという。肺病に
なれば治るのである。

 ジキニンという、鳥取の治しという。鳥取の万愚
節という、この直りがある。鳥取砂丘の万愚節とも
いう。奇蹟の直りである。思い肺病という、治る話
という。右派暴力と鳥取県の奇蹟である。万愚
節の話という。病弱な私の思い肺病が治った話と
いう。病院へ行かなかった話である。自分への
奇蹟である。きまめ配りと、ジキニンである。

 ジキニンという鳥取の薬ともいう。水が肺に1/3程
、たまり、咳が一日中出ていたことという。長い患い
という。それが治った話である。駐車イッポンと、ジキ
ニンという。もがくような苦しさである。入院をいわれ
たが、いかなかったのである。夏目漱石先生の猫の
本の治しでもある。文豪の奇蹟という、ペンの暴力
ともいうものである、奇蹟を興すペンの暴力という。
病を乗り越えるペンの暴力、暴力文豪の夏目漱
石先生である。

 拝み山の原始人、なんでも拝む人である。病気を
拝んで、しっかり病気になった原始人である。ほか
の病気もしっかり重病である。3メートルも歩けない
ほどの重病である。これも治り、ほかの大きな病も
直り、ようやくこの2,3年、健康になってきました。

 奇蹟にくわしい人である。自分への奇蹟を、こと
さら好む人である。他人の奇蹟も経験した人である。
原始人の奇蹟の願という。起こるものである。
もう病気は御免です、堪忍して下さいと申し上げ
ます。原始人の心よりの願である。

 長い患い、藁をもすがる気持ちでありました。こんな
人生もあるのでしょう。九死に一生を得る、重病続き
でありました。私は、今、多くの友の訃報を聞きます。
健康になれてよかった、感謝感謝の毎日です。
万愚節尊いものであります。

 肺病の時、『くさり天皇』というた人がいる、友という、
私の肺病が好転した話という。病気が治る時、
自然に口に出てくる言葉でもあるかも。


 皆さま、病気はつらいものです。病人、身障者に
奇蹟が起こるよう、私は、来る万愚節には、歩きます。
遠い昔を思い出し、一人で歩きます。一点の輝かしい
私の過去の灯、あの人が拝んでくださったという。
遠い昔の万愚節 、尊いものであります。

 昔、奇蹟がよく起こっていました。そんなことを思い
出し、今の健康に感謝し、新世界へ、よい未来へ
行きます。奇蹟お書き、これなる。合掌。

 奇蹟の合唱も聞こえてきます。『春由』の歌、たっとい
歌です。『主よ、身許に』、ご先祖様のことである。
御主人という、ご先祖様、御死者とも。

 卒業6970 枚方宮丘
http://akinokori.sblo.jp/archives/20200816-1.html
 駄作、混ぜ拍子行進曲、3.5.4拍子、ミコシ山、
奇蹟神輿のお行き越しとぞ。駄作家の知恵です。
奇跡が起きるかも。

 九州磯野村、闇のたっとび、おがまの村、奇跡を
起こす村という、闇よの晴れまれる、あつらつろい、
という。ふますめという着せ聞かせある。闇去りの病気
引きという、病気が好転することをいう。闇をたっとぷ
話という。九州熊本という。熊襲の村という、その地
域の病気治癒という。またすめる・いみやり、という。
たっとい村である。難病の好転が出る所という。
奇跡の村である。地区の名前をたっとぶ話とも。
字名を大切に。

 大お爺さんおられおられ、大御婆さんおあられ
あられ世、ここの世この世たっときたっとき、御御霊、
おいきたまう。たっとき世、ここなるを。感謝多々、
たっときたっとき。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発4010 学蘭 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4010 学蘭



    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/18
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/18
    監修、そうきょう連      2022/02/18
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
万愚節には学蘭を着て
右足右手 左足と手
前へ出しては歩きゆく 道草
生えてほころぶ 夢がなる 
日の絵と 日拝みめでる世の
新世界が来る

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/18
【歌詞解説】
応援団の学蘭、よいですね。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月18日

出発4004 応援団 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4004 応援団
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/18
【応援団の奇跡】
 若い人がガクランを着て、ガクランを祭っていた。
長い学生服である。

内容  大学が、応援団を代表に立てる。
     応援団の万愚節、ベロ宗日、 ゆきふみ
     応援団の冠語、ガクラン、合同教授、
     ビール会社の奇跡の取り入れ
     応援団を試合に入れる、
     応援団が試合に選手として入る
     ロッキード移動に関連した、小さい動物、大きい動物
     等々     

録音 230218_001.mp3  40分

    230218_002.mp3  2分
       
    230218_003.mp3  2分

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽