2020年10月19日

卒業7620 タイ กรุงเทพมหานคร みとらぜさまれ(壮強太陽):イカスミ柳

ฉันไม่เข้าใจภาษาไทย By Google
วิธีการฟังเพลง
คลิกที่คะแนน

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7620京都船旅6520
古譜5520大原練習5420天の下5820 タイ 俺620 みとらぜさまれ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/18
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/18
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/18
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  KAWAI バンドプロデューサー
【歌詞】創郷
三本指を立てて ワンチャイワンチャイ
けめせ わがれらすきみ みとらぜさまれ
みとれ さんめくきみ わが手をあげた
ふみすみわがゆらぜ ききはるふみゆ
べべらべんみす さんぱんらっく
みせらるゆおら みとらぜ京


ชูสามนิ้ว  ชูสามนิ้  
wanchai wanchai
เร็วเข้า  ดินแดนแห่งความสุข
แห่งความยุติธรรม  อยู่ในมือ
ความรู้สึกของฉัน คุณและ
ทั้งสอง สร้าง  โลกใหม่
เวลา มา ยืนขึ้น  
นึกถึงบรรพบุรุษ
คิดถึงเพื่อน มาสร้างกันเถอะ

三本指を立てて
ワンチャイワンチャイ
急いで行く幸福の地
正義の手にあるわが思い君とともに作る
新世界 時は来た
立とう 祖先を思う
友思う 我々の町を作ろう

 狐の天気予報。〇r1999/07/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】
【三本指】
 歌語。三本指を上げたという意味が、トーファー
という。めるという、日本語の『める』である。
ほめるという、めるである。喜びのことをいう。

 今、復活した『める』、遠い日の『めるぼ』で
ある。電子で復活がなった『めるぼ』という。
大京の言葉という。三本指を示し、めるぼという、
鯛の山の絵という。たいさんらっくという。ゆみ
てすの山という。

 鯛三という、鯛のことをいう。めでたい鯛と
いう。

 ワンチャイという、大旺(たいおう)の掛け声と
いう。鯛の姿を大旺という。今もある、祝いの鯛
である。鯛をみてワンチャイという、わっせてと
いう。めるぼの言葉という。めゆらす・みとらぜ
、という。めるやったという、まんせの言葉の使
いという。この『まんせ』を、ばんせい、という、
表記に、時により、万世、晩成と表す。

 大器晩成という、鯛の供えの器という、これが、
『そうのばん』という、後、そうきょうという。
『そう』が、かってのばんをいう。かってばんの
かつて、という。勝つ手。勝手のやんばんという。
かようさん・はっくるうという。かみてすの言い
とぞそ。

 大器晩成の浜勢の歌という。ワンチャイランと
いう。この言葉を多用する花紀語という、花紀京
の言葉という。今のタイの国の言葉である。
三本指を上げるタイという。花紀国という。ここ
の都を、花紀京という。タイ・バンコクという。
【みとらぜ、でもせも、やっぱし】
 このバンコクをチャオという、花紀語の言いと
いう。これを『みとらぜ』という、みとらぜの花
紀という、やっぱしのことの言いの意味である。
 やっぱしやったという。万国枢要の言葉である。
意味が、うれゆらという。うれしいことの表しと
いう、やっぱしのことをいう。これが、でもせも
の意味である。

 この『でも』が、花紀京の『でも』という、
うーらべという、うらさんの、鯛浦という。鯛を
称える歌という、花紀京のタイのそいふい、という。

 これが『みとらぜ』という、冠語のタイのこと
である。みとらぜみやこという、みとらぜ京の
花紀ゆっきという、みっとすうれという。
この『みっとす』が三本である。鯛の身という。
 これを示す、指の出し、指の出しでという。

中浦論根(ちゅううらろんこん、なかうらとも)
という、鯛の浦である。さかなの人生という言葉の
類の使いという。自分は魚であるという日ぃに、底
をそこという、そこを底という。鯛の中浦の言いと
いう。

 これが論ねという、タイの国の言葉の造りという。
タイ語が論ねでできている、ちゅせんらんの言葉の
延伸という。こえんねという、鯛の頬の肉の裏側の
骨の言葉という。

 この骨が、七つの道具をいう、頬に七つの道具の
形をした骨がある。この骨のことを、こえんという、
こえんねという、冠語である。通常語で、骨という。
『ね』という骨のことである。鯛の頬に七つ道
具がある話という、鋤、鍬等の形をした七つの骨と
いう。

 これで、鯛をめで供う風習という、この風習の
出の花紀京という、たいの都という。花紀国の都
を、ロンハムという。ロロの都という、バンコク
の名の元である。タイバンコクという、大判の国
ともいう。

 判子をめでる鯛の判という、魚拓という。鯛判
という。これが、花紀のことの意という。鯛の判
のことを、ドンベクという。これが、デンバという
、でんばくの晴れセルむ、という。ばれるれの
やっそ、という。めめてすの言葉とぞ。

 タイバンコクというバンコクに通用する、タイ
の名の由来という。タイランドのタイという。
ランドレールの言葉という。この意味の歌という。

 『わがれらすきみ』という、『わ』が輪である、
『がれら』という、がれゆれの崖のことという。
巣、君、という鯛のことである。『わがれゆきみ』
という。これが、チュラロンコンという、タイの
国の興りという。中浦である。鯛の周回をとる意の
タイという。バンコクをいう、世界のタイという。

 世界にあるタイである。和語という、和の世界の
言葉という、タイルレという、たいせまの言いと
いう。タイ国の、和語冠語である。

 穂浦ゆっぱさの古い名前である。鯛浦という、
岩場の鯛のことという、岩場が巣である鯛の
巣という。これらの由来がタイの国の名のことである。
中尾の名という、チュッパーという中尾の言葉とぞ、
鯛の骨の中の尾である。尾のもとの中の骨、体中の
尾の骨のことという、中尾という。これの見の、
たいせらるっくという、チュラロンコンハックス
という。ちゅみそらの言いという。

 これを空に充てたタイの空という。これが、大旺
という。鯛を魚の旺という、空の太陽に見立てた
鯛の棲む岩場の穴という、空を海に見立てた時の
太陽を大旺という。この空という海を、かくという、
かいという、表記に、革、改、とする。大改という、
大海の意味という、大革という。改革という言葉の
元である。これを、論根という、中身を、ちゅうしん
という、なかみのちゅうしんの言いという。中心で
ある。

 世界のたいという、中心を見るたいという。地球
の中心という、意味とも。タイの国のことという。

 これが、ワルドという、ワルド・レッケスという、
和国という、和の国の見方という。

 わだいの山の、わだい国という、論根すっくという。
これを、和台国、話題国という、話の台の国という。
チュラッセラという、とんみすの言葉とぞ。

 タイに漢字があり、英語がある、漢字の英語の国と
いう。英語を漢字で表記する国という。中国の漢字の
使いという、タイでできた漢字もある。

 みよという感じとぞそ。見世、これを一字に書く
タイの漢字という、読みが、トーフーという、中国
を思わす、読みという。

 タイをトーフーという、中国の武漢の古い頃という。
中国武漢の漢字でもある。ぶかんしーという、漢字で
ある。ぶかんしーの漢字がタイの漢字である話ともい
う。これらの意味の歌である。三本指の示し、上げと
いう。

 現、タイの国の人の喜びの表しという。意味が
上文である。みとらぜという、冠語の言葉である。
タイをみとらす山という、和語冠語という、和冠
語とも。

 『れる・よんてす・べばすう、よりよってす、
めゆらるお歌』という、タイの国の歌という、
中国をめでるタイの国とも、中国が字で掛かる
ことという。

 タイを、りゅうらまという、竜の化身元と
いう、鯛のことという。空にある竜を、たいかわ
れむ、という。鯛変わりという。竜化という。
鯛化身の話という。

 タイの国が変わるかも、という。世界覧の話と
いう。三本指をめでることの歌である。タイの
人をめでる歌である。

けめせ:急落という、急いで行く、急いでする意。
さんめくきみ:産卵、燦爛の君。大君とも、鯛のこと。
さんぱんらっく:三つの指のこと、この判とも。
 三枚におろすという、三つ指の判である、三つ
指ついてお辞儀することという。丁寧なあいさつ
をいう。『さん』の言葉が出る鯛、タイである。
三世界という、世界の意という、両手の三本指の
場合もある、『世界にいる喜び』という。
バントレーニーという、古いタイの言葉である。
みとらぜ京:タイバンコクのこと、花紀京とも。
『さまれ』が都の意味を持つ。

 チュラロンコンの大学の話である。得意が魚の
周回である、海遊、回遊という、これに根差す
学問という、タイの医学ともいう。エジプトの
取り入れ、取り付けである。エジプト医学が
掛かるタイ医学という。脳の頭頂部の解析に
優れることとぞ。タイ語が能の頭頂部ででき
ていることという。チュという頭頂部の能である。

 チュラという、沖縄の言葉の掛かりともいう。
チュラさんという、『さん』の掛かりとも。
沖縄医学がタイを取り入れる面という、一面である。
海がかりの話である。

 私見の書きです。私見世界、私見タイ国、
私見三世界、お書きよき、かくせらの世界とぞそ。
革せらるうお書きとぞそ。 

 そうきょうよい時です。正(やなぎ)O18.

//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■

『天照大神、そうきょう、よいよい』
そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/13 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽