2020年05月07日

卒業4839 ANGOLA Jardim 俺839 宮城 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
【曲名】 卒業4839京都船旅3739
古譜2739大原練習2639天の下3039 ANGOLA Jardim 俺839 宮城 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
 【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1999/02/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
20200506 そうきょうよい時です。
【米墓】
 葉山より浜御所へ行く。きのう御所という、こめはか、とい
う。米墓。闇の墓とぞゆ。御所のかけ玉の言いという。かけ玉
という、まれせれのゆいかま、という。はるか、千葉の屋の意
という。千葉をよる話という、千葉の、かし埼という。この
こうくの、くみふりを取る、行程の話という。こうていを、
こうく、という。千葉のいやのやれふれ、という。
この『いや』が、かけ玉の言いである。家のこと。
【千葉】
 この玉を『御(ぎょ)』という、この御を、てせゆま、という。
千葉のまゆはむ、という。めれるれ山という、この『山』の意
とぞそ。遥かゆく山の世のお書きとぞふ。ここを、血判、とい
う。血判の地という。これが、わたさき、という。ここの千葉
を、せっ国という。我がの地の、せいまる、という。この『ま
る』の言いの、船を取る言いとぞふ。とみする山という、山の
お世という。この山の手という。千葉を、山の手、という。
この『山の手』の、言いのことという。これを、こう山という。
このこう山の意という。わた山の家という意とぞそ。
【家風】
 我が世渡る話という。ここのいそゆそ、という。この『ゆそ』
の意のこととぞふ。これを、薨という、夢のしょい浜、という。
宮城という、みそゆそのえせゅさ、という。の山の意のえて、
という。これが、『れも』の言いである。薨を『やふ』という
後とぞそ。やふう、家風の夢とぞそ。家風のお書きという。
【薨】
 宮城へ行く日に『薨』をいう、これが、薨去をでる言葉で
ある。薨去という、虫川の言いという。ここの出の場とぞそ。
今の薨去という。東京の、ごまえき、という、その日の皇居の
ことである。宮城山お書きという。齢、そかせま、という、
古い御所の言いとぞず。そかせまの巳年という。これが、薨去
の言いの皇居である。そかせまの巳年に宮城にいた話という。
【同志社ごいふき】
 *************************************これが、ゆい
ろの浜ゆ、という。浜から行く、宮城落泊(みやぎらっぱく)と
いう、古い宮城の川という、ありゆらのかそゆそ、という。
その日の皇居の、とき山ぜ、という。ここの場のおきひく、
という、ここから、出を取る行きという。宮城御行という。
宮城の浜の家という。れてゆらのそい浜、という。れてその
ゆいらら、という。これが、同志社の日の、遠江(とおえ)と
いう、同志社のゆま浜という。道鏡の歌のいとゆと、という。
言葉を、まてほみ、という道鏡の言いという。同志社の医学ごい
ふきという。これが、めの話の医学という。同山の話とぞそ。
【薨去】
 同志社お学という、御所の教壇とぞそ。この教壇の場の言葉
である、薨去という言葉である。教壇を薨という。またせたの
山という。宮城の山のお書き という。古い山のお絵という。
うちの話である。宮城の、おべんさん、という、おべまさん
の御叔母という。ここの浜の御叔母である。乗る自動車を、
といせま、という。宮城の冠白語という。この山の言いの、
そみそり、という、自動車のことである。
【宮城冠白、石ノ巻、いしずわ】
 れてゆての言いそり、という。これを、もてゆて、という。
今の、官女という、かんせまのいとの言いという。かんてら語
という、そみそりという言葉である。これが、京の、にんざく、
という、京都の墓町の頃の言葉という、にんざくの言いとぞむ。
宮城の山の、おしずり、という。とらゆり、という地震である。
とらゆりの地震を、とき山という、その時の出という、とらせ
るめぬれる、という、とれらるめのと、という、これが、宮城
を、いしずわ、という、この言いの石ノ巻という。巻のかん、
という。これを、かんすめ、という、この言いの宮城冠白とい
う、これを、薨白らむ(こうはくらむ)、こかる言いという。
この宮城の石の巻きせる、という。宮城のおそめそ、という。
これを、れゆて、という、後の言いとぞみ。とっせらるうく、
の言いという。わたせた山のお絵という、この『絵』を江とい
う、えの園のいわぜら、という。この山の行きという、古く、
京都峰の頃の行きを、いう。この行きの、薨復である。
宮城行きである。
【明石】
 明石論の山という。明石やっぱのせるとよ、という。明石城の
浜ろぎ、という。明石の言いの、ろぎ、という、城のことであ
る。明石で、城をろぎという。同志社の医学を取る明石の城の
言いという。城様(じょうざま)言いという。薨去からきまし
たという、古い日の穂浦の京都の言いとぞゆ。
【明石曳き】
 この言いの行きという、宮城行きという。宮浜のおゆふれ、
という。『おべまゆまれ』という、自動車の行きの宮城という。
頃を、城曳きという。明石曳きという、この世の由井浜のいよ
ふり、という。御所の由井浜の浜という。ゆとの山のおよそよ、
という。これが、宮城のお学である。遠く釜石という、その
釜石のおべまのお言い、という。釜山の掛けの言いとみす。
阪大行の講義とみず。古く、御所夜学の言いのある頃という。
またゆまの話である。
【御所内の宮城、御園の丘】
 古い薨去からの宮城行である。宮城の、ここやか、という場
の言いとぞず。車を、ヨンという大きさの車とみず。京大から
同志社へ通っていた頃の車である。この日の丘である、御所の
丘の掛け登りという。御所にある丘である、とぞそ。御所内の
宮城である。上の文の掛かりとぞふ。
【宮城】
 東京の薨去から、仙台の宮城へ行った話という。千葉にいた
頃である。御所の在の、後、今の家である。後、五条飛行場と
いう、現、JRの丹波口駅の北という、そこの飛行場である。
今のJRのことという。丹波口駅移動の話という、五条に来た
駅という、れいかまの鳩のおしゆ、とぞそ。絵をいう、駅を、
とけせけ、という、和国の言いの翁長言いという。この言いの、
具現という、とけせけが表に出た駅の移動という。今の駅が少
し南にあった頃の、飛行場のことという、現、駅の格納庫であ
る、飛行機の備えという、五条格納庫という、今の駅である。
【格納庫のことを薨去、皇居という】
薨去という言いである、格納庫のことである。これが、古い
穂浦の飛行機である。ヘルキャーという、ヘルキャットとい
う、これに、アンボイジーという、あんせるうの音という、
中由良のお行、という、飛行機の使いとぞそ。大宮通りに
ジャンボが飛んでいたという穂浦花まらの丘行き、という、
飛行機のことである。京都会議前後のことである。御池に
飛行機が止まっていたことという、伏見の師団の行進という、
ロボット軍団の行進である。『おおお爺さんがおられた』と
いう、大きなロボットで先頭を行くロボットである。伏見の
帝国陸軍という、伏見りよ川のお連れ行きという。京の
かとみとの川春という、この時の会議の浜のいと、という。
これを、ろよする、という、うるのゆわれ、という。道に
名を遺す陸軍である。伏見軍道、師団街道である。
【薨去、皇居】
 ボレーン・ハックのお夢行きの行きという、薨去の語源であ
る。後、薨去を皇居という。皇居からの宮城行きである。大御
爺さんの乙というお言葉の具現、とぞそ。また行く皇居である、
住まう日のお書きとぞそ。長く居た話という、皇居である。
【家老、城主のこと】
 宮城の言いの皇居という、ここを、みやすめ、という、宮城
の言いの家老という、家老言いという、城主を、くんせか、と
いう。これの言いの『も』という、くんも、という城主のこ
とである。これが、皇居の言いである、古い、こうめるのお日
の言いという。お日という、太陽のこととも、暦の日でもある。
これを、みどふり、という。どの山のお書きという。
【仙台城】
仙台城のことを、みど、という、水戸の山という。仙台行半の
言いである。みどふと、という、みれせれのゆいさま、という、
ここを、そゆってく、という、これが薨去の言いである。古い
仁徳語という、京の云城の言いである。京都峰のある頃である、
五条すじ川、ともいう。京都峰の沿い川である。京都陥没の前
である。言いに残る話という。
【園花城、宮府】
 宮城の、おゆて、という、京都の町の陥没のことという。陥
没を、ゆ、という。宮城のおべまの言いである。おゆってす、
という冠語の言いである。ゆすゆふ宮府(やふ)という、宮府が
云城である。園花城ともいう。宮城ゆっきしの添え。
正(やなぎ)。M06。
20200507記
そうきょうは、よい時です。
 現、京都市五条七本松上がる、ここは、穂浦の宮城野という
所である。穂浦の世という、京都の古い頃である。穂浦海軍の
頃という、穂浦陸軍もある、カーキ色の服を来た俺である、
特高ともいう。特高の人である俺である。
 薨去に添えて、俺、蘇りの文という。正(やなぎ)。M07。
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/02 その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@401
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4835 ANGOLA Koyoze 俺835 こよぜ (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4835京都船旅3735
古譜2735大原練習2635天の下3035 ANGOLA Koyoze 俺835 こよぜ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/02/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
//□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
2020/05/07そうきょうよい時です。
【よわぜ】
 今日は、云城から、よわぜという所という。云城という、京西
よる園花の場の城とみず。ずん胴のスペースシャットルで行く
という、時間にして、ほぼ5分くらいである。大御婆さんおられ
、みずらまのお行きという、頃夜、えるての、おりいっそくと
いう。みるす、それゆら、という。みみてるるゆそす、という。
これを、理銀子と、いう。とめるるるのときと、ぞず。めての
お言いという。公かわ (きみかわ)のお書きと、みず。
【類】
 五条より別れた支流の川と、みず。れてるせんての川ふりの
あすゆと、ぞず。これを、みせゆせと、いう。みみさゆのお書
きと、いう。この書きのいき様という。えるという、鍵の使い
とぞず。この鍵が、今の括弧である。使い発を、云城という。
 云城の鍵という、この鍵の造りの、類文という。これが、に
その使いである。うちのことという、仁徳の取り使いとぞず。
これを仁徳取りという、にんという鍵のことである。

 これが、加納の使いという。加納という、人名のことに使う
ことという。加納仁徳という、これを、にんの取り使いという。
加納という人のことを、取りという。取るを加納という、後、
可能という。加納が古いという表しになる、この期を云期とい
う。後、うんの向かう時の言葉という。
【家康】
 この頃に家康が出てきたという、これを、加納の家頼康とい
う。加納が家の名前という、加納という建物である。これが、
云城である。この頃の京都という、峰の音という、おとよりの
あらるれ、という。これで、京を興すという寝る人である。
これを、寝人(ねびと)のこもれ、という。ここの、よわぜ、
という。大諭(おおゆ)の山のお書きという。これが、新しい
日のお書きである。

 五条の橋の下という、この五条という、空の川である。空
に川が流れていたという、空に土がある頃とぞず。この土、
糸と言う。糸のおよせら、という。空にもう一つの地面が
ことという。これが、穂浦段という談である。穂浦談という。
【仁徳鍵】
 この言いの云城の言いとぞず。この言いで、よわぜのこよず
 、というとこの行きという。とこを、所という。今の京都で
使う『とこ』という言葉である、これを、にん語という。仁徳
期のおこと、という。『こと』が、言葉である。これが、鍵の
使いである。仁徳鍵という、ふ類ことという。この時に、『ふ
るい』という、鍵を作ったのである。家で使う鍵である。
【類大諭の鍵、錠前】
 これが、類大諭という鍵である。この時の言いの、鍵の造り
の言葉という、諭鍵という、古い言いの鍵である。この『諭』
が、鉄をいう纏向の『湯』である。これが、卑弥呼の纏向であ
る。鉄を使う纏向という。卑弥呼の製鉄鉄工である。鉄細工と
も。小さな鍵がこの鉄細工である。穂浦だんとむ、ともいう。
【纏向】
 纏向ろうはん、という。鉄の細工の鍵の造りという、その言
葉である。纏向楼という、卑弥呼の住むや家(や)である。前に
ある地面という、頭上にある地面という。この地面を天篁とい
う、古く、天皇という、地面のことである。これを斜めにする
行程という、この行程もを、皇帝という。今様、工事人夫で
ある。穂浦の話という、空に、昼間、星があったというこの期
である。京都峰の、ふもるり、という木という。卑弥呼の話と
いう。卑弥呼の期が少し新しいこととぞず。纏向楼の話という。

 ここから、こよずへ行く、後、こよぜという。これが今の東
京辺りになる、東京ららばい、という場所ともず。後、詩で歌
われる、俺が世の歌という。仁徳小吉(こよし、こきち)という
歌とも。俺の名歌解説である。仁徳解説という、駄作の話とい
う。この歌がどこにあるか、これが天にある歌である。天皇の
地である。今は、この地はないのである。斜めになって後、空
へ上がっていったのである。これが穂浦の時である。

 『天皇さ、行くだ』、『天皇へ行く』という、後、この地が
空に見える、台形の地という、台形の星という、月よりも大き
く見えることという。これが、穂浦の海のある頃という。穂浦
の卑弥呼の期である。卑弥呼が前後する話という。
【かよみ、東京】
 この『こよぜ』という、空の上である。そこへ寄って、今の
東京へ行くという。こよぜが東京であることという、この日
のこよぜを、かよみ、という。かよみへ行くことという。

 後、このかよみが降りてくる、降りて来て、このまま移動し
た話という。地が動いていた頃である。穂浦地のことという。
これが、後まで続くとという。今のどこにあるか、今の京都
にある地とぞう。これが、云城の頃である。地がどんどん移動
し、山も動いていたのである。云城の頃の動きである。

 この期に東京へ行く、この東京という、今の東京である。富
士山の近所という。この富士、飛び上がる山である。横にも震
えることをする山という。体ゆらゆらの山である。この『どん
どん』『ゆらゆら』、八坂以前の穂浦の蜷せまの言葉という。
蜷川の言いという。この日に、仁徳坊という、後、光徳棒とい
う。今の五条千本一帯である。京都の話である。後、真世(まよ
)という地とぞず。ここを、みよ針楽という。卑弥呼の頃であ
る。これが、纏向の鉄を作る場で、期である。この期を、湯期
という、この期の湯の言いという、『どんどん』『ゆらゆら』
である。
【海上日和】
 天が生きているという、天に川があり、地があり、海という大
きな水の塊という、これを、海空という。この日の天候用語と
いう、海空日和という、地祖の言いという。

 上地という言いという、地がある日という。この時に、地、
海、川を雲という、穂浦の言いである。上地の雲である。
このままの今の天気である。言葉はそのまま使う、今の言葉
である。

 この話の歌である。レを半音上げる歌という、短調の音階
のレである。古く穂浦音滝という、この言いの音の流れとい
う、これが、竜の落とし子という、竜ということという。音
のことをいう。おれまがりの場働きである、脳のこととぞず。
【オクト】
 これを、ドラくもといい、ドラうん、という。レの半音上
がりの音、また、この考え方をいう。後、ドラックソーとい
う。のち 、ドラクという、この空を、ドラ空もという。
音階のあるどら空という。ドの階段という、レの階段という
・・、言いをする、古仁徳の言いという。これが、云城の言
いである。八段目を、おくと段という。後、十三段目になる。
これを、オクトパスという、八段目をオクトパスともいうこ
とという。後、やむれ段という。やむその言いという。
【卑弥呼段】
 この言いが今の紫宸殿の古い紫宸殿の言いである。卑弥
呼段という階段の八段目である。古紫宸殿の言いである。
後、階段のことを、卑弥呼と言い、卑弥呼段という。
【相撲】
 おーれるらんずう、という言いである。おっすも、とも
いう。れれての言いという。階段の言葉がたくさんある、
おすもの言いとぞず。今の相撲の言葉である、後の紫宸殿の
言いである。後、国技になる相撲という、階段のことを、
ひみめま、という、相撲の冠語である。一段目をふりという。
振りだしという、目ともいう。目の段の、めらくれく、とい
う。古指針殿の言葉である。御所の冠語になる言葉とぞう。

 云城から行った空上の地、かよせまのお造りという、建物
があることという。一時期、星であり、今の地である。また
行く地という、今の葦之ヶ原である。黄泉の浦のある地である。
黄色い闇という、闇夜の、ひるかみかわ、という地である。
昼夜黄色い日であったこととぞう。穂浦の一夜である。

 云城の頃のことという、台形の星があったという、大きくな
り、小さくなる星である。この頃、穂浦でもある。黄泉の浜と
いう穂浦海軍の山である。 正(やなぎ)。A29。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/02 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@330
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4833 俺833ワルキューレ (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
【曲名】 卒業4833京都船旅3733
古譜2733大原練習2633天の下3033 ANGOLA Dracula 俺833ワルキューレ
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
 狐の天気予報。〇r1999/02/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
2020/05/07 そうきょうは、よい時です。

昭和30年代にあったもの。
デジタルカメラ、デジタル録音機、
スマホ、タブレット、携帯電話、
光通信
128ビットコンヒューター、256ビットコンピューター
コンコルド、スペースシヤトル、
デジタル通信も、もちろん。
気象衛星、たくさんあります。

太陽、月、星、・・・もちろんありました。
巨大ドームもあれました。ロボット、もちろん。
アイ坊、もちろん。
これより大きな犬のようなロボット、これよりもっと
複雑な動きをする、ロボット犬、
人型巨大ロボット、
音楽シンセサイザー、デジタル楽器、

天気を使わないコンピューターは?
世界各地のピラミッド、スフィンクス・・・
砂漠 恐竜は、いつの頃でしたか。

 昔、全部、あった。
京都が、ドームの中にあった、待ちがドームの中である
頃。小さい地域が、ドームの中にあった頃。昭和30年
代である。京都がドームに包まれていた頃。

月へは、行けましたか。太陽へは?

 黒死病、ノストラダムスの治療。
アンゴルモア大王、これは、うんこのことであるという、
黒始廟住まいの人、恐竜がいたという。ロボットがいた
という。コロ菜を食べていた。キノコを育てるコロナ菌、
放射能にあたった野菜を食べていたという。
黒い花びらは、桜である。半分桜と半分柳の、一本木。
京都飛行場、どこの話か。
大きな大砲をどんどん撃っていた、黒い雪が降る日。
半月機ジェット機、竜の落とし子型ジェット機、
時速2000キロの自動車。

 穂浦であったという、石の家に住んでいたという、
自然石の下掛け天井住まい、斜めゴロンボの木像家屋、
船を作っていたという、コンコルドも作ったという、
穂浦造船、穂浦陸軍海軍空軍、五条条川、四条海、
京都峰。
 神社の石段は、船着き場である、巨大石舟、
卑弥呼に先立つ穂浦海軍、
明治天皇は、輝く太陽のことある。

日本国憲法での、象徴天皇をいう、人の頭のことである。
頭大切のことが描いてあるという、日本国憲法である。

 アメリカの兵隊さんが、ジープでやってきた京都という。
ダラスという国があって、600発の原子爆弾を落としたという。

 『夜霧の彼方へ別れを告げ〜〜、』と歌って、
大砲をドンと打つ。京都連隊、ロボット師団の行進。
京都会議のことという、大宮通りに、御池通りに
ジャンボジェット機が飛んでいた。

 コンコルドに乗る時には、村の田吾作どんの恰好
で乗るという、葛野飛行場ひろっぱ。
写真にとる時には、別々にとるという、一緒にとるという。

 田吾作とんの恰好は、江戸時代の俳優で、子役得意。
天の川が降りてくるという、京都南には山があったという。

 水柱上がる茨木の海、曽根崎あたりまでという、
イオントーブの城という、リオンハーブという、
さのさ『紺のハッピのねぇ〜』、雪染めであるという。

 後白河法皇という、幼児が、雨筋の残る道を渡る恰好である。
北白川冷火山という、冷たい火山という。
 ドロットン城曳きをするという、パリ・シャイヨー宮隣の城
という。水が台形に盛り上がる海であるという。ジェット機
垂直に飛び、地上の石を吹き上げるという、上がってきた石に
ハローという。今までの物語の復習という。
 頃は、コロナ菌の恐い頃。覆面マスクの、あのお方、ウィー
ルスという、世の移り変わり、駄作のことである。

 病気治癒には、原子爆弾投下という、放射能をめでる人とい
う。放射能の缶詰でも送ってもらえるかという。
 福島原発の爆発の原因はという、地震であると看破する人で
ある。中南米には、巨大原子力発電所があるという。日本から
韓国まで海底トンネルもあるという。環太平洋リニア網は、
もうできているという。上海モロッコ間リニア網、ワルシャワ
から南アフリカへ直線リニア網という、おれまがりの発想で
ある。

 上海モロッコ間、安全確保の植林植柳、人心安定の原子力
炉建設、一、二年でできる話である。難民にたのめば、して
くれるのでは?、まず、柳を持たせという。仕事を、原子力
路建設という、できる話という。
 
 家庭用30センチ位の原子力発電器、石に入れた充電池、昭和
30年代である。明日書き読みの、為すか絵、その頃の描きで、
ナスカ?という。『そう、なすか』という、『そうですか』と
いう。家庭用原子力発電のブーメランという、デスカの絵と
いう。

 石に入れた充電池、100ワット、半年から一年位は使える
のである。家一軒の使いである。30センチ位の大きさである。
【放射能入りの楽器】
 チェコ共産党宣言の添え書きである。チェコ共産党建物に
いた人である。仁徳楽という、楽の話である。この日の地、
ややれよま、という。みのさむ浜のお絵という。地中海、谷で
あったことという、細川の流れとぞみ。ばんぜらのお世という、
『京都峰からきました』という挨拶の俺という、チェコスロバ
キアのコシツェである、一晩寝て暮らす村の蜷川という、蜷川
が流れていた話という。ここで起こした共産党という、プラセ
ラの世という、めゆらく楽という、その地の歌である。『さく
らさくら』が反対になっている楽とぞ。むいかまの造りという、
京都のさお楽という、云城の楽である。ズロットンという弓器
がある。この弓器、放射能が中に入れてある楽器である。ふぬ
よなの器という。後、がんぜるを、糸による、めせるせのやお
楽という。これがチェコの楽である。レを上げろという、これ
が、オリンピアの、げろせかの道という、どろはれという日の
行きとぞう。マスクをつけたオーベルニューという、れれての
お楽とぞう。
【仮面舞踏会】
 仮面舞踏会の残しである。チェコのべんとく、とぞう。
マスクをつけて演奏する楽という。れんせら、という。
レを半音上げた、はんがり音という、ハンガリーの曲ともぞ、
この日の、チェコとぞう。ドラキュラのことという、ドラ
キュラを、モという、モドラという、はんせむの楽とぞそ。
【ワルキューレ】
 ワルキューレという、この『レ』が半音上げのレである。
わるぎれ音という、わるれる音という、オリンピックの街
道を行く若い人という、その音楽仮面の絵という、ツタン
カーメンのマスクである。

 あの仮面をつけて楽を奏す、放射能入りの楽器である。
音の屋のお書きという。ワルキューレ矢発(てっぱつ)という、
大砲を垂直に撃つ音の出しという、これが曲の始まりである。
ペスト屋の黒始廟という、ウンコ紙のあぶら紙、黒板に張る
人である。チェコにある黒板の便所という、あぶら紙でウンを
とる、それを板に張ることの楽とぞそ。レが半音上がっている
はんがり音てある。はんあがりのことを、はんがりという、
云城の言いである。ワルキューレお書き。 

 難民は、30年代の言葉である。
 ワルキューレ、ドラキュラのことである、ドラが音である。
さよれという音をドラという、云城の楽の言いという。京都
峰のある頃の音楽である。この頃、放射能はあったのである。
 古東大講義という、古い日のも一つ古い東大のことである。
そこの東大という、京都の運城東の場という、そこの講義で
ある。これを、あずまめ、あずまひろ、という。あずまめの
東大という、後、とうろぐだい、という、わわなれるかっけ
く、という、わなせらの言いとぞず。五条 すじの言いであ
る。後、東大の冠話にな、かとゆとのお言いとぞず。
という山のお書きという。という山という山である。京都
峰のことである。

 やなぎのさよれ、という、やな山のやなふみ木という。
これを、さみするという、後、やなふりという。五条すじ川
のことである。正(やなぎ)。M07。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/02 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@193
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽