2020年09月11日

卒業7172 ふち祭り、ロボット鉾、ロボット群(壮強太陽):イカスミ柳

【曲名】 卒業7172京都船旅6072
古譜5072大原練習4972天の下5372  俺172 ふち祭り、ロボット鉾、ロボット群(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
 狐の天気予報。〇r1999/06/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。09月/11日 、07時42分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/13
【歌解説】

2020/09/11そうきょう、よい時です。
13:23 2020/08/30

御所の工事にとりかかる話である。

【足利、明智、治水工事】
 各地で、足利、明智を、称える話がある。
明智妙という、明智の治水大工事という、
日の辺、亀岡、長岡京、高槻 である。
この地域に逆を尊ぶ話という、大逆練話という。

 足利を大天皇という、足利を尊ぶ言葉である。
反逆児という織田ののぶ花という、この地に
植わる花である。これを、明智勢という、花の
ことである。
 明地の大工事を尊ぶ言葉で、足利をも入れる、
織田のいとせゆ、という。明智天という、これを、
粋な黒紅という、お富さんの歌という。この歌の造りが
、大工事の背景である、元である。
【向日町】
 歴史の無効という、向日町の残し謂れという。
ここを、こうぎゃき、という。てるっせ算数と
いう、地名である。照る世のむかすれ、という。
ここが、古い、長岡の御殿という、後、藤ゆそみすれ、
という。畑辺のゆいゆいという。この畑辺のほいき、という。
れむせるおいさり、という。

 そのしきである。書きに園敷と書く。----
この書きが、掛け言葉の書きである。そのしき----
【ロホットが指揮をする】
 その指揮のロボットという、ロボットの団が出る
、ロボットの談が出る、ふち祭りのことという。
ロボットが指揮をするロボット団という談である。
 これが、園式の指揮をする、むこうのおいししき、
という。49番の鉾の後壇という、談をする指揮と
いう。これを、えんしき、という。円座に座る秀吉
という。シャラーという、シャルルパットンの出をいう。

 れぶせるという、れるすのれよん、という。れよん軍
というロボット軍団である。レトリルロットンという、
歩きをする、ロボットの歩きという。これが、祭りに
加わるロボット具壇である。伏見衛歩という深草の
軍のロボット軍である。今の軍道を歩む、ロボット師団
である、師団街道の名残という。延々五キロである、
京都市役所へ向かうロボット軍という。
【トック】
 ふち祭りのことの残しである。古くふち祭りに並んだ
栄えあるロボット軍である。この指揮の、ほそひふ、
という、今の、人間様のロボットという、喋るロボット
である。これが、ふち祭りに加わる、トックという軍団
である。トクサム朗落という、ロボットの列の並びで
ある。この式を、れとん、という。レトンリルという。
【ロボット行進】
 ろぼっとの行進である、これが、喋りを交えた歌を
歌う行進である。ロボットの山車が後ろにつく、革命の
話をする、この話の指揮である、後、音楽の指揮になる。
【羽織を着るロボット、スカート洋装のロボット】
 この指揮をするロボットを、みゆもって、という。
ミユという、人造人間という、表情もある、高さが、
三メートルという、これが、羽織を着たロボットである。
小さいロボットで、七十センチの高さという、女子の
ロボットである、スカートを履く洋装のロボットである。

 中型の、一メートル七十センチの槍騎骨という、洋装
の軍隊である、半分が、武田軍様の兵士である。

 これに軍楽が付く軍楽隊が奏するバトントワラーという、
これを前の、バッテムという、バトントワラー軍である。
三列横五人である。後ろ器楽隊である。この軍楽団がつく、
ミユロボットという、人間様のロボットである。

これが一キロほどである。総勢ヨンという、小型ロボット
を加えて、五千人体である。

 赤ちゃん様のロボットを抱く親ロボット、幼児様の
ロボットの手を引く親ロボット、花を手にする幼児という、
虫を手にとまらせた子供ロボットという、虫もロボットで
ある。さながら、人間様という。

 後、人がこれを真似する、祭りの付き人行列である。
【赤紙召集】
これが、ふち祭りに加わるロボット軍である。赤紙召集
という、赤紙を手にするロボットもいる、ロボットが
手渡す赤紙召集令状である。赤い紙に黒い字でかいてある
令状である。最後方が、鉄砲軍団である。

 この鉄砲軍団を、ドン・ポイックスという、ドン・
ロットンという、この文の、聞きなれないことばが、
レトン等、これが、コビッド語である。
【ふち祭り】
 和国のふち祭りである。この祭りは、同じ祭りで
外国にもある、アイスランドという、その一つである、
若い人がいた頃である、祭りの言葉がコビッド語である。
世界共通語という、ロボットの言葉である、これを、
若い人が喋ることという、先生がロボットである。
今の世界という、ロボット先生の、今の世界という。
【リインカネーション】
 これを、世界の帰還という、リインカーネーション
という、昔あった世界が、帰ってきた今の世界という。
【ドイツ、ハイリンゲン・シュタット】
 コビッド語の世界である。
『私は行く』という、『コーレル・レワンテ』という
コビッド語の丁呂冠話である。通常語の丁呂語
『ウォー・アイ・ナーモ』という、ナーモレル・スタット
という、なっせんらーく、という、なるれる、という、
なみそむ、という。これを、コビッド連絡という。
今の、衛星の発射用語の語源である。主に科学用語
になるコビッド語である。この言葉を使う化学を、
コビッド・サイエンスという。科学のコビッド語
表記である。ライン・ハッツゲという、ドイツ語の
古い、ハイリンゲン・シュタットという、ここに
一部あるコビラスという、ドイツ方言である、
通常語のコビッド語である。
【ハイデルベルグの鉾】
 ふち祭りに参加したアルト・ハイデルベルグという、
ハイデルベルグの町の形の山車という、これに乗る
総指揮官である、ロボットという、名を、リムサックと
いう、後、コムパックである、今の言葉である。
ガンダムという、めるすてのおいこび、という。
意味が、形を変える山車である。総指揮官が変わって
いくロボットである。人様から飛行機様になる。
【原子爆弾鉾】
極小ロボットで、五センチ程である。
コーレル・レワットソンという、ロボット軍団の
造りである。今の戦争のストラテジーという、
戦略の一例である。あとに続く原子爆弾鉾の
入れをする、ロボット軍団という。
ストラティジーが丁呂の言葉である、武漢から
クリーメンという場所の経由地の言いである。
南京へ行く一経由地である。武漢南京間の
中間くらいである。

クリーメンが、メックスという軍隊の言葉である。
軍隊用語である。コビル・レンゾラーという、れての
お行きの軍の用語という。レムゼルの言葉という、
このレムゼルが、将軍の意の言葉である、シェネ
ラルという、指揮のコビッド語である。ぜんせら
という日本語である、日本語の冠語である、通常語
で、将という。正ともいう。算盤城のしょうである、
今の算盤用語のしょうである、ぜんという昔の算盤の
用語である。進展が、善である。正善(しょうぜん)
という算盤用語である。答えがあってことをいう、
一つの計算を数人がする場合の、答え合わせである、
商用の算盤ともいう、複数人の会計計算である。

ふち祭りの中の一団である。 
Willow. 正(やなぎ)。A10
*******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/06 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-12
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽