2020年08月26日

卒業7080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7080京都船旅5980
古譜4980大原練習4880天の下5280  俺080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、17時28分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】

【古事記の中のアメリカ】
 古事記に表れた、アメリカという、古事記の地の項で
ある。ここに、木曽是(きそぜ)という、表記という。
基礎の国という。カナダを含めた言いという。ここにある、
アメリカのピラミクという、これが、ある日のアメリカと
いう、今のワシントンの村である。アメリカの独立以前と
いう。この記の、ふみゆみ、という。これが、鈍足という、
冠語で、どんぜ、どんぞ、どんせゆっき、という。
【アイリッシュ・ダンス、独立記念日のアイルランドの参加】
 この、どんせに足を付ける、どんせみんはら、という。
この言いを、どんせらんげ、という、後、どんせらん、
という。この『らんげ』を、足でという、あしで、言い
表す、足の言葉という。これが、今の、アイルランドの
足のダンスという、足だけを使う、ダンスという。
アイリッシュ・ダンスという。

アイルランドの糸に出る歌という。アメリカの独立の前と
いう。髪に飾
りをするあいせのよいかま、という。あいせのダウンス
・ラックという。そこのアイスランド という、後、
アイス網という、後、アイルランドという。アイルランド
のよいとき、という。これが、足の言いという。
アイルランドの、アメリカの独立記念の催しである。
【アメリカの夢】
 そこに出たアイルランドという、これを、アイルという、
日本の冠語のことという。後、アメリカのアイという、
アイルという言葉の使いのアメリカという。このアメリカ
を、どめさみ、という。この日の言いに、アメリカを、ダッ
カムという、これを、ダッカムの夢という、夢が場所を表す
言葉である時という。ドリーミングという、アメリカの夢と
いう。これが、後の、アメリカの夢の言葉という。
 アメリカを、たけら、という、この期の日本の冠語である。
【速記文字】 
 たけらみそ、という。たけらのみのそっき、という。こ
の日の表記に、速記を使う、これが、冠語の速記という。
この足の動きの文字という。速記文字である。
【フランス・オーベルニュー】
 この時のフランス、独立記念に参加するフランスの
オーベルニューという。
このオーベルニューの言いに、
そいる、という言葉という。そいのふらせ、という。
これが、パリのいとみの国、という時のフランスである。
この時のフランスを、いとみ、という。後、自由の女神
という、フランスが贈る話という。

 このフランスを、シャラーという、アメリカの、この
日の呼びである。後、フランスを、リバ、リバテという。
これが、自由の女神の愛称になる、アイルランドがかかる
言いという。このアイルランドの国の言いの、リバに、
少しある、リバーの山という、川を山に譬えるアイル
ランドの言いという。これが、日本の、鉄砲を水にいう、
鉄炮水の流れという。
【アイルランドの鉄炮水】
 この時のアイルランドに鉄砲水が出たことという、この
鉄炮水が、流れる譬えを足という。レッグ・フローという、
流れるような足の言葉にたとえる、アイリッシュという。
アイリッシュダンスである。場所がダブリンの奥である。
ここに鉄砲水の記がある。この書きである。アイリッシュ・
ダンスの興りに、この記をとるという、アイリッシュの
浜という、ダブリンの浜の記という。
【すったもんだ】
 この浜が、京都を、すった、という、後、すったもんだ、
という、京都のことである。これを、水漬きという。
水漬きの京都という。水の付いた京都をいう、アイル
ランドのダブリンという。
【ダブリン】
 この言いに、自分の土地が入っている、山を越えて水が
来たという、アイルランドのダブリンという。これが、
アイスランドの古い言葉にあることという。ダブリンの
山である。これが、後の、アメリカの言いになる、
アメリカを、だぶせる、という、アイルランドの呼び
になる。このダフセルが、鉄砲水である。ダブリンの
古い言葉である。リンリンと鳴る鉄砲水という。
午前11時頃という。この11時があるダブリンという。
11時にサイレン等を鳴らす、ダブリンの古いしきたりと
いう。ダブリンの宮のことという。
【猫の書き】
 これが、ドイツにあるマンという、若い人のことが書いて
ある、ドイツ語の書という。マンという記である。アイス
ランドの宮という、アイスランドの古いことがともに
書かれている、この書きの書き手が、フランス語の、
タイプの書である。若い人の『みいこ』という名の猫である。
フランス語で書いてある、このみいこの猫の手という、
猫打ちのコンピューターである。このコンピューターの
こちやり、という今の、コンピューターの64ビットである。
このコンピューターの仕組みという、これが書きに入って
いる、猫の解説という。この猫のことも書かれている。
ドイツ語の部分がそれである。
【足ダンスと鉄炮水】
 長岡の鉄炮水という書きに、ダブリンのことも書かれ
ている。この記のことという。アイリッシュ・ダンスに
鉄炮水という言いをする、ガンデクという、英語で、
ガン・フワールという、水が回ったという、山を越えた
水のことという。この水を、ウッスズという日本の冠語
の言いという。

 この『うっすず』が、アイスランドの古い言いの水で
ある、ウォーターという、言葉の語源である。アイスラ
ンドにある、この言葉という。

 うっすずという言い方をするアイスランドのアイモル
冠語という、アイスランドの冠語である。この冠語が、
アイルランドの、みんてす、という、日本の冠語の入れ
という、アイルランドの冠語の日本冠語という、同じ
言葉である。英語になるウォーという、言葉という。
古く、グリーンランドの言葉という、足の動きの、
左足を曲げる動作の一部に、これがある。アイリッシュ・
ダンスという。

 日本の能の動きという、これが、アイルランドのダブ
リンの宮という。そこの日の歌という。フランスの掛かり
とぞう。

 フランスに、この左足の曲げと一緒のダンスがある。
フランスのルイ王朝の14世の言葉という、鍵という、鍵の
曲げという。フランスのルイ王の鍵の曲げという。

 これが、アイルランドのダンスの意味の一つという。
鍵曲げの岡という、丘の越えという。鍵の岡という、
岡の名前という、ダブリン奥の岡である。日本人がいた
話という、若い人である。
【ワシントン・ピラフ】
 アメリカ独立日のアイルランドという、ワシントンの
ピラフという、ピラミッドという、この造りがあるワシン
トンである。アメリカン・パレスという、ワシントンの
ピラミッドである。ワシントン・パレスともいう。
【オーストラリアの参加】
 独立を祝う、オーストラリアという、このキャンの言
葉という。これを、クッドという、『アイ、クッド』と
いう、この期の言葉とぞう。キャンベラの、デッソンと
いう地の言葉である、英国のコックスの言いという。
この期のアメリカ、グリ語のアメリカである。後に、
英語になる。
正(やなぎ)A26
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@395
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7070 古事記 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7070京都船旅5970
古譜4970大原練習4870天の下5270  俺070 古事記 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、11時22分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】
【古事記】
2020/08/26
9:51 2020/08/26
【恐竜、京竜】
マンモスを、首相という、和辻航空の頃の言葉である。
トリケラトプスという、外止め、という、後、トン、という。
後、、トパセラ、と言う。後、えとより、という、とりけら、
という。この獣の、いと、という。このトリケラトプスという。
こいやまのお生き、という。トリケラトプスのいる日という。
 このマンモスのおしたがう、という。トリケラトプスが、
みよの歌を聞くことを、しもせる、という。した山のお言い
という。

 このマンモスの後の付けという、しゅしょう、という
鳴き声である。これを、言葉という。トリケラトプスの
言葉である。これを、てん、という。てんの声という。
天声という、これを、歌の後に出す、トリケラトプスの
褒めという、みよをめという、めを褒めるトリケラトプス
という、これが、みよの言葉である。
【和辻航空場】
 これを、みよの鳥という、かまつじ、という。和辻の
かま、という。和辻航空場の鳥という。みよの飛びを体現
した、スホイの飛行という。みよが見る、自分のとりと
いう、自分と同じ飛び方をする、という。みよが、スホイ
をいう、自分の造りである、という。
【スホイ】
 これで、スホイを、ちかいかわ、という。これが、
そっこく、という、即閣という、飛行機である。みよの
言う、スホイのことである。
 
 若い人が、こやりき、という、スホイのことという。
若い人の、こてゆき、という、これを、るるさみ、と
いう、言葉の造りという。和国という、穂浦のことを
いう。穂浦やっききの、おいかふらく、という、これが、
和国の言葉である。和国に首相がある話という。
【音楽会】
 トリケラトプスの、しゅきふき、という、しゅしょう
という、トリケラトプスの声という。これが、トリケラ
トプスの、みよの歌の後の、拍手の声である。みよが羽
を合わせて、拍手をする。なんどもする、みよの鳥という。

 大御爺さん、おらるる日のことという。今のことである。
トリケラトプスがいる話という。視座という、しいのふり
うり、という。たくさんいる話という。しゅしょうという、
マンモスという、マンモスの声という、トリケラトプスの
声をいう。マンモスの声を、とめせ、という。とめの言い
という。トリケラトプスの後に、マンモスがしゅしょうと
いう。
【お花古事記】
 これを、手を合わせて、みよの鳥が、マンモスの声を
しゅしょうという、みよを、主唱という。これが、若い人の
家の音楽会である。古事記の中に、書かれた、いとそ、と
いう、言葉の、お花古事記という、古事記の編纂の部という。
古事記の中にトリケラトプスという、マンモスという、みよ
の鳥という項がある。今の古事記である。

 この古事記の編纂の、花のおゆれ、という。古事記を、
ゆいほ、という、ゆいほり、という。これが、語りの山の
お書きである。
たおせらるうのお書きという、古事記の書である。御所で
編纂された物である。和辻航空場の備えである。みよの鳥の
書という。膨大な書である。今のいう、古事記という、
その一部である。
【しゅしょう】
マンモスの声をしゅしょうという、マンモスの言葉に、
しゅしょうという、マンモスの首を、しゅ、という。
この姿である、首の姿という、首相という。マンモスを
首相という。

 ここの家を大閣という、マンモスの家である。毛長象
という、毛が長い象という。大きな象である。これが、
たがという、マンモスをたが、という、たが象という。
たくさんいる話である。穂浦に歩いていた象である、
マンモスという。和国の話という、古い日本という。
和国世の話である。これが、古事記の序である。
序文という、上の文である。お花古事記ともいう。

 日本書記の古い日本書紀である。その時にいた動物、
草花も書かれている。白雉の記という。白い雉がきた
という。この雉、今の始祖鳥である。白い始祖鳥という。
今の雉でもある。合わせて、雉という記である。
日本書紀にある話という。穂浦のことが、書いてある
書である。御所で編纂した話という。

 猫のタイプライターという、フランス語のことの言い
という。この日、穂浦でフランス語を使っていた話という。
和国のことという。古い日本である。

 このフランス語を、びじょふれ、という。びじょの
フランス語という。猫の手より出たフランス語のこと
という。皆、言葉に動物の言葉が入っていることという。

 この猫の住まいという、マンモスの家の一角である。
マンモスをいう、その項がある、猫の書の一項である。
これが、雉をいう、しざむめ、という、始祖鳥のこと
である。古い日の穂浦御所である。今の京都である。
この日、烏丸丸太町辺りを、しざかき、という。
大御婆さんおられる、しざゆさのお御所という。

 ここから、後の府庁という、ここへやってきた猫と
いう。猫の仕事場である。タイプを打つことである。
古事記の一部が、この猫が打っていることという。
びじょという話である。大叔母のお教えという、
美女である話という。
【ベラルーシ】
 ベラルーシという国という、そこへ行った人である。若い
人という。クーベルタン街道を、オーベルニュの井戸のある
所で、鉄の騎という、これを、休ませ、マスクをはずし、
水を飲んだ人という。仮面の人の記という、測量を合わせた
、ロボットの騎という、五つ足のロボットという、それに
曳かれて、今、ヨーロッパの旅をしている若い人である。
『翼よ、見よ』ということの、みよの記という、ふくろう
とオウムである。オウムの話が、猫が書いた書である。

 猫手のタイプライターという、猫がうちやすいように、
キーの上に、猫の手の形をしたものである、はずせば
人が打てるものである。府庁の頃の書きという、猫が
書いた書にこの府庁がある。府庁の記の項という。
若い人が見ている人である、名を、立山という、本編の
主人公である。
Willow. 正(やなぎ)。A26
************************************************************************
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@140
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽