2020年10月14日

卒業7560 TAIWAN 台湾 俺540 光格てんぷら(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7560京都船旅6460
古譜5460大原練習5360天の下5760 TAIWAN 台湾 俺560 光格てんぷら(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/13
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/13
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/13
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドインナボックス
【歌詞】創郷 
きれいな竹網の皿に盛られ 山の幸
海幸 てんぷら はなゆらず 仕事
終え 番の楽しいご飯時 円卓の
周りには 御叔父御叔母 お座られてる
陽は赤く 家を指す 光格の夜


 狐の天気予報。〇r1999/07/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 我が香淳をいう、そうきょう、よりみく、
という。これを、小林一茶と表す。古い穂浦の磯の
名という。大御爺さんおられおらることという。
 これを、香淳日という。
 磯の波が上がりくる日とぞそ。磯の香淳という。
『そうきょう』という、意味のつきかわり、という、
月が替わる、磯の暦のことという。これを、香淳暦
という。
 この暦が、天をいう、天の変わりを、こよ浜による
巴の言いという。これを、はみすよ、という。ここの
磯の言いという。古い穂浦の頃の言いとぞそ。
【光淳】
 これで、名前を光淳という、この『香』を、光と書く。
この『光』を、後に出すという、使うことをいう。
これが、『光』を今もおく、この地という。光徳という
地名という。後に、光格という、光格の地という、後、
光徳という、先に、高得という。これが、光格天皇の
意図という。光格という、天の変わりのことという。

 光格天という、光をめつれる、という、この言いの
光のこよ、という。光が来るをいう。光山のお書きと
いう。光尊という話という。
【天照世】
 穂浦山の光尊樽という、これを、楢由良という。
由良の光尊という。この光が、天照という、天照の
名の元という、古い穂浦を天照世という、あまてらすよ。

 これが、光のことである。後、地による、あとやり、
という。これが、小林一茶という、ことゆとの地の名
とぞそ。

 天照を、かかふみ、という。これを、あまゆみ、
という。あまが天のことである。これを、天照はんてま、
という。天照のかいはり、という。この『はり』が、
地の意味である。日本各地に残る、針という地名の意と
いう。光照関博という、こうしょうかんはく、あまて
らすせきみ、という。この意味のはませま、という。

 これを、ろいふり、という。後、ろいふりのことみ、
という。こいすての山すみ、という。こよくくにとりを
いう、これの言いの意意味を表す、天照という。

 天照が、光のあま、という、光天という。これが、
変わる天をいう、天気が変わることをいう。光天という、
この天が、あまゆみの言いの天という。天を空にとる意
という。これが光格をいう、光格天のことという。空の
ことを光格という。この空のいちゆち、という、一点の
表しを、いちせら、という、いちゆちという。
【光格】
 空の一点である。主に太陽の周りを表す。光格地と
いう、空の一点である、光格天という、光格点という。
これを光格天皇という、後、太陽を表すひぃの言葉と
ぞそ。天皇が太陽の話をいう。これを、こうはん、と
いう。光半。これが、太陽印という、太陽の半分という。
はい山の言いという、太陽を点という。この点の言いの
点皇、点能という、どちらも使うことという。

 これが、古い穂浦の天尊の言いである。天を尊ぶ村と
いう。穂浦の天の村という、点の村である。天を見る地
を点という。穂浦点という、穂浦天を見る地である。
【てんぷら】
 この時、既に、気象衛星があった穂浦の浜という。
穂浦の気象という、暦を使う穂浦の村とぞそ。光格天皇
の話である。気象の話である。これが、気象のことを、
はもやみ、という。天当のお書きという。
天皇を天当という、言いの、言葉という、はもやみ、と
いう。はも天と、今も食べ物に残るてんかぷら天当と
いう。てんぷらを、天皇という、一種の言いの、食べ物と
いう。この食べ物を、いいかま、という。いいてるの言い
とぞそ。

 てんぷらという、天皇のことという、これで、天皇の
言いという。天皇が自分を、てんぷら、という。天皇で
なくとも、自分を、てんぷら、という。言いに、『自分
は行く』という、これを、『てんぷら、こうぜ』という。
こうぜを、行是、と表す。これが今の、行くのこととい
う。『行く』を『こう』という、穂浦こうあまの言い、
という。

 『ゆっきはっか、こうぜる』という、墓へ行って、
こうを見舞う、という、かみすみのてんすら、という。
この、てんすら、が、一卓という、光を食べるという、
言い表しの言葉という。光食れんかま、という。この
『かま』の意とぞそ、箸のことであるという。

 箸の光食という。箸が、割られをいう。箸割の
おいたり、箸が口へ至ることという。

 これが、まよるり、という、まよ浜のおいせる、と
いう。まっきるっき、という、この言いの食事のこと
である。『てんぷら、まっきるっき』という、『ご飯
を食べる』という意である。後、てんぷらが食べ物の
ことになる。今のてんぷらという食べ物である。

 これが、こよ食べという、たみせまのお言いという。
天皇を、食べるから、意味を使う、てんそられる、という
言葉の言いという。めんてられいせい、という。
【伊予国】
 これが、天皇の光格の意味である、一意味という。
光格天皇という、まっきるっき、という。後、めい
の浜の、お書き言いという。この時、穂浦が、浜を、
いよ、という。これが、いよの国の卑弥呼の国という。

 伊予国という、卑弥呼の頃の書き物に出て来る国と
いう。光格天皇の言葉とぞそ。『いよ』という言葉で
ある。いよ天という、てんぷらの光格という、光格の
意味のてんぷらという。『光格、下さい』という、
てんぷらを買う人という、てんぷらを食べる人の言い
という。

 光格天皇という、たくさんいる人という、これが、
穂浦の浜の言いである。てんぷら食いを光格天皇と
いう。穂浦江戸朝の言葉という。

 暦が、光格暦という、今の暦の、四月から始まる
暦という。天村暦ともいう。ユリウス暦である。
光格山のお書きという。

 この日に、穂浦の地を、魚という、魚地という、
魚が、天に飛んでいた頃とぞそ。空飛ぶ魚である。
主に、今のトビウオである、あと、エイ、タコという、
他の魚も飛んでいたことという。

 勝子という、かつこ。天皇のことを、かつこ、という。
大正の頃のことという。てんぷら料理の人という、

 てんぷらを、かつ、かっとる、かっとれ、という、
後、かつれつ、という。『かっとれ、まっかく』という、
『てんぷらを食べます』という、『まっきるっき』の
『まっかく』である。これが、光村の言いである。
天村の光落という、この『落』が、『行く』意味である。
この『行く』を、淳という、淳く(いく)。
【自分の顔を尊ぶ】
 光淳という、この光が、かおを尊ぶ、顔が光るという、
顔をめでる言いの光という、この顔の意味の、光淳とい
う、顔が香る言いという。香顔の言いという。この言いの
光潤という、これが、香淳の意味である。

 これで、自分のことを光淳という、香淳という。光潤と
いう。代表が香淳である。

 『香淳、まっかく』という、『自分は、てんぷらです』
という、『てんぷらを食べる』という意である。

 自分の右側の食べ物を、正面の右という、これを、
まっか、という。左側を、ひそすま、ひすす、という。
膳の右左という、これを、両膳という。光格両膳という。

 光格が香淳の名である。光格がてんぷらである。
てんぷらのことを、光格という、格が皮である。
光皮という、てんぷらのことである。この言いを 、
浩然の言いという、公然ともいう。公然の話の言い
という。光落ちの山という。てんぷらの盛りである。
孟浩然という、竹に掛けた盛りという。竹網の器を
使う、てんぷら盛りという、今のことである。
光格天皇食という、てんぷらの料理である。

 てんぷらのあげに、光格という、光村のあげという。
皇孫受という、皇盛りという、てんぷらの盛りという。
公孫樹という、表しともいう。てんぷらやの表しである。
光格食のお書きという。

 皇極の言いという、てんぷらのことを、すめら、
という。すめら食べという。皇。皇食という、これが、
皇極である、てんぷらのことである。赤い玉という。
しょうがの添えという、しょうがのてんぷらともいう。
紅玉。

 てんぷらのことを、エンペラという、長崎宮の言葉
という。

2020/10/13 そうきょうは、よい時です。
正(やなぎ)せまひま、これとよ。

正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
**************
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "TAIWAN report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/08 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽