2020年05月15日

卒業6018 ANGOLA Casa 俺010 京都廟 (壮強太陽)):イカスミ柳

【曲名】 卒業6018京都船旅4918
古譜3918大原練習3818天の下4218 ANGOLA Casa 俺018 京都廟 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1999/02/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【秋残状】
【鴨山】
そうきょうよい時です。
 この山の津の言葉で板をいう、これを、いみはれ、という。
古い、鴨山の村の言葉である、鴨川のできる前の鴨山という、
この地の村の条の言葉である。、麓を『たれ』という言いで
ある。この言葉を、かもせら、という葦之ケ原の呼びである。
御所もこれを踏襲することという。鴨山という御所である。
この頃の御所京都峰の中腹である。今の東山が下に見えたこと
という。比叡山が同じ高さにある中腹の山である。京都論の山
という、京の話の山である。これが、『山』を話という言いの
言葉である。京都峰の言葉である。
 今では、一般に話を山とは言わない、話という。秋残りブロ
グでは、話の意味で、山と使っているのである、京都峰の言
葉を使っているのである。

 これの板で、この頃のことを見に入れた、脳の見分という、
脳を論じる京都峰脳論という。この頃の能の見方であるひぃに、
今の脳の見方である、これが、脳論の基礎である。

 主に言葉の発生をみる、言葉に考える脳である。これを基礎
に見ていく脳の学という、脳学のことという。京峰の掛かりで
見て行く。脳を論ずるのに皇(すめら)をとる、京都峰の天辺、
天を、天皇という、一般に山の頂上を天皇という、皇(すめら)
の天という、天点という頂上を表す鳥羽という。
 これが、人の一番上の頭にかかる言葉という。人の頭を天皇
という、京都峰の言葉である。一般の山をも天皇ということと
いう。これが、そうきょうという言葉の意味である。

 板張りに置き、手紙、文書に置く、京都峰のことという。
『そうきょう』と言えば、山を崇める意もある、山が沈んだ、
その山にいた俺という、おれらまの家(や)という。おらがや、
である。これが、おれる家である。立って座る家である。
家が建ち、座る家である。
 今は、俺が立ち、俺が座る家の中である。これを、おれすみ
遣り、という言葉の使いである、おれという言葉である。
『おのれ』という言葉の意という、おれの言葉という。
正(やなぎ)。M10。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@547
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業6033 ANGOLA distrito 俺033 蒙古郡 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6033京都船旅4933
古譜3933大原練習3833天の下4233 ANGOLA distrito 俺033 蒙古郡 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
亀岡 蒙古山越える 南の地遥か
大裾野 木を植え立て 竹邑
湯の花山の足利地 高氏名の地
湯の槍けぶるやら 奥行くと 野之野
中山の御国 切り立った 崖がれ

 狐の天気予報。〇r1999/02/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
2020514
【歌意】
 蒙古という、古い亀岡の地のことである。今は、蒙古といわ
ず、亀岡という。京都の西の地とれす。とれす言いの場所とい
う。ここを、足利という、古来の地の言いとれす。これを、
わこれま、という言葉の使いとれす。後、この『とれす』が、
『とです』になる、現、九州の言葉という。
 『するとです』という言葉の使いという。これを、蒙古襲来
という。蒙古の言葉が九州へ広まったこととぞむ。蒙古が来た
という九州の古い話という。これを、『レ』という九州の古い
蒙古話である。これ俺の話という。
 京都峰が沈んだ話が、この『レ』の話に付随することという。
俺が言うたという、蒙古の俺の言いという。この俺を『モギャ
ホ』という、後、『モガ』という。後、『モボ』という、『モ
ガモボ』の話という。俺を『ガボン』という、九州のはちらの
地とです。はちら九州という。山せむの言いのある所の地とと
ぞる。
 『めんせるれて』という地の言葉という。これが、足利の『
や』という、足利の矢の言葉という。この矢の印という。
矢の紋である。やまずの矢という、門の意味とぞず。
 九州の州の意味という。州行という、崇高という、音の表し
という。『すうこう』を取る、九州の言いという。音を表した
字である、『州行』『崇高』という、話す人の越えの音という。
これの表しである。中国語がそうである。
『イーヨースーヨー』という中国の言葉の、蒙古の言葉という、
この意味の書きである。『蒙古が行った』を『来た』という、
蒙古の日の行きである。亀岡の蒙古である。

 足利尊氏の絵に描かれる、馬に乗った絵の刀の絵である。
この刀が、おれまがりを表す。馬に乗るを、いこ山、という
言いをする、この馬の名の意味 とぞず。馬が足利尊氏である、
乗っている武者を脳の全体という。馬が体で、脳が乗っている
人の表しという。馬が四本脚があるという、しのぬら、という、

しもせらのしのぬの、という、そこの景の地を描いて、人の描
きにする法という、描き方である。これを、そうかま、という
描き方という。馬に乗ることをしない話が、裏に添わることと
いう。馬に乗ることの、いとかれめれ、という。これを、しな
いことを説く話という。馬には乗らないことという。

 絵には、乗っていることが描いてあるひぃに、脳の絵である
見方という、これが、柄を見る見方とぞふ。画家の描きの絵と
いう。足利尊氏ということという。馬に乗ることを戒める絵で
ある。刀が、おれまがりを表し、四本の馬が足を上げる仕種の
意図とぞう。これが、脳の言葉の動きである、脳内の思考の
ことである。『あしかが』という言葉がそうである。

 足利山の絵という、足利の地の見の、脳の見とぞず。
脳内を景色による、景色の見を、脳の見という、一つの脳の
見方である。刀のような形のおれまがりである。脳内のことで
ある。足利山という、自分の脳をいう、足利尊氏という。
この江が、馬の名を、足利尊氏という、言い方をすることと
いう。こめせらの絵ともいう。足利山のお絵という。足利尊氏
の話がこの話である。足利郷の話である。

 これが、刀を持っていることだけを見る、ひぃに、持って
いる意をいう。九州征伐であるという、こういう見方をする
人を俺という。脳が言葉を広めていくことの意味になることと
いう。征伐が、『行き打て』という意味の絵とぞう。脳の絵で、
征伐という、九州の襲来という。中脳の働きで見る、柄の見方
とぞ。

 今風にいえば、言葉が広まる有様である。光を伴う刀のおれ
まがりという。おれまがりの放射で、言葉の放射である。
光が輝く刀の日光という、脳内の言葉が、外へ具現したこと
という。九州に言葉が広まった話という。蒙古の言葉である。

 『スーヨー』という中国語の言葉のことという。この言葉
を話す九州の足利の行った地である。これを置く、宮崎の箱
崎宮という。そこの外伝とぞず。箱崎宮の出来が、その意を
有すことという。おれまがりの尊びである。足利を、尊ぶこ
とという。

 足利の幕府という、馬をめでる幕府である。勿論、馬に乗
らない話である。自動車のム名前を蒙古という、蒙古号で
行った俺という。足利郷の出とぞう。

 『ワンホア』という、しっばつのことをいう。この日の言葉
の山ゆまのお言いとぞう。御所の掛かりの出という。これを、
足利の出の御所という、後、足利御所という。後、小崎御所と
いう。『あっぺら、べんぜい』の言葉という。あぱせらのお
言いという。後、鞭声(べんせい)という。シュッシュッシュッ
という声を、鞭声という。シュッシュッシュッと言って川を
越えたのは俺である。御所に流れる川である、小さい小川である。

 馬に乗って馬に鞭を打つということを、しないのである。
馬の脳という、これわ、べんため、べんさむ、べんとれ、と
いう。べるっせらーずの言いという。馬の脳が、おれまかりを
尊ぶ脳である。この脳を馬脳という、人の脳内の一部である。

 海馬という、竜の落とし児という、場所のことである。これ
が、おれまがりの場所ともいう、脳のことである。この脳の
働きの絵である。花山の言いの足利の言葉という、『あしかが』
という、おれまがりのことである。足利脳という部所である。
『さかれま』ともいう、『さかすり』という、『さかみ』と
いう。さんその山のお書きという。足利山のお言いである。
 
 中国語の話にあるワンスーヨーの言葉のことという。後、
太宗の唐の帯刀の物語である。これを、北京そうはん、という。
後、北京ラールゴーという、後とぞう、北京の五十五日という。
北京へ各国が攻め入ったという話である。清王朝の話のことと
いう。これを、北京ほう浜という。北京朗語という、北京の
はよ浜という、北京せーるのあよすて、という。清王朝が話す
ことである。

 いろんな言葉で喋ることを、『清(しん)』という、『きよ
かま』という、中国語を使うことに、代表をとる、北京ラール
ゴーという。亀岡を、北京清空という、後の言いである。
亀岡のガリセラという言葉である、ほうはるの言いとぞう。
蒙古の襲来で、襲来語という、亀岡のよんふり、という言葉
とぞう。

 亀岡の地がある所の、湯の花の言いともいう。湯の花の言葉
で、湯花語(とうかごょという。これが、後、唐華語という、
後、もうらむという、もうせるという、もうみやともいう。
中国語の出の場の言いという。ほう花の言いという。ほうれる
山のお書きという。脳の言葉を伴う、足るか語ともいう。

 この『るか』が、カリの意を、脳から、景色にいう、景色の
言葉という。ガリレアという、ガリラヤという、細川の
がせくり、になるとという。細川ガラシャということである。

亀岡の地区の細い川という、この川が、長岡から出る川である。
長岡から、きませらへ行き、きませらの越えをする、逆上がる
川である。この川の出来という。デレンセレーという。
この物語が、細川ガラシャの物語である。浜山の言いである。

この歌の意である。
 スウヨウ、らって、うるせる、れむれつよよすて、れれせ、
せるせの言いという。『やなぎ』という言葉を尊ぶ話という。
柳が植わっている亀岡のガラシャである。細川ガラシャの
やなぎまれ、という。長岡りゅう浜という、ここの浜の言いで
ある。古く、藤原のかまゆり、という、藤原かまたつの言いと
いう。藤原鎌の形という、刀の形である。脳を尊ぶ刀である。

 脳の話である。刀工の目があるという、これを、書巻落と
いう。刀工の技術の行きに達することの言い表しである、
書巻落という。これを、しっぽくの耳という、見身とも。
けんしん落ちという。おれまがりの滝を見見落ちという。
めらせらの見、めらせらの身という。これが、メンツァーの
言葉の一意味である。メンセーレという、亀岡のメンソーレ
である。
長岡の、メンツァッツー
京都のごせのまの、メンチョーラ
大坂のイオントーブの、モンスーメ
福岡の、レーメセ、メンレーメ、メンソール
鹿児島の、ソンチョーラ
沖縄の、ソーメレ、メンソーレ
旭川の、メンハ
網走の、モーレ、メンモーラ
知床羅臼の、ミンス、メンソーラ
利尻の、メンソーホー
礼文の、メンレー
青森の、ソーラン
岩手、ソーゴン、おいでなる、おいでな、おでんらく
大槌、ソーレン
釜石(かまいそ、とも)、ソーセマ
水戸仙台、ソーロン
輪島、ソームン
堺、ソーミン
富山、ソールン、ソーラン、ソーハン、
新潟、ソーリョン、ソーラン、ソーレン
松江、ソーレン、ソーロルン、ソーロン
鳥取、ソーマカ、ソーマン、よいとまく、ろうれんのいと
   ローレンノイ
大分、ソーキョン、ソーキャ、めらすれのいも、
   言葉のことである、いもという。
名古屋、ソーレン
東京、ソーラン、
埼玉、ソーニャン、ソーニャ
栃木、ソーナン、ソーロン
千葉、ソーヨン、ソーダン
福島、ソーマン
・・・
・・・
 これが、言葉の放射である、おれまがりの滝落ちの場の
働きである。大脳の働きの地の区分である。このままの働きで
説く、放射能という、脳の働きである、その一種の放射能で
ある。脳の放射能という。骨の放射能のことという。
はおらまやお書き、これなる。これを、大脳の働きという。
御所の紫宸殿の広間のことという。紫宸殿夜学の講義である。
御所の脳学である。これを、御容らむ、という。
かたむら山お書きという。容邑(かたむら)。
松平容保という御方の御講義である。御所夜学である。

20200513
【【足利、亀岡、早郷(そうきょう、そうごう】】
卒6031、続
 そうきょうは、よい時です。
カーネル・ヤンキー 
  リインカネーションという、ダラスの城のカーネル・
 ヤンキーという、きばせの言いとぞず。ダラスの古い冠
 話である、ダラスの城の別名である、現、ダラス市で
 ある、リインカネーションという。
 
 カーネル・ヤンキーは、うる発である。絵の世の言いと
 いう、マネの絵という、あの絵のことである、歌がかり
 であるという、合戦譜の横の絵である、あの絵。
 オレガカイタと書き立てる駄作者である、俺が描いた
 と言いたいのである、綺麗な色彩の真似の絵である。
リンカーンの墓 
 ダラスへ行けば、リインカネーションがある、リン
 カーンの墓があるという、ナゾーの話という。
 ユニオン・ジヤック見立ての旗の騎兵隊である。
 騎兵隊をリッカーという、リカードのオペラである。
 オッペンパーレルの言いの、くつめつの言いという。
 ダラスの冠話である。『ワラ、フラ』という、南部英
 語の調子という、カーネマの調子という。
カリフォルニア 
 リインカーナルの鐘がなる大地という、ダラスを黄金の
 金という、カーネルの、鐘鳴る大地という、黄金ラッ
 シュのはしり、という。ダラスの古い話である。
 金がなるともいうことという。マネーヤンキーという、
 バネダのネバダという、バーなるべいぜいの、米成り
 という、黄金の穂とぞず。米西。古いダラスである。
  この米をアンという、アンの一意味である。甘い
 米という、米粒の金状を、籾の金という。砂金のこと
 という。米状に加工した金細工を、カーソンという、
 カーネルともいう。カミッソンラークのすかっぺ、と
 いう、マインカネーションの一意味でもある。
 アンのカーリクの言葉である。狩の地という、狩りの
 郷という、カリフォルニアの『カリ』の意味である。
 籾狩りの地という、米を作るカリフォルニアである、
 古くダラス米という、米西米の米という、砂金の
 ことでもある。狩郷(かりごう)の地という。
ロサンゼルス 
 ロスの地という、リーイラのイラという。イラ山の
 地という、ロサンゼルスである。エッドワードという
 空軍の、エジスラという、エッジワースという、えどれる
 えど宮という、ロサンゼルスの宮という。べめ山の地と
 いう。笑みの宮ともいう、笑む地という、えみれらの
 くゆめるお言いという。一つ山越えのエッドワード空軍
 基地である、古いダラスの仮空港である、黄の山のお書
 きという。
フルヘッド、フルハウス 
 ダラス、アラモという古い故郷という、これを、フル
 ヘッドという、ダラスと、アラモと、エッドワードを
 兼ねる地である意である。飛行機の航路でもある。
 エッドワードを通るノス行きの空路である。この空路を
 フルハウスという、カードの基地という、エッドワード
 空軍基地のことという。カード・キャンプという、これ
 の意のかならぐ、言いである、カナダ空軍という呼びで
 ある、エッドワードのことである。エア・フォースが、
 それを知らせる言葉である。
  カナダ・エア・フォースという、エッドワード空軍
 基地である意ともいう。フオースは、空路、路の意
 でもある。ラックション・シーズという言葉がそれで
 ある、古い言葉である。ホアットル・ラックションと
 いう、この『ホアットル』が冠語である。
 エドワード空軍基地の冠語である。リイン・フォースと
 いう寄り合いの意味である、基地のことである。 
 コネクションお書き。正(やなぎ)。M12
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/09 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@418
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽