2020年08月20日

卒業7000武漢航路 Frá Kyoto til Wuhan  从京都到武汉 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7000京都船旅5900
古譜4900大原練習4800天の下5200  俺000武漢航路Frá Kyoto til Wuhan 从京都到武汉
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
君が武漢へ行く時は 五条の
飛行場へ行けば 遠い日は船が
浮かんでいた イージス艦船が浮かぶ
今は日は変わり 空へ飛ぶ 時は
うつりにけりな いたずらに

 狐の天気予報。〇r1999/05/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌解説】 
そうきょうはよい時です。20200819
アイスランド語
【新潟長岡、京都長岡】 
 長岡の鉄砲水を見たという。若い人である。前触れは、
もちろんないのである、ある晴れた、リンリンリンと
きれいな音が聞こえてくる。『来る!』、鉄砲水である。
山食らいは簡単に越えて来るのである、長岡を水琴の都と
いう。各地に水琴窟がある。良い音が聞こえるという。

 長岡という、あのようなきれいな音が聞こえてくる。
丘はそういう所である。恐い所である。新潟の長岡という、
水琴窟はありますかと問えば、『時は、うつりにけりな、
いたずらに』という、米百俵の話という。新潟の長岡という、
鉄砲水があった所である。水琴丘音というのである。
そこへ向かんという、これを、ぶかんという、京都の武官と
いう。向かうことを、ぶかう、という町である。新潟長岡と
いう。米百俵の英語という、英語を漢字で書く所である。

 これを鬼語という長岡の古い日とである、若い人である。
鉄炮水のことを、ライハという、来る波という、これを、
ウェーブという、ライハを英語というのである。来波。
これが、鉄炮水の水である。丘という所は、そういう英語を
使うのである。これを、くるなま、という、来波のことと
いう。この『なま』が、浪の話である。ウェーブという、
これを、鬼英語という。丘は、鬼が住むという、、どこの
丘でもそうである。

 ここが、ウェーという言葉を使う所である。京都の御所の
丘という、京都便のウェーである。
『そうやウェー』という、『そうや』『そうです』という。
これが、丘のウェーである。鉄砲水の出る所はそういうの
である。

 『時はうつりにけりな』という、時が映る場所という、
水琴丘音の映りという。『いたずらに』という、音はそ
ういう物である。『ながめせしまに』という、長雨がな
かっても、やってくるのである。鉄砲水の歌である。

 『花の色はうつりにけりな』と言うた時に移ってくる
のである。鉄砲水のことである。これを、長音という、
鉄砲水の音の話である。

 若い人は言うのである。水琴窟は、地下に入れてある、
自然の水琴という。丘鳴きという、きれいな音が聞こえ
るのである。水琴ぶかん、という、これの言いで、むかん
という、無冠という。

 これがある話という。無冠という、これを、ぶかんと
いう読みをする時のことという。
『あの冠は、むかんのである。』『俺が、きくを持つぁさ』
という、水琴窟をきく時という、きく時という、水琴窟の
音を、菊音(きくおと)というのである。

 この菊を、クリサンスマという、クリサンスマ無という、
こういう書きをするのが、丘の協賛という、共鳴である。
菊音共鳴という。
 
  丘から丘へ共鳴すると、水は山を越えるのである。
これが、音をめでる話で、水琴で共鳴さすのである。
水琴窟の共鳴という。

 『この水琴の音は丘で聞こえるか』という、『なが
めせしま』であるという答えのようなものである。
小野小町さんという、内侍の人という。

『わかってるか』という、『むかんとは、どういうことや、
いうてみ』という、小野小町さんという人である。
長い髪の絵という、長髪の女御という。『ながめせしま』の
御講義である。御所の内の話である。

 『長岡へ向きます』という、この長岡を、むかん町という。
鉄砲水が出て来る所の言いである。長岡鉄炮町という、この
鉄砲をガンダムという、イージスの艦船での用語である。
船渠ともいう場所ともいう。長岡をガンレバという、
この『ガン』を壁という、水の壁という。

 鉄炮水を、こまちききする音という。長岡に小町菊を植
えることという。鉄砲水の菊植えという、上の方で聞く話
という。聞こえたらやってくるのである。早い時には、
十秒、二十秒くらいである。山を越えてやってくるのである。
【無冠武官】 
 リンリンリンと鳴く話である。武漢の鳴き山という、ど
この丘がそうであるかという、小町菊の植わった所である。
植えた人である、若い人である。いろんな丘がある、日本と
いう世界という。
【武漢】 
 武漢の青山という、ウーハン・ハックスという、ハックス
の丘という、武漢の水という、大きな湖のような、池のような
沼という、武漢沼という、そこの東にいる若い人である。

 五条飛行場から新潟へ行き、長岡の町という、ここの、な
がめ山へ飛行機を降ろし、山の斜面である、再び、武漢へ
向かう人という、長岡こうはみ、という、長岡航路という、
武漢への一航路である。

 この武漢の若い人がいる家である。若い人の故郷である。
メイヨーという言葉を使う、金の所という、この『メイヨー
』、今の中国語である。

 『オア、ナッシング』という、無という、意味の言葉と
いう、これを、これを大切にする武漢の金の一区である。
金の産地という、鉄工の町という。新潟長岡もそうである。

 小野小町さんという、若い人の先生である、御講義大切
という、御所講義の一講である。

 武漢に水琴窟がある話という。水琴窟の町である。
正(やなぎ)。A19.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/14 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@611
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽