2020年10月11日

卒業7520 CHINA 中共 俺520 花押印(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7520京都船旅6420
古譜5420大原練習5320天の下5720 CHINA 中共 俺520 花押印(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/10
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/10
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/10
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
学校で花押しを作り書いてみた
文が生きてるように楽しくもある
いつも 花押し打つ日記
母は家計簿に 父はうむとにらみ
うなづいてる 日本文化の踏襲

 狐の天気予報。〇r1999/07/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 どこにあるのやら。
2020/10/10 そうきょうは、よい時です。
【花押印】
 花押印、これを割に使うことを、もも、という。
使われた花押印を、ももきゃら、という。髪の桃割れ
という。前花後花割り受け、という。前きゃらの、
もも入れという。

 これが、尤郭の印である。後、御所の割りやり、
という。印鑑半分を使う割り印という、この下に
捨て印をする。陰影を捨てるという。これが、
鏡のいわゆれ、という。鏡に顔が映る、文書の
出来という。判子に、この意味がある。顔を守る
判子という。安全の話である。

 割り印捨てという、御所の安全獲得という。わっぱ
というのが、これである。わっぱ花という。健康
つかみの押印という。これから出た話という。

 昔、ベンケーシーというアメリカの医者という、
 これが、アメリカの花押という、これから出た話
 という。判子を使うアメリカの医者という。ロー
 マ字判を使う日本の医者という。健康がかかり、
 医学の真をいう。この意味がかかることという。
【官庁で押印する】 
 官庁へ行く、判子を押さされる、これが、健康
 安全に繋がる、官庁には安全があるという、
 その一環である。押印のことである。
 
 少々手間がかかっても、健康安全を第一にする
 ことという。官庁のみえないところの安全獲得と
 いう。押印の意味という。

 御所の判子という、これが宮内庁の安全をとらす方策
である。『判子を押してください』という、署名の下に
〇印 の箇所がある。押印の箇所である。御所へ来た人に
安全をとらすのである。これが宮内庁の一つの使命
でもある。

 他の官庁 、また、民間の団体の使命でもある。
 
 わが社へ来た人には、皆、安全になってもらうという、
受付の署名押印という、社会人になれば、判子を
持ちましょう。領収書に、また、他文書に、皆、
仕事をする時に判子を持つ習慣という。隠れた所の
健康安全という。判子の使命である。

 花押印という、花押の判子である。桃割れの髪型と
いう、日本髪である。髪型の表しという。

 この『もも』を、百と書く、百合文書という、この元
である。

 外国人が判子を使っていた頃とぞそ。復活すればよい
話である。花押をする外国人という、判子を使うアフリカ
人、花押印を、アラビア人とぞそ。
安全を得る一方法である。

 子供にも、花押を造らせ、使わせれば、安全がよって
くるものという。図画工作で、やればよい、作文にそれを
使わせれば、安全確保になる。花押印とも。
天神案という、子供の安全確保を優先する、天神やっぱく、
という。どんなことからでも、安全をとらせる方策という。
この場合は、押印である。

**4月のいい。
 へぎょん(平壌)の糸座。けつぐうのこっぽ、これを、
こっぺりという。こっぺりげえまあ、という。こりこり
の言いという。****

 安全を増やす為、大臣の押印もよいことである。
デジタル化は、安全の中という、安全が先立つ
ことという。
  
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽