2020年07月09日

卒業6570 Korea 俺560 ニューヨーク、ラッシュモア(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6570京都船旅5470
古譜4470大原練習4370天の下4770 Korea 俺560 ニューヨーク、ラッシュモア(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1999/04/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200531
【アメリカ】 sotu6560続き。
黒夏
 若い人が黒夏という、ブラック・サマーという。
http://wakaihito.sblo.jp/article/54278603.html
 これを、国家に充てる、これを、ネーションという。寝る
ことをネーションという、黒魔御殿という、黒志摩という、
黒志摩殿のお言いという。
古篠山城
 『寝て暮らす』という、篠山のいよの言いとぞう。この篠
山、代表が、丹波の兵庫である、兵庫県の丹波篠山である。
暗くする黒という、黒くすることという。これが、丹波の黒
を、ブラセラという、黒志摩殿の言いという。後、紫宸殿と
いう、御所の紫宸殿である。丹波篠山寝て暮らすデッカンショ
という。デッカンの所とぞう、デッカンショである。
紫宸殿をデッカンショという、デッカの言いの言葉という。
デッカン所、デッカ所という。これが、古い紫宸殿である。
今の御所の古い御所の紫宸殿である、デッカ御所という。
でそめそという、でその御所という。ここが、寝ることを
ネーションという、言葉を使う、デッカ御所である。
デッカンショ
 後に、デカルト・カントという、ショーペンハウエルの
言いという、デッカンショである。
『丹波篠山、これをや〜める、るいろってそ』という、童の
歌の御所という。紫宸殿の古童歌である、冠語の歌で、この
言葉を歌語という。
今風に『丹波篠山、これをとったと、いいみすら』という。
昔の言いの今風である。『いいみすら』という、御簾良と表す
言葉の出とぞそ。丹波篠山の、京口の尤という、尤郭の言いと
いう。古い丹波篠山城の言いである。
青山
 丹波篠山が自らを青山という、青山藩という、これを、
えどまれ、という。丹波篠山青山城の高殿(たかとの)城とい
う。この城の丘という、丘闇という丘の言葉の冠語という。
これが、御所冠語の元である。
和等冠語
 この御所冠語を後、和等(わとう)という、和等冠語という。
和等の青山城という。これが、和という、和国という、日本の
古い言いという、後、丹波篠山青山城という、ここを、日本と
いう。日本城という、古い呼びである。今の篠山城の古い篠山
城である。この城下の京口という、京口町の尤郭という、これ
が、遊郭の出である。後、御所に入れる尤郭という。篠山の
尤郭である。この御所から全国へ遊郭を出す、御所の尤里閣
という、遊郭の最初である。この頃が、村上城の造り頃という。
村上城を作り始めた頃である、新潟の村上である。
アメリカの町
 この頃のアメリカである。黒人町という、白人町という、
黄人町という、スーのインデアンを、黄土人という、黄土人町
という、これが、散在していたアメリカである。始めからいた
白人である。

 この言葉である。どこも日本語が通じ、英語が通じ、フラ
ンス・ドイツ・アフリカーンス・中国語等、世界の言葉が通
じていたことという。これが、英語を代表とする町という、
英語を話す町々という。今も日本語が通じる場所という、
ラパスという町とぞう、日本語の漢字もある町である、カリ
フォルニア半島の町である。この先のサンルカスという、
ここも日本語がある町である、他に朝鮮語もある、フランス語
という、ドイツ語然り、世界の言葉が通じる頃である。
エッドワード空軍基地
 この頃、エッドワード空軍という、フォートワースから西の
場という。ここを、エジスラーという当時の場所の名である。
このひぃの、かいせる、という、後、カイゼルというドイツ
語の町という、これが、エドワードをモックソクという言葉
で話す頃という、今のドイツ語である。飛行機を、アレロク
という、当時のエドワードとカイゼルの町という。このカイ
ゼルの町、ルロラルという、ロシアのバイカル湖の町の言葉
を喋る町とぞう。ロシアン・ラーゲという。これが、
エッドワードをエッジワースという、ロシアの掛かりの言葉
という。ワースが、ロシア語のよいという意味である。ニエ
という意味とぞそ。これが、ロシアを後に、ラメーという
ロシアをラメーという、ロシア語の椅子という意の言葉という。
これを、椅子語という。椅子の言葉の入りという。ロシア語の
ラメーがいすである。英語のストゥールである。エッドワード
空軍が、椅子をラメーということという。エッジワースロン
カスという。エッドワードロンという、このことである。
この文である。

 若い人のいたエッドワード空軍基地という、雨が斜めに
降り、その中で着陸をする飛行機という、強風強雨の発着進と
いう。エドワード空軍の御家芸である。
ニューヨークをモワセラという。(冠語)
 この頃のニューヨーク、モワセラという。町に住む人々、
礼の山の町という、ニューヨークの礼を尊ぶ人々の町である。
黒人あり白人ありインデアンあり、アラブそれぞれの分を
守った人々という、ブラックスーツという黒服に身を包んだ
人の礼儀という。ある人は、イギリス風のシルクハットを被
り、又、黒人は、バラセルという衣装を着る風という。バラ
セルという、黒人の背広である。インデアンも背広を着る
町であり、礼儀正しい人の行き交う町である。言葉はそれぞれ
に色んな言葉がある、英語混じりのアフリカ語、ドイツ語、
フランス語、中国語、・・・いろんな言葉の行き交う町で、
それで通っていた、ニューヨークの二番街である。若い人の
書きという。こんなよい町である。
差別と言えば、『私は黒人、あの人は白人』という、それ
だけである。
奴隷の意味
 奴隷という私という、奴隷の言葉の意味という、その町
に従属する意味という、住所地のことを、奴隷地という。
従属の意味である。もちろんこの中にも、白人であり、
黒人の服を着る人、黒人であり中国服を着る人、いろんな
装束という。これがニューヨークの町である。若い人のい
たニューヨークという。
京都御所一時期
 これが、日本にも一時期あった話という。御所に住まい
の黒人、アラブ人、中国人、朝鮮人、ヨーロッパの人、
アフリカの人、いろんな人が御所という、今の烏是の御所
である。祐の井の裏の人という、イギリス人という、黒人
という、そんな御所である、御所の一時期という。日本各
地にもある話である。イギリスの人が住んでいる、アメリ
カ人がいるという、日本の古い頃という。
またゆめのお書きという。この文である。

 御所の人という、アメリカ人あり、アフリカ人あり、
アラビア人あり、朝鮮人あり、いろんな人がいた御所という、
御所の一時期という。この人たちを御所人であると呼ぶ
若い人である。京都御所のことである。デッカという御所で
ある。デッカン所、デッカンショのことである。これが、
デカルト、カント、ショーペンハウエルのことである。
五十ヶ国語のお書きという。御所新聞がこれである、古い日
の御所である。山崎の屋のお言いという。冠語の英語を使う
場所という。又、フランス語の冠語を使う所である。
五十ヶ国語の冠語という。それぞれに冠語があることという。
御所のうわずみという、うわずみの言葉という、外国語の
冠語である。

 冠語という歌語という、全部、今の言葉にあることという。
英語も、フランス語もアフリカ語も、皆、今の言葉が一番
古い言葉である。今使っている言葉が古い言葉である。
 イギリスのコクニーという、少し新しい言葉である。
今の英語が古い言葉である。言葉の造りがそうなっている
ことという。
 you goest という、言葉のあった頃の御所という。
二人称単数のyouという。これを使う日の御所である。
この日のニューヨークという、ワシントンの都という、ここ
を、アム都という。アム・トラックという、言葉をトラックと
いう、これを、バレスセーという。パレスの言いという、
ワシントンをパレスジョという、バレス所のことという。
ワシントンを、バレス・タウンという、パレスの言いという、
これが、コクニーである。ペンタゴンの古い言いで、ペンタ
ゴン・トラックという、ペンタゴンの言葉である。
『アイ、ソッチス』という言葉という、『私は行く』という
意とぞう。これが、ゲチスの言葉である。のち 、ゲチス
バーグである。リンカーンの演説という、ゲチスバーグの
演説である。バイ・ザ・ピープル、フォア・ザ・ピープルの
演説である。冠語がかかる英語である。この冠語、ニュー
ヨークのマンハッタンの言葉である。古いマンハッタンの
言葉で、朝の挨に、『グッド、ヨーク』という挨拶をする
町の人々の挨拶という。これが、ニューヨークの町の
古い挨拶である。

 イギリスのヨークシャにかかる言葉である。日本語の宵町
という、表記の良い町である意とぞう。この宵を、グッド、
イーブニングという、英語のグッドの言いという。
英語、良い言葉  
英語を良い言葉という、フランスの人の言いに、ボンという
言葉という、、ボン・グッドという、古いワシントンのアー
リントン墓地の言葉である。墓参りのボン・グッドである。
アメリカの人の墓参りである。
言葉の取り入れ
 黒人霊歌を歌う日のアメリカの白人の墓参りという。ジャ
ズの話という、黒人霊歌である。『ラウンダ、メドゥザマム・
リンギング』という、白人の英語の、黒人の英語の取り入れ
という。スピック・ロングという英語である。スピークを
スピックという黒人の英語を取り入れた、アーリントン冠話
という、これを、シューズ・ハットという、靴語という、御
所のワシンの冠語という、靴語という。スピック・ロングと
いうアーリントン冠話である。ペンタゴンもこれを使う頃と
いう。スピック・ロングのペンタゴンという。この取り入れを
奴隷という、黒人英語を取り入れたアーリントンの言葉という。
スレーブ・ハットという、スレーブ・シューズという。
取り入れて従属さすという意味である、言葉のことという。
アーリントン冠話をスピック・ロングという
 スピック・ロングという、アーリントン冠話、アーリン
トン靴語という、奴隷冠話という、自分に従属したという
意味である。自分が持った話という、これが奴隷という、
人を大切にすることを奴隷という、古い日の御所の言葉であ
る。自分が持つ尊重の意である。奴隷の意である。Blackと
書く文書が出る話という。Blackが、インキの色である。
古い日の英語の文書である。
Blueと書く文書という、これを、ハル色という、ハル・ノー
トのことという、青インキで書かれた文書であることという。
ブラック・ノートをベンという、ベン・ノートという。
この期の文書という、御所に外国人が住んでいた頃である。
これが、若い人の外国人である、自分をがいそんという、
若い人という。尊所という御所である。御所のことを、
尊所ということという。外国人を外孫という、若い人の自分
である、自分を外国人という人である、若い人である。
フォーリナーという、若い人の自称である。
『フオーリナー、ゆってそ』という御所の奴隷語である。
フォーが遠くを表す、遠い所を外国という、若い人である。
 アメリカに寄せて、古い日のニューヨーク寸景とぞ。
モロッコの英語
 この奴隷をいう、モロッコのカサブランカの町という、
モロッコ・イングリッシュの使いという、モロッコにある
イングリッシュの言葉である。奴隷という言葉をふんだんに
使う言葉である。自分を奴隷という、モロッコの古い英語と
ぞう。『スレーブ、ゴー、ツゥー』という、モロッコの傘の
言葉という、傘のぶらんか、という御所の『スレーブ、カ
ム』である。京都の御所の英語の冠語である。スレーブと
いう自分を表す言葉である。奴隷冠話という。

 これが、土御門の土鈴でもある。土御門門という、土鈴を
つける門という、長岡京市の墓地でもある。
ビール 
 言葉を取り入れることを、土鈴、奴隷という、取り入れら
れた言葉を奴隷、土鈴という。ボンを取り入れたボン・グッド
という、これを、よいどれという、酒の酔いの取り入れという、
この酒を、しゅれ、酒盗という。盗人酒という。酒飲んで
坂を上がる酒(さか)という。酒盛という、坂森という、酒酔
いの歩きの形容である。これが、斎藤の意味である。いつき
の宮の意という。木を五つ並べる字という、泥山のお書きと
いう。

ミービスという、この『ビス』という、『ビア』の意味
である。bith、via。これが、ドイツ語のビールである。
ビールモアという、ビルゲンの言いという。花火を取るビー
ルという、話をビールという、ファイヤーのビータルという。
花火を、ファイヤー・ワークという、英語のビスマスという、
ビスマスのゆいという。ゆい浜の言葉である。
ドイツの知恵
 この浜が、ボーンマスの浜である、英国のボーンマスと
いう。花火という意味である。先の尖った花火である。
子供の遊びの花火である。水中に燃える花ともいう。
水中の花火である。リンが水の酸素をとって燃えることの表し
という。水中花の日である。これを取る人という、御所の
花火である。水中で燃えるリンという。これの芸である。
水中よびやみ、という。水中花のことという。水で燃える
リンの花火である。ボーンマスのいまの沖という。これが、
ボンの呼びのドイツ語のボンである、ドイツのボン市のこと
という。ドイツの科学という。ドイツ人の知恵である。
ドイツ語を花火語という、ファイヤーワーク・ランゲージ
という。ラッシュモアのドイツという、アメリカのラシュ
モア山の芸のことを、花の顔山という。花火を上げるラッ
シュモアの芸術という。ライトの正義である。アール・
エル・ライトという。ラッシュモアの言葉の掛かりとぞそ。
ドイツ語のラッツという。ドイホンの言葉という。
ラッシュラッシュのことという。花火を上げる人の意という、
病封じという意味である。ドイツの知恵という。
ニューヨーク五番の意味
 ニューヨークの五番の街の意味という。ワシントンの顔の
岩の意味である。病封じで、健康のことという。花火の意味
である。今様、ウイルスの影響を遮断する意味という。スー
の山という、長生きのスーという、五の意味でもある。
スー族の長生きという、ラッシュ生きという。ラッシュモア
のことである。アメリカの長生きともいう。長生きのアメ
リカ人という。この人を、ロング・トーンという、ヨーロッ
パのロング・ホーンである。スイスの長息の造りである、
アルプス・ホルンのことである、長生き笛という。スーの
知恵という、スー族の知恵である。アルプスがスー族の言葉
でもある。スレーズレーという、山のスレードという、スレ
ーブという、山のスレーブ・カットという、山の斜面の従属
という、マウンテン・スレーブの言いという。山に従属した
坂である。土鈴、奴隷の山という、ラッシュという意味であ
る。音が添う花火をいう、音楽入りの花火である。アメリカの
独立記念日である。この独立が従属である。独立も従属も同じ
意味である。この日の楽を、マウンテン・スレーブ・エアとい
う。山に従属した曲という意とぞそ。モロッコの英語である。
従属の話である、奴隷のことという。奴隷の源義が従属である
ことという。

 役目上のことという、プレジデントの奴隷という、プレジ
デントに従属した人という、バイス・プレジデントである。
この従属をスレーブと表すことという。これを、奴隷を持っ
た大統領という、リンカーンの従属の部下という。白人も
黒人もいてインデアンもいたことという。リンカーン大統
領という、顔山の人という。

 奴隷解放という、従属を説いた話という。リンカーンが
奴隷をいう人という。リンカーン・カットという、リンカ
ーンの頬のカットである、岩の芸術のことをいう。スレー
ブ・カットともいう。双頬のダブル・チークのカットである。
その曲線が、山の斜辺の曲線である。山のスレーブという、
山に従属した斜辺のカットという、リンカーン・カットである。
スイス長息笛、長生き笛
 スイスのアルプスの長息笛の長いホルンの音を聞く人という、
リンカーンの言葉の意味である。自動車のリンカーンでもある。

 人を自分に従属させて、自分の意のままに操ろうとする、
そんな人はいないことという。リンカーンの顔の山の意味と
いう。
ビッグバーンの山
 リンカーンは暗殺されたという、暗殺者という、ギターを
つま弾く人を、暗殺者という。ギターの音を暗殺音という、
カット音がたくさん入るギターの音という、これを聞いた人
である、暗殺されたという、暗殺者はギターを弾いていた人
である。たくさんの人が弾いていた話という、リンカーンの
話という。スーもいたという、スーがギターを弾いていたこと
という。リンカーンが、これを聞いていた人である。この頃の
アメリカの暗殺という言葉である。ドラムを打つことを、バ
ーンという、ビッグ・バーンの聞きという、ビックバーンの
山のことという、ラッシュモアの山の響きである。

 これを、山ずみという、山のふもとの音楽会という、花火
をする人の芸の一つである。病封じの音という、山麓の音楽
である。どちらも病封じである意という。独立記念日の花火
という、病封じの意ともいう。今様、ウイルスの影響をカット
することである。

 ラッシュモアの『ア』、エアの『ア』である。エッドワード
という、ワードである。エッド・アのことという。エッドの
音楽という、ラッシュモアの山の音楽である、エッド・エア
という。空気の曲という、目に見えない空気という、その意味
である。ウイルスに好影響という、ウイルスの影響をカット
する意味である。トランプの切り札という、カッティング・
カードのことという。エッドの切りという、ギターのカット
音とも、これの言葉の掛かりである。

 ギターのカット音で病を封じていくこととも。音のカット
という、音を切る音楽の手段という、病封じの意があること
という。古く、スレーダー・レットという、英語様の冠語と
いう、スレーダーがギターである。スレーダー・カットとい
う、ギター・カットである。スレーダーが土鈴である、土の
切りという、崖のことである。山麓の音楽という。病封じの
この意味という。ベル・レゾンの言葉である、フランス語の
英語読みである、グッド・サウンドという意味である。
スレーダーという冠語の英語である。ギターのことという。
音楽が健康をとっていく、カットがこの技法のひとつである。
カットの代表がギターである。

 古い日のエジプトのラムセス像の岩の像である。その岩の
切りである。ベル・レゾン・カットという。ビーイル・ラン
レーのお書きという。ビー・カットともいう。後、ビーコン
という。ライトロンの山という、ラッシュモアの意味である。

英語が、グッドを多用する言葉である。ドイツ語もフランス
語もそうである、ボン、グートという。『よい』が基礎である、
言葉の造りである。世界各国語そうである。中国語の、好 
ハオという、スー族の挨拶でハオという、よいという意味で
ある。

 これを、そうきょうという、アフリカのそうきょうの話で
ある。古い日の、ニューヨーク・モワセラ、ワシントン、
ロサンゼルスという、そうきょうの町という。

 そうきょうというのが場所を表す、総教と書けば、『教』
が場所を表す。これを、総京と表す、総卿と表す。場所の話
である。中国各地に、総京という場所がある。これを、そう、
という。総じてという言葉である。

 『総じて、きょうを都という』、これが、教を京に出す。
教が、今様、法律である。総教の法律という、総京の法律と
いう。

 これが、法律の槍という、槍を山という、槍を持つという。
武器の槍という、法律を表す意味である。lawという、arrow
という。アローの山の絵という。武器の槍が、山を表し、
法律を表す。これが、近代国家の法律である。槍で法律を表す
話という。槍の一解説である。

 この文、sotu6560、sotu6570が、アメリカの項で書かれる
従属と独立という、槍の山の絵という。場所へ行くことを、
従属と言い、場所から離れることを、独立という。これが、
アメリカの茂の町の生い立ちという。それぞれの町を茂という。
グッド、モーという。後、グッド、モーニングという。
総じての国という、アム山という、アムセラのセラスという。
セラ・ショットという。

 法律という、これが、グッドに入る話という。これが、
法律の順守をいう、世界の国の法律である。

 宗教にある法律という、法律の下の宗教である。宗という
のが国である。これを、宗主国という。宗を自分の家にとれ
ば、宗教という自分の家を表す。宗教訓という、家憲という、
祖先の教えのことをいう、これを、宗教という、祖先の教え
である。墓参りのことという。

 古い日の磯の世という、京都の浜という、京浜という。水が
たくさんあった日の京都のことである。宗教の元は、場所の
ことである。後、京と表す、古い書きで、なべぶたに、口と
書く。きょうと読む。この字がアメリカのワシントンの字で
ある。ワシントンに日本語があるという話という、古い日の
ワシントン・ラックという、ワシントン・レターという。
ワシントンの町の先住民の白人の字という。この字が世界
各国にある。日本の設楽文字という、その漢字である。
インデアンのスーにも、この字がある。白人の名を、ワシン
トンという、石の字という、場所を表す字である。これを、
槍という、読みという。アローの意という。きょうと読む字
である。しだら文字という、しだき字という。京都御所の古い
ごゆまという、その屋の字である。

 アフリカ、南米、ロシア、南極にも、この字がある。ベン
ベルの字という。白人の名を、ワシンガップという、ジョー
ジの意味という。上の字という。上京という、ワシントンへ
行くことを上京という、古い日に、上、なべぶたに口、と書く。
 どちらも、しだき文字である、しだき文字の漢字という、
この日の御所を、中という、古い日の、しだくれの字という。
これで、中国をいう、御所中国という、中お御所という。後、
中国を、外国にして、岡山広島の中国という、毛利の進行で、
地の名にした、この日を、従独日という、アメリカのワシン
トンの造りである。ポトマックの柵という、桜の柵という作
である。これが、ワシントンの従独である。ワシントンを、
パレスサイドという、古いワシントンのことである。

 ワシントンもっ国という。ワシントンの従独都市である。
ワシントンのDCという。Dが、今のdayを表し、Cが、
今の、ちょを表す。ちょという意味である。ちょ日という。
ワシントンを出す、著しという、著日という。これが、独立の
記念の意味である。ワシントン・スタートというアメリカの
立国の話である。その日のワシントン、世界各国の人がいた
ワシントンである。

 アフリカ・ローデシアの人という、喜望峰という、これを、
ケープという、ホープの意である。喜望峰があったケープ
タウンの町という。これが、アメリカ独立の記念という言い
をする、モザンの国の言葉という。モザンが独立記念をいう、
アフリカのモザンの国という。後、モザンビクという、
モザンビクのバツーという町の古い言葉にこれがある。

 アメリカ独立記念をいうモザンのバツー語という、この
バツー語が、ヨーロッパのバツー語である。古い日のスイスの
山腹のマッターホルンという、長生き笛のロング・ホンの音と
いう、アメリカ独立記念を告げる意味がある。スイスの山の
中腹である。御所にこの話がある、これを、グリーンという、
文書の前にGreenと書く、緑字のことという、緑記という、
御所の文書という。紫宸殿にある話という。アメリカ独立記
念が書かれている文書である。後、五十ヶ国語で出版を
する、御所の出版という。印刷機が原子力印刷である。今の、
新聞社の印刷機である。一部原子力が使われていることとい
う。

 パプア・ニューギニアのごゆふる、という。御所のことで
ある。ワシントンの独立記念の人である。太平洋のアメリカ伝
という、アメリカ立国のことが書かれている。パプア・ニュー
ギニアのギニ語という、現地語である。グリーンの色という。
ワシントンの地の著れという。ワシントン出版という、緑字の
書きである、新聞のととも。アール・センラルという、磯の宮
のお書きという。御所の磯野宮である。ウォーハン・ラップと
いう、漢字で、我蛮落賦という、このままの英語である、中国
語でもある。アメリカ独立記念を、ウォーハンラップという、
世界語である。

 緑色の文書をギニという、古いギニアの文書という、アフリ
カのギニ語である、ウォーハン・ラップという言葉がある。
アメリカのワシントンの著であることという。グリーン・ノー
トという、これを、パプア文書という、ペンタゴンのアーリン
トン冠話である、シューズ・ロングという、長息の靴という、
アメリカのUSのアスという、これが、トッモローという、
意味がなることという、意味があることという。
『なる』の一意味である、『ある』という意味という。
我々という、明日という、これを、フォームという、我々の
形という、アス・デコレーションという、トゥモロー・デコ
という、意が我々の形の体という、明日の希望という、独立
記念美のことという。トゥモロー・デコがアーリントン冠話
である。デコレーションという。スー族の言葉である。
デコロンという、スー語の古い言葉である。先住民族の白人
という意味もある。ウイグルの話がこれである、古いムウイ
グルにこの話がある。

 日本のアイヌ民族という、同じ匹夫という意味である。
英語で解釈して、同じ尻という、物知りのことという。
ピップバーンというヘボンの表記がこれである。英語が、
アイヌ民族とウイグルをいう、スーという。ウォーハン・
ラップという言葉が取り持つことという。

 東南アジアのパンナレである。インドとインドネシアの
言葉という、ウォーハン・ラップが言われることという。
ウオーを表す英語が、ウォーである、WOである。後、
warと表す、プロナンシエーション・ライティングである、
発音の表記という。Wo うぉーという Weの言葉である。
We が、古い言葉である。これを、バイ・ザ・ピープルと
いう、明日への希望という、希望が傍にある意とぞそ。

 ガハンメントという、ゴーフル・オーバーという、ワシン
トンの古い言いである、後、ガバンメントという、古いニュ
ーヨークという、そうきょうの二番町という日の、その言い
である、ガバンメントという。

 自由の女神のペチコートという、ペチコート・ガバンメン
トという、ペンタセーラーという、五角形の水夫という、
ペンタゴンを水府という後のことという。ワシントン・ゲー
ターという。ウオーター・ゲートのことという。ワシントン・
モーニングという、ミニモックのニミッツ・ミニッツという、
ミニラス言いという。ワシントンの古い呼びである。
ミニッツという、ワシントンの古名である。ミニのニミという、
モックルレーレという。これを、ワッションという。後、
ワールド・トーハンという、ウォーハン・ラップのことであ
る。この『トー』が、モニュメントである。先の尖った五角
形の塔という。独立記念の著しである。

 モーレル・バンゼレーという、モニュホンの意という。
もてっせという、古いインドシナのアンコール・ワットの
言葉である。これが、アンコールという、英語がこれを聞く
、もう一度の呼びという、アンコール・レーゼーという。
あんせまの言いという、御所の屋の言いという、五条の宮と
いう、五条の五がペンタの意味である。古い日の五条の宮で
ある。紫宸殿奥の宮という。紫宸殿の裏の小さな建屋である。
そこの言いである。五条の宮の呼びという。アンコール・
ワットを、ペンタトラーハンという。五条宮の言葉という、
そわの宮ともいう。フランス語がかりの言葉という。
これが、ウォーハン・ラップのことをいう、アンコール・
ワットである。独立記念の日、アンコール・ワットをいう、
アンコールの記念というム、世界各国にある、アメリカ独立の
話という。アメリカの総じての国という、世界のことをいう、
アメリカの政治という。これが、沖縄のアメリカという、
ル・チャイニーという、沖縄のアメリカ人という。クリーン・
ノートの意図という、糸である。糸で結ばれた世界という、
世界のことを、アメリという、後、ワルドという、アメリ風
という、世界を回る風という。アメが、天の意味で、空の
ことである。後、雨のこととも。

 あめの国という、空の国、天の国、雨の国とアメリカをい
う。これを、ユーエスという、明日のアメリカという。
ザ・ガバンメント・オブ・ザ・ピープルという意味である。
統合のアメリカという、リンカーンの言葉という。
明日への希望という、フォア・ザ・ピープルという。

 ピープルが、ピジョンという、鷲の意味である。鷲の脳の
使いという。

 アメリカの独立という、世界に従属することである、これが、
国際連盟の走りである、国際連盟の山の絵という、世界連邦
という、五十ヶ国の州という、五十ヶ国語の言葉の国という、
カードの意という、トランプの切り札のカードという。
トランプの国という、アメリカである、USAという。
世界連邦がアメリカにある話という。ウガンダの地に、アメ
リカのカードの地が描かれている、言葉がウゴラマという、
ウガンダの国の言葉という、ここから、世界発信が出ること
とも。

 この文書を、パープルという、紫文書という、古い日の
御所の紫字である。紫字で書かれた文書という、瀬戸の
文書という、これが、アフリカの源氏物語である。
アフリカのウガンダの蛍という、世界へ発信する光という、
アメリカが花火をいう、ファイヤー・フライ・ライトという。
ラッシュモアの『ラ』が、ウガンダ光という、ゆがんびく、
という、古い御所の瀬戸の御所という、これが、アメリカの
古詩のことという。

 Pippa's Song  Robert Browning
 The year's at the spring 時は春、
 And day's at the morn;  日は朝(あした)、
 
 ピパが、ピジョンであることという。後、ビジヨンという。
鷲の脳をビジョンという。明日を見る鷲という、自由の女神
に止まる鷲という、明日と世界を見る鷲である。これを、
希望という、 All's right with the world! という古詩の
意という。

 夜のともしの蛍をいう、花火という、蛍の光である。鷲
をいう蛍という、蛍が自分を鷲という、これをピパという。
これを見るラークという、鳥のことをラークという、ユーエル
ULという。ユア・ライトという、ユア・ホープという、希望の
歌という、これがアメリカの花火の歌である詩である。

 古い日のニューヨークのピパ市という、別名のニューヨーク
という。モワセラの意見という。ニューヨーヘク・モワセラの
右岸という。右岸の岸の御叔母という、自由の女神の御方であ
る。『わらわが』という御叔母の教えの歌である。
正(やなぎ)。J09.

 President Trump fireworks at Rushmore, 
 A meaning is curing illness, winning virus.
 Adainst invisible emimy, by sounds and light,
 This is old idea from anciant.
 This is my looking, reason why is upper sentences.

COVID-19 
  By atomic bomb dropping, by radioactivity of
  atomic bomb, bone and teeth become hard.
  I would pray scientific study.
  Over wide place, peaceful use of atomic bomb
  for curing illness, especially heart illness.
  Perhaps making positive impact, good effect.
  There is radioactivity in Three Mile Island.
  Cannig, paking radioactivity, are carried far place.
  Lack of atoms in the world.
 
  Crushing Typhoon, too, by atomic bomb,
  name of typfoon is girl's one, so,
  making tomb of typhoon, typhoon enjoys.
 
 Yao Force has delaying, then, there's light.
 After, fireworks, Rushmore.
Willow Trump, I would pray health and safety,
USA are long living countries.

 Difficult, English. J09. Willow.
***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/04 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@142
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽