2020年10月15日

卒業7580 俺580 時を拝む(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7580京都船旅6480
古譜5480大原練習5380天の下5780  俺570 時を拝む(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/15
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/15
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/15
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
今は平成過ぎて令和の日 時変わり
世は安全と幸福 平成拝んで 令和
拝む 昔の私が帰り来た 思えば世は
まさにやなぎ 紙に書いた時代 
胸に入れ


 狐の天気予報。〇r1999/07/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【平成天皇正(やなぎ)】
 過去がよくなるように柳をつけます。健康安全第一。
令和天皇正(やなぎ)、柳を付けて、正義を尊び、健康
安全、長生きを願うものです。
 
 正義という、やなぎよし、柳の儀、大切なものです。
 
 ある日、突然、分けのわからない言葉が、私の口から
出てきた、過去というても、ちょっと依然、よく考えて
みれば、冠語といわれる言葉です。アイスランド語を
しゃべっていたという、私の過去、グリ語を喋っていた
という、私の過去。
 
 この過去をもっとよくしようという、よくなると
信じて、平成令和と神に書き、胸に入れる。令和は
過去ではなく、今です。商愛和天皇の写真をポケット
にいれて、時々取り出して、拝んでいた私です。

 平成天皇と令和天皇と、紙に書いてポケットに入れ
ます。これで、今もよくなるでしょう。正(やなぎ)と
つけておきます。

 平成という名前の人、令和という名前の人、団体も
健康と安全がやって来る、そういう単純な私の思考と
いう。

 天皇という、私の頭、あの人の頭、等しく大切な
ものであります。私の憲法解釈という、昔の教えで
あります。日本国民おしなべての象徴であるという、
頭のことという。憲法は医学上のことも書かれて
いるという、こんな教えという、古い話であります。

 首相も新しく、大臣も新しく、現今の日本。健康
安全を第一に、これを実行する。一私人の考え。
首相正(やなぎ)、大臣正(やなぎ)。菅首相正(やなぎ)。
古い日本の役職やなぎ、何事も、健康安全第一。

 子供の名前に天神とつけ、『秋ちゃん天神』と
呼べば、子供に安全がやって来る。

 柳を駆使する、多様する私です。一言で安全がやって
来る、こういうことであります。

 中脳という、おれまがりの、やなぎ髄核という、脳の
部分、これを使っていきたいものであります。
令和天皇柳、健康安全を願うものであります。
一字一柳、一字一桜、一区画に一柳、一桜、もっと他
にも安全を表すものはあります。
令和天皇は象徴です。象徴は、健康安全第一。

孔子嚆という嚆矢という、嚆矢という安全を尊ぶ、
かぶら矢とぞそ。大根のような矢。大根のことです。
大根の御紋、大切なものであります。
7580、なごう晴れ、なごう張れ、にぎぶ世、和む世、
和が世の日本、和の国、日本のことであります。
天照、そうきょうよい、天下の御正道。

民謡の最初に、『天照大神、そうきょうよいよい』と
言い、歌を始める、古い日本。

そうきょうは、よい時です。正(やなぎ)。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。

革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/10 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7570 俺570 掛け軸(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7570京都船旅6470
古譜5470大原練習5370天の下5770  俺570 掛け軸(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/15
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/15
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/15
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷

 狐の天気予報。〇r1999/07/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【孝明天皇】
 掛け軸という。孝明天皇の掛け軸である。いつも
見ていた話という。孝明天皇を祭っていたことという。
後、掛け軸という、これを、毎日見ていた という。
 古い話という。亀山天皇もそうである、祭り、
掛け軸という。毎日拝んでいたことという。拝む
という、手を合わすことという。もっと古い、
神武綏靖という、掛け軸という。
 懿徳天皇(いとくてんのう)という、古い天皇である、
見ていた話という、拝んでいたのである。
 今は、なにもない。そんな頃という。全部あった
頃である。掛け軸である。絵に描かれた古い天皇という、
その絵にちょっと会釈をする、そんな頃という。
 古い古い話である。頭のよい人という。自分を
そういうのである。ただ、それだけである。
 天照大神という、札である。お釈迦さんという、
稲荷大明神という、天神さんという。皆、一通り
拝んでいた頃という。孔子も拝んでいたことという。
 古い話という、レーニン像があった頃である。
高山彦九郎大御爺さんという、象を拝んでいたこと
という。
 どこかへ旅に出かけられて、無事を祈る次第である。
古い頃の私という。原子爆弾を祭っていたことという。

 ガイガーカウンターという、放射能を計っていた
頃である。古い頃である。京都に放射能があった頃と
いう、ガイガーカウンターが反応していたのである。
毎日記録を取っていたことという。藁ぶき屋根の頃と
いう、かわらぶき屋根の頃という。京都に藁ぶき
屋根があった頃である。土壁の家の頃でもある。

 この頃に信号機を置いていたのである。渡る時に
足で踏みスイッチを入れて、青になり渡る。自動車
が走っていなかった頃である。

 この頃の電気という、直流、交流、直交流という、
そんな電気である。家の外の電灯用柱の笠という、
藁ぶきである。我が家が大きな家であった頃である。
杉の戸を開けて出入りする頃である。水車があった
話という。

 原子爆弾投下所という石碑があった頃ともいう。
人工火山もあったことという。古い話である。

 だから、放射能を昔、浴びていたのである。
どれくらいの量かは、記録のノートが旅出であるから、
その記録に書いてある量の放射能である。

 この頃は、原子炉という、12万基という、それくらいの
数の原子炉があることという。ずっと昔のことである。
昔から、そうきょうは、よい時である話という。
 
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。 
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/10 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽