2020年10月12日

卒業7540 TAIWAN 台湾 俺540 孔子廟堂(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7540京都船旅6440
古譜5440大原練習5340天の下5740 TAIWAN 台湾 俺540 孔子廟堂(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/12
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/12
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/12
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1999/07/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 どこにあるのやら。
2020/10/12 そうきょうは、よい時です。

【花押印】
 孔子廟堂という、台湾が有名である。
 立派な孔子廟堂が、台湾にある。若い人はいう、『
孔子廟へ行く』という、『今日は、長岡京の孔子廟へ
行く』という。この長岡京、京都の長岡である。

 明日という言葉の日の京という。孔子京という、長
岡の別名である。ここの日に、明日は、長岡新浜という、
新浜更(にいはまさら)の孔子廟へ行くという。後、
新潟の孔子の町という、長岡の同名の町という。ここの
孔子廟へ行くという。
【孔子廟堂】
 この孔子廟、日本の孔子廟という、日本にある孔子廟
である。京都の町にもある話という。どれくらいの数
があるか。

 孔子廟一千三千という、一千か所という、これを、
三千箇所という。たくさんある譬えという。孔子廟を
『とい浜』という、『とわせる』という、『とし弓』
という、『時坂』という、これが、孔子廟の言いである。
ときざか(時栄)ともいう。

 
【何もの】
 

 この花押の使いという、京都島原の太夫(たゆう)の
花押という、太夫の髷という、これが、組になっている
場合という。あの髷は、この花押を使うという、花押の
意味という。

 太夫という遊郭の印である、遊郭で使う印という。
これで、太夫という、国司太夫という、地方の官の
造りという、太夫の髷で、太夫の花押で、作られた
地方官という。
【はんなり】
 『国司太夫のはんなり』という、『はんなりした味
どすな』という、京都の『はんなり』の言葉という、
京都島原の『はんなり』の言葉である。この『はん
なり』が、判であるひという。はんなりの一意味
である。

 太夫印という、これを、花押のいん浜という。
文書の紙が、浜である、印の浜という。大和朝廷の
言いである。『花押そんせば』という。この『ば』が、
庭という表しをする。かみば(紙庭、紙場)という、
そんとうの、あきこずという。これが、あきすと、で
ある。あきすとぜね、という、あきすとぜねこの裏綯
(うらなう)判という、あきすとぜねという、あきすと
ぜねこの占いという。裏判を押す、役所という。

 役所の名を立てる、役所の裏判という。大和朝廷を
立てる役所である。太夫という、役所を太夫という、
たいふ、ともいう。たゆうせんだる、という。大和朝廷の
名乗りである。役所の文書に裏判を押す意味である。

 役所へ行って住民票をあげると、裏に判が押される。
大和ごゆ浜という、山らまのおしるし、という。役所の
ものであることを証明する物である。

【太夫】
 古く、たゆう、という、たゆうあん(な)そめ、という。
太夫の傍には安全があるという。朝廷の太夫という役と
いう、その周りのことという。

 しまつゆはんそめ、という、太夫の傍という。
『何者じゃ』という、乱暴狼藉の俺という。乱暴なように
聞こえる、狼藉という、狼の一声という、太夫の周りの
席を、らんそめ、という。

 京都島原の俺という、何者じゃという、らんとんの言葉と
いう。これで、判子が使われる、花押が尊ばれる、何者じゃ
という俺である。俺が名をいう、話という。
『何者じゃ』
『秋残りものです』という。この秋残りが受けである。
『何者じゃ』といわれれば、『秋残りものである』と
受ける。らんとんの言葉という。判子を使うことを、
らんとんという、『なにものです』と言うて、判子を
押すことという。安全。
名に物である。

 朴という、日本語の朴という言葉の意味である。上の
名に物である、何者という。判子を使い、自分の顔を
大切にすることである。

 役所の裏判という。安全の印という。
 
 孔子廟を、はんなり、という。これが、長岡である。
名が丘、という。孔丘という、孔子のことである。
長岡の孔子という、これを嚆矢という、白羽の矢が立つと
いう。

 首相以下全員、会議中、一斉に休みをとり、15分くらい
寝ていたら良いかもしれない。軽い寝、という。国会議員に
休憩を、内閣にも休憩を。

『白羽の矢でも立ててもらいたいです』という、
政治の黒幕の若い人という。

 嚆矢平等という、白羽の矢を立てる行事という。
孔子廟堂もあることという。安全の廟堂である。
これを、かみの堂という、はんこを突き、花押を押す、
はつどう、という。発動である、国会の発動という、
、国の髪堂という、文書のことという。びんぽうの絵
という。びんぱつという。発堂。初動、書道の落款と
いう、あんとん、という。安全を尊ぶことという。

 デジタルの安全という、川の流れの如く、デジタルに
安全をという。判子という、デジタル保存しておけば、
コンピューター関係から、安全が出ることという。

 デジタル文書に、捨て印、という話である、押印の
ことである。捨て印とは、判子を押すことである。
紙文書に押印するという、これも置いておけば、
安全が増えるという。役所の裏判付、市民町民に、
安全をもたすものである。

そうきょうは、よい時です。

 政治という、健康安全が第一である。日本に、昔あった
孔子廟堂、作ればよいことは起きる話という。子供が
よく通る道には、ちいさな天神祠でも作ることである。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。O12.
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "TAIWAN report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/07 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業 CHINA 中共 俺530 大宮御所(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7530京都船旅6430
古譜5430大原練習5330天の下5730 CHINA 中共 俺530 大宮御所(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/11
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/11
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/11
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
 狐の天気予報。〇r1999/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 どこにあるのやら。
2020/10/11 そうきょうは、よい時です。

【大宮御所】
 京都御所の大宮御所、ここの歌で、大きな機関車で、
いばつという、海という、茨木の海の西の辺り、イオン
トーブという、そこへ行く、大阪駅の曽根崎前と言う、
そこへ大きな機関車が着く、その情景の歌。大阪のいわ
という、岩駅の前の、トーブゆりやらという、トーブト
の駅という、ここから、大阪の槍駅へ行く、わずかな
距離で、天神門別という、天満橋の人形の流しという、
『天満橋から、お人形投げた』という、『人形を流す』
歌という。

よし、流そう』という、人形を流す言葉という。後、
流しの行事になる。御所の人形の流しとぞぞ。
よしながの流しという、『よしながさゆれる、そっとす、』
とぞそ。

そこの歌である。

 古い穂浦の、ながゆさみそめ、という。穂浦流しの歌
ともぞそ。御所の歌の後先の流しという。歌流しという。
歌を流す御所という。

 歌は、流し節の一部とぞ。
 
 大宮御所の歌です。手を添えて歌います。
大宮と言う言葉がでてきます。
201011_002.mp3  1分
201011_001.mp3  4分 
 https://www.uta-net.com/movie/170319/

正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/30 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽