2020年05月04日

卒業4830 830俺 巴里 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

卒業4830京都船旅3730古譜2730大原練習2630天の下3030 ANGOLA Paris 830巴里 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳
【曲名】 卒業4830京都船旅3730
古譜2730大原練習2630天の下3030 ANGOLA Paris 830巴里 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 
    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
【歌詞】創郷
 狐の天気予報。〇r1999/01/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
【ドロットン城曳き】
 パリ、シャイヨー宮、その隣のドロットンという、ドロット
ン城曳きという。この城を曳くという、京都峰のある頃という。
京都の大山とぞん、大山とぞひる、という。京都の筋の川の前
である。京都大山が、沈潜する後、また、山が出た、この山を
京都峰という。条川が出たという、そのいこすじ山という、京
都峰のことである。

 ここの頂上という、高さ2500である。ここから、パリへ行
くフランス、リーファールラーという、パリの古名である。
この機を、ロレンサラーという、後、ローンメルという、ロン
メル機の、がいおう、という。ろわすきみそみ、という。える
れっぱの、ずんしるらく、という。めべるれもる、という。
【空中乗り換え】
 ここで、また、機を乗る、これを、ここのり、という。ここ
の場の、乗り換えのき、という。ここが、青染めという、青染
めの、空場という、空の乗り換えである。
【紫禁城上空】
 機を置いて、後、その機へ向かい、乗り換える、空上乗り換
えである。場を、ココという、今の中国の北京楼上という、紫
禁城上空である。紫禁城留めの機、これを、パーセマーという
、空に留めるめておく機、とぞみ。りゅうきさん、という。
ココのことである。これに、乗り換える、後、フラマルという、
フランスの航空機という、今のコンコスという、コンコースの
コンタックという、これを、こゆぜら、という。これが、空中
の乗り換えである。
【ココ】
 紫禁城の上空をココという、ココ・フランスという、フラン
スのパリサイという、パリサイの意味である。北京がフランス
を、パリサイという、パリサイ人という、これを、日本のフラ
ンスという。フランスのパリっ子である。このパリっ子を、レ
ロという、レロハブという、後、パリサイ子という。これを、
俺垣という、俺の曲がりの空のことという。空路という、
 ずん胴機に乗り京都峰を後にする、スペドらっこく、という、
スペードの名の機という、スペース・シャットルという一般名
称である、ずん胴機である。これに乗りココへ行く、パリっ子
ジャルダンの、のりやっこく、という。スペースャットルを、
その場に置く、置いてジェラクムの機に乗る、ロレンサラーと
いう、ジェットローハン機である。両翼半月型の機である。

 このジェットローハンである、北極の家から飛んで、北京
上空へ置いた機である。この日の北極白い熊がいた家という、
黒土の北極とぞ。北極の土という、氷があったという、北極
点回りのことという。北極点に島があった話という。後、沈む
島である。この島に俺の家がある、名を、仁徳という家である。

 むかすけらふき、という、葺きで、屋根を、そり、という、
座量という、材が、財の木である、北極白樺という木である。
北極の島に植わる木である。後、氷に植えた機である、ノズ
ーラン浦という場である、ノズーラン・プラントという、氷の
木のことという。今もこの木がある、グリーンばんせまの地、
とみず。
【おらの話】
 このグリーンランドへ行く途中である。パリへ行く、おらの
話である。パリへ行き、輪島をいう、パリの輪という、これが、
パリの町である、エッフェーという、リーファルラーの次の機
の呼びである、この『エッフェー』という、次の期の呼びで、
リーという、これを経て、パリになる、パリの町の名という。
 パーファリーラという、パリふりの町の名のことの造りであ
る、パリという町の名である。これが、パリという、町の最初
の呼びである。古くのパリ、パーファスという、パーという、
パーリラーという、パーザスという、これが、パリの町の変わ
り名称である。

 このパリのエッフェーという、えぇたらの呼びという、パリ
ーランファックという。パリせるの呼び振りという。このパリ
ーラン・ファックという、エッフェル塔が立った時である。後
、半分の高砂のエッフェル塔を建てる町という、これを、エト
ロン・ファックという、この『ロン』が、堺のロンである。家
という意味でもある。この半分のエッフェル塔の時、シャイヨ
ー宮隣のドロットンという、ドロットンを曳くかまふき、とい
う。これが、ドロットンの過去である。
【ドロットン城曳き】
 このドロットン城曳きの話という、これが、アフリカ・コン
ゴにある伝え話である。ブーズーの話にあることとぞず。
イギリスにダブリンという小さな町がある、ここにもある伝え
である。
 ブーズーミーラというブーズーの話である、ダブリン・モー
レルという、水が台形に盛り上がる頃の話の添え話である。
この日の曳きである、ドロットン・ドローという、泥山の話
という。これが、世界各地にある、ゆうかう、という、友好の
話という、城曳きのことの変わり話である。往時という時が城を
曳いた時である。これを、パリー・クリックメーという、クリ
ックトンという言葉がこれを矢どす言葉である。クランセラーと
もいう、後、クラップという、クラップのダブリンの浜にこれが
ある。これが、ダブリン・モーゼルである。ドロットン城曳きの
話である。スウェーテン側である、イギリスの東である。
 正(やなぎ)。A29。M3。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/01/29 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る



ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@573
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽