2020年09月22日

卒業7269 変化過去 (壮強太陽):イカスミ柳

我不懂中文、由Google翻译、 By Google
请点击图片
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業7269京都船旅6169
古譜5169大原練習5069天の下5469 CHINA 俺269 変化過去 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
暗い過去がある。人にはわからないが
俺柳うつむいて いつもラス世の中に
日を見る日は来る 俺見てた柳の木
風に流れ雪を受け折れることなく耐える
今俺立つ人の世に情けあり

【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2025/09/22

【中国北京】
2020/09/22植柳
 バンドインナボックス、PG社、コード指定自動作曲
 北京の町の磯木の柳の歌。ペックスという呼びをする、
テロンの言いの町という。そこの町の一景の歌。武漢より
南京へ行き、また戻る、北京の町の見に、柳がそよいでいた
冬の雪に耐えるしだれ柳の木。柳に雪折れなし、という、
自然に逆らわず、生きる柳の逞しさ。人の見本という。
 その意の歌である。
【暗い過去】
 暗い過去という、黒井のべばせば、という。黒せらの
やなみる、という。ふふゆみのあゆふり、という。また
山の歌の続きの歌という。まさすりいきひく、という。
正の正しさの引きという、柳引きという。やなぎを口に
すれば、人が迎えてくれることの意とぞす。
【川本の本せば川】
 川本の本せば川という、『やなぎ、やなぎ』と言うて、
川見沖を歩く人の姿という、昔の、勝はりくく、という。
勝よらみふみ、という、歩きである。世に革(あらた)を
いう、ばるせらの言いという。
【音楽を聞く姿】
 川ひすの小和山という。この『小和』の言いの、ペーラ
ッパという、この『ラッパ』の、レッピパという、喇叭吹き
のすもふみ、という。これの姿のことという。『暗い』と
いう言い表しをする、ポンファファという、これが、ポンの
菓子の造りである。ポッセラのお食べ物という。よいその
つうはら、という。これの、暗い菊という、この菊が聞くで
ある。
 音楽の聞きのことの言い表しという。暗い姿という、
一表現である。
 『俺の暗い過去』という、音楽の暗さという、暗いという
言いの音曲の、とりみまれ、という。音楽を聞く一つの姿勢
の表歴という、表現のことである。これが、時間をかけた
音の流れの、時間のことという。表歴という、音曲の演奏
時間である。これの意味のこととも。

 暗い人という音楽を聞く人の呼びである。音楽鑑賞の人で
あることという。音楽鑑賞者を、他の人が見た一見である。
映画音楽を表す場合もある。今は、こういう言い方をしない
ことという。
【天命日】
 天命という日の、天命日の音楽の聞きという、天命日と
いう、今の暦の天徳貴人という日のことという。この日に
音楽を聞くことを、天命貴人という。天命貴日という。

 日をめでることに音楽を使うことという。これが、暗いと
いう意味の一意味である。古い楽相の言葉という。古い音楽
に使う、天命貴曲という、古く、短のきょくという。一小節
くらいの曲もある。これが、音楽の曲をめでる音の話という。
【七五三】
 歌詞はその歌詞である。川本の、川浜の言いのきらっ
せら、という。きらの音弓という、古く、弓の音を男の
子に聞かすしきたりという。三才の男児のことという。
これを、めでる、七五三の始まりである。
七五三のしきたりが、このしきたりのとうす、である。
このしきたりを受け継ぐ七五三という。

 女の子には、もきという楽の音を聞かす、しきたりと
いう。これが、七五三の、しきたりの踏襲という。今の、
七五三である。天命貴日よるはりくり、という。
よるがはる繰りという。天命貴日尊原という。この原が
宮である、主に神社である。ここの川の流れる本とぞず。
川本の神張(かみはる)という。神張(かみはり)の闇という。

 これが、神社に弓を飾る由縁である。茂器(もき)という
鈴のことである。神社の鐘につけてある鈴という。この謂れ
という。もいせる山のお書きという、俺礼則という、七五三
のことという。俺来浜(おれらいはま、おれらいひん)という
、おんせられっくの言葉という、おんすらという、おんどる
という、おんどれという。後、巫女の軽い踊りのような、
鈴振りのことという、おんさっかくという、おんせるという、
御所の冠語である。おんでらはっぱの山という。
 おんどれらっこくという、どぅみそみのどうくく、どぅと
いう言いの、どうみそという、英語のdoの発音という。
日本語のどぅである。doみそ、という。後、ドミソである。
【光格】
 これが音楽との掛かりである。音楽をドミソという、神
社の古い言いとぞず。寺もこれに準ずる。寺に音楽がある
ことという。寺の合唱団である。普通の歌の合唱である。
寺参りに使う合唱とも。この合唱を、こうかく、という。
寺と御所の繋がる意という、一意である。

 神社の場合に、こうは、という、これを、こうかく、と
いう。こうはのこうかくの意とぞそ。古い日の光格という。
音楽を光格という、光波、光派という、音楽である。
小さい子を、みつこ、光子、おみつという、おみつぼうと
いう。このおみつを、みっさくという、寺をいう。
『みっさく、いなした』という、『寺へ来ました』という、
『自分は来ました』という子供の言葉である。
古い寺の言いともいう。中床のある寺という。
みっさく寺という。

 神社の言いとも。『みっさくそっこく』という、
神社である、これを寺も使う言いとぞづ。冠語の混じり
という。めめさむのお言いという。大人も使う話という。
今は、使わないことである、『寺へ参りました、神社へ
参りました』という平易な言いとぞづ。

 神社の能舞いのある神社が主に使っていた言葉という。
御所から詣でる日に、『みっしょ、はっふう』という、
この言葉で、能が舞われる舞台の言いという。
はっふうというはつ風である、発風。これが、川本の川の
初という、神社の中の川の本のことという。せんげん
(川元)とも。川本という文である。
【花紀京】
 これが、花紀(はなき)の、京(みやこ)の言いである。
花紀京という、どうせらという、どぅうせら、とも。
花紀京のきこゆき、という。これを、きよはく、という。
きんせられっけ、という。るびんす、という。れめせの
いいとみ、という。これを、れったく、という。

 役の山のお書きという、この役を、役小角という。
頭に角を被る恰好である。えっけられっけ、という、
どみそみみの役という。どみそみが、その通りの
ほら吹きの音である。ほらの音を、どみそ、という。
ぱっくすろうという。御所のぱけせら、という。後、
パードンという、パックスの言いとぞず。片仮名語が
このままの英語である、(パードン、パックス)。
【吏員】
 神社にパファという、パーセルの言いのパヨン(す)
という。この(す)が、英語の発音のSである。無音の
発音である、古い日本の、穂浦の言葉である。
パヨン、パヨンスという、英語のような日本語である。
御所冠語のみっそくの冠語である。りいんさっくの言い
という。この『りいん』が、リインカネーションのリイン
である。後、役所の吏員という、御所の言葉の使いの役所
とぞづ。主に、地方公務員にある、吏員という、
だいかまのはりくり、という。
【地方公務員】
 俺が作った地方公務員職である。りいんかっぱく、
という、地方公務員の仕事のことという。リファッファ
という、リインカーナルの造りという。リインカネーション
の役所という、リファーの役所で、仕事をする所である。
リッファヒューハウという、りばそんのお言いという。
『りば』が川である。

 河流れの場の役所という、これを、かいたら、という、
かいざる、ともいう。メビという、古く、市役所をメビ
ウスという、ウスという、かまっせの言いとぞづ。
【京都市、那覇市】
 最初作った市が、川の傍である。京都で市を作り、後、
那覇に作る、これが沖縄の首里である。首里城が、翁長
という、おきその島のなわせら、という。首里城の中の
川様の川という、川のような造りのある場という、そこを
、でにそり、という、でに山のおいさま、という。
でにすら、ともいう。京都の宮の造りという。これが、
首里の中にあることという。翁長国という古い沖縄で
ある。またまたのお書きという。

 首里のまっぱくるく、という、二千札の表の面の、
首里城の図案という、京都にあった、同じ城である。この
城を首里城という、翁長の言いという。れみっそみ、と
いう。れみその城という、このままのレミソである、
音楽である。レから始まる音の曲という、沖縄の音曲の
出来とぞう。
Willow. 正(やなぎ)。S22. 
冴日正道共(さえみやなぎみちこ)。冴柳記。
 正(やなぎ)。S22.
**********

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@429
Notice: Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7267 4月29日 (壮強太陽):イカスミ柳

 狐の天気予報。〇r1959/09/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。09月/22日 、07時53分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。1959/09/19
【中国北京】
2020/09/22植柳

Willow. 正(やなぎ)。S22. 冴柳記。
************************************************************************
【4月29日】 


 日の名前の流れ  4月29日
 
みどりの日 →  天皇誕生日 → みどりの日

 それとも
 
みどりの日 →  天皇誕生日 → みどりの日
みどりの日 →  みどりの日 → みどりの日
 
 このように、両用されていた ?。 
 それとも、 両用は、されていなかった。
 
みどりの日 →  天皇誕生日 → みどりの日
          ↑
        いつ、こうなったか。
        
付 : 大正の頃は ?

触媒 

1957年 昭和32年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1958年 昭和33年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1959年 昭和34年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1960年 昭和35年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1961年 昭和36年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1962年 昭和37年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1963年 昭和38年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1964年 昭和39年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。
1965年 昭和40年 4月29日 そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。

 化学の『触媒』のようなものを、時の流れに入れて見る。
 ここでは、4月29日。
 ここでは、『そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。』
 が、触媒である。
 化学の実験の、反応の速さ、『触媒』による。
 これを、過去に応用したものである。
 これで、反応結果は、『よくなる、よくなった』という。
 触媒のせいもあり、早くなった。
  過去の、日に入れておけば、自分であろうが、
 他人であろうが、あの人もこの人もあの国も、
 この国も、過去がよくなる。

 『あの悪人め!』
  現在は、悪人であっても、過去はよくなっているので
 ある。
  
 『過去を反応させてみよう』という、『過去がよくなる』
 『過去をよくしよう』という。

 これで、なお、且つ、考えてみる。
 過去に、よくなってもらう。

 『そうきょうのよい日、正(やなぎ)です。』
 過去の反応に使う、大切なものである。

 上は、4月29日、9年分である。あっという間である。
 触媒による。

 この項、少し、続く。 
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "CHINA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜5167大原練習5067天の下5467  俺267 4月29日 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou70178
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-4上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   




 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1959/09/20 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7267京都船旅6167
古譜5167大原練習5067天の下5467  俺267 4月29日 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  日本語プログラム『なでしこ』
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1959/09/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
1959/09/21 そうきょうは、良い時です。
1959/09/20 そうきょうは、良い時です。
1959/09/19 そうきょうは、良い時です。
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-4
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽