2020年12月18日

卒業8340 孔子廟堂像 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8340京都船旅7240
古譜6240大原練習6140天の下6540  孔子廟堂像(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/18
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/18
    監修、雪柳理科夫・正     俺 2020/12/18
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  一部 『豪腕さち子さん』
【歌詞】創郷 
穂浦回崎へいかだで行く
波は荒く 島崎湊 急な坂上野に
はざクジャクが戯れる 大きい花
紅花下と 緑白殿 孔子廟辺り

【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【歌解説】
イートン犬という、キューコンカファーと鳴く犬。今の、はた
きくみ、という、菊の大きな菊の一種、それがある孔子殿
の辺りの光景。犬がそのそばへ行く、はざクジャクという、
クジャクの白という、白クジャクの回る時という、日の巡り
という、春らるえてよて、という。春の歌である。
 イートンのいる島という、この犬の声を、笑う声という、
笑う犬という。犬々のお書きという。犬をめでる、笑う犬
という言葉である。イートンの犬の歌という、キューコン
カファーの鳴き声という。穂浦大和犬という。代償様々な
大きさである。学校の家にもいた話という。馬とともの犬
とぞそ。

【伏見桃山】
 京都から大阪へいくのに、京阪電車という、伏見を通り、
大阪淀屋橋へ行く。この沿線に布武という言いの、背の
言いという。この『背』が、京都の呼びである。京都を
背と言う言いとぞそ。ここが、長岡という、京都伏見の
長岡である。今も地名に残る、京阪電車の踏切である。
【伏見京阪長岡踏切】
 ここの踏切に、それるき、という言いをする、後、
一般の踏切にも、それるき、という。そっとの言いとい
う。これが、後、京都を、めのう、という、そのあいに、
京都を背戸(せと)という。瀬戸の踏切という。京阪電車
のそれるきである。ここを、長岡の、もらめる、という。

もの山の言いの、そんれす、という。この場所の近くに
横木という、よこしのうちらく、という、ここを、そし
ゆり、という。後、桃という、桃という場所の桃堰とい
う。古く堰があるという、堰祖(せきそ)のうちすき、と
いう。うちだき山 という、ものめるの磯という。堰の
磯という、ここの言いの、さっけく、という。さくしょ
くの井戸曳きという。古く、桃磯の井戸という。

 そそこが、めのうをいう、京のめのう、という。めの
う山の、おいしょ、という。おいらぶのういせか、とい
う。ここの言いが、京の、ほみふみ、という。京都を、
ほみふみ、という。この『ほみ』が、ききせくのいとそ
ゆ、という。ここの言いで、京都長岡を、長岡詩区と
いう。この詩区の場の言いとという。
【京都を、背、瀬戸山という】
 京都を、背の栗、という、背栗という。これが、栗笑み
の語源という。笑みを栗という、栗笑みという。まっぺ
るんぶ、という。えの山のえぞひる、という。蝦夷日の
いかけき、という。いかけの言いの戸井浜という。伏見
桃山の、おいおこし、という。ここの長岡の踏切の場と
いう。古く、すそ栗という、栗の木の出来のうたという。
栗の木の作りという、栗を作る人の言いとぞそ。
【栗村伏針】
 この栗を、ひこり、ひみ栗という、ひめ栗という。
ひそのいちはり、という。栗を作る花の日のふみゆき、
という。栗木の夢という。これを、よの闇という。
【伏見満場敷】
 栗に張る、はみしば、という。栗の皮を芝という、
栗芝という、栗芝の世のお書きという。長尾世の
伏見の長岡である、この日の住まいとぞそ。近くに万畳
敷という、古く鳥取敷という、秀幸(ひでゆき)のいき
しく 、という。秀録のおい、という。ここの、しばしび
、という、しびの屋根飾りという、この屋根の、まん、
という、まん屋根の紫尾という。桃の地のかざふき、
という。伏見の万畳敷という。

 ここが、せん、という伏見のせんの地とぞそ。古く、
城を、よ、という、よの城という、言葉を補った言いと
ぞ。よしろの言いという、言葉を補う言いの、名前と
いう。英語の、question to ask という、よの城の言い
という、よしろの言いという。言葉を補う言いのことの
名前という、呼びである。これを、くめすり、という。
【久米の言い】
 くめの言いという。古く、くめるりの言葉という、
るりかけす、という言葉使いである。この『るりかけす
』を、鳥という、伏見の万畳敷、長岡の言葉という。
後、るりおく、という。るりるりの言いの伏見の万畳と
いう。万畳敷の、ふしるりき、という、言葉のこととい
う。これが、といらぎのくいかま、という。古く、かま
の言葉という。かませる、という、言葉をいう。
【歌舞伎林実直】
 これの言いの、なめとこ、という。ここの言いの、な
まゆき、という、古い川の流れるおりおり、という。
おりよるかわせか、という。なめとこの言いの、伏見
由良という。これが、歌舞伎の林実直という、役のなの
『おりおりおり』という、歌舞伎の出のなめとこである。
歌舞伎満堰(まんせき)という、歌舞伎の言いの、おりはる
という。歌舞伎を、こよふみ、という伏見の場という。
伏見山の鳥取堰という、万畳敷のときふき、という。
としきくのうた、という、ささゆきみまのお行きという。
若い人のお行きという。これが、とぞの言いをする、
とぞその言いの場の園という、万畳園という。園芝栗の
作りという、ここの芝の木の植えの作りという、万畳芝
栗の作りという。万畳敷の栗林という、栗園の、内張(
うちはり)という。うちすの言いの、ほみはみ、という。
秀吉のはみ、という。ものを食べることをはみという。
歌山のお絵という、栗の木の言葉の植えという、言葉を
植える口園という。これが、こう浜の言いである。

 言葉を栗という、栗語という。後、グリ語という、後、
中国の武漢のことの出とぞそ。武漢の言葉が栗の出の言
葉という。ゲーリルカーフクという、中国武漢のげめそ
め、という。後の中国の言葉の出のいそゆし、という。
磯の言葉という。げもそのカイセル、という。けてけて
のゆい浜という、ここの伏見の言葉という、中国武漢の
はう浜の言いという。愛家の近くにある沼の言いである。

 また行く中国武漢という、**御名の人のおられる
場という、愛家の武漢という、その先生という、西の
長尾槍日の城という、ここを、こうはき、という、
登る扇峡のうちつち、という。ここを、こうべよみ、
という。歌山の日の丘という、長岡の史という。
【夜(よ)の長岡(長岡京)昇扇峡】
 言葉を史(ふみ)という、昇扇峡の言葉である。こうべ
るり、という。兵庫の神戸の地の言葉という、同じ言葉
である。古くの、篠沖遣り(ささおきやり)という、これ
を篠語(しのご)という、長岡をさっけく、という、言葉の
由縁という、さっけのことの言いの延伸という。
【篠山市(和語の篠山)】
 神戸が神戸である日の篠神足(ささこうたり)という、
篠辺の言葉という。ささしのの言いという。大きな篠山
市という、神戸市の含みという、神戸が篠山市の一部で
あった頃という、神戸篠の、ながほみゆき、という。
今のJRという、ジェイのジェーという、J氏の船旅とい
う。

 長岡るり浜を出るジェイという汽船の旅という。伏見
万畳敷をいう、そこの船の出の言葉という、京都の糸雪
という、ささ雪の、細雪という、ささめの雪という。
この『雪』が、行きである、これを、『之き』と表す桃山
城の表しである。

 古く長山という長城という今の長岡京の城である。
天王山麓の城という、天王冠白という、桃山城から見る
冠埼(かんさき)という、かんむる埼という。船の帆先の
逆V字という。逆V字型の天王山である。
【神戸城、明石城】
 ここの崎の城という、ながゆめん、という。ながゆの
城という、尾崎の崎の、しまそめ、という、これが、長尾
の昇扇峡の言いである。城を、そめ、という、そる、とい
う、そうる、という。このそうるの言いの朝鮮という、
朝鮮やかな長尾の城という、神戸の城のあかしゆり、と
いう。明石の城という、夜を明かす、だんてま、という。
夜のしばふき、という。ふきつわの芝の言いという。
これを、つわ蕗という。蕗の葉の言いである。この言い
を、つわもの、という。強いと表す、つよぶりひ、とい
う。これが、神戸のかんとという、かんとと読む神戸の
城という。
【井伊城】
 この城をかえせ、という、かえしがえしの城という、
あじょうの山という、城の言いの、あせけま、という。
『このしろかえせ』という、長尾の城の言いという。
古く、篠城という篠山の兵庫の篠山城という、ここの
言いの井伊という、井伊城という、篠山の井伊城の彦根
という。この彦根が、彦の音(ね)である。
【彦根のおりより】
 彦根のおりより、という、おりおりを、おりよりとい
う、歌舞伎のことの変わり言葉という、この変わり言葉を
使う、彦根の歌舞伎という、『おりよりおりより』という
彦根の言葉という、井伊の言葉という、井伊直弼という
車もある。この車を彦車という。中国の武漢の城曳きの
車である。彦車で曳いた中国の武漢の城である。

 これが歌である。長岡の長嶋という、長嶋天神の今の
長岡天神の作りという。磯の作りという。長岡の天津(
てんしん)という。天津遣り(あまつやり)という。
中国天津の栗という。
【彦車】
 この『栗』は、言葉であるか食べ物かと問う天津の
城という。これが、繰り、である。彦車の繰りという。
大きなトラックである、彦車という、トラックのこと
である。

 江戸城の皇居という、そこの天皇である、彦車のこと
という。大きなトラックが住まいをしている皇居という、
天皇賛者という、車のことである。天皇という彦車であ
る。天皇賛者というのである。彦車のも一つ大きいもの
を賛者という、車を者という、武漢の愛家の言いである。
彦根の言いという。
【言い城】
 古くの京都の言い城という、算盤情けという、城の
ことである。この城を、かえせ、という。返背の盃と
いう。優勝カップの行為源である。返すのが礼儀である
という、歌舞伎の『おりおり』という、『おりより』と
いう。

 皇居をかえせという言いをする若い人である。この言い
状を、いいの園山という、古くの篠山という、城を、
かえせ、という。これが篠山の歌舞伎である。篠山城の
中でする歌舞伎である。彦根の城の歌舞伎という、あな
よみ、という歌舞伎のことである。歌舞伎を、あなよみ、
という彦根道中スペド車の中という、栃木の城の曳とい
う。まだある二条から曳いた城である。京二条の栃木の
その場という。栃栗の園という、その場である。
【栃木の園】
 皇居へ行くのに城ごと行った人である、城ごと栃木へ
行き、また城ごと栃木へ戻る、返盃の儀という。その城と
いう。かえせかえせの城という。これが天理のかえすかえ
すの道という、天理の四条〆縄城という。賛者歌舞伎と
いう四条〆縄城の中でする歌舞伎である。あなとう、とい
う、歌のあなとうの歌である。雅楽のあなとうと、という、
あなとうの歌という。大きなトラックをあなとうという
これを右翼の賛者という、左翼の彦祈(ひこき)という。
城かえせの人である。
【高槻の大砲】
 『この城かえせ』というお菊さんの皿数えという。
高槻から大砲みまう人である。『そのほう』という、
園部の城の言いである。
【園部のそのほう(園砲)】
『そのほう』という賛者という、園部の城かえせという
、城の作りとぞそ。皇居のことを、しめぬね、という。
しめせという、しめすことという。城をかえすしめしと
いう。古くの秀吉の姫路城のかえしいきというるUターン
の相生城である。姫路ゆっきま、という、雪ふるゆき、
という、相生の城のかえせいき、という。これが之で
ある。城の言いという。皇居の相生の間という。若い人
の住まいである。一広の間という。

 そこのいかき、という。そこの天当という。賛者の
話という。さみそわのことという。せてすての久米の
間という。久米田遣りという、久米田槍の置きという、
皇居相生の間にある話という。久米田槍住まいという、
皇居に住まう時の言葉という。住まいをかえせという、
これが、江戸の城の云いととてあり、皇居の言いである。

 天皇の盃という、返盃の儀は賛者右翼という、彦祈
左翼という。皇居の天守閣という、これを、てんぱす、
という、古くの、てんぱい、という。麻雀用語のてん
ぱいである。これが皇居の常識という、『つねにおり』
という。つねおりおりのおり、という。

 この『おり』は、いかなものかという、『そのほう、
こたえてみ』という、こたえは、つねよりおり、という。
『そのほう』のことをいう。
【上野城】
 大砲がある上野城という、皇居に一発くらわした人で
ある。皇居に向かって大砲を打った人である。上野御座
という、皇居の中の一点という、そこへおりた弾という。
おりおりの、つねおりの場という。
【皇居相生の園】
 相生浜におりたことという。皇居相生の園という、賛
者の場という。歌舞伎はその場でする皇居の歌舞伎であ
る。右翼左翼共々という、おきょうそのかぶり、という。
これが天皇の言いである。『天皇、下がれ』という言葉の
意という。『しも上がります』という、げじょう(下上)
の言いいという。げんそめという言いである。

 古く京都ごゆ原という言いである。桃の城という、桃
園の城という、桃山城の天枯れという、天枯の城という。
長岡の話である。伏見の桃山城麓の長岡である。天皇を
いう所である。天皇不要をいう所である。これを左翼と
いう、皇居の歌舞伎である、天皇用という皇居の歌舞伎の
右翼である。
【武漢を芙蓉という】
 この不要を、プーヨウという武漢のふようという。
古く武漢を芙蓉という、芙蓉地のプーヨウという。
これを、ことごと、という。毎々と表す、マイマイ
プーヨウという、中国の武漢のことという。キリストの
参画という、このキリスト、グリという。グリがいた
という。栗顔のイタチという、このイタチの出という。
グリ語をイタチ語という、ミーユルという。古い武漢の
言語である。

 天皇不用と言うて舞楽を始める武漢則という、舞楽の
一種の形式である。かえせ篠城の発の形式である。皇居の
しきたりである。昇扇峡の長尾城の延伸という。舞楽の
広めという、宗教の用いとぞそ。ぐりゆみはみ、という
舞楽のことである。『ソー』『サワ』という、後、シテ、
ワキになる、舞楽の右翼左翼である。皇居の歌舞伎という
ソー、サワという話である。

 ソーサワという続け言葉という、かえせのその後とい
う。神宮球場を、みえやり、という、巨人の川上という、
阪神のノムそも、という。広島のかったき、という、
きょうほきの野球という、フーヨーパアヨーという、
野球の言葉という。次に、天皇パァヨーという、天皇パー
という、天皇の言葉という、これが、京山崎の天王山の
歌舞伎である。天皇パーというのである。
【京都蜷城】
 皇居の城という、フーヨーと言うのである。京の町衆の
言いという。京都の共産主義がある、京都の貝の話である。
蜷貝という蜷川の貝のことという。蜷城の大御爺さんと
いう蜷貝のお教えという。蜷城の言いという。

 かえせ皇居という、皇居のことという。これが、天皇の
ひえりらき、である。天皇不要という言葉である。
右翼が用をいう、左翼の不要という、どちらも天皇パー
をいう、広島かったぎの野球始めである。天皇不要の広島
の県の造りである。宮城の園の場、これをえんという。
天皇の園という、パーレルという、パーレビのことと
いう。川上という人の名の地名という、阪神ののも村と
いうところの人の名を地名にする村とぞそ。野球の出の
村という。尼崎の釜ヶ崎という、天釜のたきいだしとぞる。
もいそいの言いという。人名を地名にする、野球の地とい
う。阪神ののもえり、という。阪神ゆったきという言葉の
種である。川上人という、北京原種という北京(ほっきょ
う)の野球地という、これを釜遣りという、言葉の種類で
ある。
【花木語】
 これが若い花木の云いという、グリ語のことという。
花木語という、栗の花の言葉という。古い神戸の宮の
言いである。ここを頭則村という、今の神戸である。
阪神長嶋という、神戸の古い呼びである。みやこう、
という、宮の名の頭という、宮神(みやこう)、宮行と
いう。宮へ行くことを天皇パーという、天皇が神宮住まい
の人という、明治神宮の住まいという、そこにいる若い人
という、宮かえせという話である。神宮球場の古い話で
ある。長嶋天神という長岡の天満宮のことという。
かえせ造りの宮である。
【天満宮をかえせ寺という】
 かえせ寺ともいう、天満宮のことである。高野山の寺
という。こまかえせ、という寺のことという。寺飼いの
馬のことという、古く貝を馬という、かえせ馬の話であ
る。内角かえせという野球の達人である。御所の言葉と
いう。桃の宮の頃の御所である。桃の宮さんという、
安達山の宮という、御所内の宮である。これを、安達と
いう、伊達のおい針という、ゆいゆいの御所という、
久米田山のお話という。はなしがいのかい、という。
うまうまと来るいなるせき、という。とっとと帰る
いこひこり、という。やまびこの話という。音をめで
る書きである。魔王の言いともいう。
【魔王】
 桃の宮の魔王という。舞楽の舞いのきみ、という。
王と書く、きみのことという。舞楽のザキである、
魔王という、茨木の宮の言いである。枚方という舞う
人である。これを、かえせ言いという。宮人を、パー
マンという、枚方の宮の言いである。これが、パーレビ
の張れる日である、晴れた日のことをいう。宮着を
着飾るパーロンジャッキーという。若い人の言いである。
ジャッキーという馬に掛かる言葉である、じょうらぶの
ジョッキーという、ロボットの馬という、機械馬の話と
いう。この馬がある皇居である。東大へ通うた青山御所の
住まいの頃のロボット馬である。今もございである。

 栃木の城という、二条曳き城の時の馬である。ロボッ
トという、動物の馬を白に入れて一緒に行った皇居とい
う。井伊大老という若い人である。
【神戸六甲】
神戸六甲の御叔母のお教え という。秀吉相生の
そりという、お教えである。沢という御名の投手のお教え
という。神宮球場のことという。明治神宮の住まいである。
【宮城行】
 夜皇居を出でる人である。四頭だての馬車という、三日
不眠の旅という、豪腕さち子さんというイタチににたテンと
いう動物という、犬連れの旅という、宮城の浜の行きとぞ
そ。真っ暗闇を疾駆するロボットの馬、頭に電灯がつけて
ある。宮城野を越えたところ、稲妻、辺りがいっぺんに
明るくなった、稲光という。ひらめきという蓋然性心理と
いう、蓋然の露という、これを、階前の梧葉という、脳の
ことという。己に秋声の漢文の話である。これを、いまだ
秋声という。秋をときという一意である。大きな山を越
えてきましたという、イートン号の犬連れである。
 木下露は雨にまされり、というイートンの笑い涙という、
万葉集の歌である。みさぶらいとは、和寇の人である、
これを、若人という、和行という。和の国という宮城で
ある。

 不眠の日の行きという、宮城野の行きとぞづ。
【チェコ】
 後、ヨーロツパ・チェコという、今、パリの灯を見た
若い人という、イートンを造るという、興しの世の灯で
ある。不眠で興すイートン東という。伏見六甲宮城の
いきはき、という、ロボットの馬の行きとぞう。
ロボットを思う人である、蓋然のおちくちという、ロボ
ットの口という、蓋然馬、花馬である。

 チェコへ行く山の賦とぞいう。夢夢の賦とぞづ。
【沢柳】
名をあげる、御名を尊ぶことという。沢柳という柳腰の
人のことである、『あの人は沢柳さんや』という、柳腰の
人のことをいう。三千円札を持つ人という、その日の
皇居である。若い人が三千円札を持っていた話である。
皇居札という、古い日本のことという。大蔵省印刷局で
ある。三千札のことという。
後続。
 そうきょうよい時です。柳正D18. 
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
腹を横に書く。
posted by 秋残り at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽