2020年08月28日

卒業7090 俺090 ZURDOFA ぞうどうふぁ (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7090京都船旅5990
古譜4990大原練習4890天の下5290  俺090 ZURDOFA ぞうどうふぁ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】自動作曲、Myriad100%、曲名とも
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  France, Myriad, Harmony Assistant
【歌詞】創郷 
昨夜明けて 鉾の中の寝間のかたずけ
鉾を見て回り夜も楽しく 休んでいる鉾を
拝む 身の夜を渡る鉾 静かに身を休める
かな日と暦はダイナスティーと表す
ふち祭りの日と

 狐の天気予報。〇r1999/05/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/28日 、19時06分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/30
【歌解説】
 曲、曲名も全部、自動です。フランスのMyriad社の、
Harmony Assistant という、ソフトです。伴奏もこの
ソフトです。聞いた感じがだいぶ違います。歌も歌うソフト
です。楽譜はシルバースタージャパン社、Music ScorePro、
です。 
Willow. 正(やなぎ)。A28
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/23 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@463
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7082 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7082京都船旅5982
古譜4982大原練習4882天の下5282  俺080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、17時59分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】
【ロシアの参加】
 カサブランカの参加という、独立記念日である。ロシ
アのスコという、今のペテルグラードのピソという
一区の参加という。ペールレーという言葉を使う、グリ
語の掛かりの言葉という。他に、世界全国の人が参加
したアメリカ独立の記念日という、この国全部で、150
という数である。この数だけ、世界に150の言葉がある
ことという。グリ語が古い言葉である。英語の前の
世界語である。後に、ラテン語の一部になる、死語の使い
という、学問である。
【エスペラント】
 この日に、エスペラントという、言葉の発表という
東欧の言葉が使われた独立記念日の午後という。
5日目である。エスペラントが発表され、すぐに使わ
れたことという。リンカーンを、モゼというエスペ
ラントである、初期のエスペラントという。ワシン
トンをいう、エスペラントの綽名である。エスペラント
を、ワシントン・ラツクという話という。
ジョージ・ワシントンのことを、エストラントという、
エスペラント語である。

 これが、独立記念の祭りを、エストという、エスペ
ラント語という。後、東欧の国の名の元になる。
【ふち祭り、エスペラント】
 このエスペラントを、ふち祭りに使う、18番目と19番目
鉾という、エストラント鉾という、ワシントン鉾である。
18番目が、エスペラントの国の鉾である。これを、独立鉾
というふちの松の言いという。ダイナレンガという、ダイ
ナ鉾という。ふち祭りの独立にする、祭りの独り立という。
これを、生きている祭りという。祭りを、生きという、
ふち祭りの航行という、生きた祭りのことという。
【19、ワシントン鉾】
 19番目が、ワシントンという、ワシントン鉾である。
この鉾の音楽が雅楽である、『さくらさくら 』の歌という、
後、ポトマック河畔の桜という、独立記念の名残である。
【20、カサブランカ鉾】
 20番目が、カサブランカの鉾である。モロッコの王と
いう、飾りが、笠である、これを、綾傘、綾菊笠という、
菊丸鉾という、後、菊笠変わり鉾という、航行の途中で
シャープ・フロントという、飛行機様の自動車になる鉾
である。
【21、アンゴラ鉾】
 21番目が、ナミベという、ナミベのアンゴラという
アンゴラの鉾という。エスペラントをいう、東欧のまみ山
という、まみの鉾という。この『まみ』が、鉄砲水という、
この鉄砲水が越えたという山である、ナミベの内陸側の山
である、岡という。1200メーター歩との高さである。
後、沈む岡である。

 この沈んだ時がワッポーという村の出来た頃という、
今のワンポーである。ここの地という、日本語の冠語と
いう、これを、エスミスという呼びをする。日本を東器
という言いをする。英語で、イースト・ベスルという、
ワンポーの村の言いという。ここが、英語と日本語を使う、
ナミベの村という。ナミベとワンポーが、日本語が通じる、
英語が通じる、エスペラントを話す村である。

 21番目のことを、ウという、現地のアフリカのナミベ語
という、20番目を、エルというこの言葉の意という。エル
ウという、日本の古い言いの、得るという言い方という、
『得る』を『得るう』という『得るう』の一解釈である。

アフリカが、日本を、エルウロという、この言いの音便の
ヨウロウという、日本を養老国という、これが、後、日
本がヨーロッパという、養老派という、西洋を東欧に
とらえる見方という。これが、今のエスペラントの日本の
学校の造りである。エスペラントの学校があることという、
大學の語学部の一つになっていることという。エスラント
学校が今でもある話である。エスペラントの鉾の言葉で
ある。
【23、ひょとこ鉾】
 後、23番目が続く鉾である。この鉾をひょっとこと
いう、ひょっとこ鉾の面の鉾という、おかち山という。
おんれるの言いの鉾という。口を突き出した、言葉の鉾
という、蛸の様の面の意味という。権現の鉾という、
飾りが、ひょうとこの面を屋根上につける、この屋根上が、
屋根ごと傾く出来という。傾いたときに、蛸が顔を出す
からくりという、これを見る、ロシアのパという、パと
いう、馬がいる、馬の一種である。これがフィーファー
と声を出す。フィーファーの鉾という。これが、今の
電気の機器におかれる、電気の鉾という。
【24、原子炉鉾】
 後ろが原子力の鉾である。原子炉である。この日の
原子炉をいう、24番目の原子炉で、我が国の24番目の
原子炉である、原子が飾られる、24番目の原始という、
これをボボという、アフリカ現地のフウの民族という、
ここの民族の衣装の飾りという、後、アウという、
アウスフウという、日本語のようなアフリカの現地語
である。これが、鉾の独立記念日の残しである。
独立記念日を入れる、ふち祭りという。日本の和国の
祭りである。和国鉾という、原子のことという。


 現、元素表の24番目のクロムという、このクロムの
元素を飾る鉾である。wakokuという別名である、クロム
である。これが、和国の科学でもある。古い穂浦の科学
という。原子爆弾が既にあった穂浦である。
【25、原子爆弾鉾】
 原子爆弾を、あいらく、という和国の呼びである。
正子(しょうし)という原子爆弾のことという。この原子
爆弾が25番目の鉾である。若い人が抱いて寝ていた鉾で
ある。この原子爆弾の鉾25を、ネリットという、練り鉾
という、練鉾の読みをいう、読みこれを、ネリットと読む
穂浦の読みである。後、和国のコビットという、オースト
の読みという、オーストラリアの鉾が、この鉾に続く、
オースト鉾という。これが、オーストの鉾の衣冠をいう、
衣冠をコビットという、和国のオーストラリア冠語である。
【26、山車鉾、だしぼこ】
 造りが、傘で、屋根のかわりという、山車だけが動く、
途中、原子爆弾の鉾に傘が出る、この傘を雲行きという。
この雲を、26番目の鉾が持つ、この渡しを、レンゾーと
いう、レーゾーともいう。イタリアの鉾の廻しという、
27番目の鉾に回す、オーストの衣冠鉾である。
【27、南極鉾】
 この造りを、25、26、27の造りを、レビソンという、
レットという。レビソンが、冠語である、この冠語が、
始祖鉾、始祖鳥鉾という、南極鉾である。南極へ一緒に
行った始祖鳥である。
南極の冠語である。昔の南極という、この造りの
27番目の南極鉾という。巫女が白い始祖鳥である。
行った始祖鳥である。大きさ6メーター程である。
乗っている始祖鳥という、南極の飾りの上に乗る始祖鳥
で、これを巫女という、皇子である。白と黒が交互に乗る
ことと言う。乗り替わりが、後ろの28番の鉾の曳きという。

 曳きが、ひょうほう、という声を出す、ナウマン象と
いう、マンモスの一回り大きい象である。恐竜に入れら
れている象という。この象のひょうほうを音楽にする
人という、若い人の弾くレーゾーという、電子楽器で
ある。これを、象に渡す人という、これを、象の持ち
という、象が餅を食べる人という。象に餅を食べさす
和国の風習である。喉をつめないことをいう。
小さい切って、喉をつめないような大きさにする。
【28、脳鉾】
 象が食べる餅という、今の鏡餅である。大きな
鏡餅である。小さくして、象の食べやすいようにする、
丸い小さな餅という。これを、象れまという、喉が
つまらない餅の食べ物という。菱餅の場合もある。
これが、象の脳の働きを、人がする脳という。
象脳という、後頭部の一部分である。この鉾を脳鉾
という。28番目の鉾である。南極の鉾の後ろである。
【29、ひみゆ鉾】
 後ろが、ひみゆ、という鉾である。自動車を乗せる
鉾である。古く、自動車をひみという、ひみゆという。
ひみこは、自動車の子供である。自動車の親子を乗せる
ひみゆ鉾という。29番目の鉾である。

 マンモス鉾のマンモスが、ナウマンを親という、
このナウマンを、ひみゆという、マンモスを、ひみこ
という。自動車の鉾が、我がの名を、マンモス鉾に渡す、
これが、29の鳩の介しという。鳩が、名札を銜えて、
ナウマンゾウに渡す場面という、ひょうほうの鳴きで
ある。

 これを、ひょうとこの蛸が聞く、蛸が足を少し見せて、
手のように揺らす、手を振る蛸という。そこへ札を渡した
後、鳩が手を銜える、これが、鳩の呼びという、蛸が、
ピーという声を出す場面である。鳩を、ピーコックと
いう、和国の言葉である。後、ピービドという、ポン
ピドーの語源である。ポンピドーという兵器である。
【37、ポンピドー】
 37番目のポンピドーの鉾がこれである。ポンピドー
の兵器がこの蛸の越えで現す、軍隊の出動である。
この軍隊が、和国ロボ軍である。後、伏見の師団という。
ロボット軍隊の出動である。蛸のピーの声で発動する
和国私道というそこを、並んでいる軍隊が、祭りに加わる
ロボットの行進である。37番目のロボット軍団である。
これが、古事記に書かれている、和国の部の表記の項と
いう。
【古事記37の項、ロボット書記】
 古事記の編纂の37番目である、ロボットが書いた項で
ある。このロボットを操作して、自分をいう、パピーと
いう、ロボットの子供という。軍人の風のロボットの
子供である。この子供が親の軍人にお茶を出す、その
時、親のロボットが、子供に、『あり』という。
これが、ロボットの言葉の、ありがとうである。
今のありがとうがそうである。人がこれを使うのである。
ロボット語の取り入れという。これを、機械の世という、
この世は、機械のものである、話である。
 
 機械の世である、マシン・ワールドという、マトソン
という、和国の機械和国である。穂浦機械団という、奇怪
談の出来という、後が、お化けの鉾である。49番以降とぞう。
正(やなぎ)A26
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@416
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年08月27日

卒業7081 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7081京都船旅5981
古譜4981大原練習4881天の下5281  俺080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、17時49分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】

【ワシントンのリカール】
 このグリ語が残る、グリーンランドの古い言葉という、
ワシトンという、今の政府のある近辺である。グリ語を
使う古い人がいることという。
【エッドワード空軍基地】
 一部、リカールランドというグリーンランドの地の
名という、ワシントンのリカールという地である。
他に、中国という、この期の中国という、丁鳳語という、
グリ語の元の武漢の地がかかる、フォーという地という、
今のフォートワースという場所である、ここに、グリ語
と丁鳳語がある。アメリカが出たフォートワースという、
アメリカのエッドワード村という、今のエッドワードの
基地のある村という。
【フォートワース、中国武漢】
 ここの言葉が、一部、丁鳳語を使う、これにグリ語を
使う所という。今のエッドワードである、かかりが、
フォートワースである。これで、武漢がかかることという。
似た言葉がある丁鳳の言葉とぞそ。後エッドワード空
軍基地である。兵舎出たところが、木が植わっていた
頃という。その期の奥に、小さな坂道があった頃という。
この期の言葉で、木を、ウッズという、坂を、マレルと
いう、丁鳳語であるとともにグリ語である。後、スローブ
という坂を、アイスランドでよる、アイスランドのアイル
ランドという、この期の踊りという、アイリッシュ・
ダンスという、エッドワード村の踊りである。似た動きの
はたをいう。この動きになるアイリッシュのエッドワード
という。

 後が、カナダ空軍という、アメリカの中のカナダと
いう、カナダのおちさり、という。空軍の発進のカナダ
ゆれ、という。吉上空で、時々強風が発生する日のエッド
ワード村という。これが、カナダの言いである。カナダの
風邪という、エッドワードの言いである。楓の発進という。
【エッドワード空軍基地一景】
 この日のカナダ、楓があったことという。カナダの橋
の家という、カナダの橋で、屋根がある橋という、ここの
楓という。この楓と同じ楓がエッドワードの楓である。
兵舎出た所の木である。坂状になった所である。緩い坂
である。
【独立記念日、村の参加】
 ワシントンの独立記念に参加したエドワード村という。
同時にカナダの橋のあるところの村という、アイルランド
という、アイスランド村という、独立記念の日の二日目で
ある。
【中国武漢の参加】
 この時、武漢が参加している、後、南京という、他に
中国の、ウイサという所の民族という、今のウイグルという、
中国の中華峰という、今のエベレストの横の同じ高さの峰の
ことという、ここの麓の、ビルマという地の参加という。
【台湾の参加】
 台湾の台北という、ここの現地民族という、民族の名を、
たかゆり、という、後、高地民族という、ここが参加
している。後、インドの、デカンの人という、それと
アフガンのみっぱ、という、ミッソムの岡の人という。
【イスラエル、マッキノン、他の参加】
 イスラエルの砂漠の人と言う。ニュージランドのマッ
キノンという人という、マッキノン村の人である。それと、
ナントという、ニュージーランドのナントという、ここの
村の人が参加している。
 アフリカの、南ローデシアの島の人という、マダガス
カルの島の人という、後、中南米の島の国の人という、
ドミニカという、ここの人という。記念に参加した人である。
3日目の記念日である。

 ドミニカのラースという村の人である。ここに呼ばれた
若い人という、ドミニカの国の日でいったのである若い人
である。日本語があるラースの村という。『こんにちわ』と
いう日本語がある場所である。スホイで行った人である。

 ここのひがしという(この日のひがしである)、西の国の
ニカラグアという、ここの国のモンという村の人という。
独立記念の参加という。ここの中心のマグというマナグと
いう町の人という。この町の人がいた所の人という。既に
ワシントンに住んでいた人である。

 ここの人が言ってくださったことという。ワシントンの
すせらぐ、という、言葉のことという、スセラグの言葉と
いう、スペイン語という、スペイン語の古い、エストと
いう言葉という、エストラーという、その言葉のワシントン
を、セッセという、日本のせっせという、同じ言葉である。
ワシントンをせっせという、この期の日本を江戸という。

 後、ペリーという人が日本へ来ることという。黒船の
来港がこれである。この期の黒船という、蒸気機関という、
これに、エンジンの使いという、原子力エンジンである。
両用の船である。ここで出た一山の人の気という。

 アフリカ・ナミベの参加という、4日目である。アフリカ・
モロッコのカサブランカである。キリマンジャロのタンザ
ニアのミナベという、ここの参加という、日本語の通じる
町である。
【鼻の短い象、普通の顔の象】
 ここの象の歯という、これを、ぞうき、という、密林
のあるミナベという、水の池のある所の村の人という。
ここの白い象という、鼻の短い象もいる、普通の顔の象
という、この象が参加していたことという。後、村の人
と一緒に来て、しばらく日本にいたことという。飛行機
である。タンザニアの名の航空である。御所の紫宸奥と
いう、ここに滞在した人である。名を****という、
人と言う。アフリカの****という名前の人という、
たくさんある***という名前である。そこの民族の
名である。カサブランカにも、*****という人がいる
そこの人と言う、すみませんという言葉である。
【モロッコの砂漠の船】
 モロッコの青い家という、そこの人という、日本語を
喋る人という。若い人がいた人である。砂漠の船と
いう話という。柳と竹を植える人という若い人である。

 象の普通の鼻の象の住まう場である。花の長い象もいる。
これと、トリケラトプスがいる場所である。和国の言葉が
ある。この日の和国、ヤバトという、『ま』を『ば』と
いうことの言いの日本語という、ヤバット語という、
今の日本語である、これが通じる場所である。
【ビア・ボーンマス】
 ここのカサブランカの越えという、イギリスのロン
ドンへ行く人と言う、経由がボーンマスである。
ビアボーンという、ボーンマス・ビスという、ビアを
ビスという、古い英語のコックス語という、コックスに
ビスがあることという。ボーンマスが、これを使う所で
ある。ボーンマス・ビスという、ビス・ボーンの言いと
いう、ビアボーンである。  (The Airship
平安時代の昔から、日本では有名な人である。
ジーキルさんという文章(もんじょう)博士である、
ハイドさんという、後世、小説にのった人である。)
リンク有り
(遣英使節の若い人の頃である。)
【シャープ・フロント】
 カサブランカから、ボーンマスへ行った人である、
シャープ・フロントという乗り物である。その人が
歌っておられた、イギリスの人である。一緒にロン
ドンへ行き、滞在した人である。ハイドという象である。
白い象で、イギリスの人の言葉を理解する、頭のよい象
という。ハイドさんという人もおられる、ロンドンの
町という。小説でも有名な人である。若い人が、御
叔父御上と呼ぶ人である。どんな人かは、小説に載って
いるのである。
【ロシアの参加】
 カサブランカの参加という、独立記念日である。ロシ
アのスコという、今のペテルグラードのピソという
一区の参加という。ペールレーという言葉を使う、グリ
語の掛かりの言葉という。他に、世界全国の人が参加
したアメリカ独立の記念日という、この国全部で、150
という数である。この数だけ、世界に150の言葉がある
ことという。グリ語が古い言葉である。英語の前の
世界語である。後に、ラテン語の
一部になる、死語の使い
という、学問である。
Willow. 正(やなぎ)。A26
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@409
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年08月26日

卒業7080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7080京都船旅5980
古譜4980大原練習4880天の下5280  俺080 独立記念日、ふち祭り (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、17時28分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】

【古事記の中のアメリカ】
 古事記に表れた、アメリカという、古事記の地の項で
ある。ここに、木曽是(きそぜ)という、表記という。
基礎の国という。カナダを含めた言いという。ここにある、
アメリカのピラミクという、これが、ある日のアメリカと
いう、今のワシントンの村である。アメリカの独立以前と
いう。この記の、ふみゆみ、という。これが、鈍足という、
冠語で、どんぜ、どんぞ、どんせゆっき、という。
【アイリッシュ・ダンス、独立記念日のアイルランドの参加】
 この、どんせに足を付ける、どんせみんはら、という。
この言いを、どんせらんげ、という、後、どんせらん、
という。この『らんげ』を、足でという、あしで、言い
表す、足の言葉という。これが、今の、アイルランドの
足のダンスという、足だけを使う、ダンスという。
アイリッシュ・ダンスという。

アイルランドの糸に出る歌という。アメリカの独立の前と
いう。髪に飾
りをするあいせのよいかま、という。あいせのダウンス
・ラックという。そこのアイスランド という、後、
アイス網という、後、アイルランドという。アイルランド
のよいとき、という。これが、足の言いという。
アイルランドの、アメリカの独立記念の催しである。
【アメリカの夢】
 そこに出たアイルランドという、これを、アイルという、
日本の冠語のことという。後、アメリカのアイという、
アイルという言葉の使いのアメリカという。このアメリカ
を、どめさみ、という。この日の言いに、アメリカを、ダッ
カムという、これを、ダッカムの夢という、夢が場所を表す
言葉である時という。ドリーミングという、アメリカの夢と
いう。これが、後の、アメリカの夢の言葉という。
 アメリカを、たけら、という、この期の日本の冠語である。
【速記文字】 
 たけらみそ、という。たけらのみのそっき、という。こ
の日の表記に、速記を使う、これが、冠語の速記という。
この足の動きの文字という。速記文字である。
【フランス・オーベルニュー】
 この時のフランス、独立記念に参加するフランスの
オーベルニューという。
このオーベルニューの言いに、
そいる、という言葉という。そいのふらせ、という。
これが、パリのいとみの国、という時のフランスである。
この時のフランスを、いとみ、という。後、自由の女神
という、フランスが贈る話という。

 このフランスを、シャラーという、アメリカの、この
日の呼びである。後、フランスを、リバ、リバテという。
これが、自由の女神の愛称になる、アイルランドがかかる
言いという。このアイルランドの国の言いの、リバに、
少しある、リバーの山という、川を山に譬えるアイル
ランドの言いという。これが、日本の、鉄砲を水にいう、
鉄炮水の流れという。
【アイルランドの鉄炮水】
 この時のアイルランドに鉄砲水が出たことという、この
鉄炮水が、流れる譬えを足という。レッグ・フローという、
流れるような足の言葉にたとえる、アイリッシュという。
アイリッシュダンスである。場所がダブリンの奥である。
ここに鉄砲水の記がある。この書きである。アイリッシュ・
ダンスの興りに、この記をとるという、アイリッシュの
浜という、ダブリンの浜の記という。
【すったもんだ】
 この浜が、京都を、すった、という、後、すったもんだ、
という、京都のことである。これを、水漬きという。
水漬きの京都という。水の付いた京都をいう、アイル
ランドのダブリンという。
【ダブリン】
 この言いに、自分の土地が入っている、山を越えて水が
来たという、アイルランドのダブリンという。これが、
アイスランドの古い言葉にあることという。ダブリンの
山である。これが、後の、アメリカの言いになる、
アメリカを、だぶせる、という、アイルランドの呼び
になる。このダフセルが、鉄砲水である。ダブリンの
古い言葉である。リンリンと鳴る鉄砲水という。
午前11時頃という。この11時があるダブリンという。
11時にサイレン等を鳴らす、ダブリンの古いしきたりと
いう。ダブリンの宮のことという。
【猫の書き】
 これが、ドイツにあるマンという、若い人のことが書いて
ある、ドイツ語の書という。マンという記である。アイス
ランドの宮という、アイスランドの古いことがともに
書かれている、この書きの書き手が、フランス語の、
タイプの書である。若い人の『みいこ』という名の猫である。
フランス語で書いてある、このみいこの猫の手という、
猫打ちのコンピューターである。このコンピューターの
こちやり、という今の、コンピューターの64ビットである。
このコンピューターの仕組みという、これが書きに入って
いる、猫の解説という。この猫のことも書かれている。
ドイツ語の部分がそれである。
【足ダンスと鉄炮水】
 長岡の鉄炮水という書きに、ダブリンのことも書かれ
ている。この記のことという。アイリッシュ・ダンスに
鉄炮水という言いをする、ガンデクという、英語で、
ガン・フワールという、水が回ったという、山を越えた
水のことという。この水を、ウッスズという日本の冠語
の言いという。

 この『うっすず』が、アイスランドの古い言いの水で
ある、ウォーターという、言葉の語源である。アイスラ
ンドにある、この言葉という。

 うっすずという言い方をするアイスランドのアイモル
冠語という、アイスランドの冠語である。この冠語が、
アイルランドの、みんてす、という、日本の冠語の入れ
という、アイルランドの冠語の日本冠語という、同じ
言葉である。英語になるウォーという、言葉という。
古く、グリーンランドの言葉という、足の動きの、
左足を曲げる動作の一部に、これがある。アイリッシュ・
ダンスという。

 日本の能の動きという、これが、アイルランドのダブ
リンの宮という。そこの日の歌という。フランスの掛かり
とぞう。

 フランスに、この左足の曲げと一緒のダンスがある。
フランスのルイ王朝の14世の言葉という、鍵という、鍵の
曲げという。フランスのルイ王の鍵の曲げという。

 これが、アイルランドのダンスの意味の一つという。
鍵曲げの岡という、丘の越えという。鍵の岡という、
岡の名前という、ダブリン奥の岡である。日本人がいた
話という、若い人である。
【ワシントン・ピラフ】
 アメリカ独立日のアイルランドという、ワシントンの
ピラフという、ピラミッドという、この造りがあるワシン
トンである。アメリカン・パレスという、ワシントンの
ピラミッドである。ワシントン・パレスともいう。
【オーストラリアの参加】
 独立を祝う、オーストラリアという、このキャンの言
葉という。これを、クッドという、『アイ、クッド』と
いう、この期の言葉とぞう。キャンベラの、デッソンと
いう地の言葉である、英国のコックスの言いという。
この期のアメリカ、グリ語のアメリカである。後に、
英語になる。
正(やなぎ)A26
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@395
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業7070 古事記 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業7070京都船旅5970
古譜4970大原練習4870天の下5270  俺070 古事記 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、小林 茶・正(やなぎ) 俺
    造詞、小林一茶・正     俺
    監修、小林一服・正(やなぎ) 俺
       雪柳里花代・正    俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/05/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。08月/26日 、11時22分
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
正時、毎正時、正(やなぎ)よいですと、言いましょう。2030/09/28
【歌解説】
【古事記】
2020/08/26
9:51 2020/08/26
【恐竜、京竜】
マンモスを、首相という、和辻航空の頃の言葉である。
トリケラトプスという、外止め、という、後、トン、という。
後、、トパセラ、と言う。後、えとより、という、とりけら、
という。この獣の、いと、という。このトリケラトプスという。
こいやまのお生き、という。トリケラトプスのいる日という。
 このマンモスのおしたがう、という。トリケラトプスが、
みよの歌を聞くことを、しもせる、という。した山のお言い
という。

 このマンモスの後の付けという、しゅしょう、という
鳴き声である。これを、言葉という。トリケラトプスの
言葉である。これを、てん、という。てんの声という。
天声という、これを、歌の後に出す、トリケラトプスの
褒めという、みよをめという、めを褒めるトリケラトプス
という、これが、みよの言葉である。
【和辻航空場】
 これを、みよの鳥という、かまつじ、という。和辻の
かま、という。和辻航空場の鳥という。みよの飛びを体現
した、スホイの飛行という。みよが見る、自分のとりと
いう、自分と同じ飛び方をする、という。みよが、スホイ
をいう、自分の造りである、という。
【スホイ】
 これで、スホイを、ちかいかわ、という。これが、
そっこく、という、即閣という、飛行機である。みよの
言う、スホイのことである。
 
 若い人が、こやりき、という、スホイのことという。
若い人の、こてゆき、という、これを、るるさみ、と
いう、言葉の造りという。和国という、穂浦のことを
いう。穂浦やっききの、おいかふらく、という、これが、
和国の言葉である。和国に首相がある話という。
【音楽会】
 トリケラトプスの、しゅきふき、という、しゅしょう
という、トリケラトプスの声という。これが、トリケラ
トプスの、みよの歌の後の、拍手の声である。みよが羽
を合わせて、拍手をする。なんどもする、みよの鳥という。

 大御爺さん、おらるる日のことという。今のことである。
トリケラトプスがいる話という。視座という、しいのふり
うり、という。たくさんいる話という。しゅしょうという、
マンモスという、マンモスの声という、トリケラトプスの
声をいう。マンモスの声を、とめせ、という。とめの言い
という。トリケラトプスの後に、マンモスがしゅしょうと
いう。
【お花古事記】
 これを、手を合わせて、みよの鳥が、マンモスの声を
しゅしょうという、みよを、主唱という。これが、若い人の
家の音楽会である。古事記の中に、書かれた、いとそ、と
いう、言葉の、お花古事記という、古事記の編纂の部という。
古事記の中にトリケラトプスという、マンモスという、みよ
の鳥という項がある。今の古事記である。

 この古事記の編纂の、花のおゆれ、という。古事記を、
ゆいほ、という、ゆいほり、という。これが、語りの山の
お書きである。
たおせらるうのお書きという、古事記の書である。御所で
編纂された物である。和辻航空場の備えである。みよの鳥の
書という。膨大な書である。今のいう、古事記という、
その一部である。
【しゅしょう】
マンモスの声をしゅしょうという、マンモスの言葉に、
しゅしょうという、マンモスの首を、しゅ、という。
この姿である、首の姿という、首相という。マンモスを
首相という。

 ここの家を大閣という、マンモスの家である。毛長象
という、毛が長い象という。大きな象である。これが、
たがという、マンモスをたが、という、たが象という。
たくさんいる話である。穂浦に歩いていた象である、
マンモスという。和国の話という、古い日本という。
和国世の話である。これが、古事記の序である。
序文という、上の文である。お花古事記ともいう。

 日本書記の古い日本書紀である。その時にいた動物、
草花も書かれている。白雉の記という。白い雉がきた
という。この雉、今の始祖鳥である。白い始祖鳥という。
今の雉でもある。合わせて、雉という記である。
日本書紀にある話という。穂浦のことが、書いてある
書である。御所で編纂した話という。

 猫のタイプライターという、フランス語のことの言い
という。この日、穂浦でフランス語を使っていた話という。
和国のことという。古い日本である。

 このフランス語を、びじょふれ、という。びじょの
フランス語という。猫の手より出たフランス語のこと
という。皆、言葉に動物の言葉が入っていることという。

 この猫の住まいという、マンモスの家の一角である。
マンモスをいう、その項がある、猫の書の一項である。
これが、雉をいう、しざむめ、という、始祖鳥のこと
である。古い日の穂浦御所である。今の京都である。
この日、烏丸丸太町辺りを、しざかき、という。
大御婆さんおられる、しざゆさのお御所という。

 ここから、後の府庁という、ここへやってきた猫と
いう。猫の仕事場である。タイプを打つことである。
古事記の一部が、この猫が打っていることという。
びじょという話である。大叔母のお教えという、
美女である話という。
【ベラルーシ】
 ベラルーシという国という、そこへ行った人である。若い
人という。クーベルタン街道を、オーベルニュの井戸のある
所で、鉄の騎という、これを、休ませ、マスクをはずし、
水を飲んだ人という。仮面の人の記という、測量を合わせた
、ロボットの騎という、五つ足のロボットという、それに
曳かれて、今、ヨーロッパの旅をしている若い人である。
『翼よ、見よ』ということの、みよの記という、ふくろう
とオウムである。オウムの話が、猫が書いた書である。

 猫手のタイプライターという、猫がうちやすいように、
キーの上に、猫の手の形をしたものである、はずせば
人が打てるものである。府庁の頃の書きという、猫が
書いた書にこの府庁がある。府庁の記の項という。
若い人が見ている人である、名を、立山という、本編の
主人公である。
Willow. 正(やなぎ)。A26
************************************************************************
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/05/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@140
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽