2020年07月04日

卒業6530 TAO タオの国 俺530 漢川関 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6530京都船旅5430
古譜4430大原練習4330天の下4730 TAO タオの国 俺530 漢川関 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
漢川の関 見れば池がある畔 君が
おさげがみ 柳が植わる園 葉は枝垂れ
触れると 山羊が鳴いて来る だれ呼ぶか
山羊の声 遥かな国を思う 柳印の吟じ音

 狐の天気予報。〇r1999/03/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】
 柳韻、花の柳のこと。柳韻花。ネコヤナギ類。
 柳印、柳の判子、柳で作った判子。柳印判。印刷の印字にも
    使う、柳の判印機。のち 、桜などの木を使う。 
 
 タオの国の歌。言葉が、ションを使う国である。
古いダラスである。
 韓国のような言葉がある国の言葉とぞう。ダラスの古い
言葉である。ドイツ語のような響きのダラスの邦の言葉とぞう、
タオハンラン山の麓という、ダラスの東の山である。
ここの言葉であるドイという、私のことである。
『ドイ、アーメ、ハンナム』という、『私はアメリカ人
です』という意味とぞう。古ダラスの町の言葉である。
 古ダラスの織物という、このお金を使って織る織物という、
貨幣織りという、織物である。ダラスの古い町にある織物
である。織物を、ファーブセという、ファブリックの語源
である。
 自分をドイと言い、トンという。
『私は行きます』という、『ウイ、シャッスム』という。
『ドイ、シャッスム』ともいう。
ここが、糸をシャル、シャロンという。シャロンの邦という。
糸をめでる邦という。ダラスの町が糸の町である。この糸の
数えをロードムという、ロードスともいう。
ロードス、オーという、糸の一斤である。今の、約、オンス
になる。糸のオンスである。これを、デロールという。今の
糸の数えである。
 輸出用に使われている、デロールである。また行くダラス、
私の故郷という、水が薄く張っていた私の覚えという。
30センチ位、水が張っていたダラスのタオの水という。
フラッペという、フラスの水という。水辺のダラスという。
ダラ山のお書きという。
 リンカーンの、オマハのリンカーンという、ここの織物に
同じ織り方がある、ダラスと同じ織り方である。数えも同じ
である。
 フォートワースの西にあるシュリーポートである、大きな池が
あった所である。シュリーが、その意味である、水の意である、
古ダラス語である。
 フォトワースのサンという、フォートワースで、サンという
水である意とぞう。古いフォートワースで残るサンの言いで
ある。フォーワース語のフォーが水である意という。
後、油田をサントムという、今の油田である。
略。正(やなぎ)。J03
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200703
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@631
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽