2020年10月10日

卒業7510 CHINA 中共 俺510 花押(壮強太陽):イカスミ柳

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 どこにあるのやら。
2020/10/10 そうきょうは、よい時です。
花押を使い、判をうつ。かうせろんかむ、という。
かっくすの言いとぞそ。この、かっくすが、外国の
かっくすでもある。外国人のはんこ、外国人の花押
である。
【花押、花、御花】
 花押し、はな、おはな、かおう、という、
花押である、文書に使うものである。外国
人の花押もある。

 花押を使う文書を、こうき、という。
すめらぎのお花という、 この御所を、
お花御所という。単に、御花とも。
 
 女官の花をこうみき、という。男子の花を、といはま、
という。こうみき、といはまのお書きとぞそ。
御所から出た花押である。

 『そこの大臣』という、『そこの天送』という、天送の
言いという。

 大臣も、中臣も、小臣も、ひっくるめて、『おい
はま』という。これが、御所の言いである。

 文書に使う、おみはま、という、おみの文書という。
これに、花を使う、花押のかおう、とぞそ。

 文書を使う、これを出す御所という。花押の使いと
いう。『そこの右翼』『そこの左翼』という、文書の
ことでもある。

 現今、右翼左翼という、人の集まりをいう場合である。
そこの右翼も花押を使う、左翼も花押を使う、社長、
社員、市長・・・・村人、町民、・・、大臣という、
議員も使う話という。どんどん花押を使い、自分の
文をめでることである。

 個人では、例として、御先祖のことを書きとめる
場合やら、そういう時に花押を使えばよいのである。
自分の祖先を崇めることにもなる。

 自分の祖先に、こういう、お言葉があった、こんな
記録に花押を使う、こうき文書という。

 隷書判、三文判など、名前に添えて使う、文をめでる
ことである。文を大切に扱うことという。

 これを、香淳郭という、もと、尤郭の文書である。
遊郭に、この花押という、髷の形の花という。太夫の
髷がこれでもある。髷の花という。

 これが、日本文化の一つである。
 
 花押しを使い、文をしめる、という。文を飾る〆と
いう。今ならデジタル保存もできるとしいう。

 どんどん文書に花押、判子を使うことという。
花押を出す御所のお書きという、花押を使え、
隷書判を使えという。日本文化の一つである。
各家庭で使えばよいことという。また、公の私の文書
にも使えばよいことという。
 よいよい花山という、隷書印、篆書印、花押という、
 よいよい山のお書き淳き、という、これを、
香淳れんぞわ、という。香淳こう浜、という。れぶつ
のお言いという。

 花押を使う御所という、古く、穂浦のごゆ浜という、
そこの文書である。
 【右翼の花、左翼の場】
 どんどんか使えばよい話である。右翼も使う話という。
文の右側を、右翼という。
【花右花左、前花後花】
 これが、花右(はなみぎ、はなう)という。なうれる山の
お書きという。なさのお書きともいう。なさって・
れっすく、、という、右左のことという。
文書の左を、左翼という、さいすれ、さいすみ、という。
これを、さな、という、なさ、ともいう。
なさ文書という、右翼をつけて、なさみ浜という。
右翼の文書である。なされの文書という。

 右翼団体も花押を使えばよいことという。
団体の長、会員とも、花押をどんどん使う、右翼の文と
いう。この右翼が、はなう文浜、という。はなうの文兵
という。文の書き手を文兵という、右翼の言いという。
左翼もこれにならう、なさみの文つゆ、という。
文露の左翼という。

 前花、後花の左翼という、右翼という。花を押すこと
という。
 ちょっと判子を押す、ここに健康が出ることという。
花出山という。花で山をいう、どんどん自分の名前に、
たたえることをいう、名前を大事にすることという。
判子である、一つの効果である。名前を愛でる話という。
花押の効果ともいう。
  
 囚人も、花押を使えばよいことという。獄のなかでは
規定があるかも。正(やなぎ)判入り文書とも。 

正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)
腹を横に書く。

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7510京都船旅6410
古譜5410大原練習5310天の下5710 CHINA 中共 俺510 花押(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/10
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/10
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/10
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1999/07/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/07/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る
posted by 秋残り at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7490 CHINA 中共 俺490 御巣鷹(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7490京都船旅6390
古譜5390大原練習5290天の下5690 CHINA 中共 俺490 御巣鷹(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺 2020/10/09
    造詞、勇野 晴丈・正     俺 2020/10/09
    監修、雪柳里花雄・正     俺 2020/10/09
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ハーモニー・アシスタント Myriad社
【歌詞】創郷 
御巣鷹山は 正田の道の之き針 粉を
作る時 前には庭球の庭 見ては 
いつもの建屋 中には庭球の机がある
御巣鷹を越えて行く麓の正野

 狐の天気予報。〇r1999/07/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【香淳各種】
 どこにあるのやら。
2020/10/09 そうきょうは、よい時です。

【御巣鷹、巣鷹】
 御巣鷹を越えてあるいて行くと、そこは、正田の野原、
そこへ至る道、正田道という、正田の粉造りの作業場と
いう、若い人がいつも通っていた、正田野である。
その正田野の向かい、テニスコートという、軽井沢の丘
という、テニスコートになった丘である。
【みちこ(道共)】 
 この頃である、デジタルカメラと、フィルムを使う
カメラとが、一体になったカメラという。これを使っ
ていた若い人とぞそ。大御爺さんおられる頃である、
今である。桃の宮があった頃とか、いつの御代のこと
でありましたやら、お伺うみちこ(道共)という、どう
きょうの頃 ともいう。後、道鏡であるという。

 テニスラケットの形とぞぞ。人の心の、ヤナギ心と
いう、そういう、テニスの心とちいう。手鏡形のラ
ケットという。卓球のラケットの形でもある。

 学校創設の頃のことか、時代区分として、その辺で
ある。『きみがよは』という歌を歌っていた頃である。
正田道行き子の唄である。林山の御方の作曲とぞそ。
正田道行き子という、正田道へ歩く人をいう、大きな
マンモスも、子である、表現という。始祖鳥も飛んで
いた頃である。トリケラトプスももちろんいたのであ
る、軽井沢である。
【御巣鷹、巣鷹の山】
 若い人の御巣鷹の山越えたという、山を越えた頃と
いう。御巣鷹の山、後とぞそ、飛行機の発着の丘と
いう。飛行機置き場でもある。その下が、炭鉱である。
石炭造りの、ウラン造りという。御巣鷹の山という。
トリケラトプスのいる頃である。
【石炭造り】
 石炭は自然にできるという、石炭を作っていた若い
人である。御巣鷹炭という。白い色の石炭という、黒
い色という、赤い色という。いろんな色の石炭という。
御巣鷹炭である。
【御巣鷹花間山】
 御巣鷹花間山という、若い人の住む、家のある所で
ある。その家の向かいに、御巣鷹、巣鷹という二基の
石碑がある、それを拝み、会釈をして通る若い人とい
う。この頃の御巣鷹周辺の、石碑のある近在の人達の
礼儀である。石碑に会釈をする人達である。
古く、穂浦の海をいう、穂浦の海の頃の礼儀である。
後、墓という、墓前を通る時、会釈をする礼儀という。
心穏やかな、心清い人達である。穂浦の花の花遣りと
いう、穂浦花とぞそ。御所は、ここで始まるのである。
【柳の木を作る】
 後、御所の浦という、御所の山、花弓という。
やなぎ田まさ子という。御所にやなぎが、この頃から
ついている、御所正(やなぎ)の穂浦之(ほうらゆき)と
いう。穂浦で作られた柳である。柳の木を作った穂浦
の民とぞそ。

 これが、御鷹の石碑の裏に書かれていることという。
巣鷹という、穂浦の巣という。巣鷹高床という。高床式
という、建物のある頃という。今の、若い人の住まう
巣鷹という。始祖鳥を高という人でもある、若い人と
いう。巣鷹の石碑にとまる鳥とぞそ。

 飛行機のある御巣鷹山という、その麓である。
正田道行き子という、大人も子供も、道行き子という。
御巣鷹の言いである。やなぎよっきす、という、
御巣鷹の麓の言いとぞそ。みちこ(道共ょという、道へ
歩む人である意味という、穂浦御巣鷹の言葉の言い
とぞそ。
【香かける淳き】
『御巣鷹や、花矢間に、香りかける淳きに、かおやり
 かぜる、かい河原、おぜすらる、ゆわるはらる、
 こられ、おいする、かゆふ。
 ・・・山々に貝がいる・・・』
【御巣鷹飛行場】 
 歌に歌われた御巣鷹とぞそ。若い人の唄とぞそ。
歌語の歌である。昔から、飛行機を使う穂浦の民の
人という。穂浦で作った飛行機、たくさんある今で
ある。御巣鷹の飛行場という、歌の一部という、
上の歌である。

 巣鷹の頂上にある歌碑である。貝がいる巣鷹山
である。この貝の大きな貝である。一メートル
ほどある、口を開けて立つ貝である、山形に立
つ貝である、二枚貝である。
 
 立てば七、八十センチである。その貝がいつも
立って迎えてくれた、御巣鷹の飛行場の頂上という。
その貝の歌でもある。

 その貝の傍へ行けば、貝が一緒に歩く穂浦の頃
からの貝である。山形になって、ぐるりぐるりと
ひっくり返って歩いて行く。山に住む貝である。
私の貝教という、貝教の麓である。
貝のそうきょうという、よいの教えである。
【蜷川村】
 この貝がいる穂浦の山である、御巣鷹の山である。
古い日の穂浦の山の住人という。貝山という穂浦の
連山である。この貝を連れていつも共にいた若い人
である。また来るという貝である。若い人の住まい
へ来る貝である。蜷百合浜のお書きという。蜷川村の
貝でもある。同じ階がいる蜷川弓浜という、蜷川村の
貝という、大きな巻き貝もいる村とぞそ。

 これが穂浦の貝である。大御爺さんおられる、蜷
川の村のお住まいとぞそ。川とおられる御爺さんと
いう、川蜷の丘のお住まいという、とらえ模様の貝
という、虎貝という名の貝もいる、蜷川の村という。
穂浦灘ともいう。この頃の京都の話である。飛行機が
空を飛んでいた頃という。ジェット機という飛行機とも。
ミグ、スホイというジェット機である。
 
正(やなぎ)・判子
正(やなぎ)・印鑑
正(やなぎ)・署名押印
正義の判子
行政改革・正(やなぎ)

//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■ 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記(さえやなぎ、き)。
正(やなぎ)。S29. 
腹を横に書く。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/30 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽