2022年02月28日

出発4022 ヘレンケラーさん4 :イカスミ柳

出発4022 ヘレンケラーさん4 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4022 ヘレンケラーさん4
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/25
【歌詞解説】
 チェコ・プラハからキエフへ行く。移動人種四百人
という。ウィネマッカというアメリカの村から、ロンドン
上空を越えてプラハへ行く。移動距離がヨンという。
この『ヨン』、今のヨンである。

 チェコのプラハの冠語という。チェコ語の冠語であ
る。チェッスカーという。プラハ連という、プラハ連語と
いう。モスケスともいう。ベールレのあいるら、とぞそ。

 ここにメという町という。エルジンという町である、
プラックマという町である。この『クマ』、日本語の『
熊』である。レーブルという、日本語の英用冠話
である、熊という意である。

 プラハに熊がいるという、ベルゼラーのあるゆら、
という。プラハのベルゼラという町である。これを、
『よい組』という。これを、ねもよる、という。これが、
ブラックマの意味である。後、チェコのおしるり、と
いう。チェコ語のクーカラという、ブラッキスという、
みよ山のえてすら、という。この意味のことという。

 山せらのあうすら、という。これを、くなひり、という。
クッペのことという、プラハの古い名である。この後、
クッパを経て、プックカという、後、プッソーという、
冠語の名のプラハという。プーレムのクルッカスと
いう。プックカのぷーそめ、という。これが、チェコの
古い名のへと、という。経ることを、へと、という、
冠語という、日本冠語である。

 これに、遣唐をいう、ここの充ての意の名という、
遣唐国という。これが、ちゅう花という、後、中華
という、中国の名の充てのことという。プラハの中
国に遣唐という言い充てをする、プセハ連いう。
プラハ連絡という。これが後、チェコ共産党と
いう、チェコのプラセレーという、共産党本部の
いとゆと、という、連絡のことである。

 この日、既に、世界をいう、ザメンホフという人
という、この人の提唱という。世界同時という、
世界の同じ時という、この同じ意味の、かっせく、
という後、革命という。この革命の同時という。
県講話手に入れる革命という、革命が、健康
取得という、安全輪とる言葉という。

 このチェコの共産党の花弓という、この革命を
いう、健康取得のことをいう。ザメンホフという名の
人の提唱という。ザメンホフが、東欧を世界という
、この意味の世界という。これが、ザメンホフの
世界同時革命という、後、万愚節のことという。
この万愚節、健康取得の日という、ザメンホフの
健康取得をいう。これを共産という、健康取得を
共に生産する、健康取得革命という、この意の
共産革命である、世界革命という、ザメンホフの
提唱というるポーランド論という。

 ザメンホフの作る言葉をいう、エスペラントという。
このエスペラントの、強起という。音楽の強起のこと
をいう。音楽の掛かりのエスペラントという。これを、
といすみ、という、ろっけく、という、強起のことという。

 音楽がいわれるザメンの穂の賦という、ザメンホ
フの、日本語からの解釈という。、ざめんよっしぎ、
という。これが、ザメンの『メン』を、面ュおも、めん)と
いう、日本のざーくす、という、今の英語の『ザ』という。
ザークスの英語という。ザ・ペランという、英語の話と
いう。英語がとかれるエスペラントという。これを、
よっしぎ、という。この『よ』、英語冠話の『ヨ』のこと
である。

 『ザ』が、ミポメムという、ザメラス、という、後、冠詞
という、ザメラスを冠詞という。この『ザ』が、ザメンの『
ザ』てある。この言いが、エスペラントの言葉である。
ザメラスののこみふみ、という、古い日の、エスペラント
のことという。こみふみの、エスエスという。エスエス語と
いう、エス語という、ザメンホフの言葉という、エスペラ
ントである。

 これが、チェコの、陶器の言葉という。陶器の言葉
の使いという、これを、英世という、英世の永世という、
衛生とも。健康に繋がる衛生という、健康中立という、
ポーランドの国のことという。健康の中の国という意と
いう。ポーランド論という。ザメンホフのお解きという。

 ぽっせらの言葉という。ポーランドの山ふら、という。
ポーランド語の冠語という、エスペラントのことである。

あああああいいいいいうううううえええええおおおおお
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月27日

出発4022 シラク村, 八光万愚節 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4022 シラク村
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/21
【京都シラク村】
 京都のシラク村という、ここの万愚節という。
るいさみシラクという村という。京都のシラク村で
ある。

 まるやってすのシラク論浜という、シラク村である。
言葉を尊ぶシラクの村の万愚節という。手を握り
直角に挙げる、、握った内側を自分に向ける。
これが、言葉の尊びの、世界の手話である。
【中国武漢万愚節】
 これで、行進をする。これをする、中国という、
中国のパミセムという、今の、武漢という。ここの
万愚節という。
 奇跡という、なよゆ、という日本の冠語である。
チャイホアという中国の冠語という。パユッセムの
奇跡という。これがある、武漢という、京都シラ
ク村という。

 めのうの石という。これの尊びという。桃色の石
ともいう。原子炉の尊びである。これがシラク村の
フランスでもある。奇跡が、矢の穂をいう。肩周辺
の健康、守りという。これを、とめる、という。とめるの
奇跡という。よくする格好である。
【四方野(よもの)の奇跡、四方(よも)の奇跡】
 肩周辺の健康のこととという、肩の病気のこと
という。これを、なみゆみ、という。これをやる人という。
力の誇示という。力を広く見せるという格好という。
肩に奇跡が現れることという。これが、四方野(よもの)
の奇跡という、シラク村のことという。

 この奇跡を起こす、人心の安定という。これの
具現が原子炉である。これをむやみのなくせば、
流民という現象が起きることという。原子炉の原子
の意という。原子を作り出すことという。これを、
原子造作という。

 これで、人の体をいう。原子でできていする人体
という。原子を尊ぶことである。原子爆弾も然りで
ある。フランスのボン・サーンスという、これの意味が
ある。フランスの兵器という意味になる。

 ベッセムという考え方という。人の脳の中脳という
部分の働きという。これで、中脳によい知恵が出る。
シラク村の教えという。フランスが先端を行く話で
ある。日本福島という、フランスの考えがある話
という。またせる山という、これを具現することという。

 広島の原爆という、広島は奇跡をいう、奇跡の
発展という。どんな奇跡か、人心のかやゆり、という。
茅の木のことという。れれるらてん、という。ラテンの天
である。原爆投下の天という、これを、れおん、という。
れおんの天という。大きな雲が上がった話である。

 骨の病気という、骨の健康という。これが、ある
ことという。原爆の話という。放射能のことである。
骨が強くなる、骨の病気が直るという、歯のこととも。
爪ともいう。骨周辺のことという。放射能の影響である。
【シラク村の万愚節】【世界の原子炉】
【白菊】【京都市鴨川、白菊川】【水素自動車】【須臾万愚節】【シラク天皇、エッフェル塔】【中脳万愚節】【八光万愚節】
 八光の背負いという、原爆を八光という。
これを背負うこととも、八光万愚節という、
シラク村のばんぐせつである。偉大な作りという。
藁葺き屋根の我が家の頃という。我が家を白菊
屋という、その頃の万愚節である、ジョージ六世
おられた日という。イギリス万愚節という。エイト・
ライトという、光という、万愚節に使う光である。
ラドンの光という、携帯のラドン灯という。原子の
光という。この行灯という、光有行灯という。
筒状の行灯である、その一つとぞ。
八光万愚節という文である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月26日

出発4050 ヘレンケラー :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4050 ヘレンケラー


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/25
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/25
    監修、そうきょう連      2022/02/25
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
私は隣へ訪ねて憩い 楽しく座って
編み物されて 糸は赤白混ざりに
はなみうり その屋のお物語

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/25
【ヘレン・ケラーさん】
【デトロイト】
 大お婆さんおられおらるられ、ヘレン・ケラーさん
と御同居、その家の一日の楽しい思い出。
 デトロイトの住まう頃の、あたゆらの御同居という。
その隣りに住んでいた若い人とぞそ。たびたび訪ね、
大おばあさん大お爺さんとおられたことという。
 後のヘレン・ケラーさんという。この頃のデトロイト
という。大お婆さん編み物されて、はなやなの
丘楽(おからく)という。少し家の外に坂道があった
ことという。デトムの町という、今のデトロイトのこと
という。アメリカの町という。ここの歌である。
 その後、日本へ一緒に来られ、また、帰られた
ケラーさんという。この頃、目が少し見えていたよ
うに記憶する。うっすら見えていた頃とぞ。
【訪問、来日】
 また、デトロイトへ行く、また、一緒に日本へ住ま
われ、京都の島原山という、そこへ滞在されて、
大おじいさん大お婆さん訪ねられ、一緒に住まわれ、
後、アメリカへいかれ、デトロイトの町という。ここの
住まいという。ここへ帰られたケラーさんという。
 ずうーっとして、京都へまた、来られ、今の京都
御所の青山屋というところで住まわれた。
 後、私の家へ来られ、私の家の隣に住まいをされ、
ご滞在という。
 私の家へ来られて、口の間へお座り、私の案内
ととも、奥の間へお座り、目が少しお見えのような
感じである。私の料理を召され、『こうこ』という料
理の言葉という。お茶を飲まれて、今の日の楽しみ
という、楽しまれ、後、私の手の平を見られ、目の
近くまてせ手をもっていかれ、ずうっと見ておられた
こととぞ。
 この日、裏に積まれた本の大きさの原子爆弾を
お見せする。少し、目が開いたように見えたことと
いう。少し見えた話という。これ、原子爆弾の
奇跡という。この爆弾、私の歩きに、腰の弁当と
いう、これを腰に巻き、歩いたことという。原子
爆弾一銃士である。
【ロサンゼルス】
 のち、また一緒にアメリカへ行く。アメリカの町、
ロスオラレという、今のロサンゼルスという。ここへ
行き、そこでしばらく滞在する。****さんという
御方がおられたことという。また、お会いする日
がある。後、何度か、京都へきておられる。
【新潟佐渡金山】
 その内の一度、京都から、東京へいかれ、新潟
、佐渡島金山へいっておられる。金山へ一緒に
いったことという。金の輝きをお見せする、これで、
少し物が感じられる、この期の佐渡金山という。
 私のお爺さんの仰りという、目が見えるようになる、
とぞ。この頃、奇跡がたくさんあったことという。
躄が立ち、盲が目を開けく、唖が口をきく、びっこが
立ち走る、らい病が治る、・・・・・こんな奇跡がたく
さんあったことという。
 後、万愚節をいう、また、奇跡が起こるという。
万愚節の尊きをいう。これを革命という、革命の
といひぶ、という。レボルーションという。健康の
取得という健康な者のことという。
 不具者には、少しく健康者に近づくことという。
革命という、身障者の健康取得である。これに
合わせて、健康者の健康維持である、取得と
いう。

 また、お会いする日もあるやら。古い昔のことと
いう。大お婆さんおられ大お爺さんおられ、お爺さん
おばあさんおられ、御父御母御上へおられること
という。奇跡の言葉という、この言葉、私がよく使
っていた言葉である。
【原子爆弾】
 原子爆弾のことという。奇跡のお爆という。奇跡
が起こる爆弾である。

 この爆弾もっていかれたデトロイトの町、デトムと
いう頃の町という。後、ミシガン湖で爆発をさす。
古いアメリカの頃という。

 藁葺き屋根に積まれた原子爆弾という。後、
アーサー爆弾という、後にリットル・ボーイという
爆弾ともいう。形が違う爆弾である。
 アーサー爆弾の大きさという、ヨンの大きさという。
リットル・ボーイという、広島の、京都の広島という、
穂浦の海の東の方で、今の五条大宮辺りである、
ここで爆発させるリットル・ボーイ型原爆という。
【原子爆弾背負うて万愚節】
 先に、この爆発のことの世という。リットルボーイ
型の原子爆弾を背負うて、万愚節にお歩かれた
御叔父御上の言葉という、『広島ら、るるはる』と
いう、リットル・ボーイのことである。これを、背負う
て歩かれた御叔父御上おられおられ世、よも山の
御名の御叔父御上 、たっときたっときお姿とぞそ。
ある万愚節の一日である。京都市役所からお歩
かれ話という、私の家までという。大お爺さんおられ
おられ御屋という。後、月に映る御屋敷である。
今の若い人が住む家という。藁葺き屋根の頃と
いう。

 ケラー女史という御方の御喜びという。やむやむ
の行きゆき帰らる、もうはりゆり、という。この日も、
おられたことという。目がお見えのことという。
ケラーさんの思い出という。私のかすかな思い出で
ある。原始人のおもあまれ、という、思い出である、
冠語という。何度も、原子爆弾を背負うて御歩
かれた大叔父御上方々という、とうときお姿という。
【原爆慰霊祭】
 後、爆発させた原子爆弾の慰霊をする、広島
原爆慰霊である。原子爆弾を弔う原始人という。
奇跡を起こした原爆という。私が抱いて寝た原子
爆弾ともいう。放射能の尊びという。

 ドイツ、ヒットラーさんの放射能室という、健康
取得の放射能浴という、アンネ・フランクさんの
一例である。アンネ・フランクさんは元気にしてお
られるという、原始人の話である。
【原子炉】
 ケラー女史という、そのお方のことという。思い出、
あっという間のことという。過ぎた日のとうときを思う、
原始人の思い出という。かすかな思い出、また、
よみがえる日という。玄徳という原子炉があった
頃という、これを皇帝という、玄徳皇帝いませる
頃という。この頃の時、冷編という、冷編期という
、うちの暦という。穂浦の頃の暦という。わたゆた
のお絵という。篠山の冷編という。この頃の兵庫
県の篠山という、原子力駆使の町である。篠山
龍がいた話という。原始時代である。

 マーケット(ミシガン湖、北)という町へ住み、
デトロイトへ行き来していた。デトロイトにも住
んでいたことという。
【大きな蟻】
 ウィネマッカ(ネバダ、バネ、バネダとも)という村
にいた頃、ローキードまだ低かった時、蟻が大き
かった頃という、1m 程である。『外へ出るのが
恐い』という、原始人という、『蟻にたべられる』という、
大きな蟻がいたことという。この頃の京都にも大きな
蟻がいたことという。ローキードの背が高くなり、蟻が
小さくなったことという。
【八光の里】
 八光の里というウィネマッカである。ロッキードの
奇跡がある村という。ロッキードの奇跡、これもそ
の一つである、あと、時を超える奇跡という。時を
越えて奇跡が起きる、ロッキードの奇跡という。
主として、ものの大小に起こってくることという。

 古い昔の奇跡を尊ぶ、ろく祭という。京都の
淳和院祭(淳和院節)の添え祭とぞ。奇跡が起
こっていた祭である。節という、この頃の祭である。

 稲荷祭の節やり、これを、のべる、という。
のべるれるりゆりゆ、という。ヘレン・ケラーさんの
言行録である。アメリカで出されていることという。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月25日

出発4019 ヘレンケラーさん3 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4019 ヘレンケラーさん3
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/21
【古いフランス】
 古いフランスという、スメスラビアという、冠語である。
そこのシラク村という。アントンのみそふり、という。
 フランスの古い頃という。パリを、メルヘル、という。
めってさみ、という、パリの名の冠語である。
 また行く、めっつれの町という。むゆひむの・れろそ、
という。この『そ』、『祖』のそ、である。ヘレン・ケラー
さんがおられた話という。そこでお会いすることという。
パリのお会いという。

 人が揃っておられた日である。私の家の前の行進
という。その方達がおられたひという。ここで、少し歩く、
スメスラビアの万愚節という。総勢四百名という。
シラク村の万愚節である。日が、今の暦の2月20日
頃である。ヘレン・ケラーさんが歩いておられた話という。

 この日、パリを、地軸まわり、地軸曲がりという。
ノバヤゼムリアからパリへ地軸が出て、『く』の字に曲がり
オーストラリアへ行く地軸という。

 今のモンマルトルの丘という、ここの万愚節である。
小さいエッフェル塔があったという。ここが、まだ、平
地であったことという。後、高くなった丘という。この日、
ここを、はりゆら、という、日本語のそのままの名である。
はりせらの都という。この日、日本を、ぱきふり、という。
『ぱきふりより、来ました』という、『パキセラ・ラック』と
いう。若い人の言葉という。後、パキ、という、後 、
パリという。『R』を『ki』に発音する、シラク村の言葉
という。これが、今のパリ方言の『R』になる。今の
フランスの言葉である。舌を『R』において、『K』を
発音する、はっぺんのおこと、という。今もこの発音が
ある。シラク村の言葉という。

 ヘレン・ケラーさんが歩いておられた話という。パリの
モンマルトルの丘という、奇跡の丘という。横を走り
歩いていた若い人という。お顔、見上げては歩いて
いたという。パリのヘレン・ケラーさんの思い出である。
シラク村の人も歩いておられた話という。たくさんの人
という、あたれたのお歩きという。

 シラク村の大お爺さん、フランスの御人という。
フランスの良心をいう、。・サマラクという、後、ル・ボン
という、ボン・サンスという。私の好きな言葉という。
フランスの言葉である。

 めるひるのおこと、という、フランス語のことである。
また行くモンマルトル、ここを、ル・ボン・いっかく、という、
日本語の冠語である。フランスの良心発の場所
という。ここの芸術という、奇跡を起こす芸術という。
身障者の喜びという、目の見えない人が絵を描く、
芸術の村という。アンレサのラムテスという。古いギ
リシャを尊ぶ町という。フィリピス・ランテスという。
フィーフラーという、古いフランスの言葉という、
シラク村の言葉という。奇跡を尊ぶ村である。

 私の周りという、皆、大きい人であったという。
原始人の見という。フランスの大お爺さん、ボンを
仰る御方という、アメリカで会う御方という、フラン
スの大お爺さんである。

 ヘレン・ケラーさんと御同居であったという、若
い人の同居という。フランス、モンマルトル、はり
ゆらの都、大お爺さんおられることという。かさげ
らの鳥が鳴く所とぞ。鳥の屋という、大お爺さん
のお屋敷という。周りに外国の人がたくさんおら
れた日である、世界の人という。まゆする・ろくろく、
という。ろくの屋のおいはり、という。パリ・モンマル
トルのことである。この日、目の見えない人が、
絵を描いておられた、芸術の都という。ベルサ
ラの人という。目が開いて見えない人という。
『ボン』と言っておられた人である。

 パリの日の覚えである。尊い都、パリという、
花の世の都という。花のパリという。この『花』
、芸術の奇跡をもいう、身障者大切の話で
ある。ヘレン・ケラーさんのお話という。
 ラッセル山お書きという。『本』という著書の
一部である。こばやしや、という署名である。
若い人の署名という。ローマ字の判子が
おしてある、パリの花文字という。これと、
ギリシャ文字である。

 また行くフランス、芸術の奇跡をいう、花の
パリという。ル・セレラスという、フランス語冠
語である、今のパリのことである。え・る・
はるらく、という日本語冠語という、パリの
ことである。フランスのパリを、ときめく、という。
ときめくフランスという。フランス人情という、
パリ山の人という、原始人人情という、パリの
原始人という。現、日本人という。若い人の
言いという。

 『私はパリの原始人』という、若い人である。
身障者を思う、パリの人という、パリ人情である。
芸術の尊さをいう。『絵で、奇跡を起こす』という、
フランス人気質という。万愚節が、これを入れ
ている、イレテ・ソワースという、日本語の冠語と
いう、英風冠話である。

 万愚節、皆、奇跡を尊ぶことという。ヘレン・
ケラーさんのお歩きという。奇跡の人という。パリ
御滞在の頃の話である。

 遠い日の記憶という、かすかな中の記憶という、
ヘレン・ケラーの傍に歩いていたという記憶である。
やまれる・そっすく、という。モンマルトルの丘の奇
跡である、冠語である。

 また行くモンマルトル、今は、高くなっているという。
モンマルトルの丘という。奇跡の画家という、セザンヌ
代表という。アール・レッテスのお絵という。

 また、駄作者がマネをする日がある。奇跡の
真似があるかも。真似という話である。奇跡を
真似で、我が身にとるという。奇跡があることと
いう。絵の奇跡である。

 セザンヌという画家の奇跡 という、目が遠くをいう。
目の病が治るという。セザンヌという画家である。
万愚節にセザンヌの絵を出すことという。若い人が
、セーザンスという、日本語の混ぜ言葉という。
セザンヌという画家の御名前である。まっぺすの・
おめそり、という。私の真似という。セーザンスの真似
という。ヘレン・ケラーさんのお教えという。『真似て
描きなさい』という言葉とぞそ。日本語で言葉で
教えて下さったことという。奇跡の人の御一景で
ある。

 シラク村尊きをいう、パリ・モンマルトル辺りである。
スメスラビア・シラクという場所である。ヘレン・ケラー
魂という場所ともいう。奇跡を尊ぶ心という、ヘレン・
ケラー魂である。アーリントン・フォーゼルともいう。
フォーゼル・ロットン・スークーのお描きという。この文
である。

 ロッキード人種ともいう、移動の人種という。世
界の人達の集まりである。

 この頃の世界、『戦争』と言えば。物を作ること、
旅行のことである。War という意味である。

 今、この意味で『戦争』という場合は、言葉の
説明をして、使うことという。

 『ロンドン爆撃』という、シラク村の大お爺さん、
にこにこ顔という、『ロンドンへ行きます』という意味
である。ヒットラー村からシラク村へいった日である。
この頃、日本語、英語、フランス語・・・が通じて
いた世界という。穏やかな世界である日という。
今も、そうである。やなぎ世の世界という。

 たくさんの大お爺さんがおられたことという、外国
大お爺さんもたくさん゜おられたことという。今の世界
とという。アラビアらんどん、という話である。嘆きの
壁の話という。アラビアめんから、という。からせるの
アラビアとぞ。

ヘレンケラーさんの銅像があった頃の話である、
アメリカのヘレンケラーさんの銅像と同じで、少
し小さい銅像である。ふち祭に像が出ていた。

シラク村のお爺さん、天皇という。エン゜ラーという、
アンパールレーという、フランス人のお爺さんである。
今のフランスである。アンパールレーという、アン
ペッサラーという。あんるる、という日本語冠語で
ある。フランス人のお爺さんのことである。

京都にシラク村がある。パリに、Kioto、という所が
ある。かみさき山お書きという。ここでも一緒にい
た話である。原始人の話という。

 後、訂正します。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月24日

出発4040 地軸 :イカスミ柳

出発4040 地軸 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4040 地軸


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/02/23
    造詞、冴柳小夜・正     2022/02/23
    監修、そうきょう連      2022/02/23
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
地軸が移動する きれいな色 様々な
色の雪 赤い世 青い世 小原の世
コッペの町 故郷が北際 小原から
コッペへコッペへ移動した 私はすぐに
こっぺへ行き 古雪青く 戸を開けた

 大きい海ができ 水が出 泡のよう
 押し寄せて太平の海皿 祝う世
韓国のビクトリア バンクーバ辺りで
海を見ていた私の思い 新し世界
始まる日の 地軸の移動 尊い世

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/02/23
【韓国、カナダ】
 韓国とはカナダのこと。この日の朝鮮の韓国、
シーシターという。カナダにアメリカと同じような
しゃさまり、という衣服がある。朝鮮のチマに似た
衣服という。カナダで、しゃさまり、という。
サスカチュワン、アルバータ、マニトバ辺りの衣服
である。地軸の柄という、地球和まっすぐに描く
柄という、あと、宇宙を描く柄という。カナダの
しゃさまりの衣服である。これで、歌う人達という、
歌が、サンベクという名の歌という、これに、地軸
移動の歌詞がある。カナダの歌という。
 今の、オールサワという歌である、サンベクの歌
という。
『春風』という歌で、フォスターという人の作曲で
ある。これのカナダ語の歌詞がある、それに地軸
の移動と、衣服の柄の下りがある。カナダ語の
歌である。オッペスというカナダの冠語である。

"Round de meadows am a ringing
De darkey's mournful song
While de mocking bird am singing
Happy as de day am long
Where de ivy am a creeping
O'er de grassy mound
Dare old massa am sleeping
Sleeping in de cold, cold graound"
『吹けそよそよ 吹け 春風よ
  ・・・・・・・・』
 これをカナダ語というひぃで、De darkey's という、
これを、カナダ・オモニという、『オモニ』が朝鮮語で
ある。これが、カナダの韓国という言いをする、当
時の、アメリカのウィネマッカ(ネバダ州)の町という。

 ここの言いの歌詞という、フォーラスという歌という
、春風のことである。『フォーラス』が冠語、カナダ
冠語という。

 De darkey's を、 Dakkoku という、ダクセラの
ミンビスという、日本冠語である。これがこのまま
残っている Dakkoku という言葉である。ウィネ
マッカの村の言葉である。かべせら、ともいう歌という。
 
 今は、黒人霊歌の黒人語である。

 graound という、これを綴りのまま発音する、
ウィネマッカの言葉ともいう。こうきしの言葉という、
ウィンウィンともいう、風のウィンドのことである、
春風の歌のことである。

 岸のことをもウィンという、ウィンタックスという、
ウィネマッカの言葉である。カナダ・オタワのウィン
ともいう、ウィンレックスという、カネーデラという
カナダの冠語である、ぬもせめ、という日本冠話
である。

 メッツルレーラという、日本のカナダ様冠語と
いう、よわんすて、という、ウィンという言葉の属
する原語のことという。これらがカナダ冠語である。

 カナダを、レールラーという、ドイットン・コックスと
いう。コックスのカナダのカナダ語である。始からある
カナダの言葉である。ドイツ訛りのカナダという、
レールオンテラッスーという、日本冠語である。

 オンタリオ湖のオタワ辺りの言葉である。韓国を
とるカナダという、カナダ・オモニのこい浜という、オタ
ワのことである。地軸の移動を歌う、カナダの歌と
もいう、春風という。

 昔、大きな蟻がいた、長さ1m程である。ウィネ
マッカの地にたくさんいたことという。後、ロッキード
移動で小さくなる。動物に現れたローキード移動の
影響という。大きかった蟻である。

 コペンハーゲンの思い出という。上文である。
【ノバヤゼムリア、小原国】
 小原は、ノバヤゼムリア。小原国という。
ここにいて、チラチラ雪が降りかけた時、地軸が
小原からコッペの町に移動する。すぐにコッペへ
行って、町を思う。青い雪が降っていた。家の
戸を開けて入る。
【コペンハーゲン人魚姫】
 青いコペンハーゲンという、人魚姫の故郷で
ある。この時、姉はまだおられなかった。
コペンハーゲンのお書きという。姉のおられる所が、
小さな祠が建っている頃という。後で、御姉御上
がこられることという。ノバヤゼムリアからのコペンハ
ーゲン行きである。
【移動する地軸】
 地軸がノバヤゼムリアからコペンハーゲンへ移動
したことという。ノバヤゼムリアに地軸があり、コペン
ハーゲンを北極ということという。ノバヤゼムリアを
北際という。この日の移動である。その時の歌。

 地軸が移動するという。地球の傾きが変わる
ことという。ノバヤゼムリア、北際から、コペンハー
ゲン 、北極の間を移動して地軸という。
この頃、世界各地で色んな色の雪が降っていた
ことという。
【海ができた】
 海が出来た頃という。アリューシャン列島南から
水が噴き出したことという。それまでは、アリュー
シャン列島周りに水があり、南はがけであったこと
という。
【地中海ができた】
 大西洋、ポルトガル、リスボンで、地中海が川で
あって、リスボンから、地中海海岸沿いが、崖であ
った頃という。

 この頃父軸の移動に伴い、地中海という海に
なったことという。水がやってきたという、西側から
地中川に水が入ってきた。
【アフリカ、八光賦、名西大陸】
 地軸の移動という、地球が傾いた話という。
後、アフリカが、分かれて
、ミナミアメリカの方へ行く。プレート・テクニクスと
いう現代の科学という。南アメリカに地が下で
上がアフリカである。海岸沿いの先端が少し下
に入っていたことという。

 山が飛び上がっていたという。アトラス山脈辺
りである。キリマンジャロが少し北へ移動した話
である。また、戻り、また移動したことという、少し、
西である。
【八光賦】
 ここを、名西大陸という、又、八光賦という。
八光よき、ともいう。後、ハットという、帽子の意
味である。この帽子の形、野球帽である。ひさし
が西向きである。西向きのひさし部分が、南ア
メリカになったことという。ミナミアメリカと一体で
会った頃の大陸の名である。アフリカ全巌帯と
いう、名西大陸、八光賦という。
 キリマンジャロに黒い雪が降っていた頃である。
地軸移動の、コペンハーゲン地軸の時である。
【コペンハーゲン】
 このコペンハーゲンを、地軸やみふき、という。
まよ山のお町という。人魚姫が持つ地軸という。
コペンハーゲンの万愚節の主役である、原始人
の御姉君である。尊い御方である、頓尊島と
いう、御姉君の御在所である。地軸を御姉君が
もっておられるのである。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』

【ベーズ理論】
 ベージアンモデル。統計、推計などに
つかわれる。発生の推計などに使われる。
 外滝、外沢の統計、流率の計算に使う。
延伸が計量経済学になる。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽