2020年05月28日

卒業 ANGOLA estrada 俺090 作道 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/23 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6090京都船旅4990
古譜3990大原練習3890天の下4290 ANGOLA estrada 俺090 作道 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
がにょほらんす れれらん べする
つぇちらん すするうらら せめるれはる
そゆれれすみすれれ ぎゃほ 
ここ園部 岬がかれま みゅう風
ふつれ そみそらららおっこす
しみずらら そみそらず アイウェナ
ウォ(モ)ハンルー アイウェナウォ
(モ)ハンルー ドラ


 狐の天気予報。〇r1999/02/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
 
 
みゅう:風のこと
アイウェナウォーハンル:物を作ること
ルー:山のこと、山の関係。

 ノッコン英語、ノップラーの一種である。後が、ウェイ
ハーという、うぇいその過去という、過去形話使う英語で
ある。ウッドローハンという、サマーウッドのけゆさすと
という。サテライトという、さんげの祈りという。山々の
めでの祈りという、ウェナという、後、ガナという、ゴナ
gona という、基地の英語という。この基地を good で
覆う言いという。good gona という、後、アラフィ
アという、アラソンの言いという。後、アメリカのコンの
付く地で使われる、コンフォートという、こんるらの言い
という。米英語の、アラワナという、ボンレルの言いという。
後、南部網という英語という。南部英語である。
『アイ、レラ、ゴー』というロール・ゴーを、レラ・ゴー
という、わいせむのおいさまという、英わなのおいたき
という。ロー・オールという英語のみよされ、という。
後、オート・コンという、コンフィッシュという英語の
カラードという、後、かゆる屋の言いという。
これの英語という、アイ、ウェナというアイ・ロラの言い
替えという。アイ・ラブ・ア・ロウという、めゆとの楼上
という、楼閣の英語という。のちが、アイ・ラブの使いと
いう。航空用語のラブである。発進をラブという、
ラブロウという、アイ、ラブゴーという、発進の暗灯と
いう。夜間航空の、ラブレルという、ラブの発進という、
コンソーという、ラブの使いという。パッサーの英語の
操縦士の英語という。パーサー・ユーズのラブである。
らぶ発進という、みゆってすという、ラブルーロンルカの
英語という、五条管制の英語である。京都の五条である。

 モーハンというルーレルの英語という、ルーラカの英用
という、ルーレットの英語という。ケームりルーレットで
ある。アリワナというアイワナの言いという。今の英語の
アイワナである。 I wanna。 アイ・ウェナという、
もうろくの英語という。後、カクストンの英語という。
レックスの言いという。アイ・ウェナ・モーハンという、
のっぷせの英語で、亀岡のウォという、京都府の亀岡で、
ガロンの英語という、崖をガロンというカレの替え言いと
いう。この替え言いの冠語である、ガロンハットという。
のち 、ハットロンという発進用語になる。どんとおっつと
いう発進である。ろみそみの発進という。水平離陸でその
まま飛んででいく発進である。アンホアともいう。
ルルーアンの発進という、らぶっせるおりそ、とぞそ。
ゴーという掛け声で、これを、ルルーという。
今の電車の運転士の、『前よし、発射』という、この前を
ゴルという言いをする、ゴルゴ・サーティーンという、
ゴルゴ・サテンの発進という、悪魔点発進という、悪魔か
護という、ゴルッセルのお言いという、ゴルゴロンという、
ろんはるの英語である。サタンの天をサテンという、悪天
候での発信をいう、コンコースというコースの安全由という。
安全の路肩という、肩崎の路肩の、コールという、コンコー
ス・コールという、安全を呼ぶ発進の一意義という呼びである。
タンホアという、ホアが安全をいう、レースレーのモットソ
ンという。レーブル・ロユックスという、これをスカイ・ラ
ブという。阪神の飛び離れという、離陸のことと言う。
 経済発進がこれをとる経済の航空用語言いという。
経済の離陸という、経済相の言葉という、ロック・ロール
というフルベスの言いという。経済を論ずる日の、リー
という、李の経済という。李王朝の掛けの言いという。
 経済学のリインカールである。ロック・ゴーという、
ウェナ花という、ロック・ダウンの意を体した言いという。
 経済を花に見立てた、経済の予測の学問になる、主に
国内の経済の見方という、これが数量で見て行く時の見方に
回想という、経済相の時間をかける見方という。ギャン数と
いう見方になる。ギャンが過去系列を表す、経済の日歩を
いう。経済発進の飛びゆみという。おもに、という、この
おもにを再び韓国語に掛ける村の経済という。この理論を
とる英国のシュムペーターという、経済循環論をいう、
この循環の中期が、ギャン・ブックというギャンの見方で
ある。長さを2〜40年くらいにとっていく見方という。
この40年を中期循環という。
 これを一年にする論を、オレロレンという、俺のやり方
という。もう少し短く、40年を半年にする、40年を2〜3月
にする見方という、これが、今の『ぎゃほ』という、歌の
一語である。
 逆に倍にする日は、40年を一旦縮める、それを倍にする。
今の状態の見方の倍浜の見方という。経済の循環をいう、
この循環を米という、コミック・ロールでする。これを、
みよという。みよのお循という。お循環という、経済の
つるふみ、という。園部の経済という。
 この日のお書きという。
 
 消費をいう、この消費の拡大縮小という。金の話という。
この『金』を、れる、という、レルゴナーという。ゴール
ドをゴナーという、ゴナー・ルックの経済という。これを、
再び実に充てることを、帰りという。経済が帰ることをい
う。経済の政策という。税務の渓谷という、税を論ずる日の
見立てを炉による、これが帰りである。警告をそのままに
する、炉という、この『炉』を尊ぶ施策という、現実の
原子炉になる。原子炉建設をする、香港の原子炉をいう、
手先の器用な人のお上手である。原子炉を立てて人心を
安定さす施策という。家庭用原子炉も作ればよい話という。
川背のみゆという、みゅーともいう、風のことという。
香港が金四島をいう、今のちんめん島という、ここの
計り見である、計見。厦門発進という、これをロンメルと
ドイツの花世の経験という。経験の中の計見である。
マスキングという、マスクのやのふりという。
 コール・ドットという、カサンブラという、かせすの
ゆいよという。経済を回す、コール・メルーという。
じゅおの山という、ここの見を経済に充てる、これが金四
の話である、金糸の経済という。ゴール・ギャンという。
ゴルドーの経済学という。
 放射能の缶詰という、経済が揺りあがる日は、放射能を
いう、放射能の出汁という、放射能の中の野菜をいう、
ほうるる山の植園という、塩の経済という。塩をかこゆ
という、ロック・ダウンの潮騒という。塩の安全という、
塩をすこしという、潮が騒ぐという塩という。塩潮騒と
いう。塩のせんたという、塩槍の像という、原子炉を見る像
という。傘を持つ、革命の潮という。日ぃは、傘の譜という。
ウェナ・ファールという、潮の塩干という、金四島の塩田
という。これが、経済発の出である。厦門航路の話という。
潮の廻しをする、塩を作る金四島のチンメンという、塩を金
という、塩基がある話という。
 マスクは金より早いという、菌はコロナという、マスキ
ングのキン・バックという。マスク・傘・像のことという、
塩基は潮をいう、潮からとれる塩という、放射能と塩と
いう、マス・キングである。これを、革命の潮時という、
塩を手のすることという。安全の塩である、健康の塩と
いう。塩をもって傘をいう、マスクをして歩く人である。
 マスクを安全健康、予防という使い方という、普通の使い
という、
 健康という塩を混ぜ使う、柳のウィローという、潮の鯛と
いう、塩の鯛という、体の健康という。経済健康のしお、
という。マスクの造りという、真鯛をますき鯛という、
塩日(しおひ)の鯛という。消費という、経済の正費という、
これを、やなぎかね、という。しおという、しょうという、
尖の山という。
 塩を持つ人である、正金の使いという。桜紋湯という、
塩を入れた風呂という、これを、すめという、すめ風呂と
いう。
 経済が落ちたという日ぃは、正発進という、やなぎ発の
経済である。柳の健康という、松の健康という、マスクを
している人の革命という、予防に使うものという、してい
ない日もある、お床前という、金使いという、経済の発進を、
書くという、核のことという。
 原子力をなくせば、暴動が起こるという、原子力をいう、
家庭用原子炉を作ればよいよ、という、ウランの効用という。
 ウラン燃料造りから始めた経済の話という、園花のや、
これなるを。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@534
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽