2020年08月27日

卒業7081 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7081京都船旅5981
古譜4981大原練習4881天の下5281  俺080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、17時49分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】

【ワシントンのリカール】
 このグリ語が残る、グリーンランドの古い言葉という、
ワシトンという、今の政府のある近辺である。グリ語を
使う古い人がいることという。
【エッドワード空軍基地】
 一部、リカールランドというグリーンランドの地の
名という、ワシントンのリカールという地である。
他に、中国という、この期の中国という、丁鳳語という、
グリ語の元の武漢の地がかかる、フォーという地という、
今のフォートワースという場所である、ここに、グリ語
と丁鳳語がある。アメリカが出たフォートワースという、
アメリカのエッドワード村という、今のエッドワードの
基地のある村という。
【フォートワース、中国武漢】
 ここの言葉が、一部、丁鳳語を使う、これにグリ語を
使う所という。今のエッドワードである、かかりが、
フォートワースである。これで、武漢がかかることという。
似た言葉がある丁鳳の言葉とぞそ。後エッドワード空
軍基地である。兵舎出たところが、木が植わっていた
頃という。その期の奥に、小さな坂道があった頃という。
この期の言葉で、木を、ウッズという、坂を、マレルと
いう、丁鳳語であるとともにグリ語である。後、スローブ
という坂を、アイスランドでよる、アイスランドのアイル
ランドという、この期の踊りという、アイリッシュ・
ダンスという、エッドワード村の踊りである。似た動きの
はたをいう。この動きになるアイリッシュのエッドワード
という。

 後が、カナダ空軍という、アメリカの中のカナダと
いう、カナダのおちさり、という。空軍の発進のカナダ
ゆれ、という。吉上空で、時々強風が発生する日のエッド
ワード村という。これが、カナダの言いである。カナダの
風邪という、エッドワードの言いである。楓の発進という。
【エッドワード空軍基地一景】
 この日のカナダ、楓があったことという。カナダの橋
の家という、カナダの橋で、屋根がある橋という、ここの
楓という。この楓と同じ楓がエッドワードの楓である。
兵舎出た所の木である。坂状になった所である。緩い坂
である。
【独立記念日、村の参加】
 ワシントンの独立記念に参加したエドワード村という。
同時にカナダの橋のあるところの村という、アイルランド
という、アイスランド村という、独立記念の日の二日目で
ある。
【中国武漢の参加】
 この時、武漢が参加している、後、南京という、他に
中国の、ウイサという所の民族という、今のウイグルという、
中国の中華峰という、今のエベレストの横の同じ高さの峰の
ことという、ここの麓の、ビルマという地の参加という。
【台湾の参加】
 台湾の台北という、ここの現地民族という、民族の名を、
たかゆり、という、後、高地民族という、ここが参加
している。後、インドの、デカンの人という、それと
アフガンのみっぱ、という、ミッソムの岡の人という。
【イスラエル、マッキノン、他の参加】
 イスラエルの砂漠の人と言う。ニュージランドのマッ
キノンという人という、マッキノン村の人である。それと、
ナントという、ニュージーランドのナントという、ここの
村の人が参加している。
 アフリカの、南ローデシアの島の人という、マダガス
カルの島の人という、後、中南米の島の国の人という、
ドミニカという、ここの人という。記念に参加した人である。
3日目の記念日である。

 ドミニカのラースという村の人である。ここに呼ばれた
若い人という、ドミニカの国の日でいったのである若い人
である。日本語があるラースの村という。『こんにちわ』と
いう日本語がある場所である。スホイで行った人である。

 ここのひがしという(この日のひがしである)、西の国の
ニカラグアという、ここの国のモンという村の人という。
独立記念の参加という。ここの中心のマグというマナグと
いう町の人という。この町の人がいた所の人という。既に
ワシントンに住んでいた人である。

 ここの人が言ってくださったことという。ワシントンの
すせらぐ、という、言葉のことという、スセラグの言葉と
いう、スペイン語という、スペイン語の古い、エストと
いう言葉という、エストラーという、その言葉のワシントン
を、セッセという、日本のせっせという、同じ言葉である。
ワシントンをせっせという、この期の日本を江戸という。

 後、ペリーという人が日本へ来ることという。黒船の
来港がこれである。この期の黒船という、蒸気機関という、
これに、エンジンの使いという、原子力エンジンである。
両用の船である。ここで出た一山の人の気という。

 アフリカ・ナミベの参加という、4日目である。アフリカ・
モロッコのカサブランカである。キリマンジャロのタンザ
ニアのミナベという、ここの参加という、日本語の通じる
町である。
【鼻の短い象、普通の顔の象】
 ここの象の歯という、これを、ぞうき、という、密林
のあるミナベという、水の池のある所の村の人という。
ここの白い象という、鼻の短い象もいる、普通の顔の象
という、この象が参加していたことという。後、村の人
と一緒に来て、しばらく日本にいたことという。飛行機
である。タンザニアの名の航空である。御所の紫宸奥と
いう、ここに滞在した人である。名を****という、
人と言う。アフリカの****という名前の人という、
たくさんある***という名前である。そこの民族の
名である。カサブランカにも、*****という人がいる
そこの人と言う、すみませんという言葉である。
【モロッコの砂漠の船】
 モロッコの青い家という、そこの人という、日本語を
喋る人という。若い人がいた人である。砂漠の船と
いう話という。柳と竹を植える人という若い人である。

 象の普通の鼻の象の住まう場である。花の長い象もいる。
これと、トリケラトプスがいる場所である。和国の言葉が
ある。この日の和国、ヤバトという、『ま』を『ば』と
いうことの言いの日本語という、ヤバット語という、
今の日本語である、これが通じる場所である。
【ビア・ボーンマス】
 ここのカサブランカの越えという、イギリスのロン
ドンへ行く人と言う、経由がボーンマスである。
ビアボーンという、ボーンマス・ビスという、ビアを
ビスという、古い英語のコックス語という、コックスに
ビスがあることという。ボーンマスが、これを使う所で
ある。ボーンマス・ビスという、ビス・ボーンの言いと
いう、ビアボーンである。  (The Airship
平安時代の昔から、日本では有名な人である。
ジーキルさんという文章(もんじょう)博士である、
ハイドさんという、後世、小説にのった人である。)
リンク有り
(遣英使節の若い人の頃である。)
【シャープ・フロント】
 カサブランカから、ボーンマスへ行った人である、
シャープ・フロントという乗り物である。その人が
歌っておられた、イギリスの人である。一緒にロン
ドンへ行き、滞在した人である。ハイドという象である。
白い象で、イギリスの人の言葉を理解する、頭のよい象
という。ハイドさんという人もおられる、ロンドンの
町という。小説でも有名な人である。若い人が、御
叔父御上と呼ぶ人である。どんな人かは、小説に載って
いるのである。
【ロシアの参加】
 カサブランカの参加という、独立記念日である。ロシ
アのスコという、今のペテルグラードのピソという
一区の参加という。ペールレーという言葉を使う、グリ
語の掛かりの言葉という。他に、世界全国の人が参加
したアメリカ独立の記念日という、この国全部で、150
という数である。この数だけ、世界に150の言葉がある
ことという。グリ語が古い言葉である。英語の前の
世界語である。後に、ラテン語の
一部になる、死語の使い
という、学問である。
Willow. 正(やなぎ)。A26
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@409
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽