2020年12月07日

卒業8177 鳥取初夏 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8177京都船旅7077
古譜6077大原練習5977天の下6377  大山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/06
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/06
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/06
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
さち子さん 広帝 孔子廟 夏繁樹
夕暮れは朝にもつ波々(はなみ)の夏の実に
広い野原に江湖の七輪車 さち子御宮
夕浜見て過ぎる ソラ一面に波を見ゆ
鳥取夢の宮 走る車の双陽五輪


 狐の天気予報。〇r1999/09/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【毛】
 毛という車。時速、この歌の時で、豪速七百キロで
ある。京都穂浦世浜出で、世をいう、『よい世や』と
そ。鳥取にいませる御叔父御上御叔母御上お会い申し
ゆき、渡れる世によきをいう。御叔父つゆれ、御御
笑顔あおありるおありす、見た世の歌という。『絵
をお書き』との御言葉、若き日の若い人という。

 ここ鳥取砂原、これを江湖(こうこ)という。
柿や見やるら、ありてそわせる、鳥取の城の壮観と
ぞふ。後、指月の城という。指月鳥取の古旅行とい
う 。若い日に大山露張(つゆはり)という。
つゆつゆありてそわれ、せせゆしそわる、鳥取うご
せく、という。指月城の音という。これをという。
寝る日の指月の日、指月を、鳥取おこよ、という。
鳥取の暦である。指月城の暦という。車で行く鳥取
という。

 御叔父ゆあられあられ、御叔母ゆそせはる、すき
んさき、という、その崎の三浜山という、鳥取の言
いの大仙のこととぞす。今を、おさゆさ、という。
指月の言葉である。『今しかんとき』という言葉の
城のやのことという。城を『かんりぎ』という、
鳥取の、ゆうかる冠話という。『ゆうかる』が、
夕浜の意味である。砂漠の城という、砂の海と
いう、すみ山のお絵という。

 古く穂浦を、きこかう、という、きここう、という。
これが、広帝という、皇帝の広い斜めである。これを、
きこという。きいこ゜ゆんばる、という。弓浜のこと
である。また行く、鳥取指月、我が故郷古という、古
い日の旅行とぞづ。御大御爺さんおらるれやら、御大
御婆さんおらるれやら、おじいおゆる浜という、夕暮
れを朝にもつ、という、鳥取の指月城の住まう言いと
ぞづ。城の日々の言葉である。城下村、月掛かる指月
城という。

 春高楼の花の宴、巡る盃月落とし、秋なる人の
夢の宴、ああ、広帝の海の波、とそ。穂浦月下の歌
である。名を、広帝の崎そま、という。同郷の人で
ある。滝廉太郎という御名である。穂浦におられた
我が記憶とぞゆ。土井角浜のお住まいという。
ここを、江江(こうえ)という。同じ、鳥取の場の名
とぞす。荒い庭という、荒い庭である。浪寄せる
穂浦の崎という、切り立った崖の海辺という。
西大浜世という、西大海という、後、西栄世という。
後、西大路という、今のことである。これが、大阪
高槻まで続いていた海である。茨木の大海という、
今の梅田まで続いたことという。

 また行く鳥取広山、鳥取船の行きという。豪速七
輪車である。四輪車五輪車になる六輪車である。
この六輪車がも一つ前へ運転席を出す造りという。
チェッ空のみの造りという。空を見れば雲が波に見
えたという、鳥取の空とぞそ。後、笠原小野郷へ
行く、今の岡山とぞそ。国を興す世若い人という。
いきいきて、復、いきいく、旅の日々とぞそ。

 空を巡り野をめぐる人の世の旅という。ビズふむ
陽である。ビズゆつのビス旅という。ぶざ山のお
言いという。珍(ちん)覚えたり、二の年の行き
という。

 御叔父ゆあらゆあられ、おあらゆおあらゆ。
おあられる御御叔父御叔母とぞす。

 『下がれ天皇』という、天を曳き降ろす、大阪降帝の
やのお言いという。後、天を上げる、天保山の崎である。
この日、天が降りたという、大阪曽根崎の、イオン民と
いう。大阪イオントーフツという、トーハトのいぶせま、
という。天に向かって『天皇下がれ』と言うた人である、
若い人である。この天王を空挺という。空皇という、後、
大阪槍の港という。空の港を兼ねる海の湊という。
これを港湊という、大阪咲祖島(さきすしま)の咲洲辺り
である。今の梅田である。曽根雪が降る降帝の言いである。

 この帝をセキレイという、咲洲(さきす)の言いとぞず。
曽根崎心中の梯子の段という。ここを、イオン・トーハト
という。鳥取の宮ともいう。点取り虫の人が行く所である。
受験の合格願所である。天が引き上げられた、天保つ山の
合格である。広い野原が下になった話という。これを、
『天皇下がれ』という、大阪浪花の民衆とぞそ。

 ゴリオンはんの大阪という。イオン・トーハトの言い
もある。天に向かって言うのである、合格は俺がすると
いう、点が下がって俺のものになる満点の言いである。

 これが、点を星という、天食い虫の点取り虫である。
『あの間、無理(かんむり)だわ』という京都墓町の言
いである。のち 、平安朝の冠である、間無理と書く
ことという。

 大阪曽根崎から天保山までの間を愛だ無理という、
これを、『大阪向かん』という、浪華のことである。
波のかんはと、という。閑休天という。無冠天という。
寒天の満天という。ほしいだらけの浪華の花である。
波の花という。これを、波々(はなみ)という、点取り
虫の歩く姿である。虫である。尺取虫という。

 天借りの姿という。大阪浪花の天借という。降りた
天を上げる人である。これを、こうそん、江村という。
イオン・トーハトのことである。えむら、江村という
曽根崎あたりである。大阪城東の城をイオン立閣と
いう、江口の言いという。江村の口の民という。

 江村一之という若い人である。降りた天に乗って
いたという。八百屋お七の七輪車である。やおとよ
号という、六変化という五輪車にもなる、四輪車にも
なる、六つの輪より一つ多い、名前は八百屋である。
八百屋お七である。

 梯子が変化した話である。それで、ひがついたよ
うに泣いたという、お化け車という、その物語が八
百屋お七である。はしご段の巻である。じかにお七
さんから聞いた話である。お菊さんの変わりですか
という、あれは、御所のお七である。鳥取の花の
御所という、柿の花である。効く話という、柿の
渋もある、鳥取の渋柿の甘渋という、寒の天によく
効く点取り虫のおまじないである。合格の味という。
渋柿食らいの合格者である。

 渋柿を食うて甘い点という、どこが甘いか、葉を
波という、鳥取城の葉波という、花見の御所という、
指月城という、七輪車の故郷という。七十点合格、
渋々の甘い点である。むくむかんの点という。
六十九が向かう七十である。これを、ななしぶ、
七渋の点という、七十の合格点である。

 天保山の百点である。天点と散らばる満点の
天点という、曽根崎参り所の礼所である。ここで、
お礼をいう、御礼天という天が下がった、天の
曽根崎という、梯子段を上がってその上から天を
引き上げる八百屋お七という。

 燃えた日は浦めくり、という、暦の日めくりと
ぞう。裏から引き上げる天である、曽根崎引き上げ
という、点取り虫のお礼埼という。合格する前に願
う場所である。受験勉強の八百屋お七の柿食らい
という、渋柿を少し食べる受験の話である。

 東大教授である。渋埼栄の曽根崎参りという。
先に渋を食らう甘い点という、葉所(ようしょ)である。
肝心要の場所である。甘い柿という、柿書きの柿書
という、渋埼栄教授である。東大合格の仕方である。
八百屋お七へ願掛けなさいという、渋柿詣での曽根
である。柿の木根本の甘さは、何の花という、
鳥取花御所の柿という、渋尼を愛でる鳥取という。
セキレイという鳥の糞である。柿の根元に鳥の餌を
おく柿の木の甘さである。

 甘い柿は実か、木か、どちらかという、鳥取城の
うえつるし、という。柿吊るし山の城という。鳥取
指月である。あの柿は甘いと指をさす、その月は、
ここのえ月という。

月をもえる日という、月下のお七さんという、
足してとうという。尊いを得る(うる)という渋
甘の柿をめでる指月城である。書きのしぶさという、
駄作者である。渋い俺という。七に六九話である。
六歳と九歳を渋年という、六十と六十九の七十
でもある。これが、指月のかんれきでもある。
渋沢栄という六十と六十九才のことである。

 人生の満点は白菜である、これを、ひとまけ、
という。白菜と書きの料理である。百歳の白未点
という。百は、ひとまれまる、という、ひとまるふた
を、しろいってん、という。百歳を始点という、
これを、白皇という、ひとまるひと、という。
天を歩む人のことである。百一点のひとという、
ルイという語源である。フランスのナポレオンの
ことを白皇という、お七さんのお話である。

 大阪とナポレオンの関係である。その類の
話である。大阪城人世菊参考の話である。

 今日の日は、ひとふたろくという、曽根崎
参りの日である。鳥取の渋甘柿を食らう受験
の人という。鳥取天守閣の月天井という。
月下村御所という、鳥取天のお和っ邦という。
鳥取和国の指月、十二月である。

 大阪曽根崎という、浪華尊所という、どちらも
渋柿を植える会う洲である。巣なの海と茨の海の話で
ある。渋栄の話である。

 鳥取の柿と甘い柿である。渋さは俺の書きである。
文中、しぶしぶ変えである。八輪車の八相(ようそう)
である。七輪車の矢吹き車という、和国車である。
モーレルという呼びとぞう。
 
 自分の頭の上の空を天皇という。天を戴く
天皇下がりの身という、逆さヒエラルキーの
ことである。自分の頭の高い空の一点から
逆さ三角形に広がる空という。これの言い
である。帽子のつば上広という帽子のこととも。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D06. 
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
*****
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽