2020年05月08日

卒業4870 俺870 オクト (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4870京都船旅3770
古譜2770大原練習2670天の下3070 ANGOLA Flor de cerejeira 俺870 オクト (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
いかるろ いく日に いかるそみらどのよ
園花の滝 糸落ち 花の組石に巌のれめと
ぬぬやら木を見す いかるのそでわら着の
ときの ふみすらめるれ およよ着たる
いかる ひのみのゆけと とおす

 狐の天気予報。〇r1999/02/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【h国】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌詞】
いかる:桜のこと
れめと:組みのこと
とき:服、着物
 桜の柄の着物着を着たことのめでに、城の中のこと(ふみすら
 )の中のことをいう。いつも着ている桜の着物を喜ぶこと。
ゆけ:喜び
とおす:鴨居、天井の鴨居炉、吊るし炉、とおがともいう。
云城の中の歌。 
20200507
【潜水艦、云艦】
 堺爆弾口記。
 『ボイズ』、大お爺さん仰られ、堺仁徳庭という、ここを出
た、潜水艦両用陸せまのお飛行という。ミサイル載下の撃とい
う。『チッタチッタ』という、律の音という。音楽の律という
。このチッタをいう、これが潜水艦の律という。この律で撃つ
芸当という、芸高の撃ちとぞず。ミサイルを撃つ話という。
【ミサイル】
 ミサイルを撃ち離した仁徳の前方の後円墳という。これが、
仁徳の弾である。この弾が撃たれた所とぞず。前仁徳という、
にんせらの場という。今の大砲の弾のような形である。先の尖
った弾という。これを、ダンミルという。ダンゼムともいう。
これが祭りにある、ダントンセックという、祭りの拍子のチッ
タという。大お爺さんのお作りである。ミサイル工作である。
【放射能入りの琴】
 前方後円墳のかかりの所で撃たれたことという。ドンサワと
いう場とぞず。これが、潜水艦から発射されたミサイルである。
堺パックションという、パンクションとも。音楽の律になるこ
とという。ダロンという弾きの、放射能の入る日の楽とぞそ。
放射能の話という、演奏中に放射能をよることという。放射能
の混ぜをする音楽である。放射能を部屋に入れて、楽を奏すこ
とに、聴くことという。放射能とともに楽を奏し、これを聞く
。これを、ダンゼランという、この地の演奏会である。空の放
射能の取りという、空にある放射能を取って、部屋へ入れるこ
とという。これで、琴に入れた放射能の琴ということである。

 ダンマスの琴という、これが、これが堺の弾筒という、ダン
ヅツ、ダントウ。これで、音が、まみる音、という。まみる音
を聞くことという、劇にもある話という。
【新潟長岡】
 一例が、新潟長岡の米の百俵の、英語のような解説入り劇で
ある。放射能の中で観る劇である。この劇をダンホアという、
ダンツェンともいう。英語の、ラブという言葉である箇所とぞ
ず。このラブが放射能である。放射能を取ってきて、劇中に入
れるのである。放射能の話とという。有名な劇である。長岡の
話という。放射能の缶詰という歌という。これが新潟の大道と
いう潟なみの近所の町である、邑のような所という。ともせら
の大道町である。ここの原子爆弾の落としである。放射能缶詰
の話という。何も見えない空気のような缶詰である。これを、
劇中に放つのである。これが、放射能入りの劇である。

 これの効果とぞす。病をいう日の癒しという、体の中に入る
放射能という。放射能を吸うことをいう。病気に対して直りが
出ることという、主として、脳の病気とぞず。缶詰をいう、放
射能の造りという、放射能の造りを具現したものが缶詰である。

 脳梗塞とぞず、治る話という。新潟の大町に落とした原子爆
弾という。病気予防のことという、劇中に缶詰を開けて放射能
を放つのである。今の話である。劇が、この意味を離すことと
いう。米百俵という、劇の中の言葉とぞず、ラブという言葉と
いう。ラビング数録という劇のことの言いとぞず。明治維新頃
の劇の場面という、黒い服で出てくる場面である。ここで、放
つことをする劇という。和国の劇とぞず。海辺の町の劇である。
今の新潟はどうかは知らないことである。

 チッタチッタという数えをする、放射能のめでという。和国
談とぞず。
【堺の祭り】
 堺の祭りという、この祭りの中にある、チンデラという、
拍子の話という、チンデラで、同様に放射能を放つことという、
和国の祭りという、堺を、マッセルという言いのダンツェラー
という祭りの一場面という。これも、脳の病気に効果がある、
放射能の放ちとぞず。放射能をマッセルともいう。堺ダントス
のおまつ、という祭りである。この祭りで松の木に、放射能を
放つことという。後、松が光ることという、夜にも見える松の
木とぞず。この松の木の傍という、病が治ることという。
【松の木】
 普通の松でも治ることという。この松の木、江戸という松と
いう。江戸松の話という。『殿、殿中でござる』の松の廊下の
ことという。江戸城の話である。これが、カマという意味の話
という、松で病気が治る話という。病人に松野木の話をするこ
とという、治りを促進することという。これが、松の話である。

 放射能と松の放射の枝という、この掛かりのことともいう。
脳のおれまがりの放射という、言葉を放射するおれまがりとい
う。これが、言語を調べる日に、解析できることという。広く
語学の話になる。言御霊(ことみたま)という話という。

 堺から発射されたミサイルのげ、という、エノル・げとぞず。
エノラ山のお書きという。放射能の話である。原子をめでるこ
とにもなることとぞず。同志社医学にあることという。
【霧社事件】
 この同志社の医学、現在の、わまふみ、という。この言葉の
解析をする語学という、これが放射能を原子の放射能になる解
説をする、イロンスウハウという、イロンの語学という。主と
して南京の冠語を使う、南京冠話の発露の台湾のオキ語という
、現在の原住民の言葉という、これの解釈をする語学である。

 台湾の霧社の話とぞず。これが放射能の話である。明治時代
の話になる、霧社事件という。これの解説が、語学の開設と同
じである。放射能の話であることという。

 明治政府の統治下、住民がが立ち上がり日本人を全員抹殺し
たという、たった一人の子供が脱出し、山谷道を歩き、日本の
軍隊に知らせたという。一人だけが生き残った話という、霧社
事件という話という。

 これが、放射能の松の木の話である。松の木が光った話とい
う。放射能がかけられた松である。一人の子供が知らせたとい
う話の、子供の手柄如くの光とぞう。霧社という放射能のこと
である。ここで光る松の木という、『殿、殿中でござる』の
電柱である。松の木の電柱という、光を放射する電灯がつけら
れた話という。江戸城の中の電柱である。放射能の木という。
この木の傍の話とぞず。『殿、電柱でござる』木という。
【歌舞伎のエノミ】
 歌舞伎ではこの場面を、エノミという、吉良上野の場面であ
る。ここで放射能話放つ歌舞伎という、この歌舞伎のことを、
エワデルという、エワデラともいう。歌舞伎のことという。
どこへ放つか、回る場で放つことという、歌舞伎のホウセレ
という、和国の歌舞伎である。役者が放つ、もしくは、添えの
者が放つことという。和国の放射能話使う芸能である。
【放射能を使う音楽会】
 音楽でもやるのである。ベートーベン運命という、ジャジャ
ジャーンという出だしの場で放つ、指揮棒の仕組みという。
ほうでる式という、和国の楽である音楽会のことという。放射
能を使う音楽である。和国世のことである。
【火打ち石】
 火打ち石を使う話という。放射能を呼ぶことという、光が放
射能である、放射のかかりという。健康に繋がる一法とぞず。
同志社の力相医学という。この講義に火打ち石を使うこととい
う。同志社の医学である。一般家庭にあった火打ち石という、
話である。庶民の知恵とぞず。知恵のげ(下)という。下知の
語源である。しゅもせまの知という。『しゅ』が主である、
放射能の主(あるじ)という、これが、同主の言葉の使いとと
ぞず。言葉を尊ぶ話とぞず。大切に使うことという。医術の
根冠(ごんかん)である。

 松の木の枝から出たより、とぞそ、主の寄りである。字の
『主』のことである。松を主という、歓楽の意味元である。
俟つわ観ることを陥落という、歌舞伎に用いられる松の木と
もいう、松の絵の意味という。ほうかまゆり松という、歌舞
伎の絵の松である。
【『同』の字】
 これが、同志社の医学にあることという。他に、同窓にある
また、『同』の字のつくところにある。字に見る健康である。
おれまがりの滝という、言葉の滝の一体という、滝の場の脳の
中のおれまがりの滝の所である。放射を尊ぶことという。この
言葉が、さくら、である。さく、ともいう。背名に桜をつける
古い穂浦の風習である。男前良雄桜という、桜の敬称である。
そわでらの呼びという話である。

 『お〜い、さくら』という、人を呼ぶときの言いという。
おれまがり滝の出の言葉である。
【大団円】
 城にある寺をそわでらという。松の廊下の端をいう、ここ
をそわすことという。放射造りの廊下という、放射した造り
に板をならべる、これをそわという。一建築である。これが、
大団円という回る舞台の造りという。放射能を建物に入れた
造りである。節目だけを使う目の造りという、これを、目を
並べる、そわの端という。大団円を出す建物の造りとぞず。
江戸城松野廊下の目だけの廊下という、この廊下を歩くこと
というこのことを、そわえら、えわずるの歩きという。主の
いうことである。主の言いという。歩きを主の歩きという。
この廊下を歩く人のことという。
【主】
 この主という、同人という、松の目の同行という。皇居の
松の廊下という、この廊下がある場という。『殿、伝書鳩
です』という、鵜飼の話という。鵜の目という言いをする
江戸城ろめはめ、という言葉である。これが、和国の江戸
城である、日本の江戸城という。江戸以外のどの城か、言
葉で判断する、城言いの言葉の考察という。天篁目察とい
うことという。廊下の話という。云城の廊下でもある。
和国城巡りとぞず。放射能の話の発の城とぞず、はっぱす
という言葉である。云城の言葉である。園花城のことであ
る。メメメメの城という、穂浦の蜷川城のことともいう。
正(やなぎ)。A29。
******
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/02 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@618
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽