2020年09月01日

卒業7105 俺105 ヘルキャット (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7105京都船旅6005
古譜5005大原練習4905天の下5305  俺105 ヘルキャット (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/05/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/29日 、21時23分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/01
【歌解説】
7:46 2020/08/29
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
【ヘルキャット】
 京都五条飛行場という、搭乗して、飛行帽を被り、
てっこくという棹の形の取っ手という、それを握る
飛行機という、富士に向かって飛ぶ、黄泉の鳥という
フクロウのみみずくという、今のオウムである、みよの
みいというオームを連れて乗るヘルキャットである。

 富士を前に見て、右を取る、右回りの富士の越え
という、富士ゆらすお行きという、ここから日本海へ
出る岐阜の白峰という、これを、頭越えたという、
白山の越えという、輪島を越え(今の氷見である)、
珠洲回り、富山の町を拝み、焼岳という山を越え、
その直線の長岡である。そこへ着いた行きである。
ヘルキャットの鬼機という、上側に青い丸が付いている
翼という、若い人機である、夢のような人生という、
若い人の行きである言いである。
【オウムの指示で行く】
 長岡ゆ、ありらら、うえさるるす、てっすくとる、
ゆい浜のいえという。長岡浜の歌という、歌を航路と
いう、空輸航路の言いという。オウムの騒ぐ声という、
オウムのみよという名という、みよの鳥オウムという、
よみの鳥ともいう、『みよゆから』と言うたみよの鳥と
いう。オウムの冠語である、『みよ、いくす』という、
『私は行く』という意である。ヘルキャットの操長で
ある。このオウムのはふり(羽振り)で行った新潟長岡
である。遠い日の行きという。日本左衛門のお行きと
いう、左衛門が飛行機である。この日の左翼、下に黄
色と青の交互の線である模様という。『朕、行く』と
いう若い人である。
【輪島コネクション】
 俺の横にいる、『俺っさ、ゆきゃっさ』という俺の
折れ曲がりの言葉という、輪島コネクションという、
若い人という。コネクション・レーテのお書きという。
和辻飛行場の発で、五条航空場という、ていはなのこと
の言いをする、五条飛行場の冠語という、飛行機を、
とよ、という和国語である。ていとよ、という丁鳳の
言葉という。
『俺っさ、またゆきゃっさ、御叔父上ゆ、お待ちさ』と
いう、輪島のゆや、という、放射能浴の話という。
『いきゃっさ、俺っさ、たたす』、たたこる言いという。
『俺、戦うわさ』、若い人である。
【ヘルキャットの鉾】
 長岡ゆや、横田目組、ありゃさ、おらるれらら、おら
っさ、るてせる、横田目組という、恵の言いという。
横田目組の御叔父という、御名は、若い人である。
若い人の横田目組、ヘルキャットである。鉾の造り
でもある。
【横田目の言い】
 故郷ゆ、いきゃっさ、という言葉の長岡の冠語である。
ふるとおの故郷である。古遠の故郷という、長岡浜らら、
ゆいらっけ、ありてそ、御叔父ゆ、また、お会うさ。
横田目の言いという、武漢いわれ、という、ようやらの
お言いという、『ようよう、山ふる、やり花の、こわゆ
るれ、たおす、こっとのきふる』という、若い人である。
これを、露行という、露越えの歌という、若い人の歌と
いう。ヘルキャットの歌という。大お爺さんおらるゆい
という。和国の飛行の歌という、穂浦花の航空科という、
空軍の穂浦である。

 俺っさ、会うわさ、横田目組の人さ。武漢由良、
新潟やっきゃ、よっこす、そんとる、ゆいよ、という。
よっこすという、新潟の冠話である。

 大御叔母御上、おられらさ、ゆいす、こゆれすっすす、
みよの鳥、御所っぱの鳥さ。みよ連れて行ったさ、長岡、
横晴の飛行機横の花という、すっとすっとの花という
、これが、ある場所におられらさ。
【古日の攻め】
『平壌、ヘッギョンそわ、れれせゆはらる、せめる、
俺せめるさ』攻めるという行くことをいう。古い日の
せめ、という、平壌のの南のヘギョンソンという、中国
読みのペッキンともいう、ペッキン・ソックのルイ、と
ぞう。
【平壌冠語】
 ペッキン・ラールゴーという、ペキンそんの言葉と
いう、この『そん』を、村と書く、ソックという読みと
いう、これが、ヘギョンソンの言いである。平壌冠話と
いう言葉である。村をソックという、ソックス・スー
ユーという。古い日の行きである。その記である。
【横田目の絵】
横田目の絵という、目を出して、顔の横に描く、俺の
絵である、横田目描きという。俺の水上機のお教えである、
飛行機が先生である。機械オウムの教えという。みよの
鳥のよみの鳥という、きゃきゃすかという機械オウムの
言いという。これが、ヘルということをいう、キャットが、
かっふく、という、みよの鳥の言いである。
水上機を、かっふく機という、五条官制官である。
若い人である。飛ぶことを、いわふう、という、馮の
言いを使う、いわよらのまの言葉という、いわよらが、
御所の若い人の場である。朱の殿のある所である。
古い日の御所湯である、斜めの湯殿である、そこの
言いである、そっきゃという言葉を使う御所の斜めの
湯である。浸かれば、下が斜めである湯殿である。
【駄作家の戦い】
 『俺っさ、たたかうわさ』、文章を書くことである。
駄作家の俺の真似言いである、横目使いの駄作家と
いう、めよりんぼう、という、駄作の言いの書である。

 平壌の宮、今も、あらさ。ヘルキャットの水上飛行
機のことである。
Willow. 正(やなぎ)。A29
******
若い人はいう。アメリカに、『ゴー、オウ、ウォーク』という
言いをする所がある。そこに幸の石がある。ケント県という、
場所である。ここを、ネモレカという、ブリストルという。
ここへ行くという、若い人という。アメリカのビズクシである。
古い日のアメリカ行きである。正(やなぎ)A31

USA
Young man says, " go ou walk ". This saying
is in named KENTO, little prefecture .
There is a stone house, named SACHI. meaning, happy.
and Yanagi-do, meaning willow door.
I had ever went there, again coming there .
*** ever gone ago****, saying, south of WENT RAW
WILLOW  A31
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/24 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@558
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽