2020年03月20日

卒業4540 輪島(壮強太陽) 文だけ :イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/15 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4540京都船旅3440
古譜2440大原練習2340天の下2740 ANGOLA Lirio preto 輪島394黒百合 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1998/12/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【友ヶ島】
【楽譜】

 そうきょうよい時です。
【和国】
2020/03/16
 言葉をとめという。とめの、いさゆき、という。いさいさの
由緒という。れってるうかす、この『れて』を、はゆはむ、
という。大御爺さんという、大御婆さんという、古い日の
お書きという。おやる浜ゆま、という。言葉の使いの糸の屋
という。わたせま山のおいそい、という。らるすて、やらる、
れせそれ、まゆれる、という。後、眉という、わたわたの眉
浜という、眉を眉浜という。人の世のお行き(お生き)という。
いくる山のお書きという。これを、たつる、という。

 田に居る鶴を、ひゆ浜という、ひゆれる田のあい浜という。
あゆすて山を、れろんふっくす、という。ここを、あいさみ
槍という。あい山の和国という、あいを相という字とぞう。

 日本を興す日の和国という、我すれのやいはむ、という。
日本を、ころふみ、という。後とぞう、コロポックルという。
コロポックルの国という、日本のことである。

 またゆたの言いという、ころ浜の言いである。和国枢要の
話という。わっかくれっくの言いである。和国の話という。
日本の元の話という。和国ゆま、という。われせの山の沖
という。この『沖』を、るい浜という、浜れらのゆい浜と
いう。後、くゆ浜という、後、くめた浜という、くめ浜と
いう、こんそみのかゆふり、という。くめすまのお言いと
いう。

  輪島コネクション 輪島M19
【日 付】2020/03/15 晴 
【場 所】輪島市椅子浜(いそ浜)
【指 令】SHAPE CHANGE
【特 記】Mask
【感 想】放射能
【ころ菜】
 ころ菜という菜っ葉、放射能が入っている時という。
うまかったという。ころな菌より出来たきのこという、
うまいことという、増す味という、マッサージの肩、
モミモミ、革命の一手段である。

 長崎、広島には、粗野な人がいる、素朴な人という。
『そうじゃけん』『ずんだれ』という、歯がつよい人
がいるという。細い針金なら、歯でかみ切るという。
勿論他府県にもいます。

 関東地方、そういう人が増えてきているのではないかと
思うのだが、

 スリーマイルも、なにもいわない人達で、骨が硬く
なったのではないか と思う。
【放射能源】
 放射能源という学者のような言葉を使う俺である。
放射能源が一つ増えたという、福島である。

 ここで、俺がいう、人の骨には、放射能がある。源
泉は人体である、原子力炉ではなく、骨にあるものである。
ソリットという。骨の周りの肉の健康を増進していく、
骨の働きである。

 原子力発電所の放射能という、放射能源の放射能と
いう。この働きがある、人体の骨から出る放射能と
同じ性質である。
 放射能源という、元、爆発した所という。あそこは、
放射能源であると俺はいう。これが、骨を強くする、
硬くする、歯によい影響がある。

 歯で針金をかみきる、そんな人がいるのではない
かな、放射能源の近くの人達である。

 この放射能のあるところで、ソチで、オリンピック
があったという。健康をめざすオリンピックという。
放射能による健康があるという、人の本能ともいうべき
ものの発露であると思う。

 核実験もしないという、放射能が問題であるからと、
ちょうどよい機会であるかもしれないことという。

 『歯を強くしたい、骨を硬くしたい、それならば、
放射能源へ行ってきなさい。』 もうそろそろ出て
くる頃である。放射能による健康の一つである、主と
して、骨、歯である。俺の放射能論である。

 実は、俺なんかはそうだ、歯はつえぇんだ、ざい 歯
だ、かあってるんだよ、わあってるんだ、放射能に
当たっていたからだ。それに、ころ菜という菜っ葉だ、
勿論、放射能含みだよ、これをたくさん食べていたんだ。
輪島原子炉寝て暮らす記である。

 ころな菌という、懐かしい菌である、食用きのこ造りの
菌である、俺がいうころな菌だ、ウザイんだ。それで、
思い出しのだ、俺はまんまんと放射能を浴びたと、マン
モスがいた頃である。

 ひとり残らずマスクをという、Mの到来である時節で
ある。一億五千万総マスクと、そういう時代である。

 これで、るせぇ野郎がいる、ミュージックもMですがと、
古来名医のノストラダムスも、Mだ、音楽だと言っている。

 病を制するに、音をもってあたる、さすれば、治ると
いう。山拝みという、マウントであるという、Mである。
マインドという、まごころねがいという、いきつくところは
Mである。Mの医学である、メデシン、メデカルという。
これが、マンという、人である。

 放射能という、放射能の殺菌のお世話になっても
よいという、放射能の殺菌である。

 爆発という、放射能源にしておけばよい話である。
近代的な目という、放射能源としてとらえる、とらえ方
である。放射能源という、俺の見方である。福島の爆
発の原因は、まちがいなく、地震である、自信まん
まんの俺という。広島長崎福島、放射能源である。

 コロナが放射能にあたれば、どうなるか、殺菌がある
ことという。消毒の放射能という、そういう見方である。

 『なあ〜んも、こわくねぇんだ』、言葉も訛る俺で
ある。『そこのおとっつぁんだってそうだ、おかんも
そうだ』、放射能便というのもできてもよいくらいである。
【アンゴルモア大王】
 ノストラダモス、『アンゴルモア大王が降りてくる』、
健康のうんこのことである。
 彼の透徹した知識は、未来をも見通していた、やがて
日本はきのこ雲におおわれるであろう、原爆投下である。
健康である。歯が強くなる話という。ノストラダムスを
彼という。偉く見えるお書きという。

 キン将軍に頼んで、日本を狙うて日本海上で一発と、
言えば、喜んでしてくれるかもしれない。テロ組織も
そうである、老朽施設の放射能も少ししかでない、新し
く塗りなおし、見せかけをらしく、調度、放射能がほし
かった頃だと言う、

 科学テロという、人は傷つけませんという、技術
テロはこの辺を心得ているのである。

 壊す手間がなくなったよ、それに放射能も少しだが
出ているよ、皆には、テロの仕業であるといっておくよ、
そういうことになる。放射能源という、とらえ方である。

 テロには、しっかりと言っておけばよい話という。
飛行機もそうである、乗れば、屁を放射すればよい、
ヤナギと一言いうのである、安全がやってくることという。

 きん将軍、場合によっては、マネーを要求されるかも
しれない。テロの場合は、もちろんただである。ハード・
ボイルド編で、テロを古い小さな原子炉に案内して、
塗り替えの、原子炉を指させばよい、簡単にしてくれると
思うよ、すべては、Mの時代である。ミラクルの時相で
ある。

 疫病がでれば、一発、原子爆弾を投下するのだ、俺の
非情の哲学た、科学だ。るせぇことという。台風にも、
原子爆弾投下だ、こういう働きもあるかもねぇ。

 共産主義を、このまま、置いておくことという。
核兵器という、大切なものである。

 フフフと笑う、福島住民の人という、あの辺は、コロ
ナ菌と言えば、きのこ造りかという地域である。
ばい菌には、強いのではないかという福島である。
マスクをはずした俺である。

 放射能療法、骨の放射性能、遠い御代の阪大理医学
御講という、輪島原子炉寝て暮らす、放射能の中にいた
俺である。ひたひたと押し寄せる放射能という表現をする
俺である。何万ベクレルであったか、充分にあたっている
俺である。原子炉の中という。
あのころ菜の菜っ葉はどれくらいであったか、輪島ハー
ド・ボイルドである。原子爆弾の使い方という、俺の
ハード・ボイルドだ。

 はっ、これは、ルザイ書きであります。
 
 るせぇ奴だ。
  
 正(やなぎ)。M19。
====================== 
  //□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□■



【日記の効用】 

貝暦、世は平和である。
 ある貝の日記、より。


   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2440大原練習2340天の下2740 ANGOLA Lirio preto 輪島394黒百合 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou42908
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@-149上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@-149
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽