2020年08月29日

卒業7100 ふち祭り、49番 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7100京都船旅6000
古譜5000大原練習4900天の下5300  俺100 ふち祭り、49番 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/05/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/29日 、17時34分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/10/01
【歌解説】
7:46 2020/08/29
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
【【ふち祭り、49番鉾】】
【鉾をアイテムという】
『タン・ホア・ロウ・ハオ』
『フウ・ハオ・ラァオ』という、
これを、論浜という、論の言葉という。後
論語という。今の、日本の論語のことという。
後、この論語の、落ち山という、これを、中録
という。中録の言いの書という。

 『タン・ホア・ロォア』という、これが、鉾のタユッセムと
いう。鉾を、たおはる、という。田(でん)の床という。床の鉾
という。この鉾が、アイテムという鉾という。
【針仕事】
 鉾をアイテムという、一般の鉾に用いる、和国予っ告という。
これを、よそみそ、という。この『よそ』が、むいそ、という。
ムイムイの山という。むっせらのおいそい、という。お寺の
言いの、おしゃ閣という。これを、おしゃく、という。寺の
古い言いで、ゆめそめ、という。この『ゆめそめ』の香潤と
いう。これを、こうはり、という。後、『はりを打つ』と
いう、針仕事の言葉という。裁縫である。
【西方浄土】
 この裁縫の、そき、という。このそきの言いの、速記と
いう、これを、さいせら、という。これが、西方の出来と
いう。西方浄土がこれで、できていする。針の縫いの方向を
『さいほう』という、縫うた場所を『とうじゅれ』という。
和国語である。

 この和国語が、『会う』を、はりあう、という。
はりあいのといほめ、という。この『め』が針を
指す場所という、この場所を、こうじゅん、という。

 針をする者が、針を斜めに指していくことの言いの
こうじゅん方向という、波様のこうじゅんという。
針をすることを、こうじゅん、という。この『こう
じゅん』を、『かおりざす』という、かおりざしの
かみそゆ、という。針仕事でかみをそえといく、
この『かみ』が、髪であることという。

 これが、鉾を、あいだつ、という、針仕事の言い
という。レユッテム・ソッパーという、和国語である。
和国を、ゆめそり、という。この『ゆめ』を、いよさま、
という。レウッテスのヨッキスという、これが、ょきと
いう手斧の小さいもので、よきふき、ともいう。これが、
かいぜまの言いである。これを、よいとりという、
よきとり、という。
【鉾をよきという、和国語】
 これが、鉾をよきという、和国の祭れるの言葉という。
祭れる論句(ろんくうと、くをのばす言い)という。
これが、後を、ろっくという、ろっくそっく、という。
英語のような言葉の言葉の出しである。この『出し』が
後の、山車(だし)である。これを、しでさり、という。
和国語の話である。死出(しで)の旅路という、これを
ししゅつという読みのことの山車という。これが。山車の
語源である。
【死出の旅路、鉾の航行の出発】
 これが、ししゅつという、しでという、しでの鉾という、
49番の鉾という。しでの鉾という。死を始めという、ピリ
オド・スタットの始まりという、最後を初めにする、和国の
いいという。

 『さあ、しのか』という、『始めよか』という、かかりの
言葉という、仕事かかりの『仕事にとりかかろうか』という、
休憩後の、また、朝一番の、仕事の取り掛かりの誘いの
言葉という。
【ハカ】
 ハカというニュージーランドの言葉という、所々に死ぬと
いう意味が出て来る。れが、始めの死である、初めを死と
いう、言いである、そのままのハカという、日本の墓という
言葉という。

 墓で始まる、人生という、自分の墓を作るとという。
これから始まる人生という。これを、はじかり、という。
和国の風習の意という、はじかりが、和国の意味である。
はじかり和国と、意味を補う言いという。

 イギリスの、ナッツ・コールという、これで、イギリスが
入る、ニュージーのランドラックという。英語が入る時の
ことという。ニュージーランドで英語が通じることという。
【はじめをアウンという】
 このニュージランドが、アウン祖という、アウンの初めの
意味である。始めを、アウンという、この元を、アウン祖と
いう。ランブレランザールという、日本の英語様冠話という。
【ぬえ】
 この『ランブレ』が、アウンのことである。アウンサン
ラックという、これが、祖(おや)を鬼という、この鬼を
お化けという、ばけらる、という日本冠話である。ぬえらく、
という鬼のことである。この『ぬえらく』が、ぬえ落ちで
ある、落ちと表記する、この落ちは墓である。これを、ツー
ハムという、このハムが、エジプトの、ツタンという言葉の
意味という、ツタンカーメンという、ツタンの顔という、
この顔の鉾という、ツタンカーメンの飾りを前につける鉾と
いう。
【ナッツ・コール、お化け鉾】
 49番の、ナッツ・コールの鉾という、お化け鉾という、
ツタンカーメンの鉾という。この鉾の動きという、ニュー
ジーランドのマオリ族の踊りである、この踊りのように鉾が
動く。これを、ゆられ、という。ゆられ鉾という。後、
神輿の上下の揺らしという、これが、今ある神社の祭りの
神輿の動きである。
【アッハー、獅子越え、宝恵篭】
 『アッハー』という動きである、『アハ、アハ、アハハ』
という獅子のことの動きの表しという、獅子越え(獅子声)と
いう、人の言いである。獅子が越えて行く表しである。
宝恵篭(ほえかご )という篭という、篭の中の、おとりく、
という。このおとりくの、ゆおれるこんせざ、という、これ
が、かごき、という、かごせ、という、かごっくく、という、
かごのやの家という。この家を、やませま、という、
やったみ、という、やれせる、という。

 やれという篭の中の竜という、この竜のおいすい、という、
れれんせのまるせる、という。まってら、という、まつせ
るのレオンゆってす、という、れじょうの言いという。
この、れじょうのれを、令と表す。転じて、揺れの
ことを令という。幽霊の動きという、ゆれゆれと揺れて
出て来る幽霊という、お化けである。
Willow. 正(やなぎ)。A29
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/24 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@399
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽