2020年05月06日

卒業4832 俺832 紫禁上空 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4832京都船旅3732
古譜2732大原練習2632天の下3032 ANGOLA O céu 俺832 紫禁上空 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
今日の日お爺さん共々お行きの空
空渡りたもう 身は空 はなれゆきたもう
ゆきゆく 花の御空 おつこうおそる身に
花行きの紫禁城

 狐の天気予報。〇r1999/02/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。 
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【歌詞、紫禁上空】
 20200506記す。
 おおお爺さんおられおられ、大お婆さんおらるれれ、。よわ
れ、すよは。我が、れらのや(家)、ありすゆわふ、降りてそる
らる、れとゆと、これを、紫禁城空という紫禁城の真上の空で
ある。大お爺さん、おられゆらふ、これをとぞ。はなゆらふく
す、これなるを。ららせるおゆふれ、これを、よるとす、とい
う。大御爺さんのお空という。大お爺さんありてゆわはら、空
を、はむすれ、とそ。大お爺さん、おられおらるお書きとそ。
これを、大お爺さん世の書きとぞゆ。

 総勢140名とぞ。京より花背蔵由良、へるす、かゆす、これ
を、れもる、という。花背のおみすよ、という。ここより、出
立する飛行機の大型ジェツという。大型のジェットのもむ一つ
大きいジェット機である。目指すは、北京城という、今の北京
の紫禁城とぞ。ここへ、飛行機で行くことの、ありふの日とい
う。今の、今日の日である。

 『お爺さん、おらるれら』、朕祖宮浜の言いである。穂浦の
ことの復興という、この日のお行きとぞふ。北京の紫禁の空の
城の上とぞふ。これを、大お爺さん府空という。府空のあっぷ
するう、という。あぷせらのお言いという。今の英語の使いの
ことという。あっぷすと、いう。これを、『と』で切る、お書
きとぞう。あっぷすと、いう。
 この書きの発という、北京上空の切り山浜と、いう。これが
、今の、文章の切りとぞふ。空ちゅうである霧と、いう。せむ
すらのさよふると、いう。これを、けてそと、いう。これ山の
お書きという。と切りの話という。

 大御爺さんお添いに、今屋、花よなの御叔父御上という、花
山の山という。音ゆとのお行きとぞいう。てすてすという、れ
むとのおいゆきと、いう。これをとぎす文という。大お爺さん
のお声という。ありるらのやもと、いう。これのお行きとぞ
ふ_る。せゆてるの繋ぎという。

 二機の並んだ飛行機とぞふ。これに乗り換えることという。
翼渡りという。大御爺さんお齢、89の御お年、これゆら、渡ら
れるお渡りとぞゆ。これの書きの、おとゆろという。あめせむ
のお渡りとぞゆ。御お齢、はくをいわれる、御のお用の落ちゆ
りという。おちせらと、いう。これを、みよ浜のお行きとぞも
ぬる。これを、とゆれると、いう。あむゆの山のお絵という。
れれてのおとゆろとぞす。めらっせれと、いう。やむやむのお
書きという。花世渡の御大お爺さんとよず。とよせる言いとい
う。れれるはゆるりという、お書きのみととぞゆ。今日の日で
あることという。ゆうせらゆうら、あゆるれとんと、いう。

 この日の記念とぞふ。古い日の、輪という日の、日本の日と
いう。大御爺さんのお日とぞゆふ。北京上空、百の高砂という、
百メーターである高さとよふ。ていてるよわみふりという。て
てよの言いとぞふず。これを、みってと、いう。みるつるのお
言いという。みゆてるの花という。大お爺さんお腰拳銃、大御
婆ん胸元デリンジャーの拳銃とぞず。御母御上共添え、御越し
短刀右やら、御お父御上サースユお持ちありたり、右手とよせ
まという。我、すゆよはら、胴すゆ巻きててろせる右ゆ、左ゆ
てらせら、ダンボヤッツの剣とぞず。
 御叔父御上、右ゆ、かつすれとぞず。御叔母御上左ゆ、せと
ゆらはりせ、右浜ゆ、せるせる仰せありるら、お書きこれなる
を。かんすれのかゆふれのお書きである。
【奈良、藤堂藩】
 藤堂藩とるせら、これよるはんそむと、いう。奈良のごゆほ
の城のお書きとぞふ。藤堂藩のお書きとぞふ。この城のお沖と
いう。後、地滑る東路の東山麓である。地滑りや(家)のお沖で
ある。後、しめはんためと、いう、葉の世のお書きとぞふ。東
藤の藩の由来という、これの書きという、遠く北京の空の話と
ぞふ。これを、藤堂藩ためゆりと、いう。やゆやゆのお渡りと
いう。これを、れろよのおみそみと、いう。後、御所らなる住
まいとぞふ、御所より村上の城ゆ、ありつるお行きという。
おいせよな浜という。これを、れとろれと、いう。
この日の渡りの歌である。大御爺さんのお歌とぞもっそも。こ
れが、藤堂藩の言いである文語の言いとぞる、『とぞもっそも』
のことという。藤堂のお書きという。これをよる、後の、しめ
すよという、城の造りである。四条縄れまの城という、四条く
くりの城とぞもっそも。四情ともいう城の名であるともぞもっ
そもめとそれ、ゆおて、てて浜の意添えの文という。もっそも
以下である。同期の歌という歌になる歌である。いそなまら
置きとぞそもっそるるめるとぞそもっとす。同期文である。

 飛行機がまっすぐについていた、逆向きの羽とぞ。北京
ルーララの機という。添えお書き。正(やなぎ)。M06。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

*アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
**
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/01 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@560
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

卒業4862 俺862 芝角桜 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4862京都船旅3762
古譜2762大原練習2662天の下3062 ANGOLA Flor de cerejeira 俺862 芝角桜 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
芝角に桜の木花咲き 地滑り あとの
花 東山 三輪花屋敷の百舌(いか)すみ
空に 藁の屋根並ぶ あきとき 肌ゆるみ
風ゆらふれ 去年に植えた 船浮かぶ
小野の広い原

 狐の天気予報。〇r1999/01/31
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【同志社医学】
 山査子のことをいう、医学の出とぞ。どの医学か、同志社の
医学である。現、同志社大学の古い頃である。同志社医学の、
そんらま、という医学である。京都序という話という。

 山査子の咲く町という、和国ろめ町という。山査子を、めは
るり、という。これを、町名にする市という、これが天理以前
の簗木という、山査子の木を、やなめる、という、この言葉の
町名である。やな闇沖という、水の頃の丹波市という、水浸か
りである。平端の町に流れる川という、この川の船の浮かびと
ぞず。京都船闇(ふなやみ)という、京都の船のことである。
【郡山城】
 隣の郡山城とぞず。平端の、じょうめら、という。このじょ
うめらの言いという。ぴょんせら、という、郡山の平端呼び
であるという、京都のことも、ぴょんせらという郡山の言葉と
ぞず。
 『ぴょんせら、はずめか』という『京都から、おいでか』と
いう郡山の城郭用語である。ここの城の医方という、山査子を
使う医方である。足の疲労、手の疲労という、これの療法のこ
とという、疲労の蓄積をいう、これを、解消する医方とぞず。

 郡山城わる、という、時には、わるを悪と表記する。ここの、
にんべらという、にんたむのゆまふら、という。郡山の鵜野と
いう、鵜がいた城とぞず。この城のよけやみ、という。れてそ
という冠語を使う医術という。この郡山をかんせらるう、とい
う、看護が使われていることという。かんせらの山という。
郡山の『山』の意である。この『山』を、『山いら』という、
京録という、京録語という、冠語の意である、郡山の呼びであ
る。古い日の郡山の町である。
【京纏向】
 この郡山が、天理を、ぴょんさん、という、天理の町である。
この『ぴょん』が、京都の町の中の天理区である、場所である。
京纏向という、古い卑弥呼の町の言いとぞず、天理ともいう。
京都の天理である。『ぴょん』という呼びである、日本全国、
そうである。これが、郡山出である、発である、郡山の出しで
ある。ぴょんと京都の天理を呼び、丹波市の前の場を、ぴょん
と呼ぶ、郡山の呼びである、二つを同一に見る見方の言葉とぞ
ず。これを、きんぎょ、という。
【郡山、金魚】
 出目金という、言葉の使いの一種である。金魚の町、郡山で
ある。ここを、天則、という、典足とも。郡山城を、天則城と
いう、別名である。和国ガーレルという、これが、天をてんす
め、という。てんすめの闇ふり、という言葉のことである。
これを、ろきかり、という。かりという、狩能という、能の一
種である。ここの能の衣装という、袴の四段袴という、よなれ
れ、という衣装である。この能の舞いの手という、これが、お
れまがりの箇所を入れることをする、かりほ能という。

 今の能にこれがある。かわふき、という下りですることとい
う。能の動きの、かわをふく、動きという。両手、対象に動か
す場面という。これが、かりさらのさらふる、という手の動き
である。脳のおれまがりを表すしぐさである。オーリヨンハム
という、ぴょんはか、ともいう。『オーリ』がおれである。
ヨンハムというまがりである。べろせまの言いという。
【郡山の能】
 これが郡山の能であることに、全国へ発した郡山である。ぴ
ょんの言葉に付けて、これを発した城である。郡山発廟という、
発堂ともいう、郡山城のことである。おれの能という、脳を尊
ぶ能である。郡山城らぶ、という、郡山城良部と表記する。
この表記の発でもある、良部のこと。
【郡に健康がある】
 これが、郡の意味である。こがおりる、という、子が生まれ
る意ともいう。郡につけられた健康の井である。『群に健康が
ある』という、後、軍である、軍医という。氷という、郡を使
う、サメ冷やし、という、昔の氷枕である。
【さめさめらか】
 これを、さめさめらか、という、さめさめら家の郡山という、
城主を、サメという、郡山の町である。この『サメ』の言葉を
、やなふり、という、和国録という言葉である。

 これで、天理丹波市を三輪という、三輪遣りという、言葉の
つかみ、という。この『つかみ』が、三輪の方言である、『使
い』という意である。この三輪の言いに、むらやめ、という言
いをする、むらさめ、意である。雨を『ヤメ』という、三輪の
方言である。これを、やめさめ、という郡山の城である。
あめさめ、ともいう。
【やぶ医者】
 この『やめさめ』の変わりを、やぶさめ、という。飴のこと
である。この『やぶ』を、郡山の医という、郡山の言いという。
医術を『やぶ』という、医者を『やぶ』という、やぶ医者とい
う、『医者』意味添えの言葉である。名医の意である。

 クエスチョン・タウンという、クエスチョン・トウ・アスク
という英語である、問うあすくという、これを唐あすく、とい
う、『明日来』『あ好く』『あ空く』意である。この唐が、俺
が言う唐である。仁徳発という、仁徳出の発という、この『仁
徳出の発』の使いが、意味添えの言葉をつけることという。
仁徳発である、古く、京都墓町をいう、やなふ、簗府という。
京都墓町が沈んだという話がある、この地の言いの、やなおり、
という後、この地域が水に浸かることという。京都峰陥没の後
である。簗木市全域浸った話という。この日を、やな山るり、
という。県鳥が、るりの鳥である。このるりの鳥、始祖鳥であ
る。奈良の古い言いに、しそをるりという。しそで発である。
始祖、これが発の意味である。始祖鳥という、恐竜の始
祖鳥である、るり鳥という。簗木市のシンボルである。
【天鳳】
 この始祖鳥を天鳳という、鳳凰鳥という、地の、法皇ともい
う。この『法』が、水の意味を宿す字である。三水という。
この三水を、字の右側に書くことの表記の城である。つくり
と偏をいう、この表記の発である城とぞず。ここの言葉が、
れも、れもらば、という。れもに、ともいう。合わせて、
れもん、の言いという。れもん城という、後、発をれもんと
いう。例に、電車の発車を、れもんとれ、という、初の意味の
発である、この言葉の意を体した、郡山仕立て、という電車の
発、初に関した言いである。これを、るり仕立て、という、
仕立て電、仕立て電車という、紫蘇山という、電車の発、初で
ある。
【お召し電車】
 これの意の、お召し電車という、電車のことである。るり
電車という。始祖発の電車である。お召し列車という、この
意がある。鳳凰電という、始祖電である。鳳凰を始祖という
ことという。お召し列車を、始祖連という和国の言いでもある。
お召しが、和国発である。お召し列車という、お召し電車の話
という。和国網録である、電車路網という。城網録ともいう。
【イオントーブ法】
 ジェット機を乗せた電車、この日、郡山城を出で、向かう
和国半落という、和国曽根落ちの駅という、曽根の駅である。
浪華曽根イオントーブである。俺のお召しという、ジェラッ
クウという、この話が、近江琵琶湖河畔にある、俺の伝えと
ぞず。近江城かたで山くく、という話である。堅田城のこと
である。堅田城天篁査察という、おめしあぶらむ、という。
あぶみのことという。

 郡馬こおろぎの高瀬、高背という、古い世の話である。高瀬
城という、あぶみ城ふり、という、あっせらるうる、という。
電車の城という。電車型の城という、走る城という、古い和国
の話である。いかすみ姿の山査子冠という、山査子を付ける衣
服である。山査子の髪飾りとぞ、簪である。山査子の簪という。
この簪を、わるせる、という、わってれ、わってら、わねせれ、
和国の簪という。るりおっくる、という御所の冠語であること
という。
【おけら】
 和国の御所という、そめられおけら、という。おけらめむ、
という。おけら山という、御所のことである。るり所はどこか、
という。答えは、『おれ、みよっそん』という。おれを、るり
という、これを、仁徳発という。御所を、はめさま、という、
はめよう造りである。むらゆれ山という、古い和国の地震話
である。京都峰の住まいという。バウンドという。バウンの
御所という、バウンという話という。京都揺り山録という、
和国発の話である、これを日本話という。
正(やなぎ)。M03。
**************
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2762大原練習2662天の下3062 ANGOLA Flor de cerejeira 俺862 芝角桜 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou46128
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@542上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/01/31柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/01/31 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@542
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽