2020年08月04日

卒業6860 俺860 若草山放射能行 Bringing radioactivity(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6860京都船旅5760
古譜4760大原練習4660天の下5060  俺860 若草山放射能行 Bringing radioactivity(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
我が道は遠く 放射能の缶を以て丘行き
五輪車を降りて 若草山聳え尊くと
軽きはわが心と軽い頭とが 双郷めでる
缶を開けて我が足にかけて 頂へ

 狐の天気予報。〇r1999/04/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/02日 、20時13分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/04
【歌解説】
【奈良若草山】
 あかやまれ 若草山の 放射能
 浴びてぞよき 丘喜び笑む
 
 昔のあか山という、若草山さぞそ。あかやまれという若草
山の序詞であ。あかお山ともいう。赤くなった日がある山で
ある。煙を上げた山である。放射能を撒くという若い人の山
思いである。軽い頭という、軽い気持ちという、この日の、
けいとうという、ケイトウの花の咲く丘むという。

 うれしい矢田川の丘という、若草山のことである。奈良山
勁草という、若山の行楽という、放射能持参の行楽である。

 おかけ山、放射能をかけた山である。山鹿喜ぶ、えいほ、
という。宝恵篭(ほうえかご)の山である。宝恵という放射
能のことである。篭(かご)という山のことをいう。若篭と
いう山である。篭槍という、篭闇のお言いとぞう。

 奈良方言の『だす』である。『そうだす』という、『そう
です』の意の言いという。篭方という、篭方言という。
奈良野都という、若篭宮という。奥篭という、山の奥の方と
いう。奥若草山という、丘が二つあったことという。

 今の若草山である、若篭双世という、若篭の双若である。
放射能話あげるという若い人である。奥山ぜる・かのふれ、
これなるを。

 奈良若草山の暦の言葉とぞう。今日を、『なつゆての浜』
という。奈良の古い暦である。今の、五月中日という、七月
十五日という、れを、ひあげ山という、暦の中日という。
五月二京という、二つの丘の並びの京苦という、この『苦』、
若の意味である。、これを『にがい』という、若いを、にが
い、という言葉とぞそ。

 私の好きな若草山麓という、苦い人という若い人である。
二京というに京山という、双郷山という、双郷の若草山であ
る。丘双ぶ山である。
正(やなぎ)。A02
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/27 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽