2022年01月27日

出発3002 およよふ :イカスミ柳

腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3002 およよふ


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/01/27
    造詞、冴柳小夜・正     2022/01/27
    監修、そうきょう連      2022/01/27
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/01/27
およよふ、地方官庁の書きという。
【京都市会】
軸を立てる、篠山段折の、はかゆらく、を使う。
宮津軸(みやづじ)を立てて歌う。
【青森市会】
花会、とかい、という読みをする。
恐山を、萬茂(ばんとく)という。青森の出の読み
という。。小さな恐山の模型をとる市会という。
青森の、もっせみ万愚節という。
恰好が、ささゆらる、という、さみしら、の格好という。
上に 、えおき、という、青森の、ポンゼルをいう。
これを着る、下に、れべせら、という、れくしょく、と
いう、これを履く、これに、ぱっせ、という、あこびば、
という胸飾りをつける。萬茂を少し高く上げる。
歌始めである。
【京都府会】
京都を『戸(と)』という、京都戸という。これを、
テッツという、テットという。テッツレという。
二段折節(おりぶし)を使う、篠山段ぜま、と
いう。これが、綾部の、びぼっとく、という。
綾部論ぜまを、ゆいはも、にとる。これを、
府会の、たいよる、という。この、たいよるの・
あせらき、という。鯛を飾る、飾った時に歌を
始める、とみしぐべ、という。鯛を、おりさる、
という。りっぴすの・おっぱれ、という。
 これをハレーションという、このハレーションで、
地側をいう、これを府にとる、地球の横面と
いう。レフレンテスという、地球儀の台という、
台の上の鯛という。
 自分を鯛という、この日の府会の言葉という。
これを、きょっこく、という、地球の府面という。
これで、今日トト、という。魚のことという。
 おととおよよ、という、府会の共産という。
これを、共産革命という。この共産が、鯛を
みっびつ、という。この革命に、こっち、という。
こちせらをとる。レオン埼という、京都府面と
いう。これを、ろけすて、という、ロコーション
という。メルレッテス・ランテという、この日の
およよ、という。これが、共産革命の京都
府会である。
 この共産が、レオンスルという、蜷貝を使う
、大きな貝という。これを鯛とともに飾る、
アール・ヨン・ファックレーという。アルテスとも。
 これで、歌の合図を、きよっそり、という。
式が、鯛が指揮をする、からけせ、という。
これで、京都府会が、海外を駒という。
この『海』が、議場である。府会議員を海外の
都市に充てる、鯛の指揮の貝外という。
これが蜷貝である。三角形の大きな貝である。
きょれっせる・ろんけせえ、という。
 これで、府から檄を飛ばすという形をとる、
貝が檄を飛ばすのである。この貝を府貝と
いう。地球をめでる貝という。

 これが、『小川の冬も・・』という、ゆっくりした
調子の歌という、貝の世渡りを思わす川の波
のような歌という。これを、貝と鯛の共産という。
革命を、貝褒め、という、鯛かみふみ、という。
これが、鯛と貝の共産府会という。
地球をめでる共産という。この共産の、およよ
ふりふり、という。

 これが、海の力の暴力を入れる、大きな波
の力を称える、およよこっぱれ、という。これが、
京都府会の共産の一意である。この日の共産を
、ぴびんふれ、という。府会全員が、党を、共産と
いう。党が、鯛と貝である。これを、共産鯛貝と
いう。後、大会という、大海である。これで、

 海始めという、およよの日である。楽器を入れる
貝の楽器と、鯛の形の弦楽器という。ラルーテル・
ロンセラーという。レブセックスという、ラントン・ロックス
ともいう。これが、冠語の府会である。古い日の、
蜷世名(になよな)冠語という。蜷城の冠語という。
この文の片仮名言葉である。アンラセーという、
ミユテックスを、ロッテという、ろりせらの言葉という。
古い蜷城の言葉である。

 これを、蜷貝のおよよ、鯛を友という、これを、
京有という、後、府会発の、海発おっぺ、という。
おっぺおよよという。これを、不海という。綾部という、
綾府見(あやふみ)の、やまるら、という。『ふみ』とい
う、海のことである。この海を、志位海という、これが、
市会をとる、しそうさる、という。

 志位海が、古い日本海である名前である。
古代の海という。ミントッスレーという。さそうせむの
・おりさり、という。さりらす・ろふて、という。これが、
共産の府会の意である。共産主義という話で、
、まるくれらく、という。京都の共産主義という。
 
 共に産する意という。およよさんふき、という。
この日の府会を、レットという、レット府会と
いう、日本列島の意という。るびんふり、という。

 貝と鯛の共産のおよよ、という。これが、貝鯛と
いう、鯛貝の、あってすれえ、という。めるさら、と
いう。冠語を使う府会である。

 古い日の、京都鴨浜(きょうとおうはま)という、
京都の海という、これを残す、きょっきらの府会と
いう。ベルッセルレル、という。ベルギー論という。
ベルギーの琴を添える、京用の、べぼんせ、という。
古い日のベルギー王の訪ねという、府会の訪ね
という。アルラッテスの・ゆっぷす、という。レルン・
ファーレラーという。これが、およよの一つに入る
式の山の、貝と鯛という。鯛貝大会という。
京都府民をとる共産という。これをレッセという。

 レッセッセの、サラスポンという。ポルトガルの
入れという。パーレル・ルッサン・パールレーという。
レッセという掛け声をする、綾部の後埼(あとさき)と
いう、志位海の埼という、古代の埼という。綾部海
ともいう。

 この綾部ふりの共産をいう、阿部さっぷ、という。
この阿部を、るいべら、という。貝を、るい、という、
ふっせらるの言葉という。これが、パユンセックスと
いう、アリーランスレーという。アリーランという、朝
鮮の取り入れという、アルチョンふりいの、ペバレンゼ
という。これが、朝鮮の、ヘギョンソワをとる、るいの
ヘギョンレクという。これで、『ソワ』と『ルイ』で、フランス
をとる、京都半村という。

 この日のおよよが、るいをかっぺ、という。この『へ』
で、健康をいう、かっぺおよよという。これが、仮名ふり
の、えぱっせる、という。ローイサン・フールキーという。
ふみすりのかっすき、という。

 京都の府会を、ごゆほぎ、という。世界の都市を、
どんどん取り入れていく京都の、ふりすら、という。
これが、京都府会の世界を、ペンタル、という。
この『タル』を、樽という。京都府会を、樽という、
別呼びである。樽を飾る玄関という。これで、

北海道の小樽をとる、アイヌ・ユンキシという。
後、交野市をとる、カルーセル・ランクスという。
ばぜっつ、という話という。これが、京都府会の
話である。およよの日の京都府会という。
共産をめでる京都という、蜷よりはっぷす、という。
共産という、古きをもよっていく話である。

『旧来ノ陋習ヲ破リ』という、『旧来の陋習をや、
ふり』という解釈の、陋習の意である。古いことを
たっとぶ一意である。これを、京都府民の解釈と
いう。祖先をたっとぶ話につながる陋習の言葉の
意という、踏襲という意である。旧来を踏襲する
話である。これが『樽』の意である。

 『樽』を『陋習』という、樽巻の縄のことである。
『旧来の陋習を破り』という、『樽』の一製造法
である。アサヒビール、サントリービール、キリンビール
、・・・に聞けば、この用法がある。『旧来の陋習です
』という話である。鏡開きの一つともいう、『旧来の
陋習を破る』という言葉である、鏡開き用語である。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発3000 祝万物 : イカスミ柳

腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発3000 祝万物



    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/01/26
    造詞、冴柳小夜・正     2022/01/26
    監修、そうきょう連      2022/01/26
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
小川岸 花持ち立って犬を連れ
狐も連れて後靴履かせ飾り付け
万愚節  動物とともに健康を
祝うと魚顔出す 歌を聴く
川流れ 春日
   犬がワン 鳴く時 歌を歌う時
   花飾る岸 波応えては高くなり
   低くなる 波は喜んで 犬が立ち
   狐は良い心を持ち歌う
   万物の春日

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/01/26
【歌詞解説】
 京都市五條大宮。川岸に花を添え、飾る。
高波たち、ひくくなる。これを、波の喜びという。
狐と犬を連れて、足靴を履かす、頭に小さな
飾りを付ける。古い日の万愚節である。
万物の万愚節という。

そうきょうよいお書き。
【某社】 


『君、万物の万愚節だ。動物もともに祝う。
 君もね、自動車に、感謝を捧げるか。』
   『初めて聞きました。私もそうします。』
『正月の飾りのようなものだ。自動車に
 飾るだろう。一緒に万愚節を祝うのだよ。』
   『はい、そういうことですか。よくわかります。』
『物が喜ぶ、そう言うんだ。程成る、万愚節の
 日の 成りだ。程成るの万愚節というんだ。
 君もやれば、よいよ。』
   『自動車の前で歌います。』
『国会に犬猫狐を連れて行く。自動車も
 ともに祝う。宮やりすり、という。大きな犬の
 前に鳥居を置く。猫の大きな猫、この横に
 まとみ、という、まて、という、はかみ、を置く。
 狐に、たきさ、という物を後ろに置く。これが、
 万愚節の行事なんだ。張る湯の歌を、
 そうして、歌うんだ。』
    『はい』

『自動車を、国会の玄関に向けて置く。
 これが自動車の喜びを出さすことなんだ。
 自動車が喜ぶんだ。そしてね、自動車の
 合間に、さこ、という物を飾る。これが、
 自動車の物であるという、さって、と自動車
 にいう。機械の代表という。これを、物の心
 という。物に心があるという。飾りでもいいよ。
 色々 、今でも、自動車に飾るだろう、その
 ことだ。君のいとい、という。自動車のいとい
 という。いとう話だ。』
    『はい、よくわかりました。万愚節に
     そうします。』
『よいことだよ。物の供養ということになる。
 なっぺの行い、という、万愚節なっぺとい
 う。ことゆと、ともいう。パッパという。
 かみゆみの・いおれる、という。タバコのめで
 ともいう。パッパという幼児語だよ。煙の
 上がる所がめでである。』
    『よく、わかります。』

『万愚節の日に使う、大きなタバコだよ。
 柳とうせ、というのだよ。宮やりすり、という、
 せっとす、という、せれそれの・よいはる、
 という。万愚節の一行事だよ。大きなタ
 バコを、指導者の屋根に乗せる。これを
 、とうし、という。ばれってす、という。
 やっぱの言いという。そういうことだよ。』
    『はい、よく、わかります。』
『万愚節の行事だよ。』

そうきょうのよい話。
柳とうせ、という、タバコのことである。

******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽