2020年06月05日

卒業6180 ANGOLA Karahuto 俺180 泊居 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6180京都船旅5080
古譜4080大原練習3980天の下4380 ANGOLA Karahuto 俺180 泊居 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


伴奏譜 504-4s-62

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
泊居(とまりおる)へ行く日は オーム連れ
飛行機に 騒ぐ鳥がうれしく羽立てて
声を出す 早く行こうとと 笑顔見せ
機中 膝や肩上 とまり飛ぶ 高速の
気流の時々見える流れは 機を越す

 狐の天気予報。〇r1999/02/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
そうきょうはよい時です。20200605
【名古屋城外】
 皇居より、隣の神宮球場へ赴き、すぐに京都へ引き返し、
そのまま、葉山ごのふきへ行く、葉山ごのふき、後という、
葉山離宮という、葉山の浜ご、という。浜ごの行きという。
【葉山】
 この浜ごで、神奈川をいう、後、かなそよという、後、
かみゆりという、後、かなごという、後、かい浜という、
このかい浜の『浜』の言いの、浜ごである、後、『浜』を
『山』という、後、かい山という、後、かいきという、後、
かいとうという、後、この『とう』を『盗』と表す、後、
怪盗と表す、これを、かすなという、この地の出来の由来で
ある。怪盗と一時期言い、後、葉山という。葉山のごゆそふ
という、ごゆれのあいかみふみという。これを、葉山用という。
葉山の用いという、葉山用邸という。この葉山用邸のおゆふ
むという。お揺れのお言いという、『お』を『あ』という。

 『おゆふむ』を、『あゆふむ』という。『おしき』を『あ
しき』という、『あく』を『おく』という。『お教え』とい
う、『あ教え』という。これが、葉山用の言葉である。後、
吉田用という。吉田山のお使いという。この日を、とうらむ
という、後、とうらむの日という。これを、葉山れんすると
いう。葉山のおつゆつという。これを、きべらさむふりと
いう。これが京都御所の言いである。京を、いとゆりという。

 いとゆりのおごせるという。これを、葉山用の使いをする、
いとゆりのあごせるという、あごさの言いという。葉山御所
の使いである。葉山にんおりという、葉山の日の言いの置き
という、この場に置いた、うとゆとの言いという。あてせる
言いという。これの言いのおいふいという。これが、今の
川をいう、京都の京大の眞室川の言いという。

『ヨンドモット、ヨンドモット』という。眞室川音頭の律で
ある。後、きべらの宮の地に祭る祭神のみこやみという、こ
のみこやみの祭りの掛け声である。

 みこやみを、磯山という、磯山論句という、『ヨンドモッ
ト』のことである。めるてるのお掛けという、掛け声である。
神輿の運行の掛け声ともいう。これを、なよけという、神輿の
掛け声をなよけという。

 このなよけに、歌いが出る、これを、れんとれという。
掛け声に合わせた歌という。『レッツレッツレッツ』という、
歌の掛け声という、この『レツ』のことを、のみさるという。
【鼻母音】
 こののみさるの掛け声が、前喉の掛けという、この前喉の
声の出しという、これを、鼻母音という、喉で鼻母音を出す
ことをいう。喉の前喉を使う鼻母音を、ろんとという。ろん
と声という、ろんめるの言いという、声を言いという。

 このろんめるの歌を、れっつめという、葉山近辺の発声
法である。これを、葉槍(はやり)という、はやせま、はす、
葉漏れみ、はゆれという。
【梧葉】
 これが葉山の梧葉という、きりの葉の梧の葉という、
梧葉の葉という。これが、桐の紋の由来である。桐の紋の
紋付きを着る歌の言いという、これで、祭りに使う葉山梧葉
遣りという、葉山の宮のこわ音の出しという。こわおとを、
声音という。今の声楽の出しである。声を体に振るわすこと
を、がくれくという、古い音楽のせいらんという。音楽を
声欄という。これが、時を、う、という。
時のことを、うという。これを、『時をう』という、とき
おう声という、ときおう声の楽という。

 今の関東地方の越えに一部、これがある。鼻母音に聞こえ
る喉の音という。これをする音楽を、みったくという。歌の
出しにいおとという、前奏をいおとという。この『いおと』
を、大阪がイオンという、イオントーブの音であるという。
大阪 イオントーブもこれを使う場所である。

 イオン・ソウフトという、大阪の喉の鼻音である。フラン
スの鼻母音の、喉の声という、これを、パリールという。
フランスの鼻母音の、鼻掛かりの母音を、メロフラという。
これが、フランスのシャイヨーの宮の言いである。これを、
ナポレ音という。ナッボーリルという。この期のフランスを
、ショイサイという、ショイ仏国(ふっこく)という。ナポ
レ音を使うフランスという。シャイヨー宮のみとゆまという、
ここの言いである。鼻母音を使うフランスという。
【美相鼻音】
 『コマン・タレ・ブー』という、この『ン』が鼻母音であ
る。この鼻母音を喉で表す、もう一種の表しという。喉舌を
一瞬喉奥へやる、フランスのアール Rという。これが、
喉の奥の美相という、この部分の音という。これを、フラン
ス巻きという、後、これを、下を使わず、のどびこを使う、
舌をそのまま、喉垂れを使う、今のフランス語である、ド
イツ語もこれをする。パリ方言の『R』という。
【イオントーブ】
 これが、大阪のイオン・トー浜という、大阪のびっそると
いう、大阪もめらきという、おどんイオンという。大阪の
イオン浜の言葉という。葉山をイレラレという。この『レラ
レ』を、発音する、イオントーブである。イオントーブと
いう発音のことである、後、この発音をする地を、イオ
ントーブという。これが大阪の磯ゆらふれという。葉山を
イミテーションという、後、イミヨルという、後、イミテー
ション・ゴールドという、イミテーション・らっきくという。
葉山のことである。
【ナポレ音】
 この葉山の芹沢という、葉山の芹の由良の言いとぞう。こ
の芹が、古い壬生の芹である。葉山御所に芹沢がある、今の
葉山御用邸である。この芹の山という、これを、センベルと
いう。せんべる・ゆったくという。壬生の賀陽御所の言いで
ある。壬生の賀陽を、からすまるかようという。後、烏丸に
ある御所を、メルカミという、これが、イオントーブである。
『メルカミ』の『ル』をイオンで発音する、御所れんつれと
いう。今の御所の侠客御所の発音である、言葉である。
パリ方言という、ナポレ音である、シャイヨーれんてるとい
う。シャイヨー宮の発音という、京都祇園の祇音という。
【祇音、金地院崇伝】
 この音をいう、祇音という、この祇音を使う祇音という場所
である。『うりられて』という、話す言葉の美相鼻音という。
これが南禅寺の言葉である。『アーギャーソーニャ、
アーギャーソーニャ』という『アーガーソーニャ』ともいう、
金地院崇伝の話である。この『ギャ』が鼻母音である、そう
ふるという、そうすうともいう。フランスが掛かるをいう、
大坂のイオントーブが掛かるをいう、『おうみょう、なーま
ーはー』という、南禅寺の金地院の言いである。
【鴨山、一条邑】
 この言いが、古い鴨山というその場の、ひとすじ邑の言い
である。ひとすじ邑のそいふいという。そいすらともいう。
パリ方言の『R』の時に、鼻母音を合わせる、美鼻花(びび
ばな)という、これが、樺太の地にある言葉にある、樺太の
言葉である。樺太の大泊という、おおどまりの言葉の一つで
ある。古い日の樺太という、これを、さろふめるという、
樺太の鼻母音である。長尾城のぎゃのれまという、長丘の城
である言いともぞ。ぎゃのれまが出る場という、葉山御所で
ある。葉山離宮のことである。歌太(うたふた)の言いという。
ナポレ音という言いである。葉山きよらふれという、あんせま
の言葉という。あんがいるという言葉である。あんがいる語
という、発音のことである。一部の歌舞伎狂言にある発音で
ある。
【樺太子供歌舞伎】
 樺太の子供歌舞伎という、この歌舞伎にある、あんがいる
語である。気流を、『きんりゅう』という『かりゅう』とい
う樺太の地の言葉である。この『きんりゅう』の『り』の所
である、この発音があんがいる語の発音である。美相鼻音を
使うことという。樺太の和国言いという、日本のことである。
この記を、大日本帝国の記という、この記の機が、俺が乗る
機である。気流に乗るジェット機である。
【出雲阿國】
 これを、俺サイドお書きという。出雲の阿国という、あく
にか、おくにか、俺の大叔母上である。出雲の阿国のことで
ある。歌舞伎をお起こしになった御方という、若い人が拝む
銅像である、石像とも。
【鎌倉金地院】
 これを、大日本帝国劇場という、鎌倉金地院崇伝という、
鎌倉在の俺である。鎌倉御在という、『ござい、とうざい』
という、劇場用語である。俺仁徳という歌舞伎である。
ジェット機が出てくる歌舞伎である。大日本ふゆげむという
歌舞伎という。大人が子供歌舞伎をすることという、ふゆげ
むという。大人用子供歌舞伎である。これの役を、ジェント
ルという、ジェンソンともいう、ジェッカー歌舞伎という。
長尾歌舞伎ともいう。子供の歌舞伎を、長尾歌舞伎という、
言いである。

 言い状にお住まいの俺という、この言いを『ジェ』という、
長尾言いの言い長尾という、これを長尾先生という、長尾
先生という言いである。
【長尾宣誓、長尾りょん】
 長尾宣誓という、宣誓の場の言いともいう。長尾りょんと
いう。長尾りょんのれっつるという。せみすよの言いという。
金地院崇伝という、鎌倉の金地院崇伝のすすもめという、後、
かまいそという今の釜石の言いである。長尾宣誓という、
釜石の長尾先生である。釜石住まいの俺という、大槌の岩手
の言いという、りゃんにょんという、これを、亀岡という、
亀岡の大崖の大槌である。大杭である。矢野という野である。
亀岡ガレリアの飛行場である、樺太行きがある飛行場である。
菊照らす地という、矢野飛行場という。菊の紋という明智菊
という。皇室の逆臣である、俺が皇室という、明智言いとい
う。織田という、織田の天皇がこれである。俺仁徳という
言いである。葉山さかみ言いという。さか宮の御用邸という。
葉山の前身である。五条管制という、これをイオラムという、
イオントーブ語である、意を、やかん、夜間、薬缶という。

 『薬缶で茹でた蛸』という蛸飛行機という、和辻管制の
道路の通過という。五条管制の和辻管制である。葉山御用邸
という、そこの日の記である。葉山離宮の一日という。
ここから、韓国へいったのである、韓国五帝泉という、
韓国京城である、ソールという場所である。時の偉い御方と
一緒に行ったのである。オームを連れて行った人である若い
人である。このオーム、鳥のオームである。鼻母音を真似る
オームである。さまゆれの御世(およ)、これなるを。
じぇんとみ山お書き、これなるを。

 鴇の人という、『偉い人』と、オームが言うたのである。
御代(みよ)のオームである。見よという、時を見る人である、
鴇という、時の鳥という、秋時の鳥である。コンコルドと
言うオームである。長尾鳥ともいう、尾鳴き長揺り揺られ
鳥という、始祖鳥の人真似声という、ギャニャアという
鳴き声である。

 古い日の大隈行という大隈公という、長尾宣誓機という、
気流に乗って大隈へ行く人である。この宣誓である、大隈伯
という、大熊がいた頃である。御所の長尾冠白である。尾長
鳥の記という、ニャアと鳴く鳥である。祐の井の永尾井とい
う、八丁長堀屋という、御所の長屋の住まいという。祐の井
のある所である。御家小紋場の三棚である。
『オイエ、コモンバ』という、名家(めいか)である。御所の
門を入った所である。丸太町通りの門という。俺の名家(
めいか)解説である。お家小紋場の三の棚の鎌という、鎌倉の
ごれという、御所のことをごれという鎌倉市役所の席である。
俺がいたという、鎌倉市である。俺のことをかれという、
かれせゆってな、という鎌倉の人である。農業用鎌である、
縄を切ったりもする。『オイエ、コモンバ、サンタナ』と
いう名家である。俺の家である、世界的に知られている。
Oye Como Va という表記もある、鼻母音のcomo である。
俺的曲解である。Full in care, car was to become
 water not。芭蕉という、そういう類である。

 京都イオントーブもあることという。イオン・・・という、
たくさんあることという、いつの御代であったか、今をお去る
古い頃である、今のことという。イオン・グループという、
和国である日本である。

 名古屋城外空中写真、空気カーテンのよりされや、名古屋
城のことである。正(やなぎ)。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/28 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@353
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月04日

卒業6152 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6152京都船旅5052
古譜4052大原練習3952天の下4352 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/02/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。20200604
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
 
 
そうきょうはよい時です。20200531
【同志社医学】
 同志社が、見診をいい、双脇をいう同志社大学医学である。
 
 これが、双ぶ胴の双ぶ脇という、双脇同大という、同志社
の医学による見をいう。これを、役者を入れ、劇を入れ、か
よけをいう、劇のうらかき、という。これが、やめ、という
日ぃのうちふりという。これが、『やめ』の中の一意味であ
る。『やめ』にこの意味がある、竹の屋という、古い長尾の
城の言いともいう。『謙信がやめをいう』という言葉の意と
いう。『やめる』という言葉の意味の出という、これが、
謙信の名の由来という。謙信山という、林見直の歌舞伎であ
る。長尾謙信という、けんでんの山の言いという。長尾県庁
という和国の県の言いという、これが、長尾の山のあとの
言いという。あと山の長尾城という。場所が西山麓である。
長尾景虎
『あと』という言いがある。後ろをいう、これをあとという。
自分の後ろをあとという。この『あと』が影をいう、影を
とめという、とめ影という。影のことを、あとゆりという。
あとみせという、ありれるゆいはるという。これが影春を
いう、影が富むことを、影春という。これを、あとみせん
らくという。この『らく』が音楽にかかる、長尾城の言いを、
よみはまという。よみはまの、あとみ城という、これを、
長尾景虎という、影のことを景虎という。長尾城の影を
ながふりという、ながれる、なみせ、という。これが、
御所の冠語である。この冠語を、にんたるという、にん
せまという、にんらくの冠語という。長尾城のことの言い
の出の山の言いという。御所にんらくという。御所みその
言いがやめをとる、健の言いという。やめという言葉が出る
場所のことを、めれすれという。やめ地という。
松尾大社
 まつおりの言いという。まつのおぐうという、これを、尾
久と表す、まつおりの言いという。八幡太郎という、まつの
おぐうの、歌という、これの意味がある。松尾大社で、松の
尾退社という読み方である。松の尾退社の黒い塀という、神
社の黒塀という、信者に黒塀があることとう。全国各地に
ある神社である。この黒を黒紅という、神社の黒紅造りと
いう。黒槍山のお絵という。この『黒』の意味である、こ
れを、『やめ』という、『黒やめ』という、これが、まつ
おりの言いである。

 長尾山の松という、長尾山が後ろである、松尾大社の山
という。後、劇に出てくる山である。松尾山の狂言という、
神社の狂言である。寺山の仁という、この『寺』が、じんぴ
という、じんのお、という。人の尻の骨をいう。これを、
尊ぶ言いという。お尻の骨を、じんぴ、という、仁という字
の意味である。

 同志社が、じんという、このじんのことの意という、これ
を、同志社でん花という、同志社の建物をいう。黒塀である
門が出る、この門を御所の門に見立てる見立てを、じんそり
という。人が反った見という。そり見の山という。
 これが、同志社の門にある、御所の門を入るを、同門とい
う、同門志という。見立てのことをいう。

 同志社の中に黒門がある話でもある。これを、黒みすと
いう。黒みさという、黒門でいのることをいう。門での祈り
という。あかみゆきという、あかねの祈りという。夜明けの
みさを、あかねみ、あかねの祈りという。これを、あか寝と
いう。赤子の寝ることをもいう、あか寝のみさねりという、
みさねりの寝、という、これが同志社大学の寝をいう。
 同志社大学の寝ることをこうさんという、こうさんのおと
み医学という。かよふる医という。今のパブロフ心理学と
いう、この心理学の言いという、同志社のかよふる医学で
ある。
蓋然性心理学
 心理学の発祥が、黒い色である話という、上の文である。
これを、蓋然性心理学という、パブロフ心理学という。心理
学に色を論ずる項がでる、これが、色をいう、めよゆめ、
という、今のれろかいという、れろ心理という。今の、寝初
めの睡眠を論ずることの入れという、心理学の分野になる。
レム睡眠という、脳波のことに関することという。

 ノンレムという水晶のことをいう、水晶の石の見立てとい
う。宝石を見る目がこれである。ノンレムのすいかまという。
水晶のこうやみの、かいふりという。貝を見立てることとい
う。貝門という黒門を貝門という、黒貝見立てという、深層
のオルゴールという、これを、おりすりという。歌舞伎の
『おりおりおり』である。深層の場という、これが人の意志
である、意思ともいう。くつぱというのがこれである。
人の深層を心理 という、これをくっぱという。長尾城の
学びである。長尾城の講義である。場所が西山麓である。
『西山のさやげる所、新しき歴史をつくる』という言葉が
出る、長尾城の黒い造りである。周りが泥地という。黒泥
の造りという。
葡萄
 葡萄という武道の一種という、長尾弓浜という、黒剣の
くいすり、という。こうみくのおどう、という。剣道の胴
という、一本の技の出という、長尾城の葡萄であること
という。

 剣道の振興をいう、剣道がよい話である。『小手をきれい
に』という、『胴をきよよに』という、『面(おも)をそり
すて』という、小手の言葉という、これを使う向日内裏と
いう、向日の町の言いという。今の向日町である。
『傘を持つように竹刀を持て』という、剣道の葡萄の剣道
である。古い旧北の剣道という。『竹刀を上から持つ』持ち
という、向日剣道という、これを傘という、傘を持つという、
上を傘という、傘という意味が上の意味である、傘の一意味
という。傘剣道という、葡萄剣という。今の剣道のことであ
る。傘場山のお書きという。

 古く同志社のフェンションという、洋剣のような剣道と
いう。聖徳太子の細い剣という、真っすぐの大和調の剣とい
う、反りがない日本の剣である、この剣道をフェンとめとい
う。フェンレザともいう、園部の城の言いである。その剣
を上にする、その状態の崖上の城である。

 日常用語に武道用語を入れることという。傘槍という、
つるぎみなという言葉遣いである。傘の山のお書きとぞう。
向日町環頭の山という。脳の出来という、小手山という、
小手をたいきまという園生の城の言いとぞう。がにょしょの
たいきまという。これを、たいきまめという、己の字の最後
を書きを上につきぬけて書くことという、この字の使いとい
う、古代のじょきという字である。じょぐという、じょくせら
という、京都の向日町の東という葛野、はっちょう(八条)泥
(八条縄)の場、ここの言葉である、じょぐという、喜びの意
である。今の英語のジョイである。はっちょう泥の湊の言い
である。剣道の小手より出た言葉という。
桂離宮
 葛野の飛行場の言いである。南が桂自衛隊である。桂自衛
隊へ回る飛行機の空路に使う、じょぐの言いという。飛行機の
羽周りをじょぐという。じょっきさともいう、『俺が、さゆ
って、ゆりさ』という、俺の桂という、古く桂のおこご、と
いう。桂のやのいまである。桂離宮の話という。ここの柔道が
ピストルを持つ柔道である。桂ごゆふれという、げんそめの
やんみという。やんれる柔道という。

 大外刈りという、外がれの言いという。桂が柔道用語を日
常に使う所である、桂離宮でもある。大外刈りという田植えの、
田の用語になる使いという。古くの海草である。すい浜のお
かい解という、ここの桂浜の用語でもある。海草のゆれという、
昆布類のゆれである。回想のゆれという心理学用語である、
試合中にピストルで撃つことを、かいげるという。どこを撃
つか、小手をいう、小手撃ちという、ピストル柔道の話である。
長岡管制
 古くの長岡管領という、園部管制の掛かりという、この
掛かりがピストル柔道をする、坂本龍馬の懐手という。ピス
トルがあるという、俺の御叔父の恰好であるという、銅像の
作りにピストルを用いることという。どんな弾が出るかは、
賞得大使の若い人である、聖徳太子の剣のような弾という、
彫像造りの道具である、石器時代の話という、石器の挟みを
使うていた俺である。稗田阿礼というあれま山の人である。
石器時代の人を仁という人である。意思の包丁という、讃岐
という、京都の讃岐の所という、桂川近辺という。
京北町の桂川でもある。飛行場という、その辺近辺は、石器
を使う所である。
大阪かすたれ
 がにょしょ、がにょという石器のことである。しっかり
鼻母音を使えばよい話という。大阪かすたれという、鼻母
音のことである。

 同志社のレム睡眠という、がにょは、がにょれ、という。
レム睡眠のことである。これを、青いショックという、
はっちょう泥のショクである。まつ織りの織物の柄である。
これをインパルスという、インペッサーの織物という、後、
ゴブラン山織りという、インパルス・ショックという。
ドーンと吹いた風という、大池の泥を連れて吹くのである。
これを、インパラクという、いんぱ落という。印旛沼という、
宮城のやの言いという。いんそんという、宮城の浜瑠璃と
いう。がにょしょを使う所である。酷使の俺という、大阪
だすきくという、菊照らす浜という。『いん』の付く所とい
う。全国津々浦々のいん田、いん山という、いんのつく所、
判子の紙という。全国紙の話という。仁徳紙という、俺は
若い人という、若い人の叔父である、これを、俺様言いと
いう。若い人の御叔父という、俺の御叔父という、坂本
せわの言いである、高知城の言いである、高知城で将棋を
指す人の言いである。古い高知の町という、にんべらの山
のお書きという。

 高知城の寝という、丹波の寝という、たんせらろっくと
いう。おとみ高知の話である。大きな揺れという、ブルー
ランという高知の坂本つわれという、津が割れたという。
そういう、つわものである。石器のことを、つわという
長尾ひねりのおかという。ひねって日照りという、津割れ
の後の日照りである。地に小ひびが入った地という、これを、
小手山という、こて道という。

 その小ひびという、石器の出る所である。讃岐のサヌカ
イト、あれを石器という、矢じりという石器時代人である、
石器の挟みをいう人である、俺、石器時代人という、若夢
という、俺の傍にいる若い人である。ごねりごゆれるお書き
である。
さかさゆらり
 さかさゆらりという、あめふらしが出てくることという。
ジェット機に乗って、腹を上にして、ゆらりゆらりむと左右
に振る長尾航空航法という、飛行機が寝るのである。
飛行機寝の子守歌という。ドロンパのおいでという。ひっく
り返ってそのままゆらゆら降りて着地するコンコルドの航法
ともいう。着地前に機を逆立てる、地に向かってそのまま
着地する、逆さ立ての着地である。寝を宇宙という、ニュー
・スペースという、新聞山のお絵という。なぎなた切りを
する俺である、ニュース・ペースという。ペストンラックの
言いである。ドロンパの飛行機置きという。和国管制官航法
である、園部の山のお絵という。俺がよくしていた着地であ
る。ぐんぐんせまる地面という。五条飛行場にジェット機が
飛んでいた頃である。

 八坂の国は、そんな国で、ずうっと古い国である、ナゾー
の国の人という、寄らば寝るぞという、寝の国の人である。
音(ね)の国の人という、寝音逞しい人である、スヤスヤ。
正(やなぎ)。 
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/27 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜4052大原練習3952天の下4352 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou59028
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@510上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/02/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@510
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月03日

卒業6150 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/26 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6150京都船旅5050
古譜4050大原練習3950天の下4350 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
俺は気流に乗り旅する ジェット機 裏の
公軌道に羽休め 高速気流 城上の真上に
流れる 北、樺太の地 立てた日本の石碑の
山を見る 海峡越え行く

 狐の天気予報。〇r1999/02/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
そうきょうはよい時です。20200531
【同志社医学】
 『突撃します』という
 『しつれんいたす』という
 『突如いたしておりおり』という
 家から外出することをいう。これを、壬生のくめ、という。
壬生のめの言葉でもある。
 今は、『外出する』と木は、『外出する』という、『突撃
します』とは、あまりみない使用である。

『とらとらとら』という、物事を始めるような意味である。
『我、突撃せり』という、工作でもすることである。御所の
前に同志社という大学がある、ここの医学の話という。
『とらとらとら』と言うて患部をみるのである。
『突如いたしておりせる』という、これを、キンときという。

 病気が治る前、病気が快方に向かう時に、『キン』をいう。
『きせまむのおかて』という、同志社の医術である。同志社
のあためよ、という。これを、こきくり、という。こいせる
おとみという。音を見る話しという。これが、同志の一意味
である。
 同志社の検診という、これを、見る診察という。きんこう
山のひばすり、という。同志社の検診楽という。見診という。
これが、胴脇の意味である、胴脇を見診という。この見診を
影読みという、『あたね』という、見診をあたね山という。
これの意が、長ゆりの意という。長く揺ることをいう。
長山
 これで、長山を揺るという。めよめよのいといよと、という。
おはるかんせん、という。この『おはる』が、『おとみ』の
意を、『おとめ』という、おとめ山々という。検診を、
よいふみ、よいふま、よいせという。よい川の言いという。
これを、しょうげん 宵言という。診察の用語である。
めみ山の言いともいう。よいよい山のお書きという。
長尾山
 これが、長尾検診という、長尾山の言いという。これを、
長尾景とらという、長尾城の住まいという。長尾景虎という。
検診住まいという。後、謙信の世という、検診の世という、
医者を、景虎さんという長尾城の言いである。
新潟村上
 これが、村上の邑の言いである。この『邑』を、ロという。
ロをおとめ山という。おとめ言いという。これが、村上の邑
の言いという。村上の邑状(ゆうじょう)という。これを、と
もみという。検診をともみという。これで、医者を、村上の
おとみさん、という。

 『村上のおとみさん』という所という、古い藤原京の山の
言いである。医者の意味という。これが、みこしをいう、
『行きな黒紅、みこしのマークに』という、名歌の歌詞であ
る。これが、腰の見をいう、黒紅という黒い紅という、これ
を、こくゆりという、黒い塀という、『いきな黒塀』という。
これを松という、『行きな黒塀、みこしの松に』という。
この『松』を『マーク』という。

 この『マーク』が、まっこという、まこすきという、まこ
せる山という。山の見をとる、山見のかいせき、という。
これが、かいしょくをいう。どうよう検診という。この検診
を言う。医者を、わらてみや、という。わらての御身(おん
み)という。医者、『ときざまの世に住む青から』という。
これが、あおてにの言いという。
林実直
 これの意味が、まくよりという、まくせの言いとぞず、
子供の童謡という。わらてみやという、わらべみやの話と
いう。わらせるろりおり、という。『わりわりわりわり』と
いう、これを、歌舞伎の『おりおりおり』という。歌舞伎に
出る林実直の言いという。歌舞伎の名の役である。

 林実直という、歌舞伎の中の名である、劇中人物の名で
ある、この林実直の役をする役者を、みよてすという。
みよのてもゆりという。これを、ばんずりという。ばんづま
ともいう。ばんづまという役の役者という、林実直を演じる
人である。この『ばんづま』を、やまめという、おとめとい
う、役のことである。
同志社双脇
 これが紅を、塀という、塀のえきゆきという。塀をねま山
という。ねまのいき山のほいゆいという。このいその言いと
いう。『このいそ』という磯である。これが、二つを、ひと
せまという、三つをよいはまという。これが、数にかけられ
た言いの数に用いる、これを使う、どうという。どうの言い
という。胴のことをいう。この胴を双脇という。これが、同
志社の医学の双脇である。双脇に医があるという。同志社大
学の同に胴の意味がある。これが、同志社大学の医学の在を
いう。同志社医学のことという。正(やなぎ)。J03
************************************************************************
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@516
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月02日

卒業6140 ANGOLA Campus 俺090 学園 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/24 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6140京都船旅5040
古譜4040大原練習3940天の下4340 ANGOLA Campus 俺090 学園 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



伴奏譜 長尾調律

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
君とともに行けば 学園の前の丘に風吹き
貼るは青竹が気高くも天に映え広がる青空
青春を謳歌 君がいる 私の大切な人生の
若い時があると 君話す
ああ 我らが人生 君ありて我
   鳥は君に歌う学園の花に蝶は舞う
   この世に尊くも生を受けて君に
   出会う 夢 夢成りの丘に 若い
   意気に燃え 燃える時 これから
   分かち合う今の時 君と私がいる
   君話す
   ああ 我らが人生 君私いる

 狐の天気予報。〇r1999/02/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
そうきょうは、よい時です。
【歌詞解説】20200601
長尾律
伴奏の長尾律、長尾城の律、風邪の律とも。風がヒュッウと
吹く時の律です。ひゅーぅひゅー。この伸ばし方を音符にし
たもの。長尾城は、よくこの風が吹く。
長岡町友岡
 京都府長岡京市友岡の歌、Zの校章で、銀色で、詰め襟の
ボタンも銀色。乙訓郡という所にある、乙訓高校の歌です。
私の好きな長岡です。昔、藤原京と言うた所で、後、長岡京
と言い、長岡町を経て、現、長岡京市。竹林がたくさんある
所です。 京都から大阪へ行く途中の京都寄りの町です。
 子供の頃に住んでいた所です。京都とは、だいぶ、雰囲気
が違います。この南の方が、淀川の泓の港であった頃、後、
飛行場になります。亀岡連絡の長山浜槍といいます。がにょ
しょを少し使う所です。鼻母音を使う所です。今の乙訓高校
のある所に住んで、他、数か所に住んでいました。
 この学校のある南が、段明けをする場所です。夜が、数回
やってくる所です。蓮の池で、蓮を植えていました。泥水の
出る所です。この南で、泥水警戒をしていました。そんな頃
です。リンリンと鳴く泥水で、ここもそうです。竹林で、泥
をとめる場所です。
 柳谷観音へ行く道があります、その道に西陣という所があ
ります、この西陣がもう少し高く、この山を泥水が越えてきた
所です、今の、長岡天神の近くになります。ここに住んでいる
ときに泥がやってきました。鉄砲水のことです。何の前触れ
もなしに出てきます。
 今の学校のある所、丸い球体の霧が出る所です、私の住む
家へも、よく、出ました。京都では、けせより、といいます。
私の好きな霧です。
 大阪のキンカランという此東(しとう)にある大学で、そこ
の歌でもあります。大坂の、こいよは、と言います、霧のこ
とです。昔の今の学校です。今は、こんな自然現象もなく
なりました。パーレバーという、パルッセのおいよいと
言います。御所の小崎ゆれままという言葉です。御所の頃に、
よく、まませまという、この言葉のことです。紫宸殿の奥の
間のこと言葉です。こくれまの言葉ともいいます。御所の
冠語です、けせより、こいよはのこと。まべた山のお書き、
これなるを。
 コールレ、セーゼー、アックサ、レールと言います。
まるで、英語のような言葉です、亀岡の連絡に用いる、
長岡の内密用語です。ないさむの言葉とも。長岡の湯原
伍です。がにょしょを駆使する言葉です。この辺が丹波
街道の通り道になります。亀岡へ抜けていく道です。
 アップセ、サンラールという、壬生すいっしょむ、
という言葉です。水晶の出る所の言葉でもあります。
アランズーの山のお書き、これとるせる。ペペソの
おやよらっく、とぞいといつれれす。この『とぞいといつ
れれす』が、長岡管制の言葉です。無電を駆使する、れるす
発信です。また山の発信ともいいます。
 のち 、ハワイへ行く、ハワイの『とつとら』という
発信用法になります。『とらとらとら』のハワイ発信と
いう、ジェット機からの発信とぞふ。この『とぞふ』が、
ハワイのワイ山の通信のトツーです、トトツウという、
発信前のテスト無電を打つ時の、発信です。受けた側が、
ツトンという答えを送ります。トトツウツトンという、
主に、長距離の出に用いる、超短波と、超長波の二種を
使う、これを、同時に発信し、時々、無電を打ちながら
航行します。主に、着発安全に使うことです。どんなこと
でも安全を期していく発信のことを、ゴメクレ、と言います。
ゴッセ・パックスと言います、後、パックス・ロマーナと
言います。今のローマ帝国の話であります。長岡と亀岡が
かかるローマ帝国です。その内東であることという、
あこやくのおろー、という、ローマ帝国のことです。
イタリアのローマです。
 トツー発信と言えば、パレス・サイドの発信でありま
す、御所発信のことです。ここの御所のとを、藤つ京と
いう、後、藤原京という、藤原卿とも書く。
藤つ原のお書きという。パレス・サイド、れんて、
まっくす。この『まっくす』が幕である、後、幕府
であります。今の烏丸の御所にも、この藤つ原卿が
ある、場所が東の方になります。
二条の藤つ原といえば、二条城の前であります、城内
では、大政奉還のあった場所の傍です。
 この学校には、よくできる人が多くおられ、私が兄と
呼んだ壬生の同在の人、藤原へ一緒に行き(藤原京)、
また、この学校で一緒になった、そんなことも忘れて
いた、学校へ行っていた頃の私です。壬生新撰郷の人
です。
正(やなぎ)。J01
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
そうきょうはよい時です。
20200601
【とらとらとら】
 『とらとらとら』と、『我、突撃せり』と、打電して、
突っ込んでいったのが、俺である。むろん、安全である。

 また、『とらとらとら』と発信するのである、ハワイ、
マウナ・ケアである。あの険しい崖から、底までの鉄路
建設である。ダイヤラーという、ダイヤモンド・ヘッドという。

 『まあ、行くがよいのう』『いには、まる』という、無電
発信である。無電用語である。『いには、まる』という無電
用語で、スタッド・ピリオドという。〆の用語である。
 突撃 
 これに番号を打っておけば、よい話である。
『行くがよい』という、1941である。園部の完成の話である。
大崖の上での話という、園部の城と言えば、よくわかってよ
い。『とらとらとら』というこの頃の園部、亀岡、城東の通
信用語である。俺の大御叔父であるお方という、『まあ、行
くがよいのう』と言われたのである。『うちの四番』といわ
れるお方であり、言われる俺である。『突撃します』と言う
て城を出た俺である、城からの外出用語である、『突撃する』
という。その大叔父を、『御兄君、御父上』といっていた俺で
ある。園部の城の住まいという。
 突如 
 この『突撃』を、長岡は、『突如 』という、隣は長尾城で
ある。今の向日町である。その長尾城を長丘という、この長丘
では、『突れん』という。この『突れん』を、今で言えば京都
室町の長丘である、室町である。
 突連 
 『突れんいたす』という、新潟の村上(むろかみ)の言いの、
『しつれんいたす』である。この室町の長丘を、よきらむ、
という。よきらむの蛸室(たこむろ)という。船が行きかいし
た室町港である、現、京都市の室町四条辺りである。
室上(むろかみ)の言いである。古い日の新潟の村上城をいう。
『しつれんいたす』という、亀岡の『突撃』である。
無電に『いには、まる』と〆をいう。この標を、まる〆と
いう。今の文章である、『。』をつける〆である。
 これが出た所が長尾城である、文の〆のことをいう。
これを、12月8日という。『ひとふた、まるはち』という呼び
である。12月8日というのが、これの意味である。
 穂浦海軍蔽 
 日の、12月8日を使う、古い穂浦の海軍蔽である、穂浦海
軍という。ここの卒業生である俺である。学級を仁徳級と
いう。仁徳学級の『とっきょす』という、上の文の『突撃』
『突如』『突連』がこれである。
 長尾城 
 そこの神戸という場所である、穂浦の蜷川の大山の港であ
る。ここの出である、『よいよ』のお城である。長尾城
の話という、向日連の山という、俺のことである。周りを、
御父という御母という、蜷川共産のコミュニズムである。
コミュニスムともいう、コミュという城にいた俺である。

 この頃のカメラという、デジタルである、ハワイ鉄路建設
もデジタル・フィルムという、写真もある、今のいう動画で
ある。動画という、古い言葉である。京都に水がたくさんあ
った頃の言葉である。この水がひいた時のガレもある頃と
いう。これを、長岡らんまく、という。長岡覧の幕という、
後、幕下という、後とぞう、幕府の造りとぞう。高山城で幕
府を興す話という、ささ寝をしていた俺である。これを、城
の打ち死に、という。死にかえる寝という、まくすきの言葉
遣いという。のち 、仙台青葉城にこれが出る言葉という、
だてのうそ寝という、だてざんまら、という。仙台のだての
話である。いたちという、いたち寝という、仙台のいたり山
という、いたせらのだっつ、という、ダットン・セールレー
という。この日の、いたちやまれのお行きという、ハワイへ
行く俺のことという。『まあ、行くがよかろう』という話で
ある。

 行く前にしっかりと原子爆弾を落とした俺である。デッスー
という、この時の言葉である。後、デシという、へりでしの
お行きという。仙台城の話である。

 ハワイ航路という、仙台、大槌、亀の航路という、後、北
槍を入れる、今のほう山という、れんての槌針(ついはり)と
いう、富士空輸の空路という。この日の仙台、がたけら、と
いう。崖をガタという亀岡のガレである。

 これで、崖の整理をする話である。
ガレ    亀岡
ガラ    長岡京、向日町、向日町西のすめくり、この
      『すめくり』、今の千代である。
ガタ    新潟のむろれる言い、村上城の言い、村上の
      わじつめ、今の輪島、軍艦島、金沢一部 、能登
      半島ほぼ全部、ガリャともいう、この地域である。
      ガタガリャという。能登のアンナルレーという、
      後、北道の アンナプリという、アンナプルナの
      場所という、崖をアノンという、後とぞう、後の
      アンナプルナである。アノンという、これがフ
      ランス語に掛かる言葉である。
      『アッノン、レールレー』という、アンナプル
      ナの言葉の出来である。アンネラーともいう、
      アンナプルナの傍の人の言いである、アイヌと
      もいう。アイヌ語の出来である。このアイヌ、
      自分を『朕』という、『陳(ちん)』ともいう。
      
      『陳(ちん)、たまよら』という文の出をいう、
      文頭の言葉である、出が、小崎御所である、他
      の御所の使いもある、主として 、御所の発信
      に使う、『われ、いったんせ』という、いったん
      のまがり戻りのお飛びという、ジェット機が、
      いったん、まがりの場所を経由する飛びという、
      後、目的地である。この時の打電の『トツー』の
      『と』の意である。小崎御所のジェット機という。
      ミグレラという、後、ミグという、スホイ気に
      使う打電の言葉とも。
      
      後、北道管制に使う、『陳、てっさら』という、
      『私は行く』である意とぞそ。
      
      この『さら』が、長岡の『さら』である、棚と
      いう大陸棚という棚である。水になる場所の更地
      というね水がひけば崖が出る場である。急な崖
      を更(さら)という、長岡から千代までの大更(お
      おさら)である、今の地学のU字地という、U字
      溝である。千代を千代原という、大きな地の造
      りという、麓という、西山の麓という。西山が
      もっとかった日で、その造りがそのままであ
      るととぞそ。
       麓をそのままに山が沈下した話である。2300
      位あった日の長丘である、千代長岡山という、
      西山連峰である。よいよはらみる、お書きとい
      う。『よいよ』の言いの長尾城の言いである。
      向日山という言いである。後、ながの付く所の
      言いになる。
      
メッテ   長丘、北道(京の北道)、北道(北海道、五稜郭の
      周り)、秋田恐れ山、岩手大槌、釜石、仙台ガレ
      (仙台の古い、崖の時の言い、亀岡のガレをいう
      仙台で、明智の謀反をいう、この時の言いであ
      る。俺を明け民(あけたみ)という、明智こみけ、
      という、仙台の古い言いである。)、九州長崎、
      鼻をいう、長崎鼻である、この言いが、レーラで
      ある、ロレルともいう、崖のことである。ドイス
      とも。
      後、メロセでいいがでる、めろすれのメッテと
      いう。大住という、京都府南の方で、宇治の近く
      である、メッテという言いに、メロセという言い
      がある、崖である。
      京都の崖で整理をした地である。京都を平地にす
      ることという、小崎御所である。大住も崖のあっ
      た所である。平地の工事という、小崎御所のこと
      である。あの間無里は俺である、冠に変えた日で
      ある。この時の言葉が、こんしょ(今所)である、
      今所と言うて、冠にしたのである。あの間無里は
      工事用語である。敢航法という、工事法である、
      都市を作ることである。今でいう兵器を駆使する
      工事である。山の名をいう、山の墓を拵えてする
      工事である、山を尊ぶ話という、自然の尊びであ
      る。これを、世盛る、という、後、四方拝(よも
      はい)という、そうきょうの拝みの一つである。
      会教弓山ともいう。これが、小崎御所の拝みで
      ある。後、皇室の拝みという、俺の皇室という、
      そうきようを口にする俺の口である。明治時代の
      拝みという。『そうきょう、よき日とみ山』とい
      う拝みの口上である。
       この日が、明治神宮の日である。神宮へいって
      そういうのである。明治神宮拝である。これを
      するユ(じょう、古代のしだき文字)という、後、
      皇嗣という。皇嗣ユ(こうしゆ)という古い皇室の
      言葉である。これをする皇室を、薨居という、後、
      戻して、薨去という、後、一般に薨去という、崩
      御を薨去という、古い京都の習慣である。一般人
      の葬式用語になる。山更地(やまさらち)の用法で
      ある。
       山が倒れ崩れることをいう、この山の弔いであ
      る。これが、古代の『トッ』という、後、突撃、
      突如、突連である。『山がいかはった』という、
      潰れたことで、京都の古い言いである。崩御とい
      う山崩れである。これを、人に充てた使いという。
       皇大神宮という、京都の五条大神宮の前身であ
      る。五条大神宮があった頃の、五条飛行場ともい
      る。コンコルドが止まる飛行場である。ジャンボ
      が止まる飛行場でもある。今の五条通りである。
      穂浦なきゆりという、おっせのこうゆり、という。
      穂浦管制の飛行場である。ジェット機がある日と
      いう、俺が乗っていたジェット機である。黒白縞
      模様、黄白縞模様、マークに鳥の頭という、その
      機、俺が乗っていた機である。自衛隊へ乗ってい
      った機である。仙台雫石という、穂浦管制の機で
      ある。つゆ山のお絵という、片翼半円形の機も
      ある。
       園部管制からの機でもある。大御婆さんお乗り
      機ともいう。操縦も大御婆さんである。ジェット
      機を駆使する国という、和国である、ウラン機と
      いう、ラドン機という。五条ヶ浦の作所である、
      造りである。そこの造りである、ウラン、ラドン
      を作っていた五条工作所である、ジェット機も
      作っていたのである。コンコルドも作った話とい
      う。零戦という機とも。伊号潜水艦という、潜
      水艇も拵えたことという。五条工作所という、
      俺がいる話という。石碑があることという。五
      条工作所の石碑がある。石碑も拵えた話である。
       俺様(おれよう)お書き、これが俺の書き方で
      ある。たぶという。今のタブである。
    
 五条大神宮という、大きな鳥居である。それを越えてジェ
ット機が飛び立っていく、その名かわ屯゛で行く小型ジェット
機という。頃を五条管制という。この頃の格納庫という、コン
コルド格納という、ラドンのコンコルドもある話という。
大中小という、コンコルド菅北という、コンコルドの繰りで
ある。後、京大講義で使う、伍用ジェット機である。この頃の
京大、その中に家があり住んでいたという俺である。京大時計
台の東である。近く眞室川が流れていたことという、後、疎水
の一部になる、ここから、同志社へ通た俺である。
正(やなぎ)。J01
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@546
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年06月01日

卒業6130 ANGOLA lago 俺120 天若 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6130京都船旅5030
古譜4030大原練習3930天の下4330 ANGOLA lago 俺120 天若 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


伴奏譜

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
鏡の波止場には 和船が停泊し 青空の
飛行機がぐるぐると回って飛び去った
船乗り 旅出の日 お化けの船 今帆あげ
天若の港 湖 京北経由しての
大崖 越え行く

 狐の天気予報。〇r1999/02/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   (明日晴れたなら行こう、大原砂山)
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
そうきょうはよい時です。20200531
【京都船旅航路】
鏡石港
 若い人が、鏡石の港いう。大きな港で、この日、
港へ出て、和船をみている人である。若い人の住む邸宅の前
も鏡石という。港でもある。ここから何度も出発している人
である。
 俺はこの日、ジェット機に乗り、北の鏡石へ行った、
途中、鏡石上空で曲がり、そのまま進み、フラフラと落ちる
ように飛び去った。鏡石港で、俺を見ている若い人の言である。
これを青い衝撃という。昨日のことであったという、若い人で
ある。インパルスという、ホワイトマンのエンゼルともいう。
おばけ船、幽霊船
 鏡石港を出る人である。和船の帆船である。天若辺りで、
なりを変える船という。亀岡京北港という、細い川筋で、
切り立った崖の底を流れている、その川の対岸へつける。
 
 帆船の帆を降ろし、船の後ろから出るジュラルミンの鉄板が
船体に添うて船を巻く、こうして、帆船和船は、モーター
ボートのようになる。よきふりかけかけという。

 かけかけのやのういしびという。じをいう、しそれすという。
ボートの出来のことという。ボートを作る日のかわれという。
これをしびという、ひの山のお書きとぞす。

 全部、船長室の操縦である。前には、菊の紋とい
う。これが、最後の和船の仕上げである。モーターボートに
変わった話という。これが、ろはま号という、和国船の船籍
である。青い衝撃の船という、ホワイト・ランザーのエンゼ
ル・ブルスという。お化け船という、幽霊船のなりという。

 港へ着く前の川へ入っていく、ここで、急角度をきって、
対岸へ船をつける、ほぼ、前と後ろが逆になる操作という。
船は傾き、半分以上が沈んだような状態である切りという。
とらとらとら
 港の近くに打ち込まれる大杭に、菊の紋を一番上につける、
この地を、菊照らす地という、吉富港西である、園部よりで
である。上の亀岡管制のある所である崖上の地とら。
とらせらのおつけという。後、これの言いに『とら』を使う、
とらとらの言いという。後、台湾の霧社のきおてという、
きおて民の言いとする。とらとら連という。言葉に『とら』
をつける話という。『行きとら』という、『行きとらとら』
という、後、和国船閣のいいとす、和国のハワイ真珠湾であ
る。とらとら発進という無電発信をする、これを、長尾飛行
調神という、後、長尾こいはむ、という。この『はむ』、
今の無線のハムである。出、長尾飛行調である。表記に、
永尾とも書く、この世の無線のことという、園部向け、谷川
へ着く日の打ちとぞぞ。
向日町監督
 のち、向日町監督という、無線の打ちという。この日の
向日町、崖を越える手前の向こうである。長尾大半という、
長尾のやのいよれという。いっせばのくゆてすという。
ハワイ
 くゆくゆのとられるという。後、和国の海軍の『とらとら
とら』という。『我、突撃せり』は、この発進である。吉富
港へ着く手前の曲がり角で打った無線である。後、ハワイの
真珠湾の記念を立てるのに使う、無線の話という。ハワイの
旧な崖のマウナ・ケアという、ここの、敷設鉄路を敷くのに
使う、『とらとらとらとる』という、とらじ発信の信発とい
う。後のことである。その工事始めの合図である。そこを、
とらとらとらという、後に、日本の真珠湾攻撃という、12月
8日のことという。マウナ・ケアの工事である。とらという
発信である。
谷川
 谷川へ着き、ここで、泊をとった日という、ここの崖の上
の建物である、そこへ住んで加東越えて、ひとわなへ行く、
後とぞう。ここのひとわなの身いう。これを、三角見という、
三角形の山の傍である、ここの伊予の言いとむいう、ここを
伊予という、後、兵庫という、兵庫の名の出である場という。
兵の庫という、ふるつわの草のある所とぞそ。そこの兵庫
(目目)、ひょごめ、という、そこの住まいである。
((目目)は一字、この(目目)をもるという。後、目を横にする
字という、後、めめのよこふきという。この(目目)が、今の
晶の元字である、昌とも。

 このひとわなから奥へ入っていく、この航路のことという、
ひとせわのお航という。これを、御所見という、御所の身の
いいとぞず。これが、後、ハワイ真珠湾の記念碑建設である。
マウナ・ケアの鉄路の記念である。急崖を電車で降りて行く
マウナ・ゆり浜という。途中に駅を一つ作ることという。
これを、攻撃ひだすという、ひだすれの言いとぞず。
長尾急芯山のお書きという。とら山のお書きという。
和国お書きである。正(やなぎ)。M31.
青い衝撃
 この日の俺という、俺の工事とぞそ。おれる槍とぞいう、
もう一つの槍がある日という。マウナ・ケアの途中にある槍
という、これが、同じ高さ迄出ていることとぞず。
青い衝撃の山背山という、ハワイのマウナ・ケアの、マウネラ
という、後、ここに須戸と住まいする、マウネラ・けんねと
いう。マウネラ建児の言いと言う。『よいよ』の言いという、
後、長尾の言いという。『よいよ』という言いである。
長尾健児の言いという、ちょうけんのいいという。山瀬の言
いという。山々のいそみそという。この意のやのふりという。
ちょうけん山のお書きという。長尾山ともいう。これを、ハ
ワイへ作る蜷由良の造りという。蜷川のやのお造りという。
山背の造りという、蜷川島の言いという。この火の構築である。
ハワイ観光という、今の観光に適す場とそそ。ダイヤラーを
見る場という。みるみるの山という。

 これを戦徳という。戦徳発進という。我が世の花という、
花山のお書きという。後、傘の編隊という、この傘の軍徳と
いう、これをしみすわという。しみすわのお書きという。鉄
路は底まである話という。正(やなぎ)。M31-2.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/23 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@0
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽