2020年09月24日

卒業7280 CHINA 俺280 御祖御革命  (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7280京都船旅6180
古譜5180大原練習5080天の下5480 CHINA 俺280 御祖御革命  (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
     20200924
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
先祖の墓 参り見る 我が過去 骨踏み
おぼんだ墓 静かな地 先祖の地 
暗い過去思う時 革命に走る 
手を挙げては 声を大きく 明るい
未来への歌声添え 御先祖の 
御意を継ぐ

 狐の天気予報。〇r1999/06/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【常、日頃】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。20200924
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
【中共】
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記。
正(やなぎ)。S24.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/06/19柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/19 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@466
Notice: Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

sotu7269-3 CHINA 俺269 変化過去 :イカスミ柳  続き

【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記

 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。20200922
【革 命】俺考察 

今柳記(いまやなぎき)

〇 『天の命、維れ、革まる(あらたまる)。』
   厳かな文である。

 『天命、天の命』とは、各人の命、寿命である。
 『この寿命を保つこと、延ばすこと』、これを革命という。
 自分の命を大切にする、厳かなことである。健康安全が
 一番大切なことである。
 
 『天は、民を通じて、その意を、現す』という。
政治家のようなことをいう。民の声が、天の声である。

天とは何か、いろいろある、一意に、空である。
一意に、己が身の頭である。一意に家である。

 天然自然の空には命がある、上文によれば、
 天気の変わり目である。
 
 生態も国体も、命あってことである。
 『あの民衆の生態は?』『革命といっています。』
 『国体は?』『国民の健康増進を叫んでいます。
  スポーツの基本は、健康安全である。』
  生きる人達という。生態である。生体とも。
  
 ある一説による、バスチーユの襲撃という、革命の
一模範、フランス革命である。かくして、革命を目指す
民衆は、『政治犯を釈放しろという。』
 あいかわらずである、変わっていない革命家の考え
という。革命と刑務所の関係という。

 囚人を含め刑務所の関係者に、健康安全をいう、
革命であるという、命革という、健康安全のことである。
囚人には、更生がつく。
 この手段に触媒を使う。触媒は、『正(やなぎ)です』
である、所内及び近辺に柳、桜の木を植える。毎日、
柳、桜の木を見せる。
これで、健康安全が身に付く。言葉に、囚人の名前に
やなぎを、つけて声をださす。『****名、やなぎ、です』
と名乗らす。更生が、その場で出来る。
 『やなぎ』という言葉を使えば、自然と行動が改まる。
出所後も、心がければ、再犯はなくなる。社会に迎え
られる人になる。簡単な一方法である。
 他に、『桃太郎さん』の曲でも流しておけばよい
効果が出る。暴力がなくなり、健康安全になる。周りの
健康安全ともいう。

 現行刑法には、死刑項目がある、健康安全の項目で
ある、必須項目である。日本の良識という。


子供でも大人でも、自分でも、周りでも、素行がよく
ないと思えば、『やなぎ』と言えば、自然によくなる。
『さくら』でもよいことである。
『そこの、百合子さくら、どうおもっとんじゃい、』
『はい』とうければ、自分が健康安全になる。
『綾子さんさくら』という、古い日本の駄作者地域で
ある、たくさんある古日本の地域という。

※ 『身體髮膚、受之父母。不敢毀傷、孝之始也。』
  『身体髪膚(しんたいはっぷ)、之を父母に受く。あえて
   毀傷(きしょう)せざるは、孝の始(はじめ)なり。

  健康安全、体を守ること、体を傷つけないこと、
  これが、孝行の始めである。

※ 『親思う 心にまさる親心 けふのおとずれ 
   何ときくらん

   吉田松陰先生辞世の句。松陰死刑の日、親に充てた
   手紙の中の一句。自分の親を思う気持ち、それに
   勝る(すぐる、とも)親心、『今日の訪れ』とは、
   死刑のことです。
   死刑を重んじる日本の国という。
   
   両句、暗記したいものです。

※ 健康の花の家、そうきょう、よきをいう。
  角山という山のおこさきの意という。吉田学校の
  教えである。
※ 『そうきょうは、よいという、とめ浜の言葉である。
   留め袖の造りでもある。

以下付、再掲: 
  学童に、『私は、太田正(やなぎ)です』と、
名前に正(やなぎ)をつけさす。健康安全の手っ取り早い
方法である。
『てんじん、天神』、これを、口に出さすことである。
学童の健康安全である。『天神様』という、これで人は
子供の安全を考える。小さな子供は、安全確保を知らない、
これで、まっさきに『通りゃんせ』を教えるのである。
歌わすのである、子供が安全を確保するのである。
子供に、常、日頃から、『てんじん』と言わすのである。
『通りゃんせ』の歌を流しておけばよい話である。

 交差点で、信号変わり目の時、『通りゃんせ』の曲を
流す交差点がある、警察の慧眼である。

 子供に手を振りあげる者は、『てんじん』と紙にでも
書いて、目につく所に貼っておけばよい。悪行が改まる
ものという。

 子供をきびしく叱責している者がいる時は、
『てんじん』と大きな声でいうのである、即座に叱責を
やめるのである。当事者に顔を向けずに、横を向いて
いう。大きな声でいう。
 
 『てんじん』と大人に聞かすのである。これで、子供を
大切にする。

 木の根元に、小さな祠を立て、上に『天神社』と書き、
板をはる、紙なりを張る。昔の日本の知恵である。

 小さな天神社があった、たくさんあった日本という。
復活させばよい話である。寺にも、天神社のある寺が
多数ある。空き地があれば、作ればよいことという。 

To prisoners, you would say, " willow tree. "
Your thinking would be better.
You would get health and safety.
You would think over health and safety of
you and your surroundings.
You would say, " willow tree ",
people around you enjoy you and welcome you.
Only saying, "WILLOW TREE".

Willow. 正(やなぎ)。S22. 
Willow. 正(やなぎ)。S22. 
冴日正(さえみやなぎ)。冴柳記。
 冴日道共正(さえみみちこやなぎ)。冴柳記。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽