2020年07月29日

卒業6780 俺740 花竹(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6780京都船旅5680
古譜4680大原練習4580天の下4980  俺740 近江山(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
おかえぜら行けば 花咲き 町は
秋篠の花竹 忍び草の花 藤原の
古い宮の地偲ぶ よりけびのよりかる
竹の花由良 織りなす色添える
いしさゆり

 狐の天気予報。〇r1999/04/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200531
【歌解説】

 いしさゆりという、石の百合の花、これを、『石』という
コンピューターの技術者の言葉という、コンピューターの
部品である。けび石という、石のことという。メモリーの
部品という、マイト・ビットという、日本の言葉の逆入り
という。これを、けび石入りという、言葉のことである。
 後、マイトをK(ケー)という、マイト・ケーという、
1024マイトルという、技術の呼びの、ケー(K)という。
K単位という、倍の計算の単位という。これが、後、
1ケー・ビットという、今のコンピューター用語である、
1024ビットのことである。これを、石毛という、石の計算
の単位という、この石を、けび石という、藤原山の石毛山
という、そこの勘定という、石毛勘定という、これのこれ
の、曽呂利という、江戸朝の曽呂利門左衛門という、頓智の
ような話という、アメリカのサンノゼという、マック・パー
という言葉の使いという、マック・パー・ビットという、
これを、コンという、コンマックという、コンマックのパ
ーレカという。後、パーティションという、パーレル・パ
ーゼーの、よりかる、という。最大のことをいう、これを、
マック・パワーという、エンジンに使う言葉ともいう。
マック・パワー
 古い日の音速にとる、航空機のエンジンの最大出力という。
技術者の言葉である、石よらし、という日本語という、石よ
らの言葉という、藤原宮の言葉とぞう。
長岡京
 古い日の長岡京である、京都の長岡の町の言いという。
マック・レンセーという、マック・テンションという、マ
ック・レーゼーの石水の計算という。これの歌である。
 石の中の水の計算という、鉄砲水が場所のことの言いとい
う、マック・ウォーツという、この『ツ』である、津という
表しとぞ。山の津である(サンズイ偏を、山と書く字、津、
山-津のサンズイを消す。)
藤原鎌足
 この津が後を、もみやみ、という。もみやみ津という、山
の津である場所という。これが、やみ、闇という、場所を闇
という、藤原宮の言葉とぞず。藤原鎌足という日の、闇よら、
という、藤原鎌足の足の向かう 場という、行き先という。
 藤原鎌足の行く場所を、よりかる、という、よりかる闇、
という、行き先のことである。
 そこに石の花が咲いていた、石に咲くゆりという、花の
ことである。これが、よりかる花という、行き先の花という、
場所の目安である。藤原鎌子という人の話である。
藤の花原、薬草の藤
 『よりかった』という言葉の出の宮という、藤原京の長岡
京のことである。『藤原鎌子花行』という、かこうらんぜむ、
という、長岡京の冠語である。藤原を、こむみる、という、
こんそめ、という、藤の花のある所 という、藤さ原ゆり、
という、藤の原の花という意味である。これが、藤原の名元
である。藤という花の言葉という、この花が咲いていた場所
とぞう。さんみるやっき、という、藤原冠語の長岡京の建物
という意味である。薬(やく)という薬草である、藤の花とい
う、やっき草という、薬草である。

 藤原くすし(薬師)という、後、種継という、藤原の名とい
う、薬になる藤の花のことという。藤原鎌子の花名という、
花の名を名乗る若い人という、鎌子という人という。

 歴史の取り入れの駄作である、本文という。薬子の変、
種継の乱
という、咲乱れという、後、種継の暗殺という、
本曲を聞いていたのである、藤原花史にそう書いてあるこ
とという。藤原薬子が変わったという、病状がよくなった
話という。日本薬草という話である。有名な話という。
藤原花史編纂委員である若い人という。

 花詞という、この頃の歌の歌詞である、はなしという。
花史。藤原話の歌である。頃は、コンピューターの話と
いう、この頃のコンピューターである、1024ビットという。
藤原コンというコンピューターである。
凛々鉄砲水
 鉄炮水が出る場所である。鉄炮水とは、何の予兆もなく、
突然出る水である。晴れも曇りも雨も、天候に左右されない
鉄炮水という、凛々という言葉という、このような読みの
音という、音読み水という、凛々鉄炮という、水である。
リンリンと音がする話という、この音がすれば、すぐに
高台避難することである。鳴き水鉄炮という、鉄砲水で
ある。山食らいは、越えてやってくるのである。

 長岡かまれむ、という、鉄砲水のことである、藤つ
わらはる、という、藤の原々という、一面泥の海である。
鉄炮水の都である。藤原種継という今の藤の花という、
子孫であることという。花史。
サンノゼ
 サンノゼのマック・バレーという、シリコン・バレーの
話という、石のことである。石の谷のお書きという。石岡
というサンノゼの一角である。これが、病を治すコンピュ
ーターという、病の治るスピードを、マック・キュア・
ランという、ラン・ナンバーという、マック・パーという、
古いサンノゼの医師という、そういう話である。

 コンピューターを医者が使う話という、マック・ツール
という、コンピューターのウィルスという、石から薬を作る
インターフェロンという、石の中の水をいう、鉄砲水で
流れる石、その中の水という、パッと治るインターフェロン
である、サンノゼの医学という、マックを医者という替え
言葉である。

 パット・マックという、これが、長岡の古い医術である。
みっする川ゆり、という、藤の花の川の花という、川添いの
花である、これを、いしの花という、花史草という。
はなしぐさである、本文である。インタフェロンのインターと
いう、花、石、技術、という、文である。コンピューターを
介した話という。

 駄作者の脳である、健康を期す話という。偉大な話という、
医大菜話という、藤原草という、医大草という別名である。
医大草という、医大文である、総合科学という、コンピュー
ターによる芸術でもある、音楽という、挿絵付本譜とぞ。
付、アメリカ・サンノゼ寸景。
正(やなぎ)。J29
*********
【コンピューター、御マイクロソフト】
 御マイクロソフトという、日本語英語混じりを使う人であ
る、若い人である。
日暮れの町、サンノゼ
 サンノゼの日暮れという、ここを、マイクという、マイク
ロソフトという、きぼろくの日暮れという、これを、マイ
クロデー、綿山の出の日の出という、これを、日暮れにとる
言いのマイクロソフトという。マイクロラックスという、
くすらりのらり反り、という。マイトの英語という、『アイ、
マイト』という、『マイト、ビー』という英語の発祥の場と
ぞそ。

 これが、コンピューターの、うとそと、という、コンピュー
ター周りの用語の発祥をいう、うとゆとの言いという。
『マイト、ヤング、ミー』という英語の使いの場所という。
この場所をマイクロユリという、ユリの花の言葉という。
ユリを、マイト、シックという、マイクロの技術という。
マイクロソフトを、マイト・ロングという、長生きの技術
という。これが、コンピューターの健康である。

 ウィルスをいう技術がここから出る、ウィルスの機械の
ウィルスである。これを、いち、という。ウィルスをいちと
いう、ワンという、ワン・マイクロの技術という、技術の
やのおいや、という。この『おい』が、『老い』にかかる、
長生きを『オイル』という、これが機械の言いである。
オール・ロングという、オ・ロングという、マイト語と
いう。英語のロングの機械に使うサン・ノーズという、太陽
の鼻という、花の掛かりという。どちらも、フラワーと
いう、これを、サン・フラワーという、太陽花という言葉
という、サン・ノーゼの意味である。ノーズという、知識の
表しという。

 後が、像の花の山という、ロング・ノーズという意味
の町の名という、これをとるマイクロソフトの名という、
名の由来という、ソフト論の山という。ソフトラックという、
マイクロラック論語という、マイトという言葉という。
 技術者の英語という、『アイ・マイト・ユーズ』という、
使いをする技術者の機械用語の取り入れという、メイをマイト
という使いという。『アイ・シンク』という、『アイ・マイト
・シンク』というギシュツ者のことばのことという、これを、
マイクロソフトという、リノーの英語ともいう。マイト論語と
いう、技術者の言葉をいう。
サンノゼ市
 この技術が、コンシンの技術をいう、後という、後に、
コンタクトという、シンタクの言いという。技術者の交友と
いう、シンコンの交友という。これが、コンピュートピア
という、交友界をいう、技術交友のことという。
 マイクロのやのお書きという、技術のめでの話という。
マイクロ連絡という、マイクロソフトのコンピューター連絡
という、今のメール、ホームページという、マイクロ連絡
である。これが、音を伴う、アカンパニーという、同伴の
技術という。技術者のくといき、という、技術を、く、と
いう、技能の快楽という。技能をとるマイサムという、マイ
クロの古語である。サムが親指である。親指の技術という、
 これをマイクロソックという、マイクロソフトの技術と
いう。退散山という、これが、技術の退避という、技術を
退避させる山揺れという、山が揺れた地という、サンノゼの
日暮れ時という、山が上下に揺れた地である。盆地のよう
な場所がそうである。マイクロの場所という、真の井黒で
ある。井戸のように暗い町の一部分という、これを、日暮
れという場所である。サンノゼという場所のことという。

 ここの技術を、サンクスという、陽が沈むという意味で
ある。ありがとうに掛けた、サンクス・ロッコクという、
サンクスの国という、日暮れの国という、サン・マイクロと
いう、日暮れの国という意味という、サンタムという、
マイクロソフト・サンタムという、これが、マイトの英語で
ある。技術者の英語という、サンタム・イングリッシュという。
御マイクロソフト流、長生き
 エイリアスという言葉ともいう、エイリアス・イングリッ
シュという、イングリッシュの使いである。ここの英語という、
マイクロソフト・イングリッシュである。
 『アイ・マイト・ビー・ロング』という、長生きの技術と
いう、マイクロソフトの技術である。コンピューターによる
健康である、安全ともいう。これを、人の世という、これを、
一夜という、ワン・ナイトという、長生きの夜の町という、
技術者の長生きである。これが、サンノゼの町の人の長生き
である。ロング・ライフ・ワン・ナイトという、技術一夜の
町という。このワンをあるという意とぞ。ある夜の町という、
技術の発祥の日暮れ町という。サンノゼの町である。

 盆地のような町の一角という、そこの日暮れの所という、
早く日が沈む、山に囲まれたような所という。長生き所の
一角という。マシン・カードという、マシン・カーブという、
所である。機械をめでる所という。これを、太陽の目という、
人を、太陽と表す所という、サン・フラワーの言いという。
 技術者の花のひまわりである、太陽話ひまわりという町と
いう。ひまわりの町というサンノゼという町とぞ。
五連符
 ゴーオン・マイクロという、ゴーの里という、これを、
技術のゴー郷という、ゴーゴーの技術という、サンノゼ・
ユーズという、マイクロ律という、マイクロのリズムという、
音楽の五連符という、技術者の歌という。

 ペンタ・パットンという律である。音楽の五連符である。
コンピューターを音楽の補助用具に使う技術のこととも。
五連符の歌、マイクロ・リズムという、マイトムという言葉
ともいう。オン・マイクロソフトという、御マイクロソフト
という、オーマイクロの山という、四つの山の岡という、
日暮れ町というさんのぜのことである。

 真井黒の井戸という、真井戸という、毎度の意味である。
マイクロ。デーの話という、ここの町の技術のことを、マイト
という、真糸の蛸糸という、これを、マイト・カイト、私の
都会という、日本語交じりの英語という。マイトガイという
日本語の英語という、都会の人という日暮れの民という。
マイトガイ・ナイトという日本語の英語の発祥である。

 日沈タウンという、日暮れの生まれの町という、技術の
発祥をいう言葉という、日沈みという。サン・セット・タウン
という、セブンズ・タウンという、七つの海の技術という、
世界技術のという。世界に普及するコンピューターという。
マイクロのやという、夜という、都会の夜という、ハウレル
という言葉の意味である。ハウレルの技という。杉の木の
意味でもある。杉の木の技術という、ソフト論である、
本文という。マイクロ技お書き、これとられよ。
これを取る文である、技術者の言いという、『とられよ』と
いう言い表しである。
正(やなぎ)。J29
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "KOREA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/24 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@559
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽