2020年05月30日

卒業6100 ANGOLA lama 俺100 泥長世 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6100京都船旅5000
古譜4000大原練習3900天の下4300 ANGOLA lama 俺100 泥長世 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



伴奏譜404-4s-15

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
俺 古い記憶の長岡 ふと訪ね こいしさ
あふれ 君 思い出の竹林の中 歩む道
泥の土煙る 天神池の秋 鯉が顔出していた
  俺 君と歩めば楽しく 丘風に 髪は
  乱れる 君 顔前に手をやり整え
  時折の笑い笑顔には 夢多い未来を
  描く心清らか
ふと 君が歩みをとめれば指差して林の
雀 何思う 蕎麦来てかわいい鳴き
友の丘 ゆくり行く そんな頃
訪ねた君の家 林の奥中

 狐の天気予報。〇r1999/02/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
 
 
京都府長岡京市 11
そうきょう、よい時です。
 長岡天神、竹林で有名な所です。

 京都市、今のままの京都市で古い頃です。
五条飛行場があり、そのままの今の長岡へ行く、北航路と
いう、飛行路の経由で、長岡の飛行場へ行く。この日の宵と
いう。今世のあたゆみという日の飛びという。京都飛行場から
東向き、北へ迂回して、北山奥此原(このはら)上空、急角度
で左旋回、長岡の更上空降下、近くの飛行場へ着陸。長岡の
京都飛行場という、これを京都管制という。

 べんぜらという飛行のかっけくという。れゆるもとゆりと
いう。これの言い山のけこという。これを、めってという。
段原の開け行く頃とじ。この『とじ』が京都管制の言葉であ
る。るるという飛行機の麻遊佐という。るんべるの夢世とい
う。この世のおあるゆきという。此山(これやま)のお書きと
いう。

 その時の飛行のあゆふめという。れを、めよままという。
あてるれのいよすよのいんそみという。こくこてる山のお絵
という。また山のおゆれという。長尾世のお絵とじ。

 そむするれすれるという。てよそのるいはるという。着い
た時の山という。てとんのうちとじ。さますめのおやという。
今の泓の飛行場という。ここの飛行機のといかまとじ。

 今世のあるつとじ。トツーの通信の場の言いとじ。これを
京都間浜(かんはま)という。長瀬沖やら、こゆるれとん、とじ。
泓由良山ありるせよ、とじ。これが、れとんとの京都管制の文
である。わけとじという書き方である。

 長岡ア飯田浜という、長岡京のあるゆることとじ。ねぶせぶ
ろくすという。この時、京都のによう柄という、みよとの
れぶる、すめる、という。これを、とわけ書き、という。

 『と』で分ける柿とじ。ぺぬせむのとじとじという。これ
の出の場の京都管制長世という。長世原の話という。
この世長世のいとという。ままさむ・ろよくという。めっての
おえれという。わたゆたの、あゆて、とくすろくんとじ。

 きみよてのお行きという。京都の紫浜という、この言いの
紫の浜のあることという。紫浜おれるという。これが京都飛
行場の浜である。ここから、とつむつという、飛行の打電を
打つ。これを『打つ』の言いという。言葉の意味を添える
言いとじ。

 様々のことの絵のおえ、という。これが、絵のお絵という。
えのるお書きという。この日の山の絵という。おういる山と
いう。北旋回の絵とじ、これを、けぶっせぶという。

 その音の律である、古く泥の来る律という、タンタタン
タタンという音律である、一つという。『タ』を『ザ』に変
えれば、ザザンという音の形容という。この『タ』を表す、
タタンの里という、これが、ねぶうれる言いという。
長岡をタタンの里という、環濠のことという。京都管制の
長岡という。後、竹林を植えることという、竹を植えること
てある、意味添えの使いである。

 クエスチョン・ニーズという言葉使いである。これが、向日
世という、向日町の言いになる。向日町のこかれくという。
打電の用語という。めっせぶおやりという。向日町の華冠制と
いう。向日山のお絵という。のち 、打電をトツーという、
今の無線発信である。これが無線の出である。京都管制という。

 無線の長岡、向町の話とじ。遠くの長里(ながり、ながさ
と)山という。里めその山という、長里通信とぞそ。長岡の奥
の通信という、今の北条奥という、なん山の通信という、こ
の通信の発信を、れとんという、れぶせむという。

 後、れとんとという。後、トンツーという、トン発信と
いう。これを、どのほめという。澱の発とじ。この澱の
辺りの発信をすいこむという。泥の律のありゆめという。
泥が来るまでのわずかな時間である。リンリンと聞こえたら
直ぐに発信する、受電のことという、手に無線発信器を持ち
同時にスイッチを入れる。受電側の機器という、これを今の
世の機器である、今の無線の機器という。この頃に携帯電話が
あったことという。ポケットに入る小さな電話である。

 京都無線の山という。長岡管制の無電とじ。無電用語の
使いという、今のQ発進である。QQQという発信である。
いまその発信という。めたやたのお発という。これを発信
という。泥の警戒警報である。

 後、飛行機を飛ばす、はこれという。はこゆれという。
無線がゆれることという。ピパという揺れである。後、
ビバという、フランス語の、よい所という意という。

 ピパという安全を期す言葉である。ビバという同様である。
あすれすこよれと、いう。れとん点の使いという、この『
、』である。れとん書きという。人の世の連絡という。
大切なことである。正(やなぎ)。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/23 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@244
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽