2020年12月22日

卒業8370 横田めぐみさん

 2020/12/22
 ル・ヘッギョンソワという、横田である。横田組と
いう、ヘギョンロンのいよふり、という。横田せい
ろう、という、朝陽の朝鮮という。ここを、ヘイ
ピョンという、とぞそ。
 日本銀行のはよふき、という。ル・ヘッギョン・
フークーという、北京ろうらかの組という。これを、
くいしる、という。今の神戸の組という、この神戸
を、るみ闇、という。これが、有(あり)のイングリ
ッシュという、ヘギョン(北京)の言葉に、『アイ』
という言葉が含まれることという。アイヨーという
朝鮮のアイである。これを聞くイングルという、
この『イングル』を、ちょっそん、という、ちょっ
そんラーという、ちょっそんラングルのいよっと、
という。
 平京という場の日本の民の言葉の発音という。
やいおの言いという。『やゆよ』を、軽くいをつける、
『ぃやぃゆぃよ』という、これが、平壌のヘギョン
ソンの言葉である。若い人がいるヘギョンである。
 朝鮮の京城から、ヘイヒミへ行き、ヘイカクへ行き、
い平壌へ行ったことという、『日本の京都からきま
した』という、御挨拶である。京都ごゆけの言いで
ある。『ル・ピョンソン・ペッタ』というヘギョンの
町へ着いた時である。多くの日本人がおられたという。
 ペーラベーの言いのピョンヤンという。小崎御所
経由の行きである。
 日本のてんときが来たという、てんじの言いのヘギ
ョンの町の民の言いという。『てんとき参りまして、
そわせま、いろせる、ててそ』とそ、冠語の挨拶で
ある。山やのまのことという。てん山の言いとぞそ。

 『ル・ソンシンハンセン』という、朝鮮のシンハンの
言葉という、ル・サンシンという。ル・サンシンハンの
朝鮮のかや琴の言葉の、日常用語の転用である。
『ル・サンシンオンソン』という、ルー春の言いで
ある。エル弓浜の言葉という。あさりらの言いという。
山々の磯ゆそ、である。鈴掛妙の言葉である。
 遠い群馬の御叔父という、そこの言葉でもある。
群馬やりおりの歌という、朝鮮が掛かる言いとぞそ。
 
 また行くヘギョンソンのヘックスという、へくれ
くやの、みゆらる、という。身揺られて行く、朝鮮の
組遣という、横田行きのお書きという。そこの文であ
る。横田めぐみかやし、という、かえせという、組の
人である。昭和の歌という、『ロンロン』という、
歌の初めの言いという。

 『ロンロン、イーサンシンハン、ソー、フルフー、
スルーヨー、おおり』、すみその歌とぞそ。ヘギョン
村の古い歌である。

  神戸新潟群という、ここのらちり、という、イー
ヨンソンという、歌のことという。蓮見る京都御所の
池という。京都のしますり、という。京山のお絵と
いう。横田めぐみの家という、横田やのお書きという。
京都御所の横田めくせみという組み方の家という、
新潟の住まう組みである。『豪腕さち子さん』さんの
お書きである、プログラムの組という、組の人という、
恐い人である、朝鮮のらちという、らちしょ、という、
らち所のお書きという。

 日本の朝陽の節句という、横田めぐみの組の家で
ある。唱和の歌という、昭和の頃の歌という。かえし
昭和の、組かえし、という。このソフトの組である。
『豪腕さち子さん』による文という。駄作家の組で
ある。

 横田めぐみかえせ、という、新潟のやの言葉で
ある。新潟おりの山という。新山(にいやま)歌という、
古い日の新潟住まう日のことという。新潟や、ありる
日である。

 おりよんそんお書き、これなるを。りよんのらめふ、
という。横田めぐみやなぎ、という、この『やなぎ』
を組み入れる、豪腕という、船の湾である。これが、
有のイングリッシュである。ゴー・ハーブという、
ハーバーを、ハーブという、りよんの新潟という、
大阪イオンの、イオントーブクという、イオン楼の
組の言葉である。くみかえし、という。かやせという、
過去の昭和に向かっていう人である。

 また行く新潟という、新潟おりの、おりよる、るり
ら、という、よいよいよいする、りびっと、という。
これが、新潟の八田という、八甲田の掛かりである。
長岡よっきし、という、イオントーブの長床という。
横田めぐみかえせという人に組みをする、『豪腕
さち子さん』』という、組立の人である。

 平壌の組 ウルセマ槍の山のある所である。たく
さんの日本人がいる話である。小崎ごっきま、という。
おりよんそんの言いである。共産主義をめでる場と
いう、アメリカの古いリンカーンの町のAである、ス
カーレット・レターという。赤いAの書きという。
リンカーン・ロックスという、字のことである。

 『ラッシュレッサ』という、言葉のある場である、
朝鮮平壌の像のある所である。古い李王という、
像という。すももの主義という、共産主義のことで
ある。

 横田めぐみサンシンハン、ロンセンの言いとぞそ。
横田組の横田めぐみという、横田めぐみさんお書き
である。昭和に向かっていう人である。横田めぐみ
さん、という、昭和のやなぎの言葉である。

 平壌にやなぎを言う人である。リーボーフールゥ
という、りぼうのことを、りよん、という、イオン
トーブクの言葉である。花山の新潟という。となり
山ぐゆ、という。山ぐえを、山ぐゆ、という新潟で
ある。 正(やなぎ)。

前文は、後にて。
posted by 秋残り at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽