2020年08月31日

卒業7110 俺110 武漢幼朝 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7110京都船旅6010
古譜5010大原練習4910天の下5310  俺110 武漢幼朝 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
金を見分けていると 空に月が残り
鐘鳴る 武漢の町 よい音 今日も
一日が始まる 隣の人 向かいの人にも
微笑み挨拶 鉄の細工 器用な手
武漢が織りなす日

 狐の天気予報。〇r1999/05/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/31日 、17時58分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/02
【歌解説】
Willow. 正(やなぎ)。A31
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/26 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@416
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7104  49、50 革命鉾 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7104京都船旅6004
古譜5004大原練習4904天の下5304  俺104 49、50 革命鉾 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/05/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/29日 、21時14分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/01
【歌解説】
7:46 2020/08/29
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
 コービスという、辞書の言葉になる、コビッド語の残し
という。辞書名に見られることという。少し、軍がかった
名前になる。こーびる・れてんそ、という、辞書の、字引く
書なり、という、これが、コービスである、コーパスという、
経由の意味である。英語経由の残しである。
 Co・bith、 Co・Pass。

【ドラクロワ】
 革命が題材という。朝鮮やかの表しである。
夜が明ける頃の絵という、島崎藤村の夜明け前という作品
という、どちらも夜明けである、若い人解釈。
 ドラクロワという、あれは、健康で登り来る旭を尊ぶ
絵という、『どら、くろいわ』という、クロイツェルと
いう、御所の冠語である。この御所を藤村御所という。
 夜明けは京都からという、維新朝のお書きという。
維新を、毎時体験している人である、若い人という。
【49番、維新鉾】
 49番の維新鉾という、維新朝鮮鉾という、朝、鮮やかな
鉾という、あの自由の女神を人のように描いてある絵と
いう、どらくろいわなの絵の飾りという、あの絵が描か
れた鉾の布飾りという、クロイツェル鉾という、この後ろ
の鉾の言われという、50番の鉾の革命後期という、革命後
期鉾という、49番を革命鉾、革命前鉾という。
【革命鉾】
 49、50を革命という、鉾である。鉾立ちの鉾達である、
鉾を擬人化していう、お鉾のお達、お立ち発ち歩む人と
いう、これを、伊達という、いたちの歩みの鉾という、
フランスのルイ王の象という、これの後ろのナポレオン
という、その後ろが、マリーアントワネットである。
ふち祭りの49、50番目である。健康鉾という、異名で
ある。
【坂を皇后という】
 長野県の岩崎の場の、鉾の航行という、香淳という、
行順という、これが、香淳皇后で、坂上がりである。
『あの、かたさき、越えて行こう』という、ナンダ
ロッセという言いである。鉾、神輿の潤香という、長野の
小林一茶祭りである。
 囃子に『ナンダ坂、あんな坂、こんな坂、よって
よって』という、『ナンダ坂こんな坂、ウィーン』と
いう、ウィーン様の行進という、長野の祭りの
小林もうす、という祭りである。
【みのう鉾】
 この長野の祭りが入っている、みのう鉾、みの鉾とい
う、大阪の箕面(みのお)の藤村の朱美(あけみ)という。
須臾鉾(しゅゆほこ)という、尊村の祭りという、ソンソン
鉾という、革命の鉾の、健康安全の鉾という、49,59という、
50番の鉾の立ち回りという、59番へ行く鉾である。
【50蛮、懐旧鉾】
これが、懐旧の立ち回りという、懐旧鉾という、行く日
来る日の懐かしみという、回顧という言葉の具現の鉾と
いう。藤村政子の鉾という、北条政子の先祖である人の
鉾である、今日(8月29日)を政子忌という、古い和国の
穂浦の暦である。北条早雲のまてという、手をまて、と
いう、京の古い言葉である、まての祭りという、ふち祭
りのことである。今日を、まての日という8月29日の夜を
狐つき夜、という、八月を、狐月という、穂浦の古い言い
である。藤村政子の日という、北条の日に受け継がれた、
8月29日である。
【富士をこよという】
 藤村のこよ花という、藤をこよという、これを、吉祥
という、かたげ山の言いという、ここが藤村という、
京都の北上という、北上川の藤露春(ふじつゆはる)という、
北上川穂(きたかみがわぼ)という、この穂が、藤の穂であ
る。穂花という藤の花である。

 あほの花という、阿呆の親王という、藤原忠由良と
いう、藤原花菊という、藤原の藤村花という。藤原の名元
という。藤津原の原という、かたげ山のある吉祥という、
吉祥山お書きという。

 『我が戦い』という、朕是のことという。藤の花を手に
するという、いしくしの花という、野に咲く花の藤であ
る。石花の言いともいう、この文である。

 女の朕という、これを、朕玉(ちんぎょく)という、明
治の大御婆さんという、大御婆さんお教えという、桂離
宮の夜の日という。桂由良の、京都桂川の桂浜という。
朕せん川という、朕選の川である。ここの藤原の花と
いう、藤遣りのことのゆい、という、後、むゆお山と
いう、桂離宮のことという。若い人が住むという、
住んでいた宮の言いという、ちんたん、という言いで
ある。桂太郎という川の名である、桂川のことである。
古い京北の川でもある、京都京北町の川である、あゆ
登りという言いをする、こいのぼりのことという。
 京北町の、あゆゆい、という、こいをめでる町という。
その霜が、栂尾という、とがの尾の川という、栂尾高山
寺の辺りである。ここにも、あゆのぼりという言葉が
ある日という。
 『京都栂尾高山寺』という、鯉に付かれた女が一人と
いう名歌のこととも。こいつかれ川という、紅葉の下の
鯉という、これを、恋という、恋太郎の言いという。
この女が藤村政子である、北条政子である。これを、
早雲の言いという。北条早雲の濃い雲という。北条を
めでる話である。

 街道位置の若い人という、立山位置という、ここを、
こいゆらず、という、古い、岡という、この岡の言い
である。近くでは、長岡の藤原という、長岡の
藤の花を、北条早雲という、大叔母御上のお教えという。
若い人の音の場という、藤原曲という。曲翼のヘル
キャットという飛行機である。五条官制官の若い人と
いう、長岡という場所へ向かう飛行機を、無線で誘導
する掛かりの人という、使う言葉を、むれすれの言葉と
いう、ムレ語という。後、ムー語という、ムーの島の
言葉という、ムー大陸というそこの言葉である。後、
英語という。
【10番、ムー鉾】
 ヘルキャットのヘルが、ムーという意味である。
地獄島という、ムー大陸のことである。10番目の
鉾がムーの鉾である。
【ムー語】
この言いが、長岡の米百俵の劇の
言葉である、古くのムー語というい英語である。
長岡英語という、私の遠い長岡の故郷という。
大漢水上飛行機の行きという。太郎由良という、八郎潟
の太郎由良である、長岡越えて、焼岳見る航路である。
また行く長岡という、涙溢れるお書きという。古く遠い
新潟長岡の町という、待ちの町という、お待ち下さる大
御叔父御上という、長岡の藤原という、遠い里である。
大叔母おられおられ、藤原の御叔母という、ヘルキ
ャットの行きという、若い人の乗りとぞう。
□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Willow. 正(やなぎ)。A29


//□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/24 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@552
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽