2020年09月06日

卒業7150 俺920 武漢 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7150京都船旅6050
古譜5050大原練習4950天の下5350  俺920 武漢 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
上海は魅惑の町 訪れる人 いろいろな
国から 遠い国から来るよ ニーハオ
挨拶 朗らかな笑顔 映画のロケ
俳優が来る 上海の歌劇をみたり
中国の料理 味わい 今日を楽しむ

 狐の天気予報。〇r1999/06/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。09月/06日 、20時06分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/08
【歌解説】
【上海】
『シャンホーアンフー』
 中国の上海の冠話で、日本の冠語という。この冠語、丁祖
という、丁祖語の冠話である。ミーヨのくるりる、という。
上海のリルという、言葉のことという。
『ミーファ、ターヨーファ』という日本の冠語の言いという。
リルを言葉という。『上海ホアンフールー』という、
によゆっきす、という日本の御所のウールルーという。
かよせんふぁっくのきゆひふ、という。上海を、こるせら、
という、邦方(トーホー)の言いという。邦をトーという。
上海の冠語である。ニーハフのお言いという。
 この上海を、トーフフという、トーリルの山という。
冠語の上海の言いという。
『ニーホー』という、『ニーハオ』の上海の日本冠語である。
御所の中共山という、この御所の言いである。
『アールホア、ルンランファー』という、遠い日の黒ごまれく、
という。 堺の町の出来という、御所の堺町門の周りという。
ここの言いである。ルーラルこよんせの言いという。
堺町門辺りにも、この言いがある。

 おはようを、にょんふぁっくという、にょんパーレルという。
これを、堺ゆっきく、という挨拶という。みゆすずのおあいやら、
という、中国の言いのような、堺町の門の言いという。
和歌山堺の言いともいう、みゆらっく、という、堺の
だんざんという、だんざん堺という、みゆっさる言いと
いう、これが、堺の『ミーファー』という、自分をミーと
いう、ミーファーという。徳川の御三家の紀州の言いで
ある。
 『ミーは、ゆゆきして』という、『私はゆきます』と
いう、堺門の御所の言いという。
『ミーは、ゆゆきして、あけさ、れとせら』という、
『ミーファー、フールルー』という。これが、堺町の
門の言いという。堺町冠話という、御所冠話の一つである。
『ミーファー、ターユー』という、今も古い人の、徳川の
紀州の人の言いという、徳川御三家の紀州である。

 『紀州の殿様』という歌の歌いの徳川の紀州という、
堺町冠話という、徳川の紀州の言いである。
『ミーファー、ターユセ』という徳川の言いの、だんざん堺
という。堺れんぶらという、言葉のことという。
徳川へおいとまの言いという、だんじりの堺という。
私の故郷という、奇襲の城の言いという。

『ミーファ、ラーラ、ルッスーラ、ユーユ』という、
『私は、生きます、そして、みをとめます』、そこに
留まるという意味という。『しばらくいます』という
話である。

 これが、中国の上海の、むとくよく、という言葉である。
古上海の言葉である。頃を、武漢の町の橋をつける頃の
言葉である。南京ホアという、南京の言葉てもある。
上海ローファという、南京ホアの言葉という、同じ言葉である。

 徳川の話が上海にある、アールセラーのことという。
ブーカンホアという、ウーハンラックという、武漢の言葉の
取り入れの頃の上海という。ロンハル山のお絵という。
この文である。

 上海歌劇に武漢の言葉がある劇という、『トーユー
トートー』というセリフのある劇という、『ターレン、
ホーフー』という役の人が喋る武漢の言葉という。
丁呂の言葉という、古い武漢の言葉である。
上海の論関の言葉である。

 ここの上海、日本をトーフーという、小林をくという、
これを狗と表す、狗犬(くうけん)という犬の一種という。
中国犬の代表である。中国に小林という名前がたくさん
あることという。

 『タオファー、ファーフ』という紀州の冠話が一部
ある、上海の言葉という。タオ・スファファという、
後、登用の冠語という、上海の冠語の使いという、ほぼ
今の中国の福建語である。

『リーヒュー、ファッフーファファ』という、中国の
大連という、タイの近くの中国の言葉という、ここが、
コップンカッフーという、タイの言葉という。一部中国
語と同じような言葉である。大連という、その当時の大
連である。昔の日本の統治という、日本語が通じること
をいう。日本語が入り、そして日本語が定着する、統治
という言葉である。日本語が通じることをいう。

 この日に、ホンというスペインの当地という、スペ
イン語が通じることをいう。言葉の話である。
タイのスペイン語を、ホンという、プーホンという、
スペイン語である。これが大虹大戦の盗難アジアである。
言葉が入り収まることをいう、言葉の話である。

 後、イギリス語は行った、このイギリス語を、ワクタム
という、わくすの言葉という、英語のことである。
ドイツ語も入ってきたという、このドイツ語、今の上海の
ドイツ人の入れである、ドイツ語が通じる当時のタイで
ある。言葉の話である。ヴイルヘルム・まつゆり、という
ドイツの言葉である。『イッヒ、レンガ』という切り出しをする
ドイツ語という、ヴィルヘルム・まつゆり、という。

 上海には外国人がたくさんいることという。スカンジナビアの
人もいることという。若い人のスカンサクという、かんさく語
という、スカンジナビアの言葉である。
スウェーデンを、ペッハムという、上海の古い言葉である。

 どこの国でも、二か国語や三か国語くらい使うものである。
古い日本で、朝鮮語、中国語を使っていたことがある。
その頃の御所という、とうひょう御所という。
自分をトーという、『トーフーハー』という、『自分は
行きます』という意味である。これが、朝鮮の中国語である。
場所が、今の平壌である。

 この平壌和古く、へっぱく、という、へっぱく・そうふう
の言いという、ルンセンハン・めゆふる、という、今の京城の
ペギンソンという、ここの言いである。平壌の言葉が少しある、
形状の町という。この町を、平宮という、京城の平宮である。
平壌の言葉をヘギョンランという、ヘッギョンソワという。
韓国の言いとも、同じような響きの言葉である。トーフーの
掛け持ちである。とーふーを介した言葉という。
 編み笠の帽子という、日本と韓国と同じようなものである。
************************************************************************
【名 曲 紹 介 】 

Knopfler-san, Clapton-san, tambourine-san, Sting-san, 
Drum-san, Base man-san, other musicians, very nice,
tambourine-san, playing like as waterfall, very nice,
Hakushu Hakushu, Black-person Dancers, Good Good Good.
最高やな、ノップラーさん、クラプトンさん、タンバリンマンさん、
スティングさん、黒人団が踊ってる、いいね。ドラムの人、
ベースの人、 抜群やね。滝のようなタンバリン、最高級です。
https://www.youtube.com/watch?v=6CB9OrGZ7-c


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/06/01 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@505
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽