2020年08月23日

卒業7040 唐大公 武汉、အောငဆနး、 (壮強太陽):イカスミ柳

请指出分数、ကေးဇူးပု၍ ရမတကိုညနပပ
武 汉、အောငဆနး、(アウンサン)
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7040京都船旅5940
古譜4940大原練習4840天の下5240  俺040 唐大公 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
武漢から南宋へ行く、今の総凍(人偏、東)村
船岸に 私を待つ 行けば晴嵐の迎え
山形の網笠被る 深い河 馮々 馮々と
馮水道 南宋の村はずれ 太宗の生まれに
渭水江


 狐の天気予報。〇r1999/05/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/22日 、19時22分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/24
【歌解説】
【武漢、武汉市、Wuhan】
2020/08/22
 武漢から、渭水へ行った若い人という。若い人が、弟と
いう、渭水河畔の情景である。
 唐大公のこんたり、という、てっその言いの、ぐりから、
という、日本のグリ語という、これを、栗語と書く。
てっそという、ていそ(丁祖)の言いという。テイタムという
言いである。ローマ字で表記する、ロシアのローマ字である、
この日のロシア、サラセンという、サラセンのルーファーと
いう。サックの数風という。これを、れって楼という、ロシ
ア造りの楼閣である。場所が、武漢という、武漢と南宋で
ある、この渭水の謂れの行きという、若い人の弟という、
むおとうとという、ていという。弟鳳(ていほう)という町の
名の南宋の町という、弟鳳区である。この言葉が、
 弟鳳という、弟鳳語の使いとぞそ。武漢の言葉の継げで
ある。後、夏の国の言葉という。夏殷周の夏である国の言
葉という、弟鳳語という、武漢の丁呂語である。
 この道を、テイタム論閣という。テイタムの町の初めの
頃の歌である。後、アウンサンという、唐のアウンサンと
いう。アウンの唐という、唐をアウンという、これが、丁呂
語である。武漢の言葉が唐朝に復活する、今の唐の長安の都
という、これを、豆腐という、唐府のことである、長安であ
る。長安を豆腐、唐府という、武漢の古い人の言いである。
この豆腐を、金の豆腐という、武漢の金の区のことという。
水東の場所である。武漢の水東である。池、沼、湖の東である。

 アウンの塔という、唐のアウン塔という、武漢の塔である。
アウンが、丁呂語である、古い武漢の言葉である。
亜運という表記である。これが、丁呂の町の表記である、
この後、簡体字になる(今の中共の字である)。
この期の武官の表記である、丁呂である。

 そこの拍子である、四拍を、三つで分ける拍子である。
歩きが、ロボタム、という、歩きである。このロボタムを、
ロシアのサラセン文字を使う表記という、これが、サラ
センの期のロシア文字である。ルローフラーという、当時の
この文字の呼びである。アルファールレともいう、これが、
日本の英語様の冠語である、日本風を、こいかま、という。
こいかまという文字である、アルファールレである、丁呂
語という意味でもある。こいかま語という、日本語で
ある冠語である。
((付、ロボタムが、字であり、歩きである。後の、タメロル
 という、為郎という言葉であり、歩きを伴う言葉という。
 とうしばという、唐相の役の言いという。後、東芝と
 いう。電器会社の名になる。この電気のある日という。
 200ボルトという、今の家庭電気製品である。中性子炉
 より発電された直の電気という。直流である。これが、下の
 W.E.州 という電気会社の名である。
 この日の電気、100ボルトと200ボルトである。直交流、直流、
 交流の三通りである。若い人の住む家である。))

 唐大公という、唐の太宗のことである。南宋では、唐大公
という。これが、南宋語である。チャオランルーという、
中国の武漢の愛家の言いである。

 これが後、愛家を、南宋閣という、ここの金の言葉という、
テイタム・ロンルーという日本の英語風冠語である、日本風
冠語で、ろよわら、という、南宋閣のことをろよわらという
日本の冠話である。御所の、きよひ閣という葉所である。
清斐閣。セイラーフという、せみそわ、という。ろわぜる
という、ろんすの閣名という、革命という、後の御所である。
ここを、レボルバーという、革命御所の継ぎである。後、
レボルーション・パレスという、このままの英語である。
古く、レボルバーという、レボルーションのことである。
後、リインカーという英語風冠語である、英語のリインカ
ネーションという、リインカーナルロンクーという。
この『ロンクー』を論空と表記する、これが、表記の言葉で
ある、表記から言葉とぞそ。

 唐大公を、アウンという、亜運体操という、これが、大漢
国の表記である。
 大公という大漢の首須(しゅず)という、これを、体操と
いう、大漢の首相という役目である。夏に受け継がれるもの
という。夏の国の首須である。これが、武漢の市の記録で
ある。金彫の記という。この記が、アウンサンの字の使いと
いう、このアウンサンがミャンマーのアウンサンである。
武漢の頃に行き来があった話である。ウイグル文字に近い
文字である。このウイグル文字から金華の文字がでる。
 金華文字という。トンパ文字のような字である。
 
 パプア・ニュギニアのパプア文字である。トンパの出
である。
Willow. 正(やなぎ)。A22

************************************************************************

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜7900大原練習7800天の下8200  俺940 唐大公 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou97508
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@76上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/17 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@474
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽