2020年08月25日

卒業7060 俺060 和辻航空場(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7060京都船旅5960
古譜4960大原練習4860天の下5260  俺060 和辻航空場(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
蛍が飛んでいる 紫露草にとまり
水を飲んで 川のせせらぎを聞いている
川沿い柳が枝垂れる ジェット機の飛ぶ
音が聞こえ来る 風が来る それぞれに
行く先 どちらもまた来る

 狐の天気予報。〇r1999/05/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/25日 、20時07分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/27
【【 歌解説 】】
【和辻飛行場】
 若い人の住まう裏が、飛行場であった頃のこと。
ジェット機はスホイである。それがよく行き来していた
和辻航空場という。藁葺きの家の頃である。若い人が、いつも
外へ出て見るスホイの跳びとぞそそ。スホイという、垂直に
空へ上がっていく飛行機である。東方の雄という、意味の機
である。和国語で、即閣という。即閣機の飛び来る、ほぞゆ
かま、という。ジェット機レーンである。舗装がしてある
日である。
【スホイ】
 歌の家の浮き浜の機という。この機を蛍という。蛍が来れば
スホイがやってくる。若い人の好きなスホイである。これに、
乗る人である若い人である。
 ある陽、家の前に降りて来たのである。期首から真っすぐ
に地へ向かい、地上手前で、水平になり、すぐに上向きに
なった機という。そして、後ろで着地である。上向きに立っ
た機という。これが、和国という和国の日である。
【和国花の世】
 今日(8月25日)を和国花という、古い穂浦の暦である。
丙のこよふき、という。暦のいつゆち、という。暦を、め、
という、めひふみ、という。後、この『めひふみ』を、ご
ゆはに置く、この言いの和国言いという。
【ごゆはの矢】
 ごゆはという若い人の住まう家である。この世の若生き
という。若い日の若い人の言いという。ごゆは言いという。
『わぜ、ごゆは、れいして』という、若い人の家への礼儀で
ある。家を尊び、家を重んずる人という。大きな平屋の藁
葺き屋である。前に川が流れている日とぞそ。
【和国人】
 その川に来る、ひらゆま、という、ヒラメの舞い上がる
川という。このヒラメについて来る蛸という。蛸が顔を
見せて浮き上がり、若い人の家へ入ってくる。これに
大きな貝が一緒に来る。座敷へ上がり、布団の上に鎮座
する、これを、家族という若い人という。ヒラメのエイが
また上がって来る、若い人の家族である。イルカも上が
って来る、これを、観るオウムという、『みよ』という名
である。オウムをみよという、みよの鳥という。

 たくさんのオウムが木にとまり、つぐゆれ、という、
オウムの唄が流れ来る。そのオウムの歌である。若い人の
ひきいる合唱団である。つぐゆれの歌である、オウムの歌
という。皆、家族であり、人である。懐かしい和国という
頃である。

 御叔父御上、あられあられる、穂浦由来という、おた
ゆた、という。飛行機の航法である。スホイという歌で
ある。

 マンモスを呼ぶ家である、若い人の家である。
ふち祭りという、動物の人という、マンモスが祭りの、
しさり、という、祭りの先導の役である。名を、ゆもはま、
という。スホイに乗るマンモスという。和国の首相である。
毛には貝がとまっている日である。遠い昔のことという、
若い人の、ベラルーシという、チェコのプラハという、そこ
へ一緒に行った随行員である若い人である。

 若い人のいう、和国という、和国の栄えある国民である。
創郷(そうきょう)という、和国花のお書きである。和国は
そういう和国である。和国相一景という。
Willow. 正(やなぎ)。A25
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/20 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@506
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽