2020年12月10日

卒業8181 帝王 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8181京都船旅7081
古譜6081大原練習5981天の下6381  帝王(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/09
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/09
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/09
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
転生の孔子廟 ひととせ めのやみと
朝早く庭を掃く私の毎日と 通り過ぎて
四季は巡る 緑木に葉つき 鳥も歌い
鯨が潮上げた 参る人の声高 文読む
人に合わす 鯨と鳥

【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。
【歌解説】
【天里ク】
 天里クという、たくさんある孔子廟という。中国の人
という。日本の昔のことという。孔子を祭る日本という。
江戸時代の幕山の意という、行動規範の踏みという。子
曰く書という。子を師という中国の武漢さむせら、とい
う。武漢の古いことという。後、城を曳く愛家という場
所という。山々のお書きという。

 字の国、中国の漢字の文かとぞそ。ターユイという、
ターイエという、後、グリ語という。ぐりせらの言葉と
いう。後を、トンホァという。トンホァの言葉という。
今の中国語の初期という。

 コーシー・ハンラーという、はんすみの言いとぞそ。
子曰くの意である。子曰く、夢をまるという。これが、
孔子家文である。その子の意という。夢殿の講師という。
後、消灯という、消灯のけさるじみ、という。

 後の、まよふり、という。ふれする孔子という。時代
の規範をいう。孔子規範という。みよらむの言いとぞそ。

 ウーイーションホァッカーという。初期の孔子の家屋
である。武官のしみさび、という。城の住まいとぞそ。
フーイル・ランルーのお言いという。これを、フーズフー
という。ふーみる言いという。ろむ山のお書きという。

 また行く武漢という、城を見るふうからの人とぞそ。
周春の行きという。中国の武漢の春である。武漢の春、
パンダが声を出す、その声の声高という、声高の帯浜と
いう、中国の愛家の町とぞそ。

 そこの鉄作りという、鉄を作る愛家という。愛山の麓
という。パンダのいる町という。そのパンダの脳という。
笹を食べて、鉄をよるパンダの笹見脳という。笹をよる
パンダという。笹に鉄があるという、笹の生えた所とぞ。

 これを、篠ゆり、という。パンダの歩く腰振りである。
笹のお歩みという。パンダの脳の話である。パンダ脳と
いう歩みの見という、身ともいう。見身の獣という。
これを、お獣という、おとうの尊い獣という。

 今の鉄がパンダの脳から出来ているという、人の言い
である。また呼ぶパンダの人という。パンダが立つこと
をいう。人呼び姿という、熊の一種という。笹の獣とい
う。日本の言いという。篠食べ身という。笹のお獣とい
う。これを、鉄の人という、パンダのことである。

 中国武漢の孔子という、パンダのことともいう。孔子
獣という。孔子の書の中にいるをいう。いる山のお書き
そる、とぞそ。書きその山という。書苑という、本、文
のことである。その苑にいるパンダである。

 孔子廟堂にいたパンダという。呼ぶ花の絵、パンダで
ある。日本にもいるパンダという。大原の里の獣という。
また行く大原、山越え山越え行く、わが旅の世という。
大原の里ある話である。大原の冬、氷厚き里という。

 パンダが迎える人という。入り口まで来て迎えてくれ
たことという。先導の案内である。中へ入れば、暖かい
所である、パンダのもてなしという。白い黒の模様とい
う。パンダの家という、狐がいた話という、一緒に夜を
過ごす蛮人である、若い人という。若い人は自分を野蛮
人という、野蛮の獣という、自分をそういう人という。

 パンダが大きな丼で、お茶を入れてくれた、その日の
夜である。今日の今頃である。1209-840お書き、これと
ぞ。パンダの教えという。鉄の用使礼という時である。
八時四十分を用使という、用使時のお書きという。パン
ダとともにお茶を飲んだ時である。人と言うのである。

 子パンダが来てくるくるまわりを回り膝に乗ってきた
パンダである。大原のパンダの家である。隣が鹿の家であ
る。万物山のお書きという。一緒にロボット馬の馬車に
乗る時という。パンダの操縦である。大原の道をよく知る
パンダという。高山にもいるパンダである。あの歌の挿
絵である。もの皆尊い、これを野蛮性という、人も獣の
一種という、獣をたとうる話である。人の気持ちを持つ
話である。よと山のお絵、これなるを。

 長尾谷の家、パンダの家である。向日市の渓谷の島
という。高校の先生という、そのお教えを実行する今で
ある。先生方おられおられ、そのお教えである。革命を
いう話である。学生運動の少し以前である。先生のお教
え継ぐ今である。革命の世、世界同時革命である。
Simultaneous revolution, now on お書きである。
奈良法隆寺の柿食えば鐘は鳴る、古い日置の柿、
なるなるなる柿という。革命がなる書きである。

 大化の改新の人という、蘇我入鹿という、
改新のことを言うた人という。中大兄の、はくさ
き、である。白鯨のことである。大和朝廷では、
はくさき、と言うたのである。はくせるくおう、
という。鯨のクオという、鯨をくお魚という、
大和朝廷の武官である、わかい人である。
ここを、朝廷という庭掃除をするわかい人で
ある。12月10日という、古い日野きその日と
とぞそ。天皇下がれと言うたのである、
緑雪が降ることという、緑庭のお書きという。
また行く 、回崎島である。革命の孔子廟と
いう、孔子を敬うことという。若い人のこと
という。

 まうまうのお絵という。孔子廟堂の中の
絵である。後、聖徳太子の絵という。
蘇我馬子というお描きである。中大兄が見た
話という。荒れる穂浦埼という。ガレの所で
ある。西大路の場所である。今の京都のこと
である。

 緑色の雪で作った家、緑の城、私の故郷という。
桃色の家、かの画家が描いた、四曲の絵に描い
ていある、そのように雪が降ったという、後の
駄作者と称する者の解説という。
 モロッコの青い家、モロッコは私の故郷という。
武漢の城曳き、ドロットニングの城曳きという、
パリ・シャイヨー宮のドロットニングという。
水が台形に盛り上がる地という、海という。
原初形態の水という、。水素自動車という、
永久機関という、その自動車が作り出す水という、体に
よいことである。自動車を拝む人である。
 インターフェロンという、昔飲んでいたものである。
スマホという、昔、使っていたものという、タブレットとも。
インターネット、無線装置という、大昔の者である。
液晶の大きな画面、壁一面の大きな画面という、テレビ
の家という、大昔の物である。
 万里の長城は、韓国、アラビア、インドネシア、
ヨーロッパへも延びているという、タイにもある。万
理の長城の一部という。桃色の雪の譜、これなるを。

 環頭の項という、60年前の教育を受けるという
若い人という。世間とは、半世紀もかけ離れている
人である。

 先生方おられおられ今である。革命を起こす話と
いう。時速二千キロの車という、大昔の車である。
 原初、月には空気があったという、そこのロケット、
大昔の卑弥呼のロケットの残り物かという、大切な
ことという。
 地球が回転したのは、いつやったという、止まった
ことはあるかという、誰に聞けばよいやら、若い人に
尋ねてみればよいととかも。南アメリカがアフリカと
ひっついていた頃という、いつのことかという、中昔の
頃である。山が手を振った話という。

 よい世のお書き、よいよいと仰る先生という、世界
同時革命という、笑顔の人という、健康がやってくる
話である。あの皇居という、村上城という、また行く
新潟村上、若い人の故郷である。また住む皇居である。
東大通学の日々という、ジェット機も置いてある、菊水
という、蚊のような形の機という。

 ドイツから送られた設計図という、第二次大戦のこと
という、それで作られた機という話である。ヒットラー
政策という、第一次大戦の戦車という、飛行船という、
まるい球体の空飛ぶ乗り物という家という、昔の物語
である。電気自動車は、大昔の物である。

 飛行機を作ってから、設計図を書く人と言う、八坂
の国の人である。外国へいったあとでパスポートを
作った人である、京都会議の中という、どこへ行った
のであろうか、パスポートが旅をする今の世の中と
いう。グリーンランドの項という。北極に家があると
いう若い人である。月の空気の物語、これなるを。
太陽へ行った人という、グリーンランドの民話という。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D09. 

腹を横に書く。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年12月09日

卒業8179 冬の俟つ (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8179京都船旅7079
古譜6079大原練習5979天の下6379  大山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/08
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/08
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/08
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
枯れ一葉 小枝舞う 目の闇 冬が来る
枯れ一葉 雪混じり 孔子廟 冬の入り
目に手をあてた 朝参り 目を保つ
良きを呼ぶ 白鯨野 降りくる雪見て
帰る道 花咲く 我が家かな


 狐の天気予報。〇r1999/09/03
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【歌解説】
白鯨野:孔子廟周りのこと
【緑雪】
 『天皇下がれ』という、天へ向かい言うた人という。
緑雪が降ることという。緑雪の賦の言葉という。緑なす
冬の雪降りという。ほうねら、という、野のことという。
白鯨野の周りである。白い御殿という、緑の雪たまり、
という。緑やる弓振れという。弓を手に持つ若い人と
いう。緑雪の手という。緑の色の手とぞそ。

 冬あたりに降る雪である。地を呼ぶ雪という。『雪や、
みどりる・すみさる』という。孔子廟のある頃ととぞそ。
冬の当時の屋のお絵という。穂浦の連島のことという。

 また行く島の家という。船に乗り行く、穂浦回崎であ
る。古い御代のこととぞ。
はなゆしお書き、これなるを。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D08. 

緑色の雪の雪で作られた家、太陽のいえ という。
緑野太陽という、これを、いそび、という。
磯尾の太陽という。太陽のやという。
 木津の城という。木津城のお書きという。
雪を愛でる城である。そうきょうという家である。

 城のことを、いそびのという。和国城という。
これを和書という。この城を天という。
天をよる城という、その姿を、天皇という。
天皇とは、城のことでもある。

 だれが天皇をしているのや、という。
城のことをいう言葉である。和国という古い
日本である。これを、毛の国という。

 そうきょうよい日という。毛の言葉てある。
緑なす黒という話である。

コップという言いをする、コップンカムという
緑野城という、これをカムセルという。コップと
いう城である。ノットム・レックスの言いという。

 日本の象徴であるという、この日本はどこや、
という、日本の国という、和の屋のお書きとぞ。
緑の野の緑野という、これを国土という、黒土
という、緑なす地という。

 私は城であるという、人は石垣、人は城という
信州武田城という。普州竹田城という、会津山
お書きという。

 キヌンプットという話である。
衣の城という。たよせる・とみふり、という。
うちら山のお絵という。うちら論国という。

 そうきょうよう時です。D09.
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
腹を横に書く。
**************
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年12月08日

卒業8178 終始紅葉の秋 壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業8178京都船旅7078
古譜6078大原練習5978天の下6378  終始紅葉の秋(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/07
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/07
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/07
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
あき子さん 白鯨 潮上げたよね海
あき子さん 白鯨 孔子のひげの顔
車は走る 終始紅葉 白鯨の書を
小脇 宮津白き宮 鯨の立ち泳ぐ
青い海 手を振れば 秋鯨 柏手を
あてて 目をあれと 文に記す
孔子廟


 狐の天気予報。〇r1999/09/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【鯨】
 目をあれという、終始紅葉という。秋の景色。
孔子廟のさんすき、という。孔子をしろ鯨という。
白い鯨を見る目の保養という。孔子のひげの
ことという。鯨ひげの孔子という。孔子廟へ参る
効用という、目によいことという。
 あきという。目を、あきさき、という。孔子廟の
言葉とぞそ。目を、うれるき、という。うれる玉と
いう。うれしゆのこうしき、という。後、数学の
数式とぞ。

 孔子廟の数学という。まるまるの目玉という。
孔子をよる、ふきゆりのおちたち、という。この
『ち』を、ちよという。ちよのいきしびという。

 また行く鳥取の場のより、という、るりよる高速
という。時速七百キロである。古い日野自動車
旅行である。目を立てる鯨という。鯨のせめるり、
という。鯨を飼う人という。若い人という。

 若い人の家の西にある鯨の池という。京都にある
大きな池である。この京都を鯨京という。鯨の親
が子供を見に来た壮芸という。鯨の仕種を芸という。

 えのら芸という、クジラの挨拶という。人に
なつく鯨である。鯨屋という自分の家をいう人と
いう。五条の海、渡り来る大きな鯨である。

 赤飯をふるまう若い人という。孔子を見に来る
鯨である。こうこの砂闇という。鯨の模様を闇と
いう。孔子という、若い人とぞ。目が開く話という。

 自分を鯨っ子という若い人である。鯨の尾を、
くじゆき、という。旅行へ行く人と戸いう、鯨を
尊ぶことという、旅行のことである。孔子をいう
山の絵という。山を尊ぶ人である。

 山高くして尊し、という。やます言いという。
 
 長尾鯨という、長芸の尊びという、長尾先生と
いう若い人という、孔子のことを長尾という、古い
日本の言いである。永尾ともいう。孔子のことである。
 
 桜肉という、クジラの肉のことでもある。
 
 あき子という名の鯨という、若い人と一緒にいる
鯨である。あき子正という鯨である。毎日赤飯を
ふるまう若い人である。大きな機械の鯨もある人で
ある。潜水鯨という。鯨の系統という、けいとうの
くじふり、という。系統の考えの脳とぞ。鯨の脳
である。おぼろ脳という。あき子闇の言いという。


 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D07. 
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
腹を横に書く。
**************
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年12月07日

卒業8177 鳥取初夏 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽
【曲名】 卒業8177京都船旅7077
古譜6077大原練習5977天の下6377  大山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/06
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/06
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/06
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
さち子さん 広帝 孔子廟 夏繁樹
夕暮れは朝にもつ波々(はなみ)の夏の実に
広い野原に江湖の七輪車 さち子御宮
夕浜見て過ぎる ソラ一面に波を見ゆ
鳥取夢の宮 走る車の双陽五輪


 狐の天気予報。〇r1999/09/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【毛】
 毛という車。時速、この歌の時で、豪速七百キロで
ある。京都穂浦世浜出で、世をいう、『よい世や』と
そ。鳥取にいませる御叔父御上御叔母御上お会い申し
ゆき、渡れる世によきをいう。御叔父つゆれ、御御
笑顔あおありるおありす、見た世の歌という。『絵
をお書き』との御言葉、若き日の若い人という。

 ここ鳥取砂原、これを江湖(こうこ)という。
柿や見やるら、ありてそわせる、鳥取の城の壮観と
ぞふ。後、指月の城という。指月鳥取の古旅行とい
う 。若い日に大山露張(つゆはり)という。
つゆつゆありてそわれ、せせゆしそわる、鳥取うご
せく、という。指月城の音という。これをという。
寝る日の指月の日、指月を、鳥取おこよ、という。
鳥取の暦である。指月城の暦という。車で行く鳥取
という。

 御叔父ゆあられあられ、御叔母ゆそせはる、すき
んさき、という、その崎の三浜山という、鳥取の言
いの大仙のこととぞす。今を、おさゆさ、という。
指月の言葉である。『今しかんとき』という言葉の
城のやのことという。城を『かんりぎ』という、
鳥取の、ゆうかる冠話という。『ゆうかる』が、
夕浜の意味である。砂漠の城という、砂の海と
いう、すみ山のお絵という。

 古く穂浦を、きこかう、という、きここう、という。
これが、広帝という、皇帝の広い斜めである。これを、
きこという。きいこ゜ゆんばる、という。弓浜のこと
である。また行く、鳥取指月、我が故郷古という、古
い日の旅行とぞづ。御大御爺さんおらるれやら、御大
御婆さんおらるれやら、おじいおゆる浜という、夕暮
れを朝にもつ、という、鳥取の指月城の住まう言いと
ぞづ。城の日々の言葉である。城下村、月掛かる指月
城という。

 春高楼の花の宴、巡る盃月落とし、秋なる人の
夢の宴、ああ、広帝の海の波、とそ。穂浦月下の歌
である。名を、広帝の崎そま、という。同郷の人で
ある。滝廉太郎という御名である。穂浦におられた
我が記憶とぞゆ。土井角浜のお住まいという。
ここを、江江(こうえ)という。同じ、鳥取の場の名
とぞす。荒い庭という、荒い庭である。浪寄せる
穂浦の崎という、切り立った崖の海辺という。
西大浜世という、西大海という、後、西栄世という。
後、西大路という、今のことである。これが、大阪
高槻まで続いていた海である。茨木の大海という、
今の梅田まで続いたことという。

 また行く鳥取広山、鳥取船の行きという。豪速七
輪車である。四輪車五輪車になる六輪車である。
この六輪車がも一つ前へ運転席を出す造りという。
チェッ空のみの造りという。空を見れば雲が波に見
えたという、鳥取の空とぞそ。後、笠原小野郷へ
行く、今の岡山とぞそ。国を興す世若い人という。
いきいきて、復、いきいく、旅の日々とぞそ。

 空を巡り野をめぐる人の世の旅という。ビズふむ
陽である。ビズゆつのビス旅という。ぶざ山のお
言いという。珍(ちん)覚えたり、二の年の行き
という。

 御叔父ゆあらゆあられ、おあらゆおあらゆ。
おあられる御御叔父御叔母とぞす。

 『下がれ天皇』という、天を曳き降ろす、大阪降帝の
やのお言いという。後、天を上げる、天保山の崎である。
この日、天が降りたという、大阪曽根崎の、イオン民と
いう。大阪イオントーフツという、トーハトのいぶせま、
という。天に向かって『天皇下がれ』と言うた人である、
若い人である。この天王を空挺という。空皇という、後、
大阪槍の港という。空の港を兼ねる海の湊という。
これを港湊という、大阪咲祖島(さきすしま)の咲洲辺り
である。今の梅田である。曽根雪が降る降帝の言いである。

 この帝をセキレイという、咲洲(さきす)の言いとぞず。
曽根崎心中の梯子の段という。ここを、イオン・トーハト
という。鳥取の宮ともいう。点取り虫の人が行く所である。
受験の合格願所である。天が引き上げられた、天保つ山の
合格である。広い野原が下になった話という。これを、
『天皇下がれ』という、大阪浪花の民衆とぞそ。

 ゴリオンはんの大阪という。イオン・トーハトの言い
もある。天に向かって言うのである、合格は俺がすると
いう、点が下がって俺のものになる満点の言いである。

 これが、点を星という、天食い虫の点取り虫である。
『あの間、無理(かんむり)だわ』という京都墓町の言
いである。のち 、平安朝の冠である、間無理と書く
ことという。

 大阪曽根崎から天保山までの間を愛だ無理という、
これを、『大阪向かん』という、浪華のことである。
波のかんはと、という。閑休天という。無冠天という。
寒天の満天という。ほしいだらけの浪華の花である。
波の花という。これを、波々(はなみ)という、点取り
虫の歩く姿である。虫である。尺取虫という。

 天借りの姿という。大阪浪花の天借という。降りた
天を上げる人である。これを、こうそん、江村という。
イオン・トーハトのことである。えむら、江村という
曽根崎あたりである。大阪城東の城をイオン立閣と
いう、江口の言いという。江村の口の民という。

 江村一之という若い人である。降りた天に乗って
いたという。八百屋お七の七輪車である。やおとよ
号という、六変化という五輪車にもなる、四輪車にも
なる、六つの輪より一つ多い、名前は八百屋である。
八百屋お七である。

 梯子が変化した話である。それで、ひがついたよ
うに泣いたという、お化け車という、その物語が八
百屋お七である。はしご段の巻である。じかにお七
さんから聞いた話である。お菊さんの変わりですか
という、あれは、御所のお七である。鳥取の花の
御所という、柿の花である。効く話という、柿の
渋もある、鳥取の渋柿の甘渋という、寒の天によく
効く点取り虫のおまじないである。合格の味という。
渋柿食らいの合格者である。

 渋柿を食うて甘い点という、どこが甘いか、葉を
波という、鳥取城の葉波という、花見の御所という、
指月城という、七輪車の故郷という。七十点合格、
渋々の甘い点である。むくむかんの点という。
六十九が向かう七十である。これを、ななしぶ、
七渋の点という、七十の合格点である。

 天保山の百点である。天点と散らばる満点の
天点という、曽根崎参り所の礼所である。ここで、
お礼をいう、御礼天という天が下がった、天の
曽根崎という、梯子段を上がってその上から天を
引き上げる八百屋お七という。

 燃えた日は浦めくり、という、暦の日めくりと
ぞう。裏から引き上げる天である、曽根崎引き上げ
という、点取り虫のお礼埼という。合格する前に願
う場所である。受験勉強の八百屋お七の柿食らい
という、渋柿を少し食べる受験の話である。

 東大教授である。渋埼栄の曽根崎参りという。
先に渋を食らう甘い点という、葉所(ようしょ)である。
肝心要の場所である。甘い柿という、柿書きの柿書
という、渋埼栄教授である。東大合格の仕方である。
八百屋お七へ願掛けなさいという、渋柿詣での曽根
である。柿の木根本の甘さは、何の花という、
鳥取花御所の柿という、渋尼を愛でる鳥取という。
セキレイという鳥の糞である。柿の根元に鳥の餌を
おく柿の木の甘さである。

 甘い柿は実か、木か、どちらかという、鳥取城の
うえつるし、という。柿吊るし山の城という。鳥取
指月である。あの柿は甘いと指をさす、その月は、
ここのえ月という。

月をもえる日という、月下のお七さんという、
足してとうという。尊いを得る(うる)という渋
甘の柿をめでる指月城である。書きのしぶさという、
駄作者である。渋い俺という。七に六九話である。
六歳と九歳を渋年という、六十と六十九の七十
でもある。これが、指月のかんれきでもある。
渋沢栄という六十と六十九才のことである。

 人生の満点は白菜である、これを、ひとまけ、
という。白菜と書きの料理である。百歳の白未点
という。百は、ひとまれまる、という、ひとまるふた
を、しろいってん、という。百歳を始点という、
これを、白皇という、ひとまるひと、という。
天を歩む人のことである。百一点のひとという、
ルイという語源である。フランスのナポレオンの
ことを白皇という、お七さんのお話である。

 大阪とナポレオンの関係である。その類の
話である。大阪城人世菊参考の話である。

 今日の日は、ひとふたろくという、曽根崎
参りの日である。鳥取の渋甘柿を食らう受験
の人という。鳥取天守閣の月天井という。
月下村御所という、鳥取天のお和っ邦という。
鳥取和国の指月、十二月である。

 大阪曽根崎という、浪華尊所という、どちらも
渋柿を植える会う洲である。巣なの海と茨の海の話で
ある。渋栄の話である。

 鳥取の柿と甘い柿である。渋さは俺の書きである。
文中、しぶしぶ変えである。八輪車の八相(ようそう)
である。七輪車の矢吹き車という、和国車である。
モーレルという呼びとぞう。
 
 自分の頭の上の空を天皇という。天を戴く
天皇下がりの身という、逆さヒエラルキーの
ことである。自分の頭の高い空の一点から
逆さ三角形に広がる空という。これの言い
である。帽子のつば上広という帽子のこととも。

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D06. 
 ***
『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
*****
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年12月05日

卒業8175 鳥取夢殿村)(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click music piece.
音楽


【曲名】 卒業8175京都船旅7075
古譜6075大原練習5975天の下6375  俺175 鳥取夢殿村)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/12/05
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/12/05
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/12/05
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
春双用みつこさん 双用夢殿野
夢殿の村の中 砂漠の砂屋敷
皿見読みは村を数える城の中
ここ砂漠の城を見遣る船造り
周りは砂の原 一の日の出を見る
鳥取砂丘


 狐の天気予報。〇r1999/08/31
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【夢殿村、鳥取和国】
 夢殿村のやの歌。砂漠の家。城を見遣るとそ。
城を拝むという、見遣ることである。いろけいや、と
いう。城山の砂糖という、砂糖造りの家とぞう。
砂の山の砂糖という、竹のような篠(しの)から造っ
た砂糖という。ここを、砂のまれゆき、という。
鳥取和国という。鳥取の今山という、いませまの
おゆるり、という。めすゆす、という、言葉のこ
とである。
『ゆめって、りるせら』という鳥取の言葉のんせむ、
という、冠語の一種とぞう。『れるてらっく』とい
う、鳥取の城の言葉である。みよよんの言いという。
【金滝】 
 これが、後を、きんという。近時という。きん
たっきの山の言いという。きんたきの落ちという。
川が落ちた言いとぞづ。つつとみの言いという。
この『つつとみ』が、筒富(とうふ)という、この
地の名前である。鳥取砂丘の真ん中である。
筒造りの砂糖という。筒のような篠から造る砂糖
である。甘い、篠津由津(のつゆつ)という、篠津
という砂糖のことである。篠津由落家(しのつゆ
らっか)という若い人の家である。
【篠から作るげんたみ味噌】
 朝の日出を尊ぶたみそよ、という。たみその造り
という。味噌の甘い味噌の黒色の味噌である。砂漠の
篠の元である。げんたみ味噌という。城の様木という。
篠をとるしみそみ、という。しみそみ造りという。
城の中の味噌造りである。しろっせまゆき、という。
ゆき味噌という、篠やらの味という。味わうせころく、
という。自分をせこすみ、という。
【筒富(とうふ)】
 『せこすみ、ろっけ』という、味噌を見ることをいう。
『私はとみをよります』という、筒富を尊ぶ若い人とぞ。
山を見ることとも。砂漠の山があった頃である。
【鳥取城、かぎ、そいりみ】
 山へ行って城を見る、見遣る人という。手を合わせて
拝む、白ゆらめる、という。ゆら手の拝みという。
おうゆ山お書き、これとぞづ。めてめてのおゆれ、という。
といせらるう山のおえ、という。鳥取砂丘の城の世、又行
く鳥取城という。白い縞のおえ、これとぞづ。
鳥取の城をじょうという。かぎという。かぎそき、という。
かぎそきのそいりみ、という。鳥取のかぎ、という。

 鳥取の世、御叔父御上ゆ御叔母御上ゆ、おられる今の世
とぞづ。大仙ろっけく、これなるを。鳥取の御翁という、
富世(とみせ)のことという。富由良のほいふい、という。
ほいほいのおいき、という。
【車をいそよそという】
 ガーランゼラーという車で行く様世間のおいき、とぞ。
るるするあるせる、という。大仙山越えた車である。
時速四百キロである。四角い車でドアが垂直に真上へ
開く造りという。二人二人二人の六人乗りである。
鋼鉄のような造りの安全装置という、それを肩から回す
ゼッセクという、それのいそよそ、という。当時の車の
ことである。いそよそという車であることという。

 ノットノッチという、ノックレバーの引きという、
これが、クラッチアクセルである。ドアについている
ノックユキという装置である。ノックスの言いとも
いう。
【時速五百キロ】
 これで砂漠へ行く、砂漠を直進する人という。
レムゼルのはとせる、という。はとめとの装置という。
砂にふかをいう、砂をふかという、ふかはいり、という。
ふかへ入った車とぞそ。時速が五百キロである。
【車輪をきっそべという】
 車輪を、きっそべ、という。この車輪の造りが、鳥取の
はがね造りという。鋼の車輪とぞづ。鋼を作る鳥取の砂丘
という。きっそべのゆみくろ、という。自動車の丸い車輪
である。空気を入れたゴム車輪も使う、けむそら、という、
自動車という。鳥取の砂丘の乗り物とぞそ。大型バスも
鋼製の車輪もある。この車輪を、めて、という。車の目と
いう。くるくる回る車の目という。車目という。しゃぜせ
らのわっか、という。自動車のことである。わっかるきの
お描きという。自動車のことである。もう山の越えという。
大仙のことという。今をお去る六十年ほど前である。
若い人の言いという。若山富遣という、若い山の人である。
そとよとのお書きという.

見慣れない言葉が、鳥取かんるせ、という、若山冠語と
いう。冠語の一種である。わた山の家の言葉という、
冠語の言葉とぞづ。今の鳥取城の言葉ともいう。
かんるぎ山のおえ、という。

  鉄車輪の世、の世である。華世陸おいき、これとぞ。
陽の車、鉄車輪の車である。陽車という。双陽六輪である。
両輪を双という、双車という、そうしゃ、ならくるま。
陽の目のおいきという。双陽車旅行である。六十の日の
お書きという。無双のやの言いである。なら世の山と
いう。奈良の三輪迄四十分である。その夜のお書きという。
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【歌詞解説】
【正木】
日付 
 そうきょうよい時です。正(やなぎ)D5. 
 ***
//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■
腹を横に書く。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***


posted by 秋残り at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽