2020年03月22日

卒業4560ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/16 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4560京都船旅3460
古譜2460大原練習2360天の下2760 ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
穂浦に軍艦が浮かんでる 浜辺には
釣りする人の棹 浜のはく(浜の春の意)
菱形の大きい星見え 花赤く咲く
午前の沖 青色 小手にすくえば
青色 沖波のさざよせる 穂浦の江


 狐の天気予報。〇r1998/12/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
 そうきょうよい時です。
【和国、沖縄】
2020/03/16
  沖縄の髪に代表が出る、二百三高地髷という。古い日本の
髷である。日本をよる髷という。沖縄の翁という、翁の髷と
いう。

 沖縄が縄を降ろすという、縄を降ろしたみずち、という。
みずち髪の話という、古い沖山の物語という、人の髪を頬
にかかる所まで降ろした、みずちのいいという。この『
いい』が、いいであり結いである。髪を結うということの意味
という。言うという、結うという、ことのいとすり、という。

 沖縄の、ゆいゆい、という、サーユイユイのかけ言葉の
意味とぞう。沖縄の二百三高地という、ここを、ひめゆり
山という、ひめそらくの鶴居山という。

 鶴の形のみずち髷という、鶴を、あませみ、という。
あませまの言いという。詩形の民槍(たみやり)という、これ
が沖縄の、めんさむの言いである。

 サーユイユイという、さあれるの言いとぞう。沖縄の面相
という、メンソーレという、めんゆたのおいそはみ浜という。
『ゴーメラ、はっぷ』という、『いっくはっくす』のゆい浜
という。古くの、板ゆた、という、板でかこった家の浜という、
手巾程の板を並べて立てる、家の周りという。これを、板ゆ
た、という。後、田のという、田んぼの周りに板を立てること
の由緒である。これを、面相という。

 面相らう・ゆめふめ、という。これを、面富(めんとみ)と
いう。沖縄の言葉がこれである。
正(やなぎ)。

  輪島コネクション 輪島M21
【日 付】2020/03/21 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】
【特 記】MOVE
【感 想】仏像、木造物
20200321記。
 『あの仏像めが、‥』という、開眼の言葉という。仏像が
動くという、これを、慟哭(どうこく、(どうく))という、
仏像のことをいう、これを、ウゴク、ともいう。仏像を
『ウゴク』という、らせの言葉である。

 うごくらせという、う・ごくらく、という。らせの言葉
である。木造の物にも用いる。慟哭物という。もくもの、
という。もくぜ、という。

 もくらみかく、という、みいらる・おんりそ、という。
これを、おんりそわか、という。後、仏教の言葉という。
寺の祭りという、仏像を動かすこととも。

 俺の好きな言葉である。『みいらっせ』という、
『御覧なされ』という意である。『みいてみ』という、
『みてみ』という、『御覧なされあれ』という意という。
てんとめの言葉という。みとめ山の言葉ともいう。

 『おいら』という、これを『おら』という、『うら』
ともいう。輪島浄土という、穂浦の浄土とも。同じく日本
全国の和国ともいう。輪国浄土という。ずんだめの言葉と
もいう。ずんだつの言いという、『ずんだれめ』という、
主として、ずめそくである場での言いとぞず。

 ずめの世のお書きという。これを、『おれ』という、
『すめ』という、ここにいることをいう。おれという、
『うらは、ずめっせ』という、『うらは、ここにいる』
という、北陸の言葉である。『おらは・・』という、
『俺は』という、これが、『うれは・・』という、
言葉の変容という、方言である。

 『ずめふれ』という、『うれら、ずめふれ』という、
『うれは、ずめふれ』という、『ずんずんずんどこ』と
いう、『うらの、住む所』である。

 『ずんどこ、ずめすめ』という。
 『うらっせ、げっちゅはっと』という。
 『うらうら、げせませ』という意とぞず。
  うらみすの言葉使いという。後、御簾のうら、
 という。御簾の中の言葉とぞず。
 御所れんすま、という場所の言葉である。これを、
 ごれおり、という。ごれおりの御所みむ、という。
 御所住まいのことである。
 『ごぜんら〜れ、あっぱせ〜ら』という、
 『うたち、御所めまである』意とぞず。
 であ〜る論図の言いという。めむそめ、という。
 めむそめの言葉である。後の、御所いっとぎの
 言葉とぞず。御所の御簾の内の言葉である。
 
 『ばっぜら、あ〜るすてっか』とぞず、『ここに
 います』という意である。後、輪中の言いという。
 輪中の輪島という、めるせるれてす、という。
 め〜れるれんての、言いそむ、という、言葉である。
 
 『俺っさ、山っつれって』という、話連れの山行き
 とぞず。ま〜れる連図の言葉とぞず。れて花の言い
 という。うぜるせ・らっくす、という。はっぱすの
 言いという。
 
  山せらの頃の言葉である。輪中に残る言葉とも。
 輪島ともいう、そこの言葉である。軍艦島のある所
 である。一部、和歌山の加太、友が世の場所とも。
 
 『友がっせ、らっつぅ』という、せらつうの言葉
 ともいう。和歌山の友ヶ島の言葉である。加太とも。
 輪島、軍艦島でもある。
 
 ワーレンルゥという言葉の、がぜせら、という、
 がぜ山ともいう。
 
 『おらっせ、ぺっぱぶ』という、かみその言葉ともず。
 カーレルレンルゥという、かめせの言葉ともいう。
 かりる山のお書きという。この書である。
 
 『ぶれっせ、ぺっぱぁ』という、『おいら、います』
 という意とぞず。
 
  いろんな言いをする、穂浦御所ろんくく、という、
 ろんくる、ともいう。論句の山のおよわえ、という。
 ろーるす・れっく、という、ロールス連の言葉という。
 『わい』という言葉である。
 
 『わい、はっせら』という、これが、後、ハッセル
 ブラドウという、はせの山のお江の道の意とぞず。
 ぶらどうの話という。
 
 『わい、はって、ふぁーふぁー』という、『私は
 手ぶらで行きます』とぞず。るんらめ、という言葉
 である。
 
 『るんらめ、びぶみっつ』という、
 『みつに、つゆらるお行き』という意である。
 私は行くの意とぞず。
 
  後、こわふめの言いとぞず。
  こわれんて、という。こわそめ、ともいう。
  『こわ、いきそず』という、『私は行きます』とぞ。
  
  御所の言葉であり、穂浦の言葉であり、日本の諸々
  の言いである。和国という所の言葉でもある。
  日本である話という。
  
  『おらっせ、うっちゃら、これにて』
  これで、締めます意とぞず。正(やなぎ)。
  
  後、象牙加工である。その、しごつめの言いで
  ある。象牙の造りの木の加工とぞず、白檀紫檀
  黒檀の加工の言いとぞず、職人の言葉言いとぞず。
  
  これにて数用るいるい。正(やなぎ)。
  M21、バクホン。
====================== 
 【日記の効用】 

貝暦、世は平和である。
 ある貝の日記、より。


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2460大原練習2360天の下2760 ANGOLA Mar azul 輪島420青海 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou43108
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@543上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/16柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@543
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽