2020年05月05日

卒業4861 840俺 奈良三輪花屋敷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4861京都船旅3761
古譜2761大原練習2661天の下3061 ANGOLA Mansao de flores 840俺 奈良三輪花屋敷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
Acid
【歌詞】創郷 
俺は行く まだら野の村へ 越えて
来た春 山査子の三輪 凍るう
花冠に選ぶ枝締め ふくらすずめが
目前に羽を奮う 世は朝まき
お茶枯れの着のお爺さんの
ふくきらず お微笑み

 狐の天気予報。〇r1999/01/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
2020/05/04
【山査子】
 天理市、山査子の町、山査子の植わる町である。ここの
はずれに平端(ひらはた)という村がある。この村の、いと読み、
という。平端を、ぴょんはま、という読みである。この読みの
出の場という、ここが山査子植わる町である。現、丹波市(た
んばいち)辺りになる。この日の現在の天理市、町名を簗木
(やなぎ)市という、また、柳市とも表記する。
【ぴょんはま】
 ここの場に、ばいふれ、という読みをする、丹波市の読みと
いう。この読みが、平端のぴょんはまを、みよかま、という呼
びをする。丹波市が平端を、みよかま、という。この日の簗木
市という、現、奈良県よりも大きな範囲になる、これが、天理
をいう呼びに、天理を、いつ、とよ、という呼びをする。
【簗木市(やなぎし)】
 これが大半という大半読みである。この言いの、大半が、れ
もをいう、れもがいつ、という意味である。このことの書きが、
天理を、元に戻すことの書きになる、これを、ペンベラという、
天理をいつという日に、いつと言わずに、天理という。簗木市
の元がこれである。簗木市の時に、天理という言葉があったと
いう、これを、やなふり、という、やなふりを天理という戻し
という、これがないことという、やなふりは違う意味に使うこ
との、言葉の山の、てんるき、という。これが、天理の出であ
る。現、天理市の名前である。
【丹波市】
 この日、天理をいう日に、丹波市という呼びをする、この丹
波市の言いの、やなふりがある時のことという、再び天理に充
てる、市を呼ぶ時の言葉という。天理を、やなふり、という。
 これが、言葉の行きつ戻りつである。脳にとれば、中脳の言
葉の出という、時に大脳の言葉であるという、これが、脳の考
えという思考になる。言葉が何度も行き交いして考えになる、
思考という、論という、話という。これが天理という言葉を考
える時は、『何が語源であるか』という、言葉が出る。
言葉の考察という。

 天理以前の町という、この天理に、同じ造りの京の造りとい
う。現、京都市の中に、天理という場があったことという。こ
れが、天理の平端の、ぴょん読みである、ぴょんよみになる。
この読みが、天理をやなふりという時の、簗木市である。和国
の読みである。この和国をいう、平端の、ぴょん言葉という。
ぴょっせら、という、和国語のれも花という。『れも語で行こ
か』という、和国をいう言葉の意という。
【ノーベルの簗木山】
 この時に、和国をろんはま、という呼びをして、論談という、
『れも花で行こう』という論という、この論が遠くに掛かるひ
に、この遠くをだん語でいう。これが、和泉市の岸談である。
天理と和泉が、古い日に掛かることという。この和泉を、いま
せる、元に戻したことという、ぴょんはま語で、和泉を、いま
せる、という。これが、脳をとる地名の造りという。脳の泉と
いう、浜がかかる、脳の場という。これを、脳らく、という、
今の英語の、ノーベル、ノーラン、ノーベンバーという言葉に
残る、のばせらの言いという。のばせらが、ぴょんはま語であ
る。古い日の京の天理様(てんりよう)の区という、この区があ
る、天理がこれを、京都もとらる、という。この日、天理をや
な山の天理という、現、天理市である。この天理市が、古い簗
木市を残していることという。これが、簗木と天理を呼ぶ言い
という。
【和国の医学】
 この簗木市が和国を、ろいほま、という。天理に置く、ろい
こい、という。これが、天里の医の話という、古く丹波市の医
という。丹波ろめふるいやめら、という、医学のことである。
 この医学の掛かりを、どうほむ、という、同じ医学であると
いう。あっけられいすう、という、数律の医のはんべら、とい
う。あふっさむ、という、あれすれのこいはる、という、和国
の古い医学という。
【ソン】
 この和国の医がめよすら、という、アッジャンジという、あ
じみらの医学という、これの出の家(や)という、古く、泉そん
てる、という、そんぱっく、という。尊白という表記である。
そんみるの医学という、この、『そん』が、現今の『ソン』と
いう音楽の律である。これが、音が古くから医に掛かっている
話という、レブッソン・パークスという、医の掛かりである意
とぞそ。
【丹波市地滑り】
 丹波市に山査子による健康の考えがある。この考えの元の話
である、上の文である。山査子のヤマという、古く地滑りがあ
った日のことである。東から西へずれた丹波市の道という。
この日が、天理をいう日である。天理と言うた人のことという、
天という、地球の現象である、天気という類の言いである。
 これを、山ぐらくという、山ぐえ、という。現在では、ほぼ
死語になっている言葉である。
【するぐらふ】
 丹波市の山査子の木の実の『するぐらふ』という、山査子の
実である。この実を食す丹波市の人という。これを、京都が、
れるれる、という、山査子のことである。岸和田和泉堺が、
ろめろめ、という。丹波市の『するぐらふ』という、これが、
天理の名の興りという、天理をするぐらふという。天候の現象
を、天理という、するぐらふ、という。これを、ちめせま、と
いう、後、天のことと、地のことを分けていう、天理、地理と
いう。天理を気象という。地理と気象という。

 『山ぐらぐ』『山ぐえ』が、言われなくなることの出という、
地震という、山ぐえと言わず、地震という。これを、ばっけく、
という言葉の移りという。気象用語に絞った考えという。

 『山ぐえ』を、気象用語以外の意味があるという、現用の、
山食らいという。この山食らいの、山ぐえをいう。これが、極
少し残る、ほとんど聞かない言葉である。この、山食らいの意
山ぐえをもなくしたという。これに替わる言葉がある、大食と
いう、大食らいという。

 さて、この言葉になった日に、丹波市丘陵という、これも言
わなくなったということの、山査子をいう。山査子がみられな
くなった天理という、山査子に替わるものはあるかという。
ある話という、これが、いんかま、という、魚のかまという、
かま魚の焼き方にある。川魚のかま魚である。これが料理の根
本である、大切な所という。なければ違う物で、今ある物で同
様の効果を出すことという。この、かま魚も見られなくなった
日という。これらの食べ物の効果がなくなったという。

 効果からみる食べ物のことという。山査子の効果は何かとい
う。山査子の、ぎかれる、という、古い和国の造りの食べ物の
療法という、現代医学で食べ物をいうことという。
正(やなぎ)。M04。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/01/30 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@606
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽